日本海海戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本海海戦
Admiral Togo on the bridge of Mikasa
連合艦隊旗艦三笠艦橋で指揮をとる東郷平八郎大将
戦争日露戦争
年月日1905年明治38年)5月27日 - 28日
場所日本海
結果:日本海軍の完勝、ロシア艦隊のほぼ全滅
交戦勢力
日本の旗 大日本帝国 ロシア帝国の旗 ロシア帝国
指揮官
東郷平八郎大将 ロジェストヴェンスキー中将
戦力
戦艦4隻
装甲巡洋艦8隻
巡洋艦15隻他全108隻[1]
戦艦8隻
海防戦艦3隻
装甲巡洋艦3隻
巡洋艦6隻他全38隻[2]
損害
水雷艇3隻沈没
戦死117名
戦傷583名
21隻沈没[3]
被拿捕6隻
中立国抑留6隻[4]
戦死4,830名
捕虜6,106名
日露戦争
東郷平八郎1907年〈明治40年〉)

日本海海戦(にほんかいかいせん、1905年5月27日 - 28日)は、日露戦争中に行われた海戦である。日本以外ではこれを主力決戦の場所にちなみ対馬沖海戦(つしまおきかいせん)と呼ぶ。

この海戦は日本海軍連合艦隊と、ロシア海軍の第2・第3太平洋艦隊との間で戦われた。連合艦隊はロシア海軍両艦隊を撃滅し戦力のほとんどを失わせたが、連合艦隊の損失は軽微という海戦史上まれな一方的勝利となった。これにより両国間のポーツマス講和会議への道を開いた。この結果は世界を驚愕させ、タイムズ紙など有力紙が確認のため発表を遅滞させるほどであった。なお日本では上記のロシア海軍両艦隊を指して「バルチック艦隊」と呼ぶことが定着しており本稿でもこの呼び名を用いる。

背景[編集]

日露戦争開戦時のロシア海軍は対日戦に備え、旅順およびウラジオストクを母港とする極東太平洋艦隊を増強していたが、戦艦「オスリャービャ」などの移動が間に合わないなど十分と言えるものでは無かった。ロシア指導部は本国に戻った「オスリャービャ」などの艦艇にバルト海方面に残っていた旧式艦と建造・調整中のボロジノ級戦艦4隻などを加え、艦隊を編成して極東海域へ増派することを決定した。司令長官にはジノヴィー・ロジェストヴェンスキー少将(後に中将へ昇進)、副司令官にはドミトリー・フェルケルザム少将が任命された。この新艦隊には「第2太平洋艦隊」の名前が与えられ、太平洋艦隊は第1太平洋艦隊と改称された。なお黒海艦隊ロンドン条約により黒海を出ることを禁止されており、仮装巡洋艦などを除いてこの遠征に加わることはできなかった。

当時、石炭補給が常に必要となる蒸気船からなる大艦隊を、水兵と武器弾薬を満載した戦時編成の状態で、ヨーロッパから東アジアまで回航するのは前代未聞の難事であった。さらに、航路は日本と日英同盟を締結していた上に、ドッガーバンク事件の影響で険悪となったイギリスの制海権下にあり、良質な石炭はイギリスが押さえていたため劣悪な質の石炭しか入手できる見込みはなかった。ロシアと露仏同盟を結んでいたフランスや、皇帝同士が姻戚関係にあったドイツ帝国も、日英同盟によって牽制を受け、中立国の立場以上の支援を行うことはできなかった[4]

遠征途中に旅順艦隊が壊滅した知らせが入ると、更なる増援としてニコライ・ネボガトフ少将を司令長官とする第3太平洋艦隊が編成された。

前哨[編集]

ロシア艦隊は大きく2波に分かれてアジアまでたどり着いた。
ロシア艦隊は対馬近海で連合艦隊と遭遇し、日本海南西部で撃破された。

バルチック艦隊の出航[編集]

1904年明治37年)10月15日、第2太平洋艦隊はリバウ軍港を出航した。10月21日深夜、第2太平洋艦隊は北海を航行中にイギリス漁船を日本の水雷艇と誤認して攻撃し、乗組員を殺傷してしまう(ドッガーバンク事件)。これによってイギリスの世論は反露親日へ傾き、イギリス植民地の港への第2太平洋艦隊の入港を拒否した。以後第2太平洋艦隊はイギリス海軍艦隊の追尾を受け、これをしばしば日本海軍のものと勘違いして、将兵は神経を消耗させられた[5]

1905年(明治38年)3月16日、第2太平洋艦隊はフランス領マダガスカル島ノシベNosy Be)港を出航した。この時点で既に旅順要塞は陥落し、旅順艦隊の残存艦艇も壊滅していたため(1905年(明治38年)1月1日)、日本艦隊に対する圧倒的優位を確保するという当初の回航の目的は達成困難になっていたが、第2太平洋艦隊は目的地をウラジオストクに変更して航海を続けた。インド洋方面にはロシアの友好国の港は少なく、将兵の疲労は蓄積し、水、食料、石炭の不足に見舞われた。5月9日、第2・第3太平洋艦隊はフランス領インドシナカムラン湾で合流した[5]

連合艦隊の警戒網[編集]

日本海軍の連合艦隊は、すでに1904年(明治37年)8月10日黄海海戦でロシア太平洋艦隊主力の旅順艦隊に勝利し、8月14日の蔚山沖海戦でウラジオストク艦隊にも勝利したことで極東海域の制海権を確保していた。また旅順要塞の陥落(旅順艦隊の壊滅)の後、艦艇を一旦ドック入りさせると共に、入念に射撃訓練を行ない、バルチック艦隊の迎撃に専念できるようになっていた。

問題はバルチック艦隊をどこで捕捉迎撃するかである。カムラン湾からウラジオストクへの航路としては対馬海峡経由、津軽海峡経由、宗谷海峡経由の3箇所があり得た。3箇所すべてに戦力を分散すれば各個撃破されかねず、戦力を集中していずれか1箇所に賭けざるを得なかった。とはいえ、バルチック艦隊が宗谷海峡を通過するためには、距離が遠いため日本本土の太平洋側沖合いで石炭を洋上補給する必要がある。津軽海峡は日本側の機雷による封鎖が厳重になされていた。このようなことから連合艦隊司令長官東郷平八郎大将は、バルチック艦隊は対馬海峡を通過すると予測し主力艦隊を配置するとともに周辺海域に警戒網を敷いた。1905年(明治38年)2月21日には連合艦隊旗艦三笠朝鮮半島鎮海湾に入り、同地を拠点に連合艦隊は対馬海峡で訓練を繰り返した。

