敷島 (戦艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese battleship Shikishima 2.jpg
艦歴
計画 1896年(明治29年)度
建造所 テムズ鉄工造船所
起工 1897年3月29日
進水 1898年11月1日
就役 1900年1月26日竣工
除籍 1945年11月20日
その後 1948年解体
要目
排水量 常備:14,850トン
全長 133.5m(438ft)
全幅 23.0m(75ft6in)
吃水 8.3m(27ft3in)
機関 ベルビール25基
3気筒3段レシプロ2基
2軸、14,500馬力
速力 18.0ノット
航続距離 (10ノットで7,000海里[1]
燃料 石炭1,722トン
乗員 836名
兵装 40口径30.5cm連装砲2基
40口径15.2cm単装砲14基
40口径7.6cm単装砲20基
47mm単装砲12基
45cm水上魚雷発射管1門
45cm水中魚雷発射管4門
装甲 HS(ハーベイ・ニッケル)鋼
舷側:最大9インチ(229mm)
甲板:最大4インチ(102mm)

敷島(しきしま)は日本海軍戦艦敷島型戦艦の1番艦である。艦名は日本全体の美称の一つ。

概要[編集]

1896年(明治29年)の第10議会で可決した第二期拡張計画により建造された4隻の戦艦の第1艦で、イギリスロンドンテムズ鉄工造船所で建造された。日露戦争では主力艦として旅順口攻撃旅順港閉塞作戦黄海海戦日本海海戦と主な作戦に参加した。

その後海防艦に類別変更、第一次世界大戦後のワシントン軍縮会議により兵装、装甲の全てを撤去し、練習特務艦となり佐世保港に繋留、使用されていた。終戦時は推進器が撤去され佐世保海兵団所属の練習艦として相ノ浦に無傷で繋留されていた。戦後の1947年に佐世保で解体された。

艦歴[編集]

艦長[編集]

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

回航委員長[編集]

  • 三善克己 大佐:1898年11月2日 - 1899年7月25日

艦長[編集]

  • 三善克己 大佐:1899年7月25日 - 1900年5月20日
  • 向山慎吉 大佐:1900年5月20日 - 12月6日
  • 伊東義五郎 大佐:1900年12月6日 - 1901年7月6日
  • 富岡定恭 大佐:1901年7月6日 - 1903年4月12日
  • 中溝徳太郎 大佐:1903年4月12日 - 7月7日
  • 寺垣猪三 大佐:1903年7月7日 - 1905年6月14日
  • 吉松茂太郎 大佐:1905年6月14日 - 11月2日
  • 梶川良吉 大佐:1905年11月2日 - 1906年2月2日
  • 上原伸次郎 大佐:1906年4月7日 - 11月22日
  • 和田賢助 大佐:1906年11月22日 - 1907年8月5日
  • 森義太郎 大佐:1907年8月5日 - 1908年4月7日
  • 黒井悌次郎 大佐:1908年8月28日 - 1909年12月1日
  • 依田光二 大佐:1909年12月1日 - 1910年12月1日
  • 西垣富太 大佐:1910年12月1日 - 1911年12月1日
  • 鈴木貫太郎 大佐:1911年12月1日 - 1912年9月12日
  • 竹下勇 大佐:1912年9月12日 - 12月1日
  • 田所広海 大佐:1912年12月1日 - 1914年5月29日
  • 原篤慶 大佐:1914年5月29日 -
  • 久保来復 大佐:1914年8月23日 - 12月1日
  • 大島正毅 大佐:1914年12月1日 - 1915年7月17日
  • 菅野勇七 大佐:1915年7月17日 - 1916年4月1日
  • 吉田孟子 大佐:1916年4月1日 - 12月1日
  • 犬塚助次郎 大佐:1916年12月1日 - 1917年12月1日
  • 大谷幸四郎 大佐:1917年12月1日 - 1918年11月10日
  • 石川秀三郎 大佐:1918年12月1日 - 1919年6月10日
  • (兼)匝瑳胤次 大佐:1919年6月10日 - 7月1日
  • 原田正作 大佐:1919年7月1日 - 8月5日
  • 飯田延太郎 大佐:1919年8月5日 - 11月20日
  • 橋本虎六 大佐:1919年11月20日[3] - 1920年1月27日死去[4]
  • 黒瀬清一 大佐:1920年2月2日 - 11月20日
  • 角田貫三 大佐:1920年11月20日 - 1921年11月20日[5]
  • 有沢四十九郎 大佐:1921年11月20日[5] - 1922年11月10日[6]
  • 黒田瀧二郎 大佐:1922年11月10日[6] -

