ドイッチュラント (装甲艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドイッチュラント
艦歴
発注: ドイッチェヴェルケ造船所
起工: 1929年2月5日
進水: 1931年5月19日
就役: 1933年4月1日
その後: 廃棄
性能諸元
排水量: 基準:12,100トン, 満載:16,200トン
全長: 186 m (610 ft)
全幅: 21.6 m (71 ft)
喫水 (最大): 7.4 m (24 ft)
兵装: 28.3cm(52口径)3連装砲2基6門
15cm(55口径)単装砲8基8門
8.8cm(78口径)高角砲連装砲3基6門
37mm(83口径)対空機関砲連装4基8門
20mm対空機関砲単装10基10門
53.3cm(21インチ)水上魚雷発射管四連装2基8門
装甲: 砲塔防御:160mm(前盾)
舷側防御: 80mm(水線部)、50mm(水線下)、45mm(防水区)
水平防御: 40mm(副甲板)、30mm~40mm(主甲板)
艦載機: Ar 196 二機, カタパルト一基
機関: MAN社製9気筒2ストロークディーゼルエンジン 8機
2軸, 合計出力52,050 hp (40 MW)
最大速力: 28.5 ノット (53 km/h)
航続距離: 20ノット時で8,900 海里 (37 km/hで16,500 km航行可)
乗員: 1,150名

ドイッチュラント:Deutschland)は、ドイツ海軍第一次世界大戦後に竣工させた最初の大型の軍艦である。艦名は、ドイツ語でまさに「ドイツ」のこと。ヴェルサイユ条約の軍備制限条項を順守して建造されたドイッチュラント級装甲艦の1番艦。

第二次世界大戦が始まると、ヒトラーは(ドイツ語でドイツを意味する)ドイッチュラントの名を持つ艦が失われた場合の国民に及ぼす心理的・宣伝的マイナス要素を憂慮し、ドイッチュラントをプロイセンの将軍リュッツォウ(Lützow)にちなんでリュッツォウLützow)と改名させた。これは、第一次世界大戦時の軍艦から受け継いだ名称であった。

1939年には、リュッツォウおよび姉妹艦のアドミラル・シェーアとグラーフ・シュペーは装甲艦より重巡洋艦に艦種変更された。

艦歴[編集]

建造[編集]

ドイッチュラントはキールドイッチェヴェルケ造船所1929年2月5日に起工、1931年5月19日パウル・フォン・ヒンデンブルク大統領の手によって進水した。艤装は1931年後半に完了し、1932年5月に処女航海を行った。1934年11月12日に就役し、ヴィルヘルムスハーフェンに配属された。

スペイン内戦[編集]

スペイン内戦時にドイッチュラントはスペイン沖に展開し、フランシスコ・フランコ将軍率いる反政府軍を支援した。1936年から1939年の間に7回にわたってスペイン沖に派遣された。

1937年5月29日、4回目のスペイン派遣作戦でドイッチュラントは、2機の共和国政府軍爆撃機の攻撃を受け、31名が死亡、101名が負傷した。報復として姉妹艦のアドミラル・シェーア以下の艦隊はアルメリア市に砲撃を行い、民間人19名を殺害、35戸の建物を破壊した[1]

ドイッチュラント号乗組員の遺体はジブラルタルに運ばれ同所に埋葬されたが、ヒトラーの命によりドイツ本国に運ばれ、大規模な葬儀の後に再埋葬された[2]

第二次世界大戦[編集]

ドイツは第二次世界大戦が始まる少し前に、ドイッチュラントとアドミラル・グラーフ・シュペーを通商破壊実施のため大西洋に送り出した。ドイッチュラントは1939年8月24日にヴィルヘルムスハーフェンから出航し、デンマーク海峡を通過して大西洋に出た。第二次世界大戦開戦後もしばらくは攻撃が許可されずグリーンランド南東沖に留まっていたが、攻撃が許可されるとドイッチュラントは南へ向かった。1939年10月5日、バーミューダ東方沖で硝石を積んだイギリス船ストーンゲート (Stonegate) を沈めた。この後ドイッチュラントは北へ向かい、10月9日にニューファンドランド島沖でイギリス船シティ・オブ・フリント (City of Flint) を拿捕した。シティ・オブ・フリントはドイツへ送られたが、その途中ノルウェーで抑留された。しばらくドイッチュラントはニューファンドランド島沖で活動し、10月14日にノルウェー船ローレンツ・W・ハンセン (Lorentz W. Hansen) を沈めた。この後は戦果もなく、デンマーク海峡を通って11月15日にキールに帰投した。

1940年4月、リュッツォウはヴェーザー演習作戦ノルウェー侵攻)に参加した。当初リュッツォウは南大西洋で捕鯨船団の攻撃をおこなう予定であったが、ヒトラーの命令によりその前にヴェーザー演習作戦に参加することになった。結局、4月6日にエンジンの台座でひび割れが発見されたとこで大西洋への出撃は当分出来ないことになった。リュッツォウは最初トロンハイム攻略部隊に加えられたが、後日オスロ攻略部隊に移動になった。オスロ攻略に当たるのはリュッツォウのほか重巡洋艦ブリュッヒャーや軽巡洋艦エムデンなどであり、ブリュッヒャーに座乗するオスカー・クメッツ少将が指揮した。それらは4月8日にキールから出撃し、オスロのあるフィヨルドに入って4月9日朝にはドレーバク水道の手前まで来た。ドレーバク水道を通過しようとした際ノルウェー軍の要塞が砲撃を開始した。先頭のブリュッヒャーは被弾しさらに魚雷も受けて沈没。その後ろにいたリュッツォウも15cm砲弾3発を受けたほか小火器による攻撃でも被害が生じ、リュッツォウは残りの艦艇を率いて一旦後退した(オスロフィヨルドの戦い) 。翌日要塞が降服し、安全か確認されるとようやくリュッツォウはオスロへ向かった。オスロ到着後、同日中にリュッツォウは帰途についたが、その途中スカゲラク海峡北でイギリス海軍潜水艦スピアフィッシュにより雷撃を受けた。リュッツォウは艦尾部を破損し、その修理は1941年春まで完了しなかった。同年6月12日、リュッツォウはノルウェー沖でイギリス空軍ブリストル ボーフォート雷撃機によって攻撃され、魚雷1本が左舷後部に命中した。6月14日にキールに帰還し、1942年1月まで修理が行われた。

リュッツォウは修理完了後に様々な戦闘に参加したが、最も重要な戦闘は1944年9月にバルト海で退却するドイツ軍支援のために行った砲撃であった。砲撃は数ヶ月にわたって行われた。

その後、1945年4月にイギリス空軍による5トン爆弾トールボーイの攻撃により、至近弾で艦底を損傷し、スヴィネミュンデで着底する。破損は補修され、陸上支援の砲撃は続けられたが、1945年5月4日に乗員によって放棄された。

戦後[編集]

1946年春には浮揚され、ロシア語名のリュッツォフ(Лютцов)の名のまま9月26日付けでソ連海軍に編入された。編入後、艦はモスボールに入れられた。その後、1947年7月20日には艦は修復不可能であるという判断が下され、実験用の標的艦としての利用が決定された。最終的に、この年7月22日バルト海に没した。

出典[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]