通報[編集]

5月14日、バルチック艦隊はカムラン湾を出港した。連合艦隊はバルチック艦隊が5月19日バシー海峡を通過したという情報を得たが、以降は所在がつかめなくなった。このときバルチック艦隊は長時間の演習や石炭の積み込み、さらには1隻の機関不調に時間を取られていたのだが、連合艦隊ではバルチック艦隊が太平洋から北海道へ向かった可能性も想定せざるを得なくなり、次第に焦り始めていた。24日に至り、東郷は大本営に対して北海道への移動をほのめかす電報を送っている。大本営は慎重を期す旨の返電を送り、東郷は5月26日正午までに移動すると返電を重ねた。

26日午前零時過ぎ、バルチック艦隊随伴の石炭運搬船6隻が上海に25日夕方に入港したという情報が大本営に入電した。運搬船を離脱させたのは、航行距離の長くなる太平洋ルートを通らないことの証明でもあった。この情報によって連合艦隊は落ち着きを取り戻し、対馬海峡でバルチック艦隊の到着を待った。もし運搬船の上海入港が1日遅れていたら、東郷は艦隊を北海道に向けていたかもしれない[6]

1905年(明治38年)5月27日(海戦1日目)午前2時45分、九州西方海域203地点付近にて、艦長成川揆大佐指揮の連合艦隊特務艦隊仮装巡洋艦信濃丸」が汽船(バルチック艦隊の病院船「オリョール」であった)の灯火を夜の海上に視認した。接近したところ、4時45分突如無灯火航行中の艦影・煤煙を多数視認し、此を無線電信で通報せんとした。「敵艦見ユ」である。

「信濃丸」が夜間に病院船「オリョール」を発見できたのは、バルチック艦隊で1艦だけ「オリョール」が灯火管制を守っていなかったためであった。

第一報ともされている(違う戦闘のものとも思われる)電文のどこかの段階での電報送達紙とその訳文(平文)を載せている書籍[7]には『タタタタ(モ四五六)「YR」セ』(敵艦隊見ユ 456地点 信濃丸、略符号を丸括弧で囲むのは電報業務の一般的慣習。最後の「セ」は不明)とある。また同書には送信が午前4時40分と(電報送達紙の時刻ではない)ある。これは翌28日の電報としている文献[8]もある。

通報の詳細は、「日本海海戦における通信」[9]によれば以下の通りである。艦影を確認した「信濃丸」は全速で退避しつつ決死で此を通報せんとする。緊急のため、規定の発信元・宛先等を付けられず、午前5時ごろから約1時間の間に、本文のみで以下4通を発信する。「タタタタ 敵第二艦隊見ゆ」「敵艦隊二百三地点、午前五時」「敵は東水道を通過せんとするものの如し」「十五隻以上目撃す」。しかし無線機の性能のため麾下の艦には直接達せず、「三笠」は午前5時05分、「厳島」の中継により「タタタタ 敵第二艦隊見ゆ」を受信する。以降、出所不明の電波により混乱するも、続報の受信により敵の動静を把握する。(なお、暗号については当資料では触れられていない。参照として挙げられているのは「明治三七、八年海戦史 第二部 第二巻」)

「信濃丸」は夜間とはいえロシア艦隊に並航して観測を行い電波を発射し続けていたが、バルチック艦隊からは発見されなかった[10](当時は無線方位測定器の実用化以前)。

「信濃丸」は6時すぎまでバルチック艦隊に同航し敵艦隊が間違いなく対馬海峡を目指している事を確認してから、警戒任務のために近くにいて偵察に駆けつけた第3艦隊第6戦隊所属の巡洋艦和泉」と交代後、敵に発見されることなく離脱した。「和泉」は6時に引き継いでから7時間に渡り敵の位置や方向を無線で通報し続けた[5]

ロシア側からの記述[11]では、「オリョール」乗員は午前5時すぎに汽船を認め、その後、朝靄の中にロストしている。曰く、「旗はよく見えなかったが、どうも胡散くさく――日本の哨戒船に相違なかった」。ロジェストヴェンスキーは、何もしなかった。午前6時ごろ船が現れ、接近してみると「和泉」だと判った。「和泉」はまる一時間ほど、ロシア艦隊と同じ針路で進んだ。受信機には暗号があわただしく入ってきた。ロジェストヴェンスキーは、砲を「和泉」に向けるよう命令したが、狙いをつけただけだった。(以下しばらく記述が続き、午前9時過ぎ、複数の日本艦の出現の記述の後)「ウラル」は600哩[12]を交信できる(大出力の)無線機を具えていたのだが、「ウラル」からのロジェストヴェンスキー向けの通信妨害の許可を求める信号に対し「日本側ノ無電ノ邪魔ヲスルナ」と応答があり、通信妨害はおこなわれなかった。

とまれ、世に言う「敵艦見ユ」・「敵艦隊二百三地点ニ見ユ 敵ハ東水道ニ向カウモノノ如シ」[13]が通報され、日本海海戦の火蓋が切られたわけである。

戦闘[編集]

連合艦隊出撃[編集]

5月27日早朝、バルチック艦隊との決戦に出撃する連合艦隊(「朝日」艦上より)

5時35分、連合艦隊に「直ちに出港用意」が 下令された。6時6分、三笠は航進を起こし、連合艦隊は出港を始めた。6時21分、連合艦隊は大本営に向け「敵艦隊見ユトノ警報ニ接シ聯合艦隊ハ直チニ出動、コレヲ撃滅セントス。本日天気晴朗ナレドモ浪高シ」と打電した[14][15](打電文の最後の「本日天気晴朗ナレドモ浪高シ」は秋山真之が書き加えた。)。7時10分、三笠は加徳水道を抜け鎮海湾から外洋に出た。

艦隊集結[編集]

