磐手 (装甲巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
磐手
艦歴
発注 明治30年度計画
起工 1898年11月11日
進水 1900年3月29日
就役 1901年3月18日
その後 1945年7月26日戦没
除籍 1945年11月20日
性能諸元
排水量 9,750t
全長 水線長:132.28m
全幅 20.94m
吃水 7.37m
機関 ベルヴィール式石炭専焼水管缶24基
直立型三段膨張式四気筒レシプロ機関2基2軸推進
最大速 20.75ノット
兵員 648名
兵装 20.3cm連装砲塔2基
15.2cm単装速射砲14門
12ポンド単装速射砲12門
2.5ポンド単装速射砲8門
45.7cm水中魚雷発射管単装4門

磐手(いわて/いはて)は、大日本帝国海軍装甲巡洋艦出雲型装甲巡洋艦の2番艦。元1等巡洋艦。

艦歴[編集]

1901年(明治34年)3月18日、アームストロング社にて竣工し領収。翌日19日に日本へ回航[1]。同年5月17日、横須賀に到着した[2]

日露戦争時には最新鋭の装甲巡洋艦として第二艦隊の第2戦隊に所属し、殿(しんがり)艦を「磐手」、旗艦を姉妹艦の「出雲」が務めた。後方を任される殿艦は敵の攻撃が集中しやすく蔚山沖海戦日本海海戦に参加した際には大きな被害を出している。

蔚山沖海戦の際には、撃沈した装甲巡洋艦リューリクの生存者の救助に当たった。この行動は国内外で賞賛され、後にこの救助活動を元にした「上村将軍」という歌が作られている。スラバヤ沖海戦で敵兵を救助した工藤俊作もこの歌を祖母から子守唄のように聞かされていたとされている[3]

上村将軍(一部) 作詞:佐々木信香 作曲:佐藤茂助

蔚山沖の雲晴れて 勝ち誇りたる追撃に 艦隊勇み帰る時 身を沈め行くリューリック

恨みは深き敵なれど 捨てなば死せん彼等なり 英雄の腸ちぎれけん

救助と君は叫びけり 折しも起る軍楽の 響きと共に永久に

高きは君の功なり 匂うは君の誉れなり

1921年(大正10年)9月1日、1等海防艦に変更(1931年(昭和6年)に等級廃止)。船体の大きいこと、居住性の良さなどから主に練習艦隊参加艦(1916年(大正5年)より)として遠洋航海に従事し、多くの士官候補生を育てた。遠洋航海参加は香取型練習巡洋艦の竣工する前年の1939年(昭和14年)まで続いた。

海防艦の定義見直しにともない1942年(昭和17年)7月1日に1等巡洋艦に復帰。

1945年(昭和20年)7月26日、呉軍港空襲で沈没するまで練習艦として使用された。戦後引き上げ解体される。

歴代艦長[編集]

回航委員長
艦長
  • 山田彦八 大佐:1900年9月1日 - 1901年7月6日
  • 武富邦鼎 大佐:1901年7月6日 - 1905年1月12日
  • 川島令次郎 大佐:1905年1月12日 - 1906年2月2日
  • 山下源太郎 大佐:1906年2月2日 - 11月22日 
  • 有馬良橘 大佐:1906年11月22日 - 1907年12月17日
  • 石田一郎 大佐:1907年12月27日 - 1908年9月15日
  • 真野巌次郎 大佐:1908年9月15日 - 1909年3月4日
  • 北野勝也 大佐:1909年3月4日 - 1910年12月1日
  • 松岡修蔵 大佐:1910年12月1日 - 1911年5月23日
  • 橋本又吉郎 大佐:1911年5月23日 - 12月1日
  • 舟越楫四郎 大佐:1911年12月1日 - 1912年7月13日
  • 原静吾 大佐:1912年7月13日 - 1913年3月7日
  • (兼)山口九十郎 大佐:1913年3月7日 - 5月24日
  • (兼)上村経吉 大佐:1913年5月24日 - 8月31日
  • 井出謙治 大佐:1913年8月31日 - 12月1日
  • 広瀬弘毅 大佐:1913年12月1日 - 1914年10月27日
  • 山口鋭 大佐:1914年10月27日 - 1915年4月1日
  • 百武三郎 大佐:1915年7月19日 - 1916年9月1日
  • 中里重次 大佐:1916年12月1日 - 1918年8月15日
  • 筑土次郎 大佐:1918年8月15日 - 1919年11月20日
  • 鳥崎保三 大佐:1919年11月20日 - 1921年6月15日
  • 大寺量吉 大佐:1921年11月20日 - 1923年3月5日
  • 米内光政 大佐:1923年3月5日 - 1924年7月18日
  • 八角三郎 大佐:1924年7月18日 - 11月1日
  • 石川清 大佐:1924年11月1日 - 1925年5月1日
  • 枝原百合一 大佐:1925年12月1日 - 1926年9月15日
  • 亥角喜蔵 大佐:1926年9月15日 - 1927年12月28日
  • 鈴木義一 大佐:1928年12月10日 - 1929年12月24日
  • 井上勝純 大佐:1929年12月 - 1930年12月1日
  • 岡田偆一 大佐:1931年4月1日 - 1932年9月26日
  • 鈴木嘉助 大佐:1932年9月26日 - 1933年8月25日
  • 原清 大佐:1933年8月25日 - 1934年9月1日
  • 藤森清一朗 大佐:1934年9月1日 - 11月15日
  • 山田省三 大佐:1934年11月15日 - 1935年11月15日
  • 角田覚治 大佐:1935年11月15日 - 1936年12月1日
  • 醍醐忠重 大佐:1936年12月1日 - 1937年12月1日
  • 一瀬信一 大佐:1937年12月1日 - 1938年7月15日
  • 小柳富次 大佐:1938年7月15日 - 1939年1月28日
  • (兼)岩越寒季 大佐:1939年1月28日 - 5月1日
  • 緒方真記 大佐:1939年5月1日 - 12月27日
  • 大和田昇 大佐:1940年11月10日 - 1941年1月6日
  • 松本毅 大佐:1942年5月25日 - 9月5日
  • 猪瀬正盛 大佐:1943年2月18日 - 11月8日

同型艦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第5311号、明治34年3月20日。
  2. ^ 『写真日本海軍全艦艇史』資料篇、4頁。
  3. ^ 【消えた偉人・物語】 工藤俊作と上村彦之丞 再現された少年時代の“手本” 産経新聞 2011.3.19(現在はリンク切れ)

参考文献[編集]

  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝 全八六〇余隻の栄光と悲劇』普及版、光人社、2003年。
  • 福井静夫『写真日本海軍全艦艇史』ベストセラーズ、1994年。ISBN 4-584-17054-1
  • 官報

関連項目[編集]