ジャマイカ (軽巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HMS Jamaica anchored.jpg
HMS Jamaica,1943,9/18撮影
艦歴
発注 1938年
起工 1939年4月28日
進水 1940年11月16日
就役 1942年6月29日
退役 1957年11月20日
その後 1960年11月14日売却
除籍
性能諸元
排水量 基準 8,770トン
満載 11,194トン
全長 169.3 m (555.5 ft)
全幅 18.9 m (62 ft)
吃水 5.0 m (16.5 ft)
機関 アドミラリティ式三胴型重油専焼水管缶 4基、パーソンズ式ギアード・タービン 4基、4軸推進、(80,000 shp)
最大速力 32,25ノット
航続距離 15ノットで6,250海里
乗員 士官、兵員907名
兵装 50口径6インチ3連装砲 4基
45口径4インチ連装砲 4基
20mm連装対空機関砲 6基
2ポンド4連装ポムポム砲 2基
21インチ3連装魚雷発射管 2基
搭載機
(後に撤去)
スーパーマリン ウォーラス2機

ジャマイカ (HMS Jamaica, 44) はイギリス海軍軽巡洋艦フィジー級。 艦名は当時イギリス領だったジャマイカ島に由来する。

クラウン・コロニー級軽巡洋艦の概要[編集]

1922年ワシントン条約により主力艦(戦艦・航空母艦)の保有量制限された日本海軍は、重巡洋艦の充実により劣勢を補おうとした。

1930年ロンドン軍縮条約により重巡洋艦に制限が加えられると、今度は大型軽巡洋艦最上型重巡洋艦の建造によりこれに対抗した(最上型は後に主砲を換装したので重巡洋艦に分類される) それに対抗しアメリカはブルックリン級軽巡洋艦、イギリスはタウン級軽巡洋艦 (2代)を完成させた

1936年第2次ロンドン軍縮条約の内容に基づいてタウン級を元に開発されたのがクラウン・コロニー級軽巡洋艦である。 前後の背負式3連装砲塔4基・離れた2本の煙突と間の航空装備・塔式艦橋等タウン級をタイシップしたが 名前の由来となった植民地の警備等で平時から数が必要な事や戦争の脅威も近づいてきたので大幅な勢力増量のため 排水量を8000tに抑えるため船体を一回り縮小・煙突とマストは直立・装甲は配分を改めやや薄くなる舷側114mm→83~89mm 更に艦尾は丸いクルーザー・スターンから角張ったトランザム・スターンに変更された。

1940~43年に11隻が就役し、主に船団護衛に活躍2隻(フィジー・トリニダード)が戦没 初期の危機的な戦況で完成の遅れた艦もあったが、後期になると枢軸国の水上艦艇の脅威は減少し、寧ろ航空機の攻撃に対抗するため大部分の艦がX(3番)砲塔と搭載機・カタパルト(こちらは防御上脆弱なため)を降ろし対空兵装を増強した。 後期の3隻は最初から改装後の状態で就役したのでセイロン(ウガンダ級)と呼ばれる場合がある それに対し最初の8隻はフィジー級と分けられる場合もある。 設計の段階から第3砲塔をなくし対空兵装を増強したのがマイノーター級軽巡洋艦である。 ガンビアはニュージーランド海軍、ナイジェリアはインド海軍、セイロンとニューファンドランドはペルー海軍、ウガンダはカナダ海軍に移籍し1980年代まで活動した。

艦歴[編集]

1939年 4月28日 ヴィッカース・アームストロング社バーロー造船所にて起工 1940年11月16日 進水

1942年 6月29日 竣工、本国艦隊に所属し、第二次世界大戦に参加。 11月トーチ作戦を支援 12月バレンツ海海戦参加シェフィールド (HMS Sheffield, C24) と R部隊 を形成。 ロバート・L・バーネット少将はシェフィールドで指揮を執り、JW51B船団の護衛を担当した。船団はドイツ艦隊の攻撃を受けたが撃退に成功

1943年7~9月ポーツマスで改装 12月北岬沖海戦参加、本国艦隊司令長官ブルース・フレーザー大将指揮下戦艦デューク・オブ・ヨークとフォース2を編成し、ドイツ巡洋戦艦シャルンホルスト撃沈に参与

1944年2~3月JW57・JW58・RA58船団の護衛に参加、更に戦艦ティルピッツを攻撃する空母数隻を支援 1945年4月~近代化改装、この時X(3番)砲塔は撤去され対空兵装増強、レーダー新式化9月第5巡洋艦戦隊に参加、インド洋方面へ展開 1948年8月第8巡洋艦戦隊に参加、北アメリカ・西インド諸島方面へ展開

1950年7月朝鮮戦争に参加、支援砲撃や魚雷艇・ヤク戦闘機と交戦 1952年本国に帰還し予備役に置かれる 1953~54年地中海艦隊に転属 1957年11月20日 除籍。保管船となる 1960年12月20日解体開始 1963年 8月15日完了

画像[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

  • [1]英文概歴
  • [2]活動年表詳細
  • [3]朝鮮戦争活動詳細