戦艦一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

戦艦一覧(せんかんいちらん)では、世界各国の戦艦を一覧表にする。基準として20センチメートル(cm) を超える艦砲(主砲)を有し、装甲を持ち、各国海軍の主力として建造された艦をまとめた。

この記事では世界で最初に蒸気機関のみで航行する装甲艦を発明したフランス海軍から順に、装甲艦を導入した順から各国の戦艦を竣工順に並べる。

目次

フランス[編集]

艦隊装甲艦(装甲艦)[編集]

  • ラ・グロワール(1859年、5,630トン: 16cm( - 口径)単装砲36門→23.9cm( - 口径)単装砲8基)3隻
    • ラ・グロワール、アンヴァンシブル、ノルマンディー
  • オセアン級(1870年、7,580トン: 27cm(18口径)単装砲4門)3隻
    • オセアン、マレンゴ、シュフラン
  • フリードランド(1877年、8,850トン: 27cm(18口径)単装砲8基)
  • リシュリュー(1875年、8,984トン: 27cm(18口径)単装砲6基)
  • コルベール級(1877年、8,750トン: 27cm(18口径)単装砲8基)2隻
    • コルベール、トリダン
  • ルドゥタブル(1882年、9,224トン: 27cm(20口径)単装砲8基)
  • クールベ級(1882年、10,450トン: 34cm(21口径)単装砲4基)2隻
  • アミラル・デュプレ(1884年、11,030トン: 34cm(18口径)単装砲4基)
  • アミラル・ボーダン級(1889年、11,720トン: 37cm(28口径)単装砲3基)2隻
    • アミラル・ボーダン、フォルミダブル
  • オッシュ(1891年、10,820トン: 34cm(28口径)単装砲2基、27cm(28口径)単装砲2基)
  • マルソー級(1891年、10,600トン: 34cm(30口径)単装砲4基)3隻
    • マルソー、ネプテューユ、マジャンタ

二等装甲艦[編集]

  • ベルキューズ: (1866年、3,717トン: 19.3cm(18口径)単装砲4門)
  • アルマ級 : (1867年、3,513トン: 19.3cm(18口径)単装砲4門)7隻
    • アルマ、アルミード、ジャンヌ・ダルク、ティティス、アトランテ、モンカルム、レーヌ・ブランシュ
  • ラ・ガリソニエール級(Classe La Galissonnière)(1868年、4.654トン: 24cm(19口径)単装砲6基)3隻
  • バヤール級(1879年、3,513トン: 24cm(19口径)単装砲4基)2隻
    • テュレンヌ、バヤール
  • ヴォーバン級(1885年、6,112トン: 24cm(19口径)単装砲4基)2隻
    • ヴォーバン、デュ・ゲクラン

海防戦艦[編集]

  • テリブル級(1881年、7,530トン: 42cm(22口径)単装砲4基)4隻
    • テリブル、カイマン、アンドンタブル、ルカン
  • ジュマプ級(1881年、6,476トン: 34cm(42口径)単装砲2基)2隻
    • ジュマプ、ヴァルミー
  • ブヴィーヌ級(1881年、6,681トン: 30.5cm(45口径)単装砲2基)2隻
    • ブヴィーヌ、アミラル・トレウアール
  • アンリ4世(1881年、8,800トン: 27cm(40口径)単装砲2基)

艦隊装甲艦(前弩級戦艦)[編集]