10時には最初に駆けつけた第3艦隊第5・第6戦隊がバルチック艦隊を確認した。バルチック艦隊も、夜明けから「和泉」やその後の第5・第6戦隊を確認していた。11時すぎに旗艦「クニャージ・スヴォーロフ」の掲げた「和泉」との距離を示す旗旒信号を発砲命令と誤認した後続の諸艦が砲撃を行った。日本側も多少の砲撃を返すが戦闘状態を避けて、常に距離を保った。双方に1発の命中弾もなかった。

第3艦隊第5戦隊の巡洋艦「厳島」「松島」「橋立」と二等戦艦「鎮遠」がバルチック艦隊の前方を横切った。その後、第3艦隊第4駆逐隊の駆逐艦4艦「朝霧」「村雨」「白雲」「朝潮」がバルチック艦隊の前方を距離を保ったまま横切った。第5戦隊や第4駆逐隊側では敵艦隊の正面から方向を測定することで敵針路を正確に掴む、単なる偵察行動だったが、針路の前方海域に機雷が撒かれた場合の危険を避ける為、バルチック艦隊は回避運動に入った(他説あり。ただし日本側は連携水雷作戦を考案しており、あながち間違った判断ではない)。ロジェストヴェンスキーは戦後、「和泉」などが見えなくなった隙に第1・第2戦艦隊を一列横陣に展開しようとしたが第3戦艦隊が接近してきたためその命令を途中で取り消した、と述べている。しかし、この時の艦隊運動がバラバラで、もともと2列縦隊であった隊列はいつのまにか3列縦隊となり巡洋艦部隊は後方に遅れた。後日、連合艦隊主力の多くの水兵はロシア艦隊を初めて見たときの印象を「敵はダンゴでやってきた」と語っている[10]

接近[編集]

11時42分、第3艦隊第7戦隊も沖ノ島沖でバルチック艦隊を確認し、その後、友軍と合流した。13時15分からは、第3戦隊旗艦「笠置」をはじめ、バルチック艦隊に同航して敵所在を通報していた第3艦隊各艦が列をなして第1・第2艦隊に合流しはじめた。

13時39分、南西の針路に共に単縦陣で進む連合艦隊主力の第1・第2戦隊は、北東の針路に進むバルチック艦隊を艦首方向に視認し、三笠は戦闘旗を掲揚して戦闘開始を命令した。続いて右舷面舵で北西へ変針し、バルチック艦隊の針路の左舷側へ横距離を確保し始めた[16]

13時55分、三笠は左舷取舵を行い針路を西にとり、バルチック艦隊への反航路接近の体勢に転じた。その時、両艦隊の距離は12,000m。東郷は連合艦隊旗艦「三笠」へのZ旗の掲揚を指示した。この時連合艦隊が使用していた信号簿ではZ旗は「皇国ノ興廃、コノ一戦ニ在リ。各員一層奮励努力セヨ」という文言が割り当てられていた[17]

14時02分、さらに三笠は左舷取舵を行い針路を南西にとり、連合艦隊第1戦隊はバルチック艦隊に対して間隔約6,000mのほぼ完全な反航路(平行すれ違い)上につく。連合艦隊とバルチック艦隊との距離は10,000mを切り、そのまま両艦隊が進むと先頭の旗艦同士がすれ違うのは14時10分頃となる。

14時05分、距離8,000m、東郷はほぼ同航[18]かつバルチック艦隊先頭を圧迫する隊形へ急速に変更するために第1戦隊に左舷取舵約160度の逐次回頭を指示した。先頭をいく三笠は「敵前大回頭」(トーゴー・ターン)を始めた[5]

敵前大回頭[編集]

日本海海戦航路図

舷側を向けた時に最大の攻撃力(=砲門数)となるのは、基本的には乗り手が矢を射掛けていた古代の軍船から現代の軍艦に至るまで変わっていない。前後に並んだ砲塔で敵を狙うには、艦の横腹を向けるしかないからである(黄海海戦 (日清戦争)時の清国海軍定遠級戦艦のような、前後方向に攻撃力の高い艦は、むしろ軍艦史において例外的存在である)。日露戦争当時の軍艦は主砲を旋回砲塔に収める他は、多くの副砲をケースメート(砲郭)式という「艦の横方向にしか撃てない」方式で備えていたため、なおさらこの傾向が強い[19]。そして横方向に砲撃する都合、および陣形を組むのが簡単である事から、この時代の艦隊は単縦陣が主流であった。単縦陣でまっすぐ進む敵艦隊に対して、その進路を横にふさぐ形、丁の字(あるいはT字)に似た体勢を形成できれば、敵の後続艦がまだ遠いうちに、敵先頭艦が前を向いている状態で味方の全艦艇の側方から先頭艦へ攻撃を浴びせることが出来るため、圧倒的に有利な形勢となる。この戦法自体は海戦の定石として古くから知られていた[20]が、敵艦隊もそのような形を避けようとする事と、交戦時間の経過に伴い相対的位置関係がずれてゆく(陸軍と違い、艦隊は絶えず航行している為)ため、実際に丁字を描くのは不可能に近いと言われていた[5]

東郷司令長官と秋山真之参謀は黄海海戦 (日露戦争)丁字戦法を実施したが失敗した。この教訓と試行錯誤の末、「敵艦隊の先頭を我が艦隊が押さえなければ、逃げる敵との砲撃戦は成立しない」という教訓を得た[21]。その解決策として秋山らが考案したのが連携水雷作戦(敵艦隊に機雷源への突入か砲撃戦かの選択を強いる)である。しかし決戦当日は荒天となり、その使用は不可能となってしまった。そこで次善の策として考え出されたのが、敵前逐次回頭という敵の盲点を衝く事と、連合艦隊の優速を活かし、強引に敵を併走砲撃戦に持ち込む事だった。

同航砲撃戦[編集]

日本海海戦航路図(15時)

14時07分、先頭の「三笠」は約160度の回頭を終え東北東に定針し、バルチック艦隊の航路の斜め前方7,000mを約20度の丁字形で圧迫を始めた。ほぼ同時にバルチック艦隊は砲撃を開始し「三笠」に攻撃を集中した。

14時10分、距離6,400m。連合艦隊第1戦隊は回頭を完了し、右舷側にバルチック艦隊の30隻以上が見渡せた。

連合艦隊第1戦隊に航路を圧迫されることになったバルチック艦隊は、まず第1戦艦隊が右舷逐次回頭し並航体勢に移行を始めた。そして隊形が多少不完全だったが、艦隊主力全力を以て単縦陣を整え、「三笠」への攻撃集中および同航砲撃戦を受けて立つ形を作り始めた[18]。連合艦隊は考えた戦法通りに同航砲撃戦を強要したことになる。

