扶桑型戦艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
扶桑型戦艦
Fuso trial.jpg
竣工時の「扶桑」
艦級概観
艦種 戦艦
艦名 旧国名
前級 河内型戦艦
次級 伊勢型戦艦
性能諸元(竣工時)
排水量 基準:30,600トン
全長 205.1m
全幅 28.7m
吃水 8.7m
機関 宮原式重油・石炭混焼水管缶24基
+ブラウン・カーチス式直結タービン2組4軸推進
最大出力 40,000hp
最大速力 22.5ノット
航続距離 14ノット/8,000海里
燃料 石炭:4,000トン
重油:1,000トン
乗員 1,193名
兵装 35.6 cm(45口径)連装砲6基
15.2 cm(50口径)単装速射砲16基
短8cm(40口径)単装平射砲4門
(8cm(40口径)単装高角砲4門)
53.3cm水中魚雷発射管単装6基
装甲 舷側:305 mm(水線部)、229mm(第一甲板側面)、203mm(水線上部)、75mm(水線下部)、101mm〜228mm(非バイタルパート部)
甲板:合計65mm(最上甲板34mm+下甲板31mm)、19mm〜31mm(非バイタルパート部中甲板)
主砲塔:280 mm(前盾)、-mm(側盾)、-mm(後盾)、115mm(天蓋)
バーベット部:280mm
司令塔:305 mm

扶桑型戦艦ふそうがたせんかん)は、大日本帝国海軍戦艦金剛型巡洋戦艦と同時期に計画され、建造された純国産の超弩級戦艦である。同型艦は扶桑山城の 2隻。

当初同型艦として予定された伊勢日向は、予算の都合上起工が遅れたため設計を変更、改良された伊勢型となっている。

建造の経緯[編集]

建造費成立までの過程[編集]

扶桑型戦艦の建造費が成立するまでは複雑な紆余曲折を経ている。 元々扶桑型戦艦は1911年(明治44年)に成立した新充実計画によって建造が決定しており、1912年(明治45年)3月11日に「第三号戦艦」として扶桑が起工された。しかし山城については未だ建造に着工する事が決定されておらず、1912年(大正元年)12月21日に大正2年度の軍備補充既定年度割に600万円を追加して戦艦3隻(山城及び伊勢、日向に該当)の建造に着手する事が決定され、建造が一部開始された。更に1914年(大正3年)には既に前年度に建造の一部に着手した[注釈 1]戦艦3隻の工事を続行させるために大正3年度軍艦製造費所要額として650余万円の予算が成立、これにより山城[注釈 2]、伊勢、日向の3隻の戦艦の建造が本格的に開始される事となった。

基本設計の変遷[編集]

「扶桑」型戦艦の設計にあたりさまざまな案が検討されたが、最終的には排水量30,600トン、速力22.5ノットとしてまとめられた。35種に上ったとされる扶桑型の設計案の内計画番号A47〜A57、最終案であるA64が平賀文書に残っており、この中では扶桑型は概ね速力22〜23kt、排水量30,000t前後、防御は水線主甲帯305mm、バーベット部228mmの艦として設計されていた。主砲についてはかなりの変遷が見られ、A47では主砲は14インチ[注釈 3]連装6基12門とはなっていたものの、その砲塔配置は中心線上の艦首側に2基、船尾側に2基とされ、残りの2基は艦中央部付近に梯形配置にするとされており、弩級戦艦と然程変わらない砲塔配置となっていた。この砲塔配置はA47〜A49[注釈 4]に共通する砲塔配置であったがA50[注釈 5]より主砲塔を全て中心線上に配置する型式が採用され、以降の案では中心線上に主砲を配置する形式が採用される事となった。また、A47でも見られた主砲を12インチ砲とする案はA50以降にも見られ、A51では12インチ三連装2基・連装3基計12門[注釈 6]を搭載するとされており、A54では三連装砲を中心線上の艦首・船尾側にそれぞれ背負い式で2基、艦中央部にも三連装を1基搭載し合計15門の艦とする事が計画されていた。しかし、最終案であるA64では扶桑型の主砲は各国の弩級戦艦の多くが採用していた[注釈 7]12インチ砲では無く金剛型同様に14インチ砲が採用されており、これを連装砲として6基12門を搭載する超弩級戦艦として竣工する事となった。また、防御に関しても152mm〜178mmとされた水線上部は203mmへと変更され、228mmとなっていたバーベット部も山城起工前の1913年(大正2年)6月の時点では241mmに変更され、最終的には305mmへと強化されており水平防御に関してもHT鋼のみを使用する予定となっていた点が改められ中甲板にはNi鋼が使用される事となった。最終案であったA64から実際に扶桑型が竣工するまでの間にも幾つかの変更が加えられた結果扶桑型は初期の設計案と比べるとその防御は強化される事となり、主砲にも12インチ砲では無く14インチ砲が採用された事で火力も従来の弩級戦艦と比べると大幅に向上する事となった。

扶桑級基本計画の変遷
項目 A47 A48 A49 A50 A51 A52 A53 A64[1]
水線長 187m 182m 173m 173m 176m 172m 182m 192m
最大幅 28.9m 28.6m 28.3m 28.3m 28.6m 28m 28.8m 28.6m
喫水 9.1m 8.9m 8.9m 8.9m 8.8m 8.8m 9.1m 8.6m
排水量 30,000t 28,000t 27,100t 27,000t 27,200t 26,000t 29,000t 30,600t
軸馬力[2] 38,500 37,000 36,200 35,000 34,300 33,200 38,000 38,000
軸馬力[3] 46,000 44,200 43,500 43,350 41,550 40,000 45,320 無し[4]
主砲塔 14in連装
6基12門
12in連装
6基12門
14in連装
5基10門
14in連装
5基10門
12in三連装
4基12門
12in連装
3基6門
三連装
2基6門
12in三連装
5基15門
14in連装
6基12門
水線部甲帯 229mm-300mm-229mm 同左 同左 同左 不明 不明 不明 229mm-300mm-229mm
中甲板側面甲帯 150mm-177mm-150mm 同左 同左 同左 不明 不明 不明 100mm-200mm-100mm
上甲板側面甲帯 150mm 同左 同左 同左 不明 不明 不明 150mm
主装甲甲板[5] 28mm 同左 同左 同左 不明 不明 不明 37mm~50mm
最上甲板 25mm 同左 同左 同左 不明 不明 不明 31mm
バーベット 229mm 同左 同左 同左 不明 不明 不明 300mm

艦形[編集]

速度公試中の「山城」。

本型は国産設計の弩級戦艦河内型などの主力艦の船体設計を雛形に、サーストン卿の設計である「金剛型」の船体設計を参考にして、一部にその最新設計を導入して建造された。また、船体形状については日本戦艦では初となる、大型模型を利用した水槽試験を経て決定されている。艦体は長船首楼型船体で、艦首は凌波性の良好なクリッパー型とされた。 ただし艦形及び舵の配置に不適切な点があったようで、本型の操艦は日本戦艦で最も難しいとされ、直進を維持するだけで一苦労とか前進一杯から急転舵すると180度旋回したあたりで行き足が止まったという証言も残されている。