  • ブレニュス(1895年、11,900トン: 34cm(42口径)連装砲1基、同単装砲1基)
  • シャルル・マルテル(1897年、11,693トン: 30.5cm(45口径)単装砲2基、27cm(45口径)単装砲2基)
  • カルノー(1897年、11,693トン: 30.5cm(45口径)単装砲2基、27cm(45口径)単装砲2基)
  • ジョーレギベリ(1893年、11,637トン: 30.5cm(45口径)単装砲2基、27cm(45口径)単装砲2基)
  • マッセナ(1898年、11,735トン: 30.5cm(45口径)単装砲2基、27cm(45口径)単装砲2基)
  • ブーヴェ(1898年、11,735トン: 30.5cm(45口径)単装砲2基、27cm(45口径)単装砲2基)
  • シャルルマーニュ級(1899年、11,100トン: 30.5cm(45口径)単装砲2基、27cm(45口径)単装砲2基)3隻
    • シャルルマーニュ、サン・ルイ、ゴーロア
  • イエナ(1907年、11,860トン: 30.5cm(45口径)連装砲2基)
  • シュフラン(1904年、12,527トン: 30.5cm(45口径)連装砲2基)
  • レピュブリク級(1906年、14,600トン: 30.5cm(45口径)連装砲2基)2隻
    • レピュブリク、パトリー
  • リベルテ級(1906年、14,900トン: 30.5cm(45口径)連装砲2基)4隻
    • リベルテ(自由)、デモクラティ(民主)、ジュスティス(公平・正義)、ヴェリテ(真実)
  • ダントン級(1911年、18,400トン: 30.5cm(45口径)連装砲2基、24cm(50口径)連装砲6基)6隻
    • ダントン、コンドルセ、ディドロ、ミラボー、ヴェルニョー、ヴォルテール

艦隊装甲艦(弩級・超弩級戦艦)[編集]

戦列艦(高速戦艦)[編集]

イギリス[編集]

装甲艦[編集]

前弩級戦艦[編集]

装甲巡洋艦[編集]

弩級戦艦[編集]

超弩級戦艦[編集]

巡洋戦艦[編集]

イタリア[編集]

装甲艦[編集]

  • フォルミダビーレ級(1861年、2,700トン: 16.4cm鉄製ライフル砲単装16基、10ノット)2隻
    • フォルミダビーレ、テリビーレ
  • プリンチペ・ディ・カリニャーノ級(1863年、3,501トン: 20.3cm鋼製ライフル砲単装10基、16.4cm鉄製ライフル砲単装12基、11ノット)3隻
    • プリンチペ・ディ・カリニャーノ、メッシナ、コンテ・ヴェルデ
  • レ・ディタリア級(1864年、5,700トン: 20.3cm鋼製ライフル砲単装2基、20.3cm(72ポンド)鉄製単装砲4基、16.4cm鉄製ライフル砲単装30基、10-12ノット)2隻
    • レ・ディタリア、レ・ディ・ポルトガッロ
  • レジナ・マリア・ピア級(1863年、4,268トン: 20.3cm鉄製砲4基、16.4cm鉄製ライフル砲単装22基、13ノット)4隻
    • レジナ・マリア・ピア、サン・マルチーノ、カステルフィダルド、アンコーナ
  • アフォンダトーレ(1866年、4,100トン: 25.4cm(30口径)後装砲単装2基、12ノット)
  • ローマ級(1869年、5,814トン: 25.4cm単装砲5基、20.3cm単装砲12基、13ノット)2隻
    • ローマ、ヴェネツィア
  • パレストロ級(1866年、2,200トン: 20.3cm鉄製施条砲単装2基、20.3cm鉄製砲単装2基、8ノット)2隻
    • パレストロ、ヴァレーセ
  • プリンチペ・アメデオ級(1874年、5,854トン: 27.9cm鋼鉄製施条砲単装1基、25.4cm鋼鉄製施条砲単装6基、12ノット)2隻
    • プリンチペ・アメデオ
  • カイオ・ドゥイリオ級(1880年、11,140トン: 45cm(20.4口径)連装砲2基、15ノット)2隻
    • カイオ・ドゥイリオ、エンリコ・ダンドロ
  • イタリア級(1885年、13,900トン: 43.1cm連装砲2基)2隻
    • イタリア、レパント
  • ルッジェーロ・ディ・ローリア級(1888年、11,200トン: 43.1cm(27口径)連装砲2基)3隻
    • ルッジェーロ・ディ・ローリア、アンドレア・ドリア、フランチェスコ・モロシーニ

前弩級戦艦[編集]

  • レ・ウンベルト級(1893年、13,300トン: 34.3cm(30口径)連装砲2基、18ノット)3隻
    • レ・ウンベルト、シチリア、サルデーニャ
  • エマヌエーレ・フィリベルト級(1901年、9,800トン: 25.4cm(40口径)連装砲2基、18ノット)2隻
    • エマヌエーレ・フィリベルト、アミラーリオ・ディ・サイント・ボン

準弩級戦艦[編集]

