天龍 (スループ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese corvette Tenryu.jpg
艦歴
発注:
起工: 1878年2月9日
進水: 1883年8月18日
就役: 1885年3月5日
除籍: 1906年10月20日雑役船に編入
廃船: 1911年12月21日
性能諸元
排水量: 常備:1,547t
全長: 67.3m
全幅: 9.7m
吃水: 4.9m
機関: 一軸レシプロ蒸気機関、円罐4
1,260馬力
燃料: 石炭256t
最大速: 12.0kt
兵員: 210名
兵装: 25口径17cm単装砲1門
25口径15cm単装砲1門
25口径12cm単装砲4門
75mm単装砲1門

天龍(てんりゅう)は、大日本帝国海軍スループである。艦名は、遠州灘に注ぐ天竜川にちなんで名づけられた。

艦歴[編集]

横須賀造船所(後の横須賀工廠)で起工された。日清戦争などに参加した。日露戦争後、雑役船に編入され、舞鶴海兵団練習船として用いられたが、1911年に廃船となり売却された。

年譜[編集]

艦長[編集]

  • 三浦功 少佐:1884年12月16日 - 1887年10月27日
  • (心得)平尾福三郎 少佐:1887年10月27日 - 1888年6月20日
  • (兼・心得)片岡七郎 少佐:1888年6月20日 - 1889年5月15日
  • (兼・心得)有馬新一 少佐:1889年5月15日 - 1890年5月13日
  • (兼・心得)松永雄樹 少佐:1890年5月13日 - 9月17日
  • (心得)沢良煥 少佐:1890年9月17日 - 9月25日
  • (兼・心得)沢良煥 少佐:1890年9月25日 - 1891年4月6日
  • (心得)遠藤喜太郎 少佐:1891年7月23日 - 1893年5月20日
  • (心得)世良田亮 少佐:1893年5月20日 - 12月13日
  • 世良田亮 大佐:1893年12月13日 - 1895年7月29日
  • 遠藤増蔵 少佐:1895年11月15日 -
  • 徳久武宣 少佐:1896年12月4日 - 1897年4月17日
  • 山田彦八 少佐:1897年4月17日 - 5月29日
  • 磯野健 少佐:1897年5月29日 -
  • 有川貞白 少佐:1897年10月26日 - 1898年2月10日
  • 矢島功 中佐:1898年2月10日 - 12月3日
  • 福間隆家 中佐:1898年12月3日 - 1899年3月22日
  • 高桑勇 中佐:1899年3月22日 - 1899年6月3日
  • 加藤重成 大佐:1899年6月3日 - 12月25日
  • 丹羽教忠 中佐:1901年3月23日 - 1902年3月3日
  • 高橋助一郎 中佐:1902年3月3日 -
  • 上村経吉 中佐:1906年5月10日 - 1906年9月28日

参考資料[編集]

関連項目[編集]