扶桑と山城の設計上の相違点[編集]

山城では扶桑の建造中より指摘されていた主砲配置による爆風問題などの諸問題の修正が試みられ、扶桑では接続されていなかった艦橋基部と艦橋甲板が第2砲塔に接続され、司令塔が扶桑では楕円状となっていたものを改め、円形に変更しただけでは無く、扶桑では第2砲塔上に設置していた3.7m測距儀を司令塔の前方に1基設ける形に変更し、司令塔の後方にも2.7m測距儀が新たに設けられることとなった。また、砲塔上に設置されている測距儀を扶桑の4.5mから6mへと改め、前檣トップの観測所を拡大し、新たに方位盤照準装置が設置されるなどの変更も行われた。この他に、扶桑では竣工時に撤去されたスターンウォークが補強用のアームを新たに設けた上で残されただけでなく、竣工直後に8cm(40口径)高角砲4基が前檣両側と第2煙突の両側に装備された。上記のような設計変更や改装後の外観や装備が扶桑と異なるためか、山城については扶桑型ではなく特に山城型と呼ばれる事もあった。

武装[編集]

主砲[編集]

竣工時の本型の主砲塔配置を示した図。

主砲には金剛型の毘式36cm連装砲を参考に、国内で新たに設計・生産された四十一式36cm砲(45口径)が採用された。6基12門が搭載されていたが、配置は前部甲板には1・2番主砲塔、艦中央部の1番・2番煙突の間に3番主砲塔、2番煙突の後方に4番主砲塔、後部甲板上に5番・6番主砲塔となっている。

主砲は砲弾重量635kg、砲口初速770~775m/s、発射速度毎分1.5発であった。主砲塔の旋回及び砲身俯仰は蒸気機関駆動の蒸気ポンプによる水圧式となっている。砲身の俯仰能力は-5度〜+20度、最大射程は22,500mとなっており、旋回角度は首尾線方向を0度として左右110度の範囲に可動した。金剛型に搭載された毘式は俯仰角-3度〜+33度、仰角20度までの自由装填方式であったが、本型では仰角5度の固定角装填形式を採用していた。固定装填方式は発射速度が自由装填方式よりも速い上に砲塔内の防炎対策が容易で防御上有利という利点が存在したが、その一方で構造が複雑となった為故障が頻発、固定装填方式の優位性は無いと考えられ伊勢型では再び自由装填方式に戻されている。

本型では当初の計画が二転三転し最終的には12インチ砲では無く14インチ連装砲塔が採用された。三連装砲塔も検討されたが、軽量化には効果があるものの斉射時の艦の揺れが大きく12門による斉射が実質不可能であり、砲弾同士の干渉によって散布界が広がる傾向も解決できず、発射速度についても連装砲よりも見劣りする物であった為に不採用となった。その為砲塔の数が増え、艦の設計、特に砲塔の配置と防御計画に困難を伴うこととなった。

また、当時日本戦艦で採用されていた英国式の水圧復座方式の駐退機では、力量不足のため一斉打方(いわゆる斉射)を行った際に砲が元の位置に戻るまでの復座時間が長くなり、発射速度が大幅に低下するという問題があった。このために当時の日本海軍では交互打方を基本とし、後に空気式の駐退機が導入され復座時間の問題が解決するまで続いた。本型の主砲塔数の多さは交互打方の場合では有利だったが、一斉打方時には発砲時の砲煙や振動が激しく、弾着観測にも問題があったとの意見もある。

四十一式36cm砲要目
項目 砲塔要目(新造時) 改装後
内径(mm) 355.6
全長(mm) 16,469
口径 45
砲身重量(t) 83.4
弾丸重量(kg) 635[6] 673.5[7]
弾薬重量(kg) 132
砲塔重量(t) 655
砲身命数 280or250
初速(m/s) 790 770[8]

上記の砲で五号徹甲弾(三年式徹甲弾)、九一式徹甲弾を使用した場合の穿突力は日本海軍においては下記のように算出されていた。

各距離における甲鈑穿突力(五号徹甲弾)[9]
射距離 仰角 落角 存速(m/s) 穿突力(垂直)
10,000m 不明 537 360mm[10]
15,000m 10° 14° 463 約302mm
20,000m 15° 24° 411 約193mm
25,000m[11] 23°[12] 37°[13] 401[14] 約165mm
30,000m[15] 30° 47° 418 不明
各距離における甲鈑穿突力(九一式徹甲弾)[16]
射距離 仰角 落角 存速(m/s) 穿突力(垂直) 穿突力(水平)
10,000m 不明 7.6° 576 不明 不明
15,000m 不明 12.2° 510 約426mm 約124mm
20,000m 不明 19° 460 約358mm 約134mm
25,000m 不明 27.5° 420 約271mm 約157mm
30,000m 不明 36° 410 約228mm 約208mm
不明[17] 不明 16.5° 537.6 410mm[18] 不明

上記のような結果から日本海軍では410mm以下の厚さの甲鈑の場合は撃角16.5°までならば貫徹可能としており、330mm以下の厚さの場合は撃角30°までならば貫徹出来るとしていた。しかし、日本の14in砲用の九一式徹甲弾の場合砲膣が大きい代わりに他国の徹甲弾と比べた場合壁が薄くなっており、硬度では他国の徹甲弾を上回っていたがこれは同時に靭性が低いことを意味していたため、日本の九一式徹甲弾は大撃角や斜撃に弱く横や斜め方向に衝撃が加わった場合弾体が破砕されやすい傾向にあった。これは戦後に行われた米軍の調査によっても確認されており、14in九一式徹甲弾は米軍の14inAP弾と比べた場合5%程度性能が劣り弾体の破損が著しいという結果が出る事となった。このため、米軍では日本側の説明と異なる結果が出たことについては、日本側が品質の劣る甲鈑を使用していたために、異なる結果が出たのだろうと判断している。なお、日本のVC甲鈑の耐弾抗力は各国の甲鈑と比べた場合最も性能が低いとされている。

副砲、その他備砲、雷装等[編集]

副砲には打撃性能を重視して「50口径四十一式15cm砲」を採用した。これを単装砲架で舷側ケースメイト(砲郭)配置で位置は二番甲板の下方に、3番主砲塔を中心として放射線状に配され、片舷8門ずつ計16門を搭載した。しかし、この砲は主砲射撃時の爆風の影響を大きく受け、射撃・観測が困難となるといった問題があった上に砲弾重量が大きいために装填速度が落ち速射が困難という問題が発生している。

その他、対水雷艇用にアームストロング社からライセンス生産した「四一式 短8cm単装砲(40口径)」を4門装備していたが、「山城」ではこの砲を装備する代わりに竣工直後、対空兵装として「三年式 8cm(40口径)高角砲」を単装砲架で4基搭載し、日本で初めて高角砲を搭載した戦艦となった。装備位置は前部マストの側面に片舷1基ずつと、2番煙突の側面に片舷1基ずつの計4基である。なお「扶桑」にはこの装備が1918年に設けられた。