  • レジナ・マルゲリータ級(1904年、13,450トン: 30.5cm(40口径)連装砲2基、20.3cm(40口径)単装砲4隻、20ノット)2隻
    • レジナ・マルゲリータ、ベネデット・ブリン
  • レジナ・エレナ級(1907年、12,691トン: 30.5cm(40口径)単装砲2基、20.3cm(45口径)連装砲6基)4隻
    • ヴィットリオ・エマヌエーレ、レジナ・エレナ、ナポリ、ローマ

装甲巡洋艦[編集]

弩級戦艦[編集]

超弩級戦艦[編集]

スペイン[編集]

装甲艦[編集]

  • ヌマンシア(1862年、7,190トン: 20.6cm単装砲40基、10ノット)
  • テトゥアン(1862年、6,200トン: 20.6cm単装砲41基、10ノット)
  • アラプリーズ(1863年、5,500トン: 25.4cm(15口径)単装砲2基、20.3cm(15口径)単装砲5基、20cm単装砲10基、12ノット)
  • ビトリア(1864年、7,135トン: 20.6cm単装砲30基、12ノット)
  • ザラゴザ(1866年、5,530トン: 20.6cm単装砲21基、10ノット)
  • サグント(1868年、7,352トン: 20.6cm単装砲30基、8ノット)
  • メンデス・ヌニェス(1868年、3,380トン: 20.6cm単装砲12基、8ノット)

前弩級戦艦[編集]

  • ペラヨ(1888年、9,745トン: 32cm(35口径)単装砲2基、28cm(35口径)単装砲2基、設計と重要部品は仏国製)

装甲巡洋艦[編集]

インファンタ・マリア・テレサ(Infanta Maria Theresa)、ビスカヤ(Vizcaya)、アルミランテ・オクェンド (Almirante Oquendo)
  • エンペラドル・カルロス5世 (1898年、9,235トン: 28cm(35口径)単装砲2基、20.0ノット)
  • プリンセサ・デ・アストゥリアス級(?年、6,500トン: 24cm(42口径)単装砲2基、18.0ノット)3隻
プリンセサ・デ・アストゥリアス(Princesa de Asturias)、カルデナル・シスネロス(Cardenal Cisneros)、カタルーニャ(Cataruña)

弩級戦艦[編集]

トルコ[編集]

装甲艦[編集]

(外国からの購入順)

  • オスマニイェ級(1863年、6,400トン: 22.9cm単装砲1基、12ノット)4隻
    • オスマニイェ、マフムディイェ、オルハニイェ、アブデュルアズィズ(後に「アジィズェ」に改名)
  • フフズッラマーン級(1869年、2,640トン: 20.3cm(14.8口径)連装砲2基、17.8cm(15.9口径)連装砲1基、12ノット)2隻
    • フフズッラマーン、ルフティ・デジェリ
  • アサル・テヴフィク(1870年、4,687トン: 22.9cm単装砲8基、13ノット)
  • アーサール・シェヴケド級(1869年、2,047トン: 22.9cm(13.9口径)単装砲1基、17.8cm(15.9口径)単装砲4基、12ノット)2隻
    • アーサール・シヴシュケド、ニジュミ・シヴシュケド
  • アヴニッラー級(1870年、2,362トン: 22.9cm(13.9口径)単装砲4基、12ノット)2隻
    • アヴ・ニッラー、ムイーニ・ザファー
  • フェトヒ・ビュレント級(1871年、2,761トン: 22.9cm(13.9口径)単装砲4基、13ノット)2隻
    • フェトヒ・ビュレント、ムカッデメイ・ハユル
  • イジャリィエ(1872年、3,266トン: 22.9cm(13.9口径)単装砲2基、12ノット)
  • メスディイェ級(1875年、9,120トン: 25.4cm(14.5口径)単装砲12基、13.7ノット)2隻
  • ペイキ・シャリーフ級(1875年、9,120トン: 30.5cm(13.5口径)単装砲4基、13.0ノット)2隻
    • ペイキ・シャリーフ、ブルーディ・ザッファ
  • ハミディイェ(1875年、9,120トン: 22.9cm(13.9口径)単装砲4基、13.0ノット)

前弩級戦艦[編集]