従来では大回頭ののち、日本艦隊は丁字の形を完成させ丁字戦法を行ったと言われてきた。しかし戸高一成の調査などで

  1. 海軍側の一次史料である戦闘詳報や公判戦史などに「日本海海戦で丁字戦法を行った」という記述がない
  2. 同じく制作された日本海海戦の日露両艦隊の航路図には丁字の形をしたものは存在しない事(大回頭後の形は並航戦)
  3. 丁字戦法の初見は海戦直後の5月30日の東京朝日新聞の「連合艦隊参謀某氏による日本海海戦談」だが、連合艦隊参謀は皆、未だ前線の鎮海湾上の旗艦三笠にいて誰も帰国しておらず、取材を受けていない
  4. 未だ戦時中であるのに海戦終了直後に海戦勝利の戦法がなぜか公表されるという不可解さ

などから後述する日本海軍独自の極秘戦法だった「連携機雷戦」を隠すため、黄海海戦で失敗し、日本海海戦では使わなかった丁字戦法をいわばダミーとして公表し、それが世間に真実として広まってしまったのではないかという意見も出ている[22]。あったという意見も未だ根強いが、海軍の一次資料に記載がないのと正確な航路図にそのような形が見当たらない事もあり、大回頭の事は書いてあっても、丁字戦法については触れていない書籍も多くなっている[23]

連合艦隊第1戦隊は回頭を完了した艦からバルチック艦隊の先頭の第1戦艦隊旗艦「クニャージ・スヴォーロフ」と第2戦艦隊旗艦「オスリャービャ」に対して榴弾(徹甲榴弾)による一斉砲撃を開始した。「クニャージ・スヴォーロフ」に向けられた「三笠」の試射1射目は目標を飛び越えて海面で炸裂した。2射目は手前の海面を波立たせた。3射目が「クニャージ・スヴォーロフ」の前部煙突を吹き飛ばし、続く砲弾は司令塔の覗き窓に飛び込んで半数即死、半数を負傷させた。

14時17分、連合艦隊の砲弾がバルチック艦隊の両旗艦に多数命中し火災を発生させた。この頃、連合艦隊第1戦隊は命中率をさらに上げるために約5,000mに距離を詰めた。これに伴い「三笠」の被弾も急増した[24]。また連合艦隊第2戦隊(装甲巡洋艦6隻)も回頭を完了し第1戦隊の航路に続く単縦陣に加わった。バルチック艦隊第2戦艦隊も第1戦艦隊の航路に続く単縦陣を懸命に整えつつ砲撃を行った。連合艦隊主力とバルチック艦隊主力との単縦陣同士の同航砲撃戦は最高潮となった。

連合艦隊はバルチック艦隊の北(間隔は約5000m)を東北東の針路で同航しながら優速により徐々に先行していった。バルチック艦隊の速度15ノットに対して日本の艦隊は18ノットであった。

14時27分、第2戦隊所属の装甲巡洋艦「浅間」が被弾により舵機を損傷し戦列から離れた。しかしこれを除けば、連合艦隊は各艦の戦闘力を維持した。これに対してバルチック艦隊主力艦は多数の榴弾(徹甲榴弾)の被弾などにより急速に戦闘力を失っていった[25]。バルチック艦隊に対する連合艦隊第1戦隊の先行も進み、「三笠」の被弾も峠を越えた。

14時35分、連合艦隊第1戦隊は東北東の針路から東へ転針を行った。14時43分には東南東へ転針を行った。これによりバルチック艦隊の頭を抑える浅い角度の丁字の形への遷移を行い、同艦隊のウラジオストックへの進路も遮蔽していった。 この間にも連合艦隊の砲弾は着実にバルチック艦隊各艦をとらえ、14時43分、「クニャージ・スヴォーロフ」と「オスリャービャ」は甲板上や艦内の各所で火災を起こしながら戦列から離脱した。「クニャージ・スヴォーロフ」は12ノットながらまだ航行していたが、再び司令塔内に砲弾が飛び込み、もはや戦闘は不可能であった。「オスリャービャ」は更に悲惨な状況にあり、14時50分には大火災を起こしながら沈没した。

この30分間の砲戦で、バルチック艦隊は攻撃力を甚だしく失った。連合艦隊の主力戦艦の30.5cm砲は、バルチック艦隊との距離が3,000mを切った段階で徹甲榴弾から徹甲弾に切り替えた[10][5]

追撃戦[編集]

日本海海戦航路図(15時15分)

14時50分、「クニャージ・スヴォーロフ」は突然北へ回頭した[要出典]。日本の砲弾が後部へ命中し、が損傷したために自由な操船が妨げられた結果であったが、東郷、秋山ら「三笠」の首脳はこれを北へ逃げようとしている行動と判断し、後を追わせた。東郷にとっては、この海戦で下した唯一の誤った判断であった。

「クニャージ・スヴォーロフ」に続くバルチック艦隊の2番艦、戦艦「インペラートル・アレクサンドル3世」の艦長ブフウオトフ大佐はただちに「クニャージ・スヴォーロフ」の舵の故障を見抜いて艦隊旗艦を追わず、結果として後続全てのロシア艦は「インペラートル・アレクサンドル3世」に続いて進路を南東方向に保持したままであった。バルチック艦隊の頭を押さえにかかっていた連合艦隊第1戦隊が「クニャージ・スヴォーロフ」を追って北へ転進したため、バルチック艦隊の前方には障害がなくなり、ウラジオストクへ逃げ込めると安堵しはじめた。

しかしその頃、第2戦隊旗艦「出雲」では、参謀の佐藤鉄太郎中佐が即座に「クニャージ・スヴォーロフ」の舵が故障をしたと判断し「スワロフ(= スヴォーロフ)に旗が揚がってません。あれは舵の故障です」と司令長官の上村彦之丞中将に進言した。「間違いないか」「間違いありません」佐藤の迷いのない答えに上村も決断を下し、東郷の「三笠」からの「左八点一斉回頭」(左へ90度回頭せよ)という旗による命令に反し、「我に続け」の信号旗を出して、第2戦隊はバルチック艦隊への猛追撃を開始した。巡洋艦中心の第2戦隊が、戦艦中心のバルチック艦隊に突撃するという前代未聞の作戦といわれるが、そこには佐藤参謀の冷静な判断があった。