他、53.3 cm 水中魚雷発射管を1番主砲塔の前方・水線下に1基、2番主砲塔の後方・水線下に1基、4番主砲塔の側面・水線下に1基の、片舷3基ずつ計6基装備した。

問題点[編集]

扶桑型戦艦は、竣工時世界最大の戦艦で、また初めて排水量が30,000トンを越えた戦艦でもあった。しかし、先に竣工し公試を行っていた扶桑では、大角度変針時の速力低下が大きい事や、建造中から懸念されていたように、主砲発砲時に爆風が全艦を覆い、艦橋等の暴露部分に影響が出るといった問題がある事が発覚していた。[19] なお、1915年(大正4年)に行われた扶桑の砲熕公試[20] 扶桑の檣楼は金剛型と比べると射撃時の激動は小さく、高速航行時の振動も極めて少ないため高所指揮所としては適等な物だとされている。一方で爆風の影響については前部射撃指揮塔では第三砲塔を右艦首55度仰角5度で射撃を行った際の爆風が尤も強いとされ、第一砲塔を左船尾側に45度旋回させ仰角20度で射撃を行った際の爆風も大きく、手にしたノートブックと帽子が吹き飛ぶ程であったため瞬時観測が出来なかったとされており、第二砲塔を左船尾45度仰角20度or左船尾55度仰角5度で射撃を行った場合は第一砲塔射撃時程ではないものの爆風の影響で瞬時観測は出来なかったと報告がされている。また、14インチ砲12門、6インチ砲8門一斉射の際には激動のため2,3秒間観測鏡に接眼する事が出来なかったとされており、上記の様な射撃を行う場合にはブラストスクリーンを設置するか、射撃指揮塔の狙孔に巻き上げ式の専用爆風除けを設置する事が必要だと述べられている。 なお、爆風の影響に関しては山城竣工後の1918年(大正7年)8月6日に行われた戦闘射撃訓練の際に山城が距離18,800m〜18,100m[21]の距離からの射撃で遠近散布界平均285m[22]、斉射間隔28秒。計69発の使用弾数中第一有効弾7、第二有効弾5、第三有効弾11と優秀な成績を記録しており[23]、爆風の影響に関しても報告されておらず、実用上問題のある艦であったとはされていない事から山城では上記の問題は発生していなかったものと考えられる。また、扶桑に関しても1926年(大正15年)に行われた戦艦6隻[注釈 8]が参加した戦闘射撃訓練[24]では扶桑が最優秀成績を収めている事から、山城同様に扶桑についても実用上の問題は然程無かったものと思われる。射撃時の爆風、砲煙の問題については戦艦が射撃を行った場合砲煙、爆風の影響で敵艦の視認、照準、発射、号令が一時中断する事は、当時の最新鋭艦大和型でも同様であった事に加えて、上記の戦闘射撃成績や1941年(昭和16年)〜1943年(昭和18年)に行われた甲種戦闘射撃でも12門艦が8門艦と比べても遜色のない成績を収めている事から、12門艦の場合であっても爆風、砲煙の影響は問題が無い範囲で収まっていた事を窺い知ることが出来る。 また、山城は扶桑から若干の設計変更が行われていたが用兵側からの評価は芳しく無く、呉で建造された扶桑よりも震度が大きいと専らの評判であった。

防御[編集]

本型は全長:630フィート[25] 基準排水量:30,600トンを誇る世界最大の戦艦として竣工し、水線部防御は最大で305mm、主砲バーベットは280mm、司令塔は305mmと河内型戦艦と比べて重装甲に設計され、排水量の約26%が防御重量に充てられていた。しかしその防御様式は近戦志向であり河内型に比べて大きく進化はしたものではなく、また国内の製鋼技術ではヴィッカース社製の甲鈑よりも性能の劣るものしか製造できなかった為に金剛型にさえ防御能力で劣ったという意見もある。 当時の日本の技術では12インチ(305mm)以上の甲鈑を作る事が出来なかった事に加え、砲塔数が多かった事により防御を要する区画が広くなりすぎ防御設計は困難なものとなった。設計経験の浅さもあり、結果として本型の防御は列強の同世代と比較しても平凡なものであり、問題視されることも多かった。当時の日本艦の通例としてダメージコントロールについてもあまり考慮されておらず、主砲塔には撒水装置すらなかった。

防御設計[編集]

戦艦の防御方式としては主要防御区画[26]以外の部分も甲鈑で防御した全体防御方式と主要防御区画[27]のみを防御した集中防御方式の二つが存在し、扶桑型では計画時に一般的であった全体防御方式が採用された。

また、直接防御は更に垂直(舷側)、水平(甲板)、水中(水線下)防御[28]の三つに分かれており、扶桑型では各部に対しては以下の甲鈑、鋼板が使用された。

  • 垂直防御[29]
  • VC甲鈑
  • 水平防御[30]
  • HT鋼、NS鋼

扶桑型が起工された当時では砲戦距離は概ね8,000m程度とされており砲弾は舷側に対して撃角0°に近い撃角で着弾すると想定され、砲弾も被帽徹甲弾が登場してから然程年月がたっておらず依然として貫徹力は低く、[注釈 9]甲鈑を穿徹した場合でも弾体の殆どはその際に破砕されるためバイタルパート部まで砲弾が侵入して炸裂する可能性は低かったが、弾片若しくは弾体の一部によって艦内及びその周辺に被害を受ける可能性は高かったため、これに対応する為に垂直防御は舷側の第一甲鈑が穿徹された場合の事を考慮して、艦内部へ侵入した弾片に対しては中甲板の両端を傾斜させる事でバイタルパート部を防御するという防御方式が一般的となっており、山城では弾火薬庫部分の中甲板を傾斜させる事で弾片等に対する防御装甲としていた。また、水雷・航空機も未だ発展途上にあったため、扶桑型の防御は主として垂直防御に重きが置かれ舷側には浸炭処理を施し表面の硬度を高め、裏面は高い強靭を備えた表面硬化甲鈑であるVC (Vickers cemented armour plate) [注釈 10]が採用された一方で、水平防御については前述のように砲戦距離が短く徹甲弾も未だ貫徹力の低いものしか存在しなかったため甲鈑は採用されず、主に弾片防御や船体構造材に用いられていたHT鋼、Ni鋼によって水平防御が構成されていた。

装甲配置[編集]

装甲配置(新造時)[31]
項目 垂直防御[32] 水平防御
水線部[33] VC甲鈑228mm[34]-300mm[35]-228mm[36]
中甲板[37] VC甲鈑200mm NS鋼31mm
上甲板[38] VC甲鈑152mm 無し
最上甲板 HT鋼35mm
傾斜部[39] HT鋼25mm
非バイタルパート[40] VC甲鈑101mm
非バイタルパート[41] VC甲鈑200mm
司令塔 VC甲鈑300mm
バーベット VC甲鈑300mm
砲塔 280mm[42] 127mm[43]