  • トゥルグート・レイス級(ドイツからブランデンブルク級戦艦2隻を1910年に購入、10,013トン: 28cm(40口径)連装砲2基、28cm(35口径)連装砲1基、16ノット)
    • バルバロス・ヘイレッディン(旧: クルフェスト・フリードリヒ・ヴィルヘルム)、トゥルグット・レイス(旧: ヴァイセンブルク)

巡洋戦艦[編集]

ソ連/ロシア[編集]

装甲艦[編集]

  • ペルヴェネツ級(1864年、3,277トン: 20.3cm砲6門、10ノット)3隻
    • ペルヴェネツ、ネトロン・メニア、クレムル
  • ウラジミール・モノマフ(1883年、5,574トン: 20.3cm単装砲4基、15.8ノット)
  • ドミトリー・ドンスコイ(1885年、6,590トン: 20.3cm単装砲2基、16.5ノット)
  • アドミラル・ナヒモフ(1888年、6,590トン: 20.3cm連装砲4基、17ノット)
  • リューリク(Ⅰ)(1895年、11,690トン: 20.3cm単装砲4基、18.7ノット)

モニター艦[編集]

海防戦艦[編集]

前弩級戦艦[編集]

準弩級戦艦[編集]

装甲巡洋艦[編集]

  • ロシア(1897年、12,580トン: 20.3cm単装砲4基、19.7ノット)
  • グロムボイ(1900年、12,455トン: 20.3cm単装砲4基、20ノット)
  • バヤーン級(1908~1911年、7780~7835トン:20.3cm単装砲2基、21~22ノット)4隻
  • リューリク(Ⅱ)(1909年、16,930トン: 25.4cm連装砲2基、20.3cm連装砲4基、21.4ノット)

弩級戦艦[編集]

巡洋戦艦[編集]

  • キーロフ級( 1977〜1989年、24,300トン: P-700グラニート対艦ミサイル20基、30ノット)5隻
    • キーロフ(後アドミラル・ウシャコフ)、フルーンゼ(後アドミラル・ラザリェフ)、カリーニン(後アドミラル・ナヒモフ)、ユーリイ・アンドローポフ(後ピョートル・ヴェリーキイ)、ジュルジンスキー(未成、後アドミラル・クズネツォフ)
      ソビエト海軍での呼称は、「重ロケット巡洋艦」。

計画・未成戦艦[編集]

  • インペラートル・ニコライ1世(1914年、27,300トン: 30.5cm3連装4基)
  • ボロディノ級(1915年、32,500トン: 35.6cm3連装4基、26.5ノット)4隻
    • ボロディノ、イズメイル、キンバーン、ナヴァラン
  • ソビエツキー・ソユーズ級(1938年、59,150トン: 40.6cm3連装3基、28ノット)4隻
    • ソビエツキー・ソユーズ、ソビエッカヤ・ウクライナ、ソビエッカヤ・ベロルーシア、ソビエッカヤ・ロシア
  • プロジェクト24級(1941年、75,000トン: 40.6cm3連装3基、30ノット)2隻
  • クロンシュタット級(1939年、35,240トン: 30.5cm3連装3基、33ノット)4隻
    • クロンシュタット、セヴァストーポリ、名称未定2隻
  • スターリングラード級(1953年、38,540トン: 30.5cm3連装3基、37ノット)7隻
    • スターリングラード、モスクワ、クロンシュタット、名称未定4隻

貸与・賠償戦艦[編集]

  • アルハンゲリスク(大天使)(1916年、29,150t: 38.1cm連装4基、23ノット)
  • ノヴォロシースク(1915年、26,140トン: 32cm3連装砲3基、同連装砲2基、27ノット)

デンマーク[編集]

装甲艦[編集]

  • ダーネブログ(1853年建造の木造戦列艦を1864年に装甲艦へ改装、3,057トン: 60ポンド単装カノン砲12基、8.7ノット)
  • デンマーク(1864年、4,770トン: 60ポンド単装カノン砲20基、11ノット)
  • ペダー・スクラム(1866年、3,370トン: 60ポンド単装カノン砲6基、24ポンド単装カノン砲8基、11.5ノット)
  • オーディン(1874年、3,232トン: 25.4cm単装砲4基、12ノット)
  • ヘルゴラント(1879年、5,480トン: 30.5cm(22口径)単装砲1基、26cm(22口径)単装砲4基、13.7ノット)