上村の指揮の下、第2戦隊は東郷の第1戦隊とは別行動をとって東南東へ進むバルチック艦隊を追って敵の東側目指して針路をとり、やがて「インペラートル・アレクサンドル3世」の前へ回り込むことに成功した。上村の第2戦隊は「浅間」が舵の故障で欠けていたものの、残りの装甲巡洋艦5隻はほぼ無傷で20ノットの高速航行が可能であった。しかし、備砲は20.3cm砲が最大であり、バルチック艦隊は損傷しながらも30.5cm砲を備える6隻の戦艦を始めとする多数の艦があり、通常なら戦いを挑む状況ではなかった。3,000mに距離を詰めると双方の砲撃戦が始まり、たちまち第2戦艦隊の先頭にあった戦艦「シソイ・ヴェリキー」が猛火に包まれ戦線から離脱した。「クニャージ・スヴォーロフ」に代わってバルチック艦隊を率いていた「インペラートル・アレクサンドル3世」も浸水によって艦が傾き戦線から離脱した。

日本海海戦航路図(15時30分)

すでにバルチック艦隊は統一のとれた艦隊運動が行なえる状態になく、「インペラートル・アレクサンドル3世」が戦線から脱落したことで艦隊の先頭になった戦艦「ボロジノ」艦長セレブレーンニコフ大佐は、日本の第2戦隊との戦闘を避けるべく、左回頭によって第2戦隊の後ろから北へ向かう針路を選んだ。上村の第2戦隊もバルチック艦隊を追って北へ転じた。この決断によって、先の東郷の誤った判断が偶然にもこの後で良い結果をもたらすことになる[5]。15時7分、戦艦「オスリャービャ」撃沈。バルチック艦隊の駆逐艦2艦が海面上の乗員を救助する間、日本艦隊からは1発の砲弾も撃たれなかった[10][5]

挟撃[編集]

日本海海戦航路図(16時)
日本海海戦航路図(16時35分)

舵を損傷した戦艦「クニャージ・スヴォーロフ」を追っていた連合艦隊第1戦隊は、「クニャージ・スヴォーロフ」1艦のみが北上していることからすぐに間違いに気付き、バルチック艦隊が消え去った南東方向に探しながら戻って来ていたところ、15時58分、偶然「ボロジノ」以下の逃走中のバルチック艦隊と鉢合わせして、東から追いかける第2戦隊と思いがけず挟撃する形になった(「乙字戦法」)[10]。この時の艦隊運動を見ていたロシア海軍士官は、「日本艦隊の艦隊運動はまさに神のごとくであった。」と語っている。

連合艦隊第1・第2戦隊はバルチック艦隊を取り囲んで砲撃を加えた。もし第2戦隊も「三笠」の首脳と同じ判断をしていたら黄海海戦のときのようにバルチック艦隊を取り逃がしていた可能性もあった。

連合艦隊第1戦隊は距離6,500mでバルチック艦隊に向けて30.5cm砲を斉射した。第2戦隊はバルチック艦隊のあまりの煙に30分間ほど、敵艦隊を見失ったが追いついて、左から回り込みを図りながら攻撃を加え続けた[10]。バルチック艦隊は、隊列を乱しながらもなお反撃しつつウラジオストックへ逃げ込む隙を探していた。バルチック艦隊は北へ針路をとり、東郷も第1戦隊に対し横陣形で北へ向かった。バルチック艦隊が南へ針路をとると、東郷もこれに合わせた。こういった艦隊運動と砲撃戦によって、時間と共にバルチック艦隊は傷つき、戦艦「ボロジノ」を含め少しずつ海中に姿を消していった。両艦隊は一旦離れた後に18時に再接近するがもはや日没であった。東郷は戦艦と巡洋艦による砲撃戦の中止を決定し、19時10分、主力艦への攻撃中止命令と鬱陵島への集結が命令された。主力艦による砲戦に代わり、21隻の駆逐艦と40艇の水雷艇に対し夜襲による攻撃命令が出された[5]

日本海海戦航路図(17時)

夜間戦闘[編集]

昼間戦闘の主力であった第1艦隊と第2艦隊が戦闘海域の北東の鬱陵島沖合いに移動したころ、駆逐艦と水雷艇は敵艦を探して夜の海に散っていった。まず、戦艦「クニャージ・スヴォーロフ」が4艇の水雷艇によって撃沈された。これで当初5隻あったロシアの最新鋭戦艦の4隻が失われた。

夜間攻撃は昼間とは違った危険がある。連合艦隊の駆逐艦「夕霧」と「春雨」は衝突事故を起こして共に小破し、他に水雷艇同士の2件の衝突事故で1艇を失っている。

バルチック艦隊司令官のロジェストヴェンスキー中将は旗艦「クニャージ・スヴォーロフ」の艦上で負傷し、5月27日17時30分に駆逐艦「ブイヌイ」に移乗したが、艦尾に砲弾を受け破損の激しい「ブイヌイ」から更に駆逐艦「ベドヴイ」に再び移乗した。「ベドヴイ」と随行の駆逐艦「グローズヌイ」は日本の駆逐艦「漣(さざなみ)」と駆逐艦「陽炎」に発見・攻撃されたが、反撃せずに全速で逃亡を試みた。連合艦隊の駆逐艦は30ノットで追撃したのに対し、ロシア駆逐艦は26ノットで攻撃を避けられなかった。「ベドヴイ」は機関が故障して停止し、降伏した。「漣」は直ちに伊藤伊右衛門中尉および准士官以下7名の捕獲要員を送り込み、5月28日16時45分に「ベドヴイ」をロジェストヴェンスキー司令官とともに捕獲した[26]。「グローズヌイ」は逃走に成功し、数少ないウラジオストック到着組の1つとなった。「ベドヴイ」はこの海戦後、ロジェストヴェンスキー中将と幕僚ごと佐世保に曳航された[5]

19時03分、戦艦「インペラートル・アレクサンドル3世」撃沈。バルチック艦隊の第1・第2戦艦隊は壊滅し、ロシアの第1・第2戦隊でウラジオストクまで到着したのは巡洋艦「アルマース」と駆逐艦が2艦のみであった。20時20分、第3・第4駆逐隊の雷撃によって装甲巡洋艦「アドミラル・ナヒーモフ」が撃沈。

