エムデン (軽巡洋艦・3代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Light Cruiser Emden in China 1931 crop.jpg
艦歴
発注: 1921年にヴィルヘルムスハーフェンに発注
起工: 1921年12月8日
進水: 1925年1月7日
就役: 1925年10月25日
退役: 1945年4月26日
その後: 1945年5月3日に自沈
除籍:
前級: ケルン級軽巡洋艦
次級: ケーニヒスベルク級軽巡洋艦
性能諸元
排水量: 基準:5,300トン
満載:6,990トン
全長: 155.1 m
水線長 150.5 m
全幅: 14.2 m
吃水: 基準:5.15 m
満載:5.93m
機関: 海軍型石炭専焼水管缶4基&同重油専焼水管缶6基
+ブラウン・ボベリー式ギヤードタービン2基2軸推進
最大出力: 45,900shp
最大速力: 29.5ノット(54.6 km/h)
航続性能: 18ノット/5,200海里
燃料: 石炭:875トン
重油:1,170トン
乗員: 483名
兵装: 15cm(45口径)単装速射砲8基
8.8cm(45口径)単装高角砲3基
50cm連装魚雷発射管2基
装甲: 舷側:50mm(水線部)
主甲板:20mm(平坦部)40mm(傾斜部)
主砲防盾:20mm
司令塔:100mm(最厚部)

エムデン(Emden)は第一次世界大戦後にドイツ海軍が建造した軽巡洋艦で同型艦はない。本艦は、第一次世界大戦後のドイツで最初に建造された軽巡洋艦であり、エムデンの名を持つ3隻目の艦である。


概要[編集]

本艦は自国の沿岸警備のために建造された軽巡洋艦である。基本的な設計は前大戦時のケルン級に採り、戦訓に基づいた改正が行われた。船体の建造には従来のリベット留めではなく、電気溶接を多用して軽量化している。

艦形[編集]

本艦の模型。

本型の船体形状は平甲板型船体となっており、艦首形状は前型のケルンと同じクリッパー型艦首を備えるが排水量は5,000トン台となり大型化された。

艦の構造を前部から記述すると、全くシア(反り返り)の無い艦首甲板上に主砲の「15.2cm(45口径)速射砲」を防盾の付いた単装砲架で1基が配置され、その後方から上部構造物が始まり、波避けの後に2番主砲が1基配置された。 司令塔を下部に組み込んだ操舵艦橋の背後には、見張り所を持つ単脚式の前部マストが立つ。船体中央部に2本煙突が立つ。その周囲には艦載艇置き場となっており、艦載艇は2本1組のボート・ダビットが片舷2組で計4組により運用された。元甲板上の下の主甲板上に50cm連装魚雷発射管が片舷1基ずつ計2基が配置された。2番煙突の後方の甲板上に8.8cm高角砲が2基配置された。 左右の舷側甲板上に15.2cm速射砲が防盾の付いた単装砲架で片舷2基ずつが配置された。後部甲板上に簡素な後部マストと後部見張所が設けられ、後向きに15.2cm速射砲が背負い式に2基が配置された。

後述する本艦と重巡洋艦「加古」との交換見学会が開かれた際、「エムデン」の図面の一部が日本側に提供された。

艦歴[編集]

「エムデン」は旧式巡洋艦「ニオベ」の代艦としてヴィルヘルムスハーフェン工廠で1921年12月8日に起工され、1925年1月7日 に進水し、10月25日に就役した。

1930年代に高角砲や機銃が増設された。また、第二次世界大戦中には15cm砲の48口径C36単装砲への換装、8.8cm高角砲の10.5cm高角砲への換装などの改装が行われた。