新造時の扶桑型の防御方針は14in対応防御[44]となっていたが水中防御は有していなかった。

装甲配置(改装後)
項目 垂直防御 水平防御 水中防御
水線部 VC甲鈑228mm-300mm-228mm
中甲板 VC甲鈑200mm NS鋼31mm
+NVNC甲鈑66mm[45]
上甲板 VC甲鈑152mm HT鋼12mm[46]
最上甲板 HT鋼35mm
傾斜部 HT鋼25mm+NVNC甲鈑66mm
非バイタルパート VC甲鈑101mm
非バイタルパート VC甲鈑200mm
司令塔 VC甲鈑300mm
バーベット VC甲鈑300mm
砲塔 280mm 150mm
缶室側面縦横壁 HT鋼25mm
+HT鋼38mm[47]
弾庫側面縦横壁 HT鋼25mm~38mm[48]
NS鋼12m~15m[49]
火薬庫側面縦横壁 NVNC甲鈑50mm[50]
NS鋼28m~35mm[51]

改装後の扶桑型の防御方針は三年式徹甲弾に対する安全戦闘距離が20,000m~25,000m[52]となり、新たに水中防御として約69mm~76mmの厚さの鋼鈑が追加される事となった。これは概ね炸薬量200kg~250kgの魚雷への対応防御[53]に当たり、新造時には水中防御を有していなかった扶桑型にも改装によって水中防御が備わる事となった。[54]また、水中弾防御として弾火薬庫側に約50mmの甲鈑[55]が貼り増しされた。

第一次世界大戦とその影響[編集]

日本海軍がが第一次大戦を通して得た教訓は以下の通りであった。

  1. 防御力強化の重要性[56]
  2. 主力艦中心主義と巡洋戦艦戦隊を中心とした前進部隊の価値の再認識。

また、英巡洋戦艦の喪失理由としては砲塔と弾火薬庫の局部的防御法の不備によって口径の小さいドイツ巡洋戦艦の主砲弾によって撃沈される事となったと判断しており、これには英巡洋戦艦の軽装甲とドイツの砲弾貫徹力とも関係し、英艦の砲弾がドイツ艦を沈め得なかったのは英艦の砲弾にも欠陥がある事を物語っているとしていた。このため、新戦艦については設計を大幅に変更し排水量を増大して防御力等の改正を行った。しかし、既存艦については防御の改善は行われず、山城の場合は1930年(昭和5年)に入り漸く防御の改善が行われる事となった。 その一方で砲術面での研究は熱心に行われており1915年(大正4年)の昼間戦闘射撃は主砲弾の落角8度及至18度[57]で実施される事となり日本海軍に於いても射撃は第一世界大戦での射距離とほぼ同じ距離で行われる事となった。更に翌年の1916年(大正5年)の昼間戦闘射撃は主砲弾の落角10度及至20度[58]に相当する距離で行われる事となり、新たに艦隊に加わった扶桑でも規定距離15,500mから射撃が実施される事となった[59]。これは第一次世界大戦前年度の1914年(大正3年)に行われた昼間戦闘射撃における金剛の射距離8,500mと比べた場合一挙に2倍以上射距離が延伸しており、扶桑に続いて艦隊に編入された山城も参加した1918年(大正7年)の昼間単艦戦闘射撃では遂に最大仰角[60]に相当する距離から射撃が行われる事となった[61]。また、砲弾の信管についても従来型の伊集院信管・三年式信管[62]に代わり1924年(大正13年)に完成した十三式信管が採用されたが、同年に戦艦日向、巡洋戦艦金剛によって戦艦薩摩を利用して行われた榴弾射撃では、自爆防止装置が不十分で甲鈑表面で炸薬が自爆するか、信管の遅動が不十分で甲鈑を穿突する前に砲弾が炸裂し水面下に破口を生じさせたり甲鈑内外の船体に損傷を与えることが出来ない不完全な物であった。そのため、日本海軍が使用していた従来の徹甲弾よりは性能が向上していたといっても未だにその性能はドイツが使用した徹甲弾に劣るものであった。しかし、その後1928年(昭和3年)には五号徹甲弾を改良し徹甲性、自爆防止、水中性を加えて表面硬化甲鈑だけでなく均質甲鈑への穿突力を考慮した六号徹甲弾[63]が採用される事となり、他国の徹甲弾と比べた場合依然として性能は劣るものの自爆防止装置と0.4秒の遅動信管[64]を備えた事でユトランド沖海戦でドイツ海軍が使用した徹甲弾と同一原理の徹甲弾を日本海軍でも使用することが可能となった。また、1931年(昭和6年)には遠達効果と弾量増加を目的に弾頭部を鋭角にし弾丸尾部を船尾型[65]とした九一式徹甲弾が制式採用される事となった。[66]

米戦艦との比較[編集]

当時の米戦艦の砲塔では防炎対策が徹底されていたのに比して、日本戦艦では僅かに長門型の火薬庫の供給通路に撒水装置が設置されていたのみであり、後述のように舷側甲鈑も厚い米戦艦と比べた場合扶桑型の防御は見劣りする物となっていた。また、扶桑型建造後の1920年(大正9年)の各国海軍大口径砲弾道性能比較では米国のニューメキシコ級より採用された14in50口径砲の貫徹力は下記の通りとなっており、口径が増したため日本の14in45口径より貫徹力が勝るものであった。

  • 距離25,000m 165mm
  • 距離20,000m 210.8mm
  • 距離15,000m 335mm

扶桑と同時代に建造されたニューヨーク級ペンシルベニア級ネバダ級に搭載された14in45口径砲については大撃角、斜撃に対しての強いという点以外は日本側と貫徹力に大差はないと考えられるが、ニューヨーク級の舷側水線甲鈑最厚部が扶桑型と同じく305mmとなっていたのに対してペンシルベニア級、ネバダ級では甲鈑が356mmとなり扶桑型を上回る防御を備えていた。また、当時の米戦艦の砲戦能力は1917年(大正6年)春の戦闘射撃成績では以下の物となっており、日本側と比べて劣るものでは無かった。

  • ニューヨーク - 距離19,505m-17,900m発射間隔50秒、散布界828m
  • ペンシルベニア - 距離16,5400m-13,000m発射間隔1分02秒、散布界1,188m
  • ネバダ - 距離16,900m-14,000mで発射間隔1分9秒、散布界752m

米戦艦と砲撃戦となった場合米戦艦よりも甲鈑の薄い扶桑型は距離20,000mから水線上部の舷側を貫徹され始め、距離15,000mからは舷側最厚部が貫徹されるのに対して、扶桑型では同距離でも米戦艦の舷側水線部を貫徹する事が出来ないため劣勢は免れず、ニューヨーク級以外との砲戦に於いては不利であった。また、扶桑型に対しては後述の改装によって水平防御、水中防御を中心に強化が施される事となったが、九一式徹甲弾採用後[注釈 11]1936年(昭和11年)11月に行われた「対米作戦用兵に関する研究」の中では、改装後のコロラド級、ペンシルベニア級、カリフォルニアを引き合いに出し、米戦艦は散布界が依然として減少しておらず射撃指揮所の高さから米戦艦が25,000mから観測可能となるのに対して日本側は30,000mから観測可能の為、射程に於いて4,000m〜5,000m優越しているとされる一方で、最大射程距離に於いては日米双方共に水平甲鈑を貫徹される事となり、16インチ砲の場合は距離25,000m以下より米戦艦の舷側甲鈑を貫徹可能であり、14インチ砲では19,000以下の場合に舷側甲鈑を貫徹可能であるとされ、水平甲鈑に関しては同距離では貫徹不可能とされていたのに対して、日本側は長門型が距離19,000mから舷側甲鈑を貫徹される事になり、扶桑型の場合では25,000mから舷側を貫徹される[注釈 12]としていた。この防御力の薄弱さを補うために駆逐艦によって煙幕を展張し、敵弾を極力斜めに受ける事で跳弾させ貫徹を防ぎながら、決戦距離[注釈 13]以下に急速接近するといった作戦が研究されている事から、改装後も扶桑型の防御は決して十分なものでは無かったと言える。