モニター艦[編集]

  • ロルフ・クラケ(1863年、1,360トン: 20.3cm(60ポンド)連装砲2基、8ノット)
  • リンドルメン(1869年、2,105トン: 22.8cm連装砲1基、12ノット)
  • ゴーム(1872年、2,350トン: 25.4cm連装砲1基、12.5ノット)

海防戦艦[編集]

日本[編集]

装甲艦[編集]

  • (1871年購入、1,358トン、28cm前装填式滑空砲単装4基、10.5ノット)
  • 扶桑(1879年、3,717トン、24cm単装砲4基、13ノット)

前弩級戦艦[編集]

装甲巡洋艦[編集]

  • 筑波型(1907年-1908年、13,750トン: 30.5cm連装砲2基、20.5ノット)
  • 鞍馬型(1907年-1911年、14,636トン: 30.5cm連装砲2基、20.3cm連装砲4基、20.5-21.5ノット)
  • B65型(超甲巡)(未成艦、32,000トン: 31cm3連装砲3基、33ノット)6隻
    • 795号艦、796号艦、艦名未定4隻。

戦利艦[編集]

  • 鎮遠(1885年、ドイツのフルカン造船所にて清国軍艦として竣工、7,220トン: 30.5cm連装砲2基、14.5ノット)
  • 壱岐(1891年、ロシア戦艦インペラートル・ニコライ1世として竣工、9,672トン: 30.5cm連装砲1基、15.5ノット)
  • 見島沖島(1896・1899年、ロシア海防戦艦アドミラル・セニャーウィンおよびゲネラル=アドミラル・アプラクシンとして竣工、5,971トン: 25.4cm連装砲2基)
  • 丹後(1898年、ロシア戦艦ポルタワとして竣工、10,960トン: 30.5cm連装砲2基、16.5ノット)
  • 相模周防(1901年、ロシア戦艦ペレスヴェートおよびポベーダとして竣工、12,674トン: 25.4cm連装砲2基、19ノット)
  • 肥前(1902年、ロシア戦艦レトウィザンとして竣工、12,700トン: 30.5cm連装砲2基、18ノット)
  • 石見(1904年、ロシア戦艦オリョールとして竣工、13,516トン: 30.5cm連装砲2基、17.6ノット)

弩級戦艦[編集]

超弩級戦艦[編集]

  • 金剛型(1913年、26,330トン: 35.6cm連装砲4基、27.5ノット)4隻
  • 扶桑型(1915年、29,330トン: 35.6cm連装砲6基、22.5ノット) 2隻
  • 伊勢型(1917年、29,900トン: 35.6cm連装砲6基、23ノット)2隻
  • 長門型(1920年、32,720トン: 41cm連装砲4基、26.5ノット)2隻
  • 加賀型(未成艦、39,900トン: 41cm連装砲5基、27ノット)2隻
    • 加賀(航空母艦として完成)、土佐
  • 天城型(未成艦、36,500トン: 41cm連装砲5基、30ノット)4隻
    • 天城、赤城(航空母艦として完成)、愛宕、高雄
  • 紀伊型(未成艦、42,600トン: 41cm連装砲5基、29.5ノット)4隻
    • 紀伊、尾張、十一号艦(予定艦名: 駿河)、十二号艦(予定艦名: 近江)
  • 13号艦型(未成艦、47,500トン: 46cm連装砲4基、30ノット)4隻
    • 13号艦、14号艦、15号艦、16号艦
  • 金剛代艦型(未成艦)
  • 大和型(1941年、63,980トン: 46cm3連装砲3基、27ノット)4隻
  • 改大和型(未成艦、63,980トン: 46cm3連装砲3基、27ノット)1隻
    • 797号艦
  • 超大和型(未成艦、約69,000トン: 51cm連装砲3基、27ノット)6隻
    • 798号艦、799号艦、艦名未定4隻
  • 五十万トン戦艦 (計画艦、約500,000トン: 41cm連装砲50基、42ノット)

ドイツ[編集]

装甲海防艦[編集]

  • プロイセン級(1876年、6,820トン: 26cm砲4門)3隻
    • プロイセン(後サターン)、フリードリッヒ・デア・グロッセ、グローサー・クルフュルスト
  • ザクセン級(1878年、7,630トン: 26cm単装砲6基)4隻
    • ザクセン、バイエルン、ヴュルテンベルク、バーデン