第二次世界大戦前は主に練習艦として使用され、1926年から1939年の間、大西洋、太平洋、地中海を幾度も航海した。 1931年6月下旬、「エムデン」は二度目の訪日をはたし、日本海軍関係者はドイツの造船技術に注目した[1]。そこで「エムデン」と同時期に完成した古鷹型重巡洋艦加古」との交換見学会が開かれた[2]。7月2日、海軍関係者10名は横浜港で「エムデン」に乗艦[3]球磨型軽巡洋艦と同規模であるが余裕のある構造であり、防御に重点を置いているのではと推測している[4]。また「エムデン」は古鷹型の同時期竣工にもかかわらず、当時の日本では使われていなかった電気溶接を多用している事にも触れている[5]。日本側に『羨望の極み』と云わしめた点もあった[6]

1939年9月4日、イギリス軍によるヴィルヘルムスハーフェン空襲の際、対空砲火で撃墜されたブリストル ブレニム爆撃機が衝突して損傷、9名が戦死し20名が負傷した。修理後、1939年の大部分の期間は北海機雷の敷設をおこなった。1940年のノルウェー侵攻作戦、ヴェーゼル演習作戦にはオスロ攻撃部隊として参加した。その後はバルト海で主に練習艦として使われた。1945年1月からは東プロシアからドイツ北部やデンマークへのドイツ軍兵士や市民の避難を手伝った。

1945年4月10日キール軍港で被爆し、14日座礁、26日に除籍。5月3日自沈した。

脚注[編集]

  1. ^ #エムデン見学交換(1)p.13『二.資料募集ノ件 「エムデン」ハ大戦ノ経験ニ鑑ミ獨独特ノ造船技術ニヨリ建造セルモノニシテ兵器等ニ於テハ学ブ所尠ナカラシモ一般艤装電気通信器及大戦ノ教訓ヲ活用セル諸点等参考トスベキ点多カラルベシト認メラル依ッテ構内関係各部職員ニテ仝艦ヲ見学スルヲ有利ト認ム此ノ際我海軍ヨリハ加古ヲ交換的ニ見学セシメ可然、ソノ範囲ハ追テ各部ト協議決定ノコトト致シ度』
  2. ^ #エムデン見学交換(2)p.3『「エムデン」見学ノ件覚 六-六-三〇 (略) (イ)艤装一般特ニ居住施設(加古級ト比較)』
  3. ^ #エムデン見学交換(3)p.32『昭和6年7月2日命により横濱在泊中の独逸巡洋艦「エムデン」を見学す。本艦は練習艦として既に昭和2年我国に来航し今回を以て第2回目とす』
  4. ^ #エムデン見学交換(3)p.38『4.所見及見学事項 (1)一般所見』
  5. ^ #エムデン見学交換(4)p.2『(4)船殻 (略)工作法に関しては外観上特に注意を惹きたるものなし。唯本級の進水は1925年の一月にして我古鷹級と建造の期を同じくせるが当時我海軍に於て電気溶接を実際に応用することの未だ行はれざりしに反し彼に於ては後に述ぶるが如き要領にして相当広範囲に溶接を使用し居る点は独逸に於ける溶接技術の進歩と云ふ点に於て相当注目に値するものと思考す。』
  6. ^ #エムデン見学交換(3)p.29『所見 航海兵器ハ我ガ海軍ニ比シ特ニ優レタルモノヲ見サルモ全部純国産ナルハ羨望ノ極ミナリ』

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C05021558600 『軍務1機密第159号 昭和6.5.23外国軍艦(独逸巡洋艦)「エムデン」見学交換に関する件(1)』。
    • Ref.C05021558700 『軍務1機密第159号 昭和6.5.23外国軍艦(独逸巡洋艦)「エムデン」見学交換に関する件(2)』。
    • Ref.C05021558800 『軍務1機密第159号 昭和6.5.23外国軍艦(独逸巡洋艦)「エムデン」見学交換に関する件(3)』。
    • Ref.C05021558900 『軍務1機密第159号 昭和6.5.23外国軍艦(独逸巡洋艦)「エムデン」見学交換に関する件(4)』。
    • Ref.C05021559000 『軍務1機密第159号 昭和6.5.23外国軍艦(独逸巡洋艦)「エムデン」見学交換に関する件(5)』。
  • 「世界の艦船増刊 ドイツ巡洋艦史」(海人社)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]