機関[編集]

竣工直後の山城。4番主砲塔の位置が高められている。

本型の機関は竣工時には宮原式石炭・重油混焼水管缶24基とブラウン・カーチス式直結タービン[67]を採用し、機関出力40,000馬力で速力22.5ノットを発揮する見込みであり、公試験時には山城が23ノットを記録したがその代償にタービンの軸受けが破損する事となった。また、公試験時には22.7ノットを記録した扶桑もその後は22ノット以上の速力を発揮する事は無く、実速は21ノット程度に止まり、この点は他の戦艦と編隊行動を取る場合に問題とされる場合があった。 本型はボイラー室は武装配置の関係で4室に分けられ、1番煙突の下部に1番・2番缶室が配置され、3番主砲塔を挟んで2番煙突の下部に3番・4番缶室を配置していた。タービン室は第4主砲塔を挟むように前部機械室と後部機械室を配置し、タービンの構成は高速・中速・低速の三種類の直結タービンを1組として片舷2軸を推進するもので、前部機械室に中速タービンで外軸を推進し、後部機械室に高速・低速タービンで内軸を推進した。4番主砲塔の位置は5番主砲塔と変わらない高所に配置されているが、これは動力を伝達する内軸を主砲塔弾薬庫の下に通したからではなく、艦載艇を運用するにあたって主砲塔が邪魔をしないようにするためであった。機関については後の改装時に大幅な改変を受けた。

観測・照準設備[編集]

本型は竣工当初から主砲用測距儀を設置していた。「扶桑」は測距儀の幅が4.5mであったが、「山城」は6mで観測能力に優れた。さらに前部マストの頂上部の観測所が大型化されて日本戦艦初の方位盤射撃装置を搭載していた。

「山城」と「扶桑」の竣工時における外見での相違点は、「山城」が艦橋基部の居住区が2番主砲塔基部にまで延長され、司令塔の形状も楕円筒状から円筒形に変更された点である。また測距儀の位置も「扶桑」では2番主砲塔上に3.5m測距儀1基が設置されたが、「山城」では司令塔上の前方に3.5m測距儀1基と、後方に2.7m測距儀1基を設置していた。艦尾のスターン・ウォークは「扶桑」では撤去されたが「山城」では補強した上で装備していた。

改装[編集]

「扶桑」は1915年に竣工した。後の1917年、前檣上部に方位盤照準装置を装備し、1918年には艦橋構造の側面部と、2番煙突の側面部に7.6cm単装高角砲を1基ずつ、計4基の増備がなされた。

竣工後の第一次近代化改装[編集]

扶桑(第一次近代化改装後)
山城(第一次近代化改装後)

1922年から1923年にかけ、第一次世界大戦時の戦訓として遠距離砲戦に対応させるべく、各種改良がおこなわれた。主砲塔は最大仰角を25度から30度へと引き上げ、同時に天蓋部の装甲が増厚され、砲塔測距儀も8mに大型化された。外観的なものとしては、前部マストも主砲測的所・主砲指揮所・高所測的所などのフロアが増設され、露天であった羅針艦橋も密閉化された。また、追い風時に、煙突から排出された高温の煤煙が逆流し、前檣にかかって作業が困難になる欠点があり、これの対応としてスプーン状のファンネルキャップを1番煙突の前部に取りつけたが、効果は薄かった。

第二次近代化改装と、その結果[編集]

扶桑型戦艦。手前から山城扶桑、後は榛名

主砲の最大仰角は従来の30度から43度へと引き上げられ、主砲塔の構造面においては砲塔外筒と主砲塔天蓋の装甲を増厚して防御を強化した。同時に副砲も仰角を15度から30度へと引き上げて射程距離の延伸を計ったことにより、防楯は新設計となって甲板の一部を切り欠いた形状の物に更新された。また、舷側装甲の範囲を充実させた事により、装甲重量は8,558トンから12,199トンへと増加して防御重量は排水量の約31%にまで増加した。この主砲塔の改造時に、「扶桑」は3番主砲塔上に水上機用のカタパルトを設置すると共に、砲の向きを後向きから前向きに変更したことで「山城」との外見上の明確な相違点となった。 また、高角砲は新型の「八九式 12.7cm(40口径)高角砲」へと更新された。これに、爆風避けのカバーを装備したうえで、前部マストの側面に片舷1基ずつと、後部艦橋の上方の側面部に片舷1基ずつの計4基を搭載した。高所への搭載となったのは主砲発射時の爆風を避けるためである。 機関についても大幅な改良が実施された。ボイラーがロ号艦本式重油専焼水管缶4基とハ号艦本式重油専焼水管缶2基の計6基に更新、3番・4番缶室に集中配置された。艦橋下部の1番・2番缶室は閉鎖され1番煙突も撤去された。1番煙突が無くなったことにより追い風時に煤煙が艦橋に逆流する問題も解消された。閉鎖された1番・2番缶室は大部分が重油タンクとなり、上部の一部区域が士官室に充てられた。タービンも新型の艦本式タービン4基となり、最大出力は75,000馬力を達成、速力が目標の25ノットには及ばないものの公試時に24.7ノットを発揮した。その後は速力が低下したという説もあるが、艦長経験者による「伊勢型と問題なく編隊を組むことができた」「戦闘運転で26ノットは出た」との証言も残っている[68]。燃料は重油のみとなり、燃料搭載量は5,100トンとなって航続性能は16ノットで11,800海里という長大な性能を誇った。

防御面においては、水平防御は弾薬庫と機関室上面のみ51mm~102mmに増厚した。対魚雷水中防御として舷側部にバルジを追加し、艦幅は水線部30.64m、最大幅33.08mに増加した。バルジの装備範囲は当初は第二甲板部までしかなかったが、のちに上甲板まで引き上げられた。さらに水密隔壁に64~76mmの装甲板を貼って強化した。この防御強化により吃水は約1mほど沈下して9.72mとなった。さらに船体の艦尾部を延長して速力向上と直進性を向上させた。