21時05分、第4駆逐隊司令の鈴木貫太郎は、連繋機雷作戦を用いて戦艦「ナヴァリン」を葬り、22時15分、戦艦「シソイ・ヴェリーキー」を雷撃によって大破させた。6時間半の夜間戦闘で50本の魚雷が放たれ6本が命中した[10]

バルチック艦隊第3戦艦隊[編集]

一夜明けた5月28日の朝、すでにバルチック艦隊第1・第2戦艦隊は実質的に消滅しており、バルチック艦隊はネボガトフ少将率いる第3戦艦隊のみとなっていた。第3戦艦隊は1世代古い旧式戦艦「インペラートル・ニコライ1世」を旗艦に旧式の海防戦艦「ゲネラル・アドミラル・アプラクシン」「アドミラル・セニャーヴィン」「アドミラル・ウシャーコフ」で構成されていた。

連合艦隊主力部隊は夜間は鬱陵島に待機していたが、夜明けと共に索敵と攻撃のために日本海に展開していった。

連合艦隊第3艦隊は、ネボガトフの乗艦「インペラートル・ニコライ1世」以下のバルチック艦隊第3戦艦隊を視認し、第1・第2艦隊に通報。連合艦隊第3艦隊はバルチック艦隊第3戦艦隊に負けず劣らず旧式の戦艦・巡洋艦で構成されており、強力な第1・第2艦隊を待って、遠巻きにしていた。やがて第2艦隊が到着したが、さらに第1艦隊到着まで待機した。

9時30分、第1艦隊も到着し連合艦隊の主力艦は勢ぞろいした。バルチック艦隊側も第1戦艦隊の生き残りの戦艦「オリョール」は夜を徹しての復旧により戦闘可能なまでの状態となり、「インペラートル・ニコライ1世」は無傷であったため、戦闘となれば日本側にもそれなりの出血を強いる事は出来た[5]。しかし、このときオリョールに乗艦していたアレクセイ・ノビコフ=プリボイは「大砲は使えても多数の砲員が死傷している上に、ダメージで照準器が無茶苦茶に狂っており、まともな状況でも歯が立たなかった日本艦隊相手に戦えるような状態ではない」と否定的であった。

降伏・戦闘終結[編集]

10時34分、ネボガトフの指示により「インペラートル・ニコライ1世」は白い旗を掲揚し降伏の意を示したが、戦時国際法で必要な機関停止をしていなかったため、連合艦隊は8,000mの距離で砲撃を開始した。しばらく遠距離からの威嚇砲撃が続いたが、10時53分にネボガトフも機関を停止しなければならないことに気づき、機関は停止された。連合艦隊もこれを受けて砲撃を中止した。

戦艦「インペラートル・ニコライ1世」とともに戦艦「オリョール」、海防戦艦「ゲネラル・アドミラル・アプラクシン」、同「アドミラル・セニャーヴィン」はすべて降伏し、日本側は5隻を接収した[5]。この頃、他の海域では夜戦によって大破していた戦艦「シソイ・ヴェリーキー」が沈没していた[10]

影響[編集]

中立国アメリカ領のマニラ湾へ逃げ込んだ防護巡洋艦オレークの被害

バルチック艦隊は戦力の大半を一回の海戦で失った。損害は被撃沈16隻(戦艦6隻、他10隻)、自沈5隻、被拿捕6隻。他に6隻が中立国へ逃亡し、ウラジオストクへ到達したのは3隻(巡洋艦「アルマース」、駆逐艦「ブラーヴイ」、駆逐艦「グローズヌイ」)のみであった。兵員の損害は戦死4,830名、捕虜6,106名であり、捕虜にはロジェストヴェンスキーとネボガトフの両提督が含まれていた。連合艦隊の損失は水雷艇3隻沈没のみ、戦死117名、戦傷583名と軽微であり、大艦隊同士の艦隊決戦としては現在においてまで史上稀に見る一方的勝利となった[5]

当時鎖国が解けてから50年ほどしか経っておらず、列強と違い植民地もない、欧米から遠いアジアの小さな新進国と見られていた日本の、大国ロシアに対する勝利は世界を驚かせた。また海戦の結果、極東海域における日本海軍の制海権が確定した。ロシア軍にとっては、満州で対峙する日本軍の補給を断つことで戦争に勝利できる可能性が消滅した。1905年3月の奉天会戦ロシア陸軍主力の撃滅に失敗した日本にとって海戦での決定的勝利は和平交渉の糸口となり、ポーツマス講和会議への道を開くことになり、その後の列強五大国入りにつながった。

ロシア側の6,000名以上の捕虜は、多くが乗艦の沈没により海に投げ出されたが、日本軍の救助活動によって救命された。また対馬や日本海沿岸に流れ着いたものも多く、各地の住民に保護された。日本は戦時国際法に忠実であり、国際社会に日本は文明国であるとアピールするためにも戦時法遵守が末端の小艇の水兵にまで徹底されていた。ロシア兵捕虜は、日本国民が戦時財政下の困窮に耐える中、十分な治療と食事を与えられ、健康を回復し帰国した。軍法会議での処罰を恐れる士官は日本にとどまることもできた。日本の戦時国際法の遵守には世界各国から賞賛が寄せられた[27]

負傷し捕虜となったロジェストヴェンスキー長崎県佐世保市海軍病院に収容され、東郷の見舞いを受けた。東郷は軍服ではなく白いシャツという平服姿であった。病室にはいるとロジェストヴェンスキーを見下ろす形にならないよう、枕元の椅子にこしかけ、顔を近づけて様子を気づかいながらゆっくり話し始めた。この時、極端な寡黙で知られる東郷が、付き添い将校が驚くほどに言葉を尽くし、苦難の大航海を成功させたにもかかわらず惨敗を喫した敗軍の提督をねぎらった。ロジェストヴェンスキーは「敗れた相手が閣下であったことが、私の最大の慰めです」と述べ、涙を流した。ロジェストヴェンスキーは回復して帰国し、1906年軍法会議にかけられたが、戦闘中に重傷を負い指揮権を持っていなかったとして、無罪となり60歳まで生きた。

