高速戦闘艇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

高速戦闘艇(FAC:Fast Attack Craft)は、快速を有する小型の戦闘用艦艇で、水上艦船に対する攻撃を任務とするものの総称である。主兵装により、魚雷艇ミサイル艇などに細分される。

概要[編集]

現代においては、対艦ミサイルによって大きな攻撃能力を与えられていることが多い。これにより、比較的安価に、強力な水上戦部隊を整備できる。

小型のため沿岸部での活動が主となり、荒天下・高レベルの海象下での行動には制約がもたらされることとなる。地中海西太平洋に見られることが多いが、北海を始めとする他の海域でもこの種の艦艇が活動している。

小型の船体は装備が限定される欠点もあり、対艦攻撃力以外の防空能力・対潜能力は低く、レーダーなどの索敵能力も小さいため情報面での支援が必要である。そのため、対空兵装や対潜兵装の強化、大型の対艦ミサイル搭載などのために船体規模が大型化する傾向がある。大型のものではコルベットに相当するサイズにまで達し、ヘリコプターの運用能力をも獲得した例も存在している。

歴史[編集]

強力な武装をした小型の高速艇により大型艦船を攻撃するという発想は、古くは魚雷などを主兵装とする水雷艇に遡ることができる。

狭義の高速戦闘艇の始祖とされるのは、第一次世界大戦期に出現したイタリア海軍MASに代表される魚雷艇である。20トン程度の小型艇に内燃機関を搭載することで、30ノット以上の高速を実現した。第一次世界大戦では、オーストリア=ハンガリー帝国海軍の戦艦セント・イシュトヴァーンを撃沈するなどの戦果を挙げている。イギリス海軍でも同様の小型艇を建造していた。

第二次世界大戦期には、各国で魚雷艇の整備が行われた。もっとも、大型艦船を攻撃する任務よりは、沿岸や島嶼地帯での哨戒艇としての任務を重視したものも多かった。なお、上陸戦を意識した強力な船舶部隊を保有する日本陸軍は、対潜水艦駆潜艇兼対魚雷艇用戦闘艇として、高速重武装の駆逐艇(カロ艇)を建造している。

第二次大戦後は、レーダーの発達などにより射程の短い魚雷による攻撃は困難となった。そのため、アメリカ海軍などではあまり建造されなくなっていた。しかし、魚雷に替わる兵器として対艦ミサイルが実用化され、第三次中東戦争でのエイラート事件などでミサイル艇の有効性が立証されると、再び脚光を浴びることとなった。小国海軍でも安価に整備できる兵器として採用されたほか、大海軍国でも沿岸防護用として採用する例があった。高速発揮のため水中翼船の方式を採るものも現れた。

その後、湾岸戦争などで航空攻撃に対する脆弱性が問題となり、自衛用の対空兵装搭載が進められた。また、電波ステルス性の重視や、対潜兵装搭載などの汎用化・大型化傾向などが広がっている。新たな技術としては、ウェーブピアサー型の双胴船が出現している。

関連項目[編集]