海防戦艦[編集]

  • ジークフリート級(1890年、3,500トン: 24cm砲3門)6隻
    • ジークフリート、ベイオウルフ、フリットヨフ、ヘイルダム、ヒルデブラント、ハーゲン
  • オーディン級(1896年、3,550トン: 24cm砲3門)2隻
    • オーディン、エーギル

前弩級戦艦[編集]

装甲巡洋艦[編集]

弩級戦艦・超弩級戦艦[編集]

巡洋戦艦[編集]

第一次世界大戦後に建造された艦[編集]

  • ドイッチュラント級ポケット戦艦)(1933年、11,000トン: 28.3cm3連装砲2基、28.5ノット)
  • 装甲艦(未成艦、19,900トン: 28.3cm三連装砲2基、29ノット)2隻
    • D、E
  • シャルンホルスト級(1938年、34,814トン: 28.3cm3連装砲3基、33ノット)
  • ビスマルク級(1940年、41,700トン: 38.1cm連装砲4基、30.8ノット)
  • H39級(未成艦、57,617トン: 40.6cm連装砲4基、30.4ノット)6隻
    • H (フリードリッヒ・デア・グロッセ)、J (グロース・ドイッチュランド)、K、L、M、N
  • H40A級(計画艦、65,600トン: 40.6cm連装砲3基、30.4ノット)
  • H40B級(計画艦、70,000トン: 40.6cm連装砲4基、30.4ノット)
  • H41級(計画艦、68,800トン: 42cm連装砲4基、28.8ノット)
  • H42級(計画艦、90,000トン: 48cm連装砲4基、32.2ノット)
  • H43級(計画艦、111,000トン: 48cm連装砲4基、31ノット)
  • H44級(計画艦、131,000トン: 50.8cm連装砲4基、30.1ノット)
  • O級(未成艦、31,152トン: 38.0cm連装砲3基、33.5ノット)3隻
    • O、P、Q
  • P級(未成艦、23,700トン: 28.3cm連装砲3基(または3連装砲2基)、34ノット)12隻
    • P1、P2、P3、P4、P5、P6、P7、P8、P9、P10、P11、P12

[編集]

前弩級戦艦[編集]

オーストリア/オーストリア=ハンガリー[編集]

装甲艦[編集]

海防戦艦[編集]

  • モナルヒ級(1898年、5,547トン: 24cm(40口径)連装砲2基)3隻
    • モナルヒ、ウィーン、ブダペスト

前弩級戦艦[編集]

  • ハプスブルク級(1898年、8,232トン: 24cm(40口径)連装砲1基、同単装砲1基)3隻
    • ハプスブルク、バベンベルク、アルパード
  • エルツヘルツォーク・カール級(1906年、10,472トン: 24cm(40口径)連装砲2基)3隻
    • エルツヘルツォーク・カール、エルツヘルツォーク・フェルディナント・マックス、エルツヘルツォーク・フリードリッヒ
  • ラデツキー級(1910年、14,500トン: 30.5cm(45口径)連装砲2基)3隻
    • ラデッキー、ズリーニ、エルツヘルツオーク・フランツ・フェルディナント

弩級戦艦[編集]

超弩級戦艦[編集]

  • エルザッツ・モナルヒ級(未成艦、24,500トン: 35cm3連装砲2基+同連装砲2基、21ノット)3隻
    • エルザッツ・モナルヒ、フニャディ、グラーフ・ダウン

ギリシャ[編集]

装甲艦[編集]

海防戦艦[編集]

  • イドラ級(1889年、4,850トン: 26.9cm単装砲3門、17ノット)3隻

装甲巡洋艦[編集]

準弩級戦艦[編集]

超弩級戦艦[編集]

スウェーデン[編集]

海防戦艦[編集]

  • スヴェア級(1889年)3隻
    • スヴェア、ゴータ、スーリー
  • オーディン級(1896年)3隻
    • オーディン、トール、ニョルド
  • ドリスティヘテン(1900年)
  • アラン級(1902年、3650トン: 21cm単装砲2基、17.2ノット 4隻
    • アラン、ワサ、タッパレーテン、マンリゲーテン
  • オスカー2世(1907年、4,650トン: 21cm単装砲2基、18.5ノット)
  • スヴァリイェ級(1917年、7,820トン: 28.3cm連装砲2基、22.5ノット)3隻
    • スヴァリイェ、ドロットニング・ヴィクトリア、グスタフ5世