この近代化改装により本型は相当に戦力向上を果たしたが、重量の増加によって乾舷の低下、予備浮力の減少、舷側甲鈑上端の水面上の高さが減少した事で水線最厚部の甲鈑の占める割合が小さくなるといった問題も発生しており、垂直防御そのものは新造時と変わらなかった為問題が残ることとなった。水平防御についても強化されたものの、弾火薬庫の最厚部ですら250kg爆弾に対する防御や中口径砲弾、大口径砲弾に対する防御としては不十分なものでしかなかった[69]。その後扶桑型はレイテ沖海戦前には、対空砲や機銃の増設が図られたが兵装配置の問題から対空兵装の装備配置、数共に問題があるものとなっていた。捷一号作戦前には十三号電探二十一号電探二十二号電探(扶桑のみ)が新たに装備されていたが、十分な訓練を行う事は出来なかった。

また、伊勢型戦艦の「伊勢」、「日向」と並び、「扶桑」と「山城」にも、航空戦艦への改装が計画されていたが具体的な改装案は纏まらず、マリアナ沖海戦の頃には計画自体が取り消される事となり実現されることはなかった。

本型は太平洋戦争中には主に内地にあって半ば練習戦艦的な扱いを受けており、戦争末期の捷一号作戦に西村艦隊の主力として揃って出撃、戦没している。

装甲配置[70]
主甲帯 102-229-305--229-102 VC
中甲板甲帯 203 VC
上甲板甲帯 152 VC
横防御隔壁 前部中甲板 152 VC 下甲板 152 VC 後部中甲板 102 VC 下甲板 51 VC
水平防御 中甲板 32 NS+67-19 NVNC
最上甲板 35 HT
魚雷防御隔壁 64-25 HT
弾薬庫 甲板平坦部 35 NS+67-19 NVNC 甲板傾斜部 25 HT+67-32 NVNC 垂直部 35 NS+38 HT+51 NVNC 底部 41-32 NS
司令塔 側面 305 VC 上面 ? 床面 ? 交通筒 178-51 VC
主砲塔 前盾 280 KC 側面 229 KC 後面 229 KC 上面 152 VC バーベット 305-51 VC+114-51 NVNC
ケースメイト 砲盾 38 HT 隔壁 なし
舵取機室 なし(大戦中に周辺にコンクリート充填)
煙路 178 VC

幻の改造案[編集]

実現する事無く終わった扶桑型の改造案は大きく分けて二つ存在していた事が確認されており、一つはワシントン条約中の大正11年に平賀譲より提案された扶桑級改造案。残る一つは1942年(昭和17年)5月に行われた珊瑚海海戦にて空母祥鳳を失い、更に6月のミッドウェー海戦にて空母4隻を失った連合艦隊が既存巡洋艦、戦艦の航空母艦への改装を研究・計画した際に考え出された航空母艦or航空戦艦への改造案であった。

今日平賀文書に残る扶桑級改造案はA案、B案、最終案と見られる案の三つに分かれている事が確認できる[71]

A案

  1. 水平防御の強化として新たに開発されたNVNC甲鈑を従来の中甲板に25mm〜101mm追加。
  2. 水雷防御として隔壁を新設しバルジを設け、艦幅をそれに伴い0,9m増加させる。
  3. 罐の一部を油専焼罐として罐室一つを廃止する。
  4. 電線通路を中甲板下に移す。
  5. 砲塔天蓋を152mmに改造する。

A案は上記のように水平・水中防御の強化に主眼が置かれており、この改装によって重量は3,500t増し、速力は0.5kt低下し22ktとなる代わりに、バルジを追加する事で浮力を確保し喫水の沈下は防げるとされていた。また、この改装に掛かる費用は砲塔天蓋の改造費が64万円、船体・甲鉄費用は460万円と試算されており[注釈 14]砲塔天蓋の防御を完全なものとする為には下部甲鈑の増加も必要である為、更に重量が330t増加し[注釈 15]費用も43万円程増えるとされていた。

B案

  1. 14インチ砲を取り外し16インチ砲連装2基、3連装2基の計10門へと換装する。[注釈 16]
  2. 専燃(油)罐室を第4砲塔の位置に新設し、10,000馬力の罐を2個設置し混燃罐室2つを廃止する。
  3. 前部煙突を撤去し後部煙突を移設する。

B案はA案とは違い主砲の換装と機関の改修が中心とされており、この改装で増加する重量は700tとなり費用は260万とされていた。尚、前述のA案の内砲塔天蓋の改造を除いた上で、A案・B案の両方の改造を実施した場合は増加重量4,500tとなり費用は700万円となると試算されており、この場合でも新たに浮防材を設ける事で喫水の増減は無いままに改造が出来るとしていた。また、米14インチ砲艦が16インチ砲艦へと改造する事が困難であるのに対して扶桑型は僅かな重量増加で16インチ砲10門の艦へと変更する事が出来、砲塔外面を多少改造する必要はあるものの然程大きな問題は無いともしており、扶桑型を16インチ8門の艦にするのならば更に容易に改造が可能だと主張されている。しかし、その一方で既成艦に対しては一切何らの制限を為さざるを利とするとも述べられており、次期条約で既成艦についての制限が無い事を前提とした改造案であった事が窺える。

以上がA案B案であるが、平賀文書には極秘と平賀の印が押されたもう一つの改造案が残っており、その案では

  1. 下甲板(中央部機械室、罐室、弾火薬庫上)に101mmの甲鈑(NVNC甲鈑45kg、HT鋼27kg)を追加。
  2. 後部甲板上のフラットに110mm、スロープに152mmの甲鈑を追加。
  3. 水雷防御隔壁を設ける。(機械室・罐室上部側に121mm・下部75mm、弾火薬庫側に103mm)
  4. 砲塔甲鉄を305mmに改装する。[注釈 17]
  5. 約1.2mの浮防材を設ける。
  6. 中央部・後部の水中発射管を水上に移設。
  7. 中央部舷側甲鈑を傾斜式とする[注釈 18]

最後の案ではA案同様に水平・水中防御に加えて垂直防御の強化についても考慮されており、この改造によって増加する重量は4,000tと成り改造費用は640万円と試算されていたが、この案でも喫水の増加は無い物とされていた。また、扶桑型改造案の中には改造後の扶桑型の断面図も書かれており、そこでは従来の石炭庫を改造し空所と防御隔壁を新たに設けるという加賀型に準ずる水雷防御構造へと変更する予定であった事が示されている。[注釈 19]

扶桑型の航空母艦への改造が検討されたのは前述の通り損失した空母の穴を埋めるために全ての巡洋艦・戦艦についての研究が行われた際の計画であり、各艦の改造に関しては下記のような研究結果が出されていた。

  • 巡洋艦
    • 青葉型川内型 - 最大幅過少の為空母への改装は不適当。
    • 最上型利根型 - 飛行甲板195m幅23.5m、搭載機数30機、改装予測期間9カ月以内。
    • 妙高型鳥海型 - 飛行甲板200m幅23.5m、搭載機数30機、改装予測期間9カ月以内。
  • 巡洋戦艦
    • 金剛型 - 飛行甲板220m幅34m、搭載機数54機、改装予測期間1.5年以内。
  • 戦艦
    • 日向型・山城型 - 飛行甲板210m幅34m、搭載機数54機 改装予想機関1.5年以内。
    • 長門型 - 金剛型に同じ。