日本では、5月27日海軍記念日に制定された。海軍記念日は1945年昭和20年)を最後に廃止されたが、現在でも日本海海戦記念式典が毎年開催されている。2005年平成17年)5月には対馬市横須賀市などでそれぞれ日本海海戦100周年記念の式典や大会が開催され、対馬市では海戦後初の合同慰霊祭が行われた。

バルチック艦隊の敗因[編集]

長途の航海[編集]

バルチック艦隊は33,340キロもの長大な距離を1904年(明治37年)10月15日から1905年(明治38年)5月27日まで半年以上航海を続けた。初めての東洋の海への不安、旅順艦隊を撃破した日本海軍への恐れは水兵の間に潜在的に蔓延していた。カムラン湾出航後はウラジオストクまで寄港できる港がないことから、各艦は石炭を始め大量の補給物質を積み込んでいた。このためただでさえ実際の排水量が設計上の排水量をかなり超過しているロシア戦艦は更に排水量が増えてしまい、舷側装甲帯の水線上高さの減少や、復原力の低下につながり、日本海海戦における各戦艦のあっけない沈没の大きな要因となった。

長期の航海では船底についたフジツボが船足を落とす。当時の軍艦は2か月に1回程度は船底の貝を落としていた。これは本格的にはドックに入らなければできない作業であったから、長い航海の間にバルチック艦隊は徐々に最高速度を落としていった。

また、燃料の石炭も十分な無煙炭を確保できなかった結果、艦自体のスピードの低下や、もうもうと吐く黒煙によって艦隊の位置を知られてしまう失態を演じてしまった。

編制・装備[編集]

当時のロシア社会は、貴族の上級士官が庶民の水兵を支配するという構造的問題を抱えていた。上官と兵士ではなく、主人と奴隷のような関係の軍隊は、ときに対立や非効率を産んだ。水兵の中にもロシア革命にも繋がる自由思想の芽が育ち始めた時期で、無能な高級士官への反発が戦う意義への疑問を産み、士気を削いでいた。結果、サボタージュが頻繁に見られた。

ロシア海軍の水兵の内、優秀な者は太平洋艦隊と黒海艦隊に集められており、バルチック艦隊の水兵の質は最も低かった。航海前に多くの新水兵を乗せたが、マダガスカルでの長期滞在中など、十分に戦闘訓練を行ったものの目的が明らかでなく「訓練のための訓練」となってしまって実戦に有効でなかった。

バルチック艦隊主力艦のボロジノ級戦艦の中には、完工しておらず工員を乗せたまま出港した艦もあった。ロシア艦は家具調度品や石炭などの可燃物を多く積んでいた。当時の艦艇は木造部分が多く、浸水よりも火災で戦闘不能になることが多かった[5]。鹵獲されたものの沈没は免れた戦艦「オリョール」では乗員達が自主的に木製家具の処分などを行ったが、撃沈された戦艦「アレクサンドル3世」などでは「居心地が悪くなる」などの理由で木製品の処分が行われずそれが明暗を分けたとも考えられる[28]

指揮統率[編集]

バルチック艦隊司令部は長い航海の終わりに疲れきった状態での戦闘を避けるべく、終始、守勢の行動をとった。また「ウラジオストクに一目散に逃げ込んで、十分な休養の後に日本艦隊と対峙しよう」という考えも決戦の勢いを鈍らせた。結果、自艦隊に有利な状況での先制攻撃の決心を欠き、チャンスを生かせなかった。ロジェストヴェンスキー提督が規律を重んじすぎる性格で、各艦の勝手な発砲に過敏なほど嫌悪感を示した影響も大きい[5]

後年、東郷は緒戦でバルチック艦隊の隊形の不備を指摘して「ロシアの艦隊が小短縦陣(2列縦列)で来たのが間違いの元だったのさ、力の弱い第二戦艦隊がこちら側にいたから、敵が展開を終えるまでに散々これを傷めた。あのときもし、単縦陣で来られたらああは易々とならなかったろう」と述べている[29]

気象[編集]

海戦当日の気象は、「天気晴朗ナレドモ浪高シ」とあるように、風が強く波が高く、東郷らの回り込みによって風下に立たされたバルチック艦隊は、向かい風のために砲撃の命中率がさらに低くなった。乾舷を高く設計したロシアの艦艇は、波が高いと無防備の喫水線以下をさらけ出すことになり[30]魚雷1発で撃沈されたとする見解もある(公式記録では戦艦富士の主砲弾が命中し転覆したことによるものとされている)。しかし、ボロジノ級戦艦はどれも計画排水量を大幅に超過しており、水線甲鉄は3分の2ほどが水中に没し、一番厚い部分の上端は水面下に有ったため、どの様な荒天であったとしても水線装甲下を水面上にさらけ出すとは到底考えられない。また、本級の缶室配置では中央隔壁を原因とする片舷浸水とそれによる遊動水の存在により、一定以上の浸水が起きると転覆しやすかったとされている。

連合艦隊の勝因[編集]

指揮統率[編集]

東郷平八郎は、指揮能力、統率能力も秀でていた。最前線で敵の動向に瞬時に対応する陣頭指揮を行いつつ、幕僚を戦艦「三笠」で最も安全な司令塔に移動させ、自分が戦死した後の速やかな指揮権継承を保障するなどの繊細な指揮をとった。東郷は旅順封鎖の期間中も演習を行い、十分に艦隊の練度を上げていた。直前の黄海海戦などの戦闘経験と、その勝利によって士気も高かった。また、黄海海戦の教訓を十分に活かした。複数の艦を同時に自由に反転させるなどの様々な艦隊運動を思いのままに行うことが出来た。このため、逃げ回るバルチック艦隊の風上に常に回りこみ、見事な艦隊を維持しながら、猛烈な砲撃を加え続けることができた。

連合艦隊は煤煙が一筋になって見えるほど正確に整列した単縦陣を作っており、先頭の艦が取り舵をとると、それに続く艦船も見事に後についていく。バルチック艦隊のロジェストヴェンスキー長官は、そのあまりに素晴らしい艦隊行動に、先ほどまでの自軍のだらしない艦隊行動を恥じたと言われる。

参謀による作戦の実施[編集]