弩級戦艦[編集]

  • 1940年戦艦試案(未成、15,645トン: 28.3cm連装砲3基、22ノット)

オランダ[編集]

海防戦艦[編集]

超弩級戦艦[編集]

巡洋戦艦[編集]

アメリカ[編集]

装甲艦[編集]

  • テキサス(1895年 6,316t: 30.5cm砲単装2基 17.8ノット)
  • メイン(1895年 6,682t: 25.4cm砲連装2基 16.45ノット)

前弩級戦艦[編集]

準弩級戦艦[編集]

弩級戦艦[編集]

超弩級戦艦[編集]

アーセナル・シップ[編集]

巡洋戦艦[編集]

  • レキシントン級(未成艦 43,500t: 40.6cm砲連装4基 33.3ノット)0隻(4隻建造中止、2隻種別変更)
    • コンステレーション、レンジャー、コンスティテューション、ユナイテッド・ステーツ → 建造中止
    • レキシントンサラトガ → 航空母艦へ
  • アラスカ級(1944年 29,000t: 30.5cm砲三連装3基 31.4ノット)6隻(3隻建造中止)

ブラジル[編集]

装甲艦[編集]

  • リアチュエロ(1883年、5,580トン: 22.9cm連装砲2基、16.7ノット、英国製)
  • アキダバン(1885年、5,029トン: 23.4cm連装砲2基、15.8ノット、英国製)

弩級戦艦[編集]

アルゼンチン[編集]

モニター[編集]

装甲艦[編集]

海防戦艦[編集]

弩級戦艦[編集]

チリ[編集]

装甲艦[編集]

  • アルミランテ・コクレーン級(イギリスから1876年購入、3,560トン: 22.9cm(14口径)単装砲6基、12.7ノット)2隻
    • アルミランテ・コクレーン、バルパライソ→ブランコ・エンカラダ
  • ワスカルペルー海軍の同名艦を1879年に鹵獲編入、1,190トン: 25.4cm( - 口径)連装砲1基、12.0ノット)

海防戦艦[編集]

  • カピターン・プラット(フランスから1890年購入、6,900トン: 24cm(35口径)単装砲4基、18.3ノット)

防護巡洋艦[編集]

  • エスメラルダ(イギリスから1883年購入、2,950トン: 25.4cm(32口径)単装砲2基、18.0ノット)
  • ブランコ・エンカラダ(イギリスから1892年購入、4,560トン: 20.3cm(40口径)単装砲2基、22.8ノット)
  • チャカブーコ(イギリスから1898年購入、4,300トン: 20.3cm(40口径)単装砲2基、24.0ノット)

装甲巡洋艦[編集]

  • エスメラルダ(イギリスから1895年購入、8,500トン: 20.3cm(40口径)単装砲2基、22.25ノット)
  • ジェネラル・オヒギンズ(イギリスから1896年購入、8,500トン: 20.3cm(45口径)単装砲4基、21.6ノット)

超弩級戦艦[編集]

  • アルミランテ・ラトーレ級(1915年、28,600トン: 35.6cm(45口径)連装砲5基、22.5ノット)2隻中1隻未成

ノルウェー[編集]

海防戦艦[編集]

  • ハーラル・ホールファグレ級 (1898年、3,850トン: 20.8cm(44口径)単装砲2基、16.9ノット)2隻
  • ノルゲ級 (1900年、3,850トン: 21cm(45口径)単装砲2基、16.5ノット)2隻
    • ノルゲ (Norge)、アイツヴォル(EidsVold)
  • ニダロス級 (1918年、4,900トン: 24cm(-口径)単装砲2基、15.0ノット)2隻
    • ニダロス (Nidaros)、ボルグウィン(Björgvin)

オーストラリア[編集]

巡洋戦艦[編集]

ニュージーランド[編集]

巡洋戦艦[編集]

フィンランド[編集]

海防戦艦[編集]

タイ[編集]

海防戦艦[編集]