この調査研究の結果、金剛型を航空母艦へと改装する事は工事量が莫大なものとなり工期も長期に及ぶ事になるため、改装の意義が無いと判断されたが、伊勢型については砲塔を一部撤去して航空戦艦としての工事が可能と確認されたため航空戦艦への改装の実施が決定される事となった。

伊勢型の改装実施が決定された背景には

  1. 新造艦の工事中止によって手空きとなった大口径関係造修部門の応援が見込まれた。
  2. 日向が射撃訓練中に第五砲塔の爆発事故によって既に第五砲塔を撤去した状態となっていた。
  3. 新型の艦載機十三試艦爆(彗星)を試作中であった事。

上記3点がその背景としてあったためとされる。

また、軍令部の要望としては主砲は6門残せばよく、副砲を撤去し高角砲と機銃による対空兵装を強化し、なるべく多数の航空機を搭載する事であったとされる。伊勢型の具体的な航空戦艦への改装は第五、六砲塔を撤去しその跡に航空艤装を設ける事とし、後檣付近から後部の上甲板にかけて高さ6m、幅前部29m・後部13m、長さ70mの飛行機射出甲板を設け甲板上の両舷に射出機各一基を装備し、後檣から後方の上甲板と射出甲板の間に全閉鎖型の格納庫を設けると計画された。この他に、航空機用の軽質油タンクは第六砲塔跡に設けその容量は111m3、76tとされ、第五砲塔火薬庫跡に全機3回出撃分の爆弾庫を設け爆弾は50番44個、25番22個を搭載する事となった。当初搭載機は十三試艦爆を射出可能なように補強を施した上で搭載するとされていたが、後に常用機は一四試水爆撃機に改められこれを射出甲板上に11機、射出機上に各1機、格納庫に9機の合計22機を搭載し、射出間隔は各射出機につき30秒に1機とし、交互に15秒ごとに1機を射出する事で5分程度で全機の射出を可能とする計算となっていた。また、副砲を撤去し12.7cm連装高角砲4基を増設しただけでなく従来の4基にもそれぞれ高射装置を装備した上で一群4門、4群の高角砲対空兵装とした。これに加えて、機銃の増設も行っており従来の25mm連装10基を三連装に改め更に9基の増設が行われる事となった。

扶桑、山城についても伊勢型の改装完了後に扶桑は呉、山城は横須賀で改造する事を訓令済みとなっていたが、1943年(昭和18年)6月に改造工事着手は取り止められる事となり、扶桑型の航空戦艦への改装は実現せずに終わった。扶桑型の航空戦艦への改造は伊勢型よりも改造工事が複雑であり手間がかかる物であったとされており、当初は6カ月で完成させる予定であったものが1944年(昭和19年)春頃には4ヶ月で完成させるという線表が組まれていたとされる。

データ[編集]

第一次近代化改装後[編集]

()内は 「山城」のスペック

  • 水線長:-m
  • 全長:205.1m(210m)
  • 全幅:32m(33.1m)
  • 吃水:9.4m(9.7m)
  • 基準排水量:-トン
  • 常備排水量:-トン(34,700トン)
  • 満載排水量:-トン
  • 兵装:35.6 cm(45口径)連装砲6基、15.2 cm(50口径)単装砲16基、7.6 cm(40口径)単装高角砲4基、13mm四連装機銃4基、53.3cm水中魚雷発射管6基(35.6 cm(45口径)連装砲6基、15.2 cm(50口径)単装砲16基、12.7 cm(40口径)連装高角砲4基、40mm連装機関砲2基、53.3cm水中魚雷発射艦4基)
  • 機関:ロ号艦本式重油専焼缶4基、ハ号艦本式重油専焼缶2基+艦本式オールギヤードタービン4基4軸推進
  • 最大出力:70,000hp
  • 航続性能:16ノット/10,000海里(16ノット/11,000海里)
  • 最大速力:24.5ノット
  • 装甲
    • 舷側装甲:-mm
    • 甲板装甲:-mm
    • 主砲塔装甲:-mm(前盾)、-mm(側盾)、-mm(後盾)、-mm(天蓋)
    • バーベット部:-mm
    • 司令塔:-mm
  • 航空兵装:-機(「山城」は水上偵察機3基、カタパルト1基)
  • 乗員:1,221名

最終状態[編集]

()内は 「山城」のスペック

  • 水線長:-m
  • 全長:212.75m
  • 全幅:33.1m
  • 吃水:9.69m
  • 基準排水量:-トン
  • 常備排水量:39,150トン(38,350トン)
  • 満載排水量:-トン
  • 兵装:45口径35.6 cm連装砲6基、50口径15.2 cm単装砲14基、40口径12.7 cm連装高角砲4基、13mm四連装機銃4基、25mm機銃xx基
  • 機関:ロ号艦本式重油専焼缶4基+艦本式オールギヤードタービン4基4軸推進
  • 最大出力:75,000hp
  • 航続性能:16ノット/10,000海里(16ノット/11,000海里)
  • 最大速力:24.7ノット
  • 装甲
    • 舷側装甲:-mm
    • 甲板装甲:-mm
    • 主砲塔装甲:-mm(前盾)、-mm(側盾)、-mm(後盾)、-mm(天蓋)
    • バーベット部:-mm
    • 司令塔:-mm
  • 航空兵装:水上偵察機3基、カタパルト1基
  • 乗員:1,396名(1.445名)

注釈[編集]

  1. ^ 山城は大正2年11月10日起工
  2. ^ 山城1隻の建造費の総額は823万7840円
  3. ^ 四五口径
  4. ^ A48では12インチ50口径連装6基12門、A49は14インチ連装5基10門
  5. ^ 14インチ45口径連装5基10門
  6. ^ 艦首・船尾最前部砲塔が三連装とされ残りの連装砲は中央部に1基三連装後方にそれぞれ1基づつ搭載するとされていた。
  7. ^ 扶桑の起工年月日は1912年(明治45年)3月11日
  8. ^ 長門、扶桑、伊勢、山城、霧島、比叡
  9. ^ 特に日本の徹甲弾に於いては甲鈑面で炸裂する場合が多かったため、1924年(大正13年)に金剛、日向両艦が距離18,000mから行った弩級戦艦薩摩を利用した射撃訓練の際にも、15発程度の命中弾があったにも拘らず薩摩のKC230mmの水線甲鈑を貫徹出来ず浸水や傾斜を発生させる事が出来なったとされる。
  10. ^ 一等巡洋艦金剛を発注した際に製造技術がヴィッカース社より導入され、以降呉工廠でも製造されるようになった。
  11. ^ 米国に関しても同等の新式徹甲弾を開発していると想定していた
  12. ^ 金剛型に関してはどの距離でも貫徹されるとされている。
  13. ^ 舷側甲鈑を貫徹可能な18,000m〜23,000m
  14. ^ 大正10年の海軍予算は5億212万5千円
  15. ^ 山城の場合
  16. ^ 艦首側に連装2基、艦中央部に3連装1基、船尾側に3連装1基
  17. ^ 扶桑型の砲塔前楯の薄さが指摘されていた事から、砲塔前楯を指すと思われる。
  18. ^ 甲鈑は従来のVCを使用
  19. ^ 第一罐室を専焼罐とする事で、罐数を減らす事も書かれているが線引きで消されているため、これについては行わないとしていたようである。