特務艦長[編集]

  • 黒田瀧二郎 大佐:不詳 - 1923年5月10日[7]
  • 江口金馬 大佐:1923年5月10日 - 12月1日
  • (兼)大寺量吉 大佐:1923年12月1日 - 1924年2月5日
  • 内藤省一 大佐:1924年2月5日[8] -
  • 辺見辰彦 中佐:不詳 - 1925年11月10日[9]
  • 石井二郎 中佐:1925年11月10日[9] - 1926年8月20日[10]
  • 中村寛 中佐:1926年8月20日[10] - 1927年11月1日[11]
  • 長井実養 中佐:1927年11月1日[11] - 1929年11月30日[12]
  • 小沢松三 中佐:1929年11月30日[12] - 1930年11月15日[13]
  • 佐藤文吉 中佐:1930年11月15日[13] -
  • (兼)三井清三郎 大佐:1932年2月1日 - 1932年12月1日
  • 石黒虎雄 中佐:1932年12月1日 - 1933年11月15日
  • 千葉慶蔵 大佐:1933年11月15日 - 1934年2月20日
  • 堀江亥之吉 大佐:1934年2月20日[14] - 1934年11月15日[15]
  • 大塚敏雄 中佐:1934年11月15日[15] - 1935年11月15日[16]
  • 竹内武直 中佐:1935年11月15日[16] -
  • 大野善隆 大佐:不詳 - 1936年12月1日[17]
  • 河原金之輔 中佐:1936年12月1日[17] - 不詳
  • (兼)河原金之輔 中佐:不詳 - 1937年7月1日[18]

脚注[編集]

  1. ^ 『日本戦艦物語I』による。ただし括弧書きで記載され、その説明はない。『昭和造船史』では空欄となっている。
  2. ^ 『官報』第4971号、明治33年1月31日。
  3. ^ 『官報』第2190号、大正8年11月21日。
  4. ^ 『官報』第2248号、大正9年2月3日。
  5. ^ a b 『官報』第2793号、大正10年11月22日。
  6. ^ a b 『官報』第3085号、大正11年11月11日。
  7. ^ 『官報』第3232号、大正12年5月11日。
  8. ^ 『官報』第3434号、大正13年2月6日。
  9. ^ a b 『官報』第3965号、大正14年11月11日。
  10. ^ a b 『官報』第4199号、大正15年8月21日。
  11. ^ a b 『官報』第255号、昭和2年11月2日。
  12. ^ a b 『官報』第878号、昭和4年12月2日。
  13. ^ a b 『官報』第1166号、昭和5年11月17日。
  14. ^ 『官報』第2141号、昭和9年2月22日。
  15. ^ a b 『官報』第2364号、昭和9年11月16日。
  16. ^ a b 『官報』第2663号、昭和10年11月16日。
  17. ^ a b 『官報』第2976号、昭和11年12月2日。
  18. ^ 『官報』第3148号、昭和12年7月2日。

参考文献[編集]

  • 泉江三『軍艦メカニズム図鑑-日本の戦艦 上』グランプリ出版、2001年。 ISBN 4-87687-221-X
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』光人社、1993年。 ISBN 4-7698-0386-9
  • 福井静夫『福井静夫著作集第1巻 日本戦艦物語I』光人社、1992年。 ISBN 4-7698-0607-8
  • 福井静夫『福井静夫著作集第2巻 日本戦艦物語II』光人社、1992年。 ISBN 4-7698-0608-6
  • 官報

関連項目[編集]