脚注[編集]

  1. ^ 最終案
  2. ^ 計画22kt
  3. ^ 計画23kt
  4. ^ 大正4年8月29日実施の扶桑公試運転時に排水量30,883~30,386の状態での運転成績が平均23kt
  5. ^ 中甲板
  6. ^ 五号徹甲弾
  7. ^ 九一式徹甲弾
  8. ^ 弱装薬での発射の為
  9. ^ 対VC甲鈑の値と思われる
  10. ^ 対KC甲鈑、対VC甲鈑
  11. ^ 24,900m
  12. ^ 20°
  13. ^ 33°
  14. ^ 396
  15. ^ 便宜上30,000mと表記するが仰角30°での射距離は30,500m
  16. ^ 垂直は対VC甲鈑、水平は対NVC甲鈑
  17. ^ 恐らく20,000m
  18. ^ 対VH甲鈑
  19. ^ 「丸 2013年8月号」p76参照
  20. ^ 平賀譲デジタルアーカイブ 「軍艦扶桑砲熕公試発射記事 別冊甲乙添」
  21. ^ 『戦闘射撃 1(6)』p.28
  22. ^ 『戦闘射撃 1(6)』p.57
  23. ^ 『戦闘射撃 1(6)』p.27
  24. ^ 平賀譲デジタルアーカイブ「大正十五年度戦闘射撃成績摘要」
  25. ^ 192m
  26. ^ 各種砲の弾火薬庫、機械室及び缶室、発電機室、水圧機室、発令所、注排水指揮室等
  27. ^ 不要とされた上甲板、最上甲板側面も除く
  28. ^ 新造時の扶桑型は水中防御は有せず
  29. ^ 舷側、司令塔、バーベット
  30. ^ 最上甲板及び中甲板
  31. ^ 新造時には石炭庫が断片防御を兼ねるのみで水中防御は有せず。
  32. ^ 艦底から最上甲板までの高さ約15.5m
  33. ^ 甲帯幅約1.5mの内水上部分は約1.2m
  34. ^ 第一、第二砲塔水線部
  35. ^ 第三、第四砲塔、機関部にかけての艦中央水線部
  36. ^ 第五、第六砲塔水線部
  37. ^ 甲帯幅約2.2m
  38. ^ 甲帯幅約2.3m
  39. ^ 艦中央部の第三、第四砲塔及び機関部には傾斜部無し
  40. ^ 第一、第六砲塔バーベット前部の水線部
  41. ^ 第一、第六砲塔バーベット前部の中甲板・上甲板
  42. ^ 前楯
  43. ^ 天蓋
  44. ^ 無帽徹甲弾、半徹甲弾対応防御
  45. ^ 缶室上部の一部にはNVNC甲鈑ではなくHT鋼19mmが重ね貼りされた。
  46. ^ 弾火薬庫上部のみ
  47. ^ 一部はHT鋼38m重ね貼り
  48. ^ 外側
  49. ^ 内側
  50. ^ 外側
  51. ^ 内側
  52. ^ 主要防御区画の水平、垂直防御が穿突されない距離。
  53. ^ 扶桑型の場合外板から防御壁までの距離は約4.25mとなっており、外板から3m以上防御壁が離れている場合は約66mmで炸薬量200kg対応防御となり、約77mmで炸薬量250kg対応防御となるため
  54. ^ 機関部とは違い防御壁が弾火薬庫側壁となっていた第二砲塔付近に被雷した場合変圧、発電機室等を含む弾火薬庫前部の区画への浸水は免れない。
  55. ^ 火薬庫側面のNVNC甲鈑
  56. ^ 戦艦には巡洋戦艦に近い速力と航続距離を与え、水平・垂直防御を強化し、巡洋戦艦には戦艦と大差ない砲力と防御力を与える事が重要とされた
  57. ^ 14in砲の場合射距離10,000m~19,000mに相当する
  58. ^ 14in砲の場合概ね射距離15,000m~24,300mに相当する
  59. ^ 『昼間戦闘射撃報告 (3)』p.8
  60. ^ 四十一式36cm砲の最大仰角は20°
  61. ^ 扶桑、山城の規定距離は22,000m。『戦闘射撃 1(6)』p.28、36
  62. ^ 何れも即動の弾底信管
  63. ^ 八八式徹甲弾
  64. ^ 十三式五号信管
  65. ^ 風帽尖端を20°30'弾尾を6°30'とした。
  66. ^ 弾頭部を鋭角にし、弾丸尾部に船尾型を採用する事には問題もあり、散布界が大きくなる他弾長が長くなり格納、給弾に影響が出るだけでなく砲塔の諸装置、弾庫の改造が必要になるという問題もあった。
  67. ^ 「丸 2013年 08月号」p83、「日本の軍艦-わが造艦技術の発達と艦艇の変遷- 附表1」、「戦史叢書 海軍軍整備(1)」p612では直結タービンとされ、「戦史叢書 海軍軍整備(1)付表第一その一」では併結タービンとされている。
  68. ^ 「艦長たちの太平洋戦争」p14 鶴岡信道少将の証言
  69. ^ 「日本戦艦物語<1>」p254
  70. ^ 『図解 日本帝国海軍全艦船 1868-1945』(並木書房)
  71. ^ 平賀譲デジタルアーカイブ 表題〔扶桑級改造案〕

参考文献[編集]

  • 「Conway All The World's Fightingships 1906–1921」(Conway)
  • 「Conway All The World's Fightingships 1922-1946」(Conway)
  • 「Jane's Fighting Ships Of World War I」(Jane)
  • 世界の艦船増刊第79集 日本戦艦史」(海人社
  • 「世界の艦船増刊第22集 近代戦艦史」(海人社)
  • 「世界の艦船増刊第83集 近代戦艦史」(海人社)
  • 「世界の艦船増刊第30集 イギリス戦艦史」(海人社)
  • 「泉 江三 「軍艦メカニズム図鑑 日本の戦艦 上巻」グランプリ出版 ISBN 4-87687-221-X c2053
  • 「ハンディ判日本海軍艦艇写真集 2巻/戦艦 扶桑・山城・伊勢・日向」(光人社)
  • 雑誌「丸」編集部『丸 2013年 08月号』(光人社、2013年) ASIN B00DC69OLU
  • 歴史群像編集部『歴史群像太平洋戦史シリーズVol.30 扶桑型戦艦』(学習研究社、2001年) ISBN 4-05-602444-8
  • 「図解 日本帝国海軍全艦船1868-1945 戦艦・巡洋戦艦」(並木書房、2007年) ISBN 978-4890632237
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C08020764700 『試験(1)』。
    • Ref.C08020801400 『昼間戦闘射撃報告 (3)』
    • Ref.C08021170100 『戦闘射撃 1(6)』
  • 平賀譲デジタルアーカイブ
    • 表題 『大正十五年度戦闘射撃成績摘要』
    • 表題 〔扶桑級改造案〕
    • 表題 「軍艦扶桑砲熕公試発射記事 別冊甲乙添」


関連項目[編集]