連合艦隊司令部は第1艦隊参謀秋山真之、第2艦隊参謀佐藤鉄太郎を参謀に擁し、上層部もその意見をよく重用しつつ、組織的、有機的に、最善の判断を行うよう常に努力した。また、各艦隊司令官・各艦艦長は必要に応じて独自の判断で行動する高い能力を持ち、高速巡洋艦からなる第2艦隊には猛将といわれた上村提督が任命されるなど適材が適所に配属されていた。

バルチック艦隊旗艦の急転回に対し、東郷司令長官が判断を誤ったため、第1艦隊はバルチック艦隊を逃がしてしまう。この時、佐藤参謀がその判断が誤りであることを見抜き、第2艦隊がその高速性を生かしてバルチック艦隊を猛追撃し、戦艦相手に至近距離での砲撃戦を行い、第1艦隊の方向へバルチック艦隊を追い込み、結果的に挟み撃ちに持ち込んだことが海戦の完全勝利を確定させた[5]

戦術[編集]

画期的な哨戒作戦[編集]

秋山真之参謀が立てた哨戒計画。バルチック艦隊を出来るだけはやく発見し、連合艦隊が出来るだけ有利に艦隊決戦を行うために、世界初の画期的な哨戒を行った。済州島佐世保港を線で結び、それを一辺として正方形を描き、その正方形の中を碁盤の目のように細かく分画し、 その一つひとつに哨戒用の艦艇を配置し、水も漏らさぬ監視を行った。軍籍船舶以外にも漁船まで動員した哨戒艦船73隻で行った。

七段構えの戦法[編集]

秋山真之参謀が立てたバルチック艦隊を全滅させるための周到な迎撃作戦計画。「天気晴朗なれども波高し」の電報で、大本営は、第一段が行われないことを理解した。実際には、第二段と第三段のみでバルチック艦隊を殲滅した。

第一段
主力決戦前夜、駆逐艦・水雷艇隊の全力で、敵主力部隊を奇襲雷撃
第二段
わが艦隊の全力をあげて、敵主力部隊を砲雷撃により決戦。丁字戦法が行われた。
第三・四段
昼間決戦のあった夜、再び駆逐隊・水雷艇隊の全力で、敵艦隊を奇襲雷撃。高速近距離射法が行われた。
第五・六段
夜明け後、わが艦隊の主力を中心とする兵力で、徹底的に追撃し、砲雷撃により撃滅
第七段
第六段までに残った敵艦を、事前に敷設したウラジオストック港の機雷原に追い込んで撃滅

敵前回頭と丁字戦法[編集]

連合艦隊は秋山参謀と東郷司令長官の一致した意見によって、敵前の大回頭と丁字戦法を実施する事を考えていたが、黄海海戦での失敗を受けて連携水雷作戦を海戦で使用する事を決めた。しかしそれも当日の荒天により使用が不可能になると、敵前逐次回頭という敵の盲点を衝く事と、連合艦隊の優速を活かし、強引に敵を併走砲撃戦に持ち込む方法に切り替えた。

当時の海戦の常識から見れば、敵前での回頭(しかも2分あまりを費やしての160度もの回頭)は危険な行為であった。実際、回頭中はともかく、追撃中は旗艦であり先頭艦であった三笠は敵の集中攻撃に晒され、被弾48発の内40発が右舷に集中しており、帰還時の三笠は、突き刺さった砲弾の重みだけで、かなり右舷側に傾いていたという。しかし、一見冒険とも思える大回頭の2分間には、日本海軍の緻密な計算と英断が込められていた。それは次のようなものである。

  1. たしかに連合艦隊は2分間余り無力になるが、敵も連合艦隊が回頭中はその将来位置が特定できず、バルチック艦隊側も砲撃ができない(実際、三笠が回頭を終えた後に発砲してきている)。
  2. ジャイロコンパスが発明されていない当時、一点に砲弾を集中し続けることは事実上できなかった。
  3. 当時は照準計の精度が悪く、第1弾が艦橋や主砲などの主要部に1発で命中することはごく稀であった。
  4. そのため、第1弾の着弾位置(水柱)から照準を修正して、第2弾からの命中を狙うことが多かった。しかしバルチック艦隊が使用していた黒色火薬は、発砲後にその猛烈な爆煙によって視界が覆われ、煙が晴れて第2弾を放つまでに時間がかかる。すなわち回頭中に第2弾は飛来しないか、慌てて撃つため命中精度が極めて低い。
  5. バルチック艦隊が、それでも仮に一点に砲撃を集中したとしても、態々砲撃が集中している場所に後続艦は突っ込むまずに回避すればよい
  6. バルチック艦隊は当然旗艦である三笠を集中砲撃するが、東郷としては最新鋭で最も装甲の厚い三笠に被弾を集中させ、他艦に被害が及ばないことを狙った[5]。万一三笠が大破し、自らが戦死してでも丁字の状態を完成させることを最優先とした。東郷は砲弾飛び交う中、艦橋を一歩も動かなかったとされている。

また、前述の旅順封鎖中などの艦隊訓練により東郷は、各艦の速度・回頭の速さなどの、いわゆる「癖」を見抜いており、これが敵前大回頭を始める位置を決めるのに役立った。

こうして敵前回頭は行われたが、実際の海戦ではその後の両艦隊は並列砲戦に終始し、今まで言われている様な「日本側は丁の字もしくはイの字体形に持ち込み丁字戦法を行った」という事実はなかった[31]。日本側はウラジオストクに逃げ込もうとするロシア艦隊に同航戦を強要し、かつロシア艦隊より前に出ることはできたが、相手の進路を遮断することは出来ておらず、このため現場のどの部隊も「日本海海戦で大回頭後に丁字(もしくはイの字)体形になった」とは思っておらず、一次資料の各部隊戦闘詳報にも公判戦史にも書かれていない。ところが海戦直後の新聞紙面で初めて「丁字戦法」の事が触れられ世間に広まり[32]、一次史料にはどこにも書いていないのに、やったかのようになってしまった[33]

高速近距離射法[編集]

第5駆逐隊司令の鈴木貫太郎中佐(後の第42代内閣総理大臣)が行った、駆逐艦や魚雷艇で敵艦にぎりぎりまで全力で接近して行う必死の魚雷夜間攻撃法。探照灯で照らし出され、猛烈な砲火を浴びせられながら、攻撃する夜戦法で、暗闇が前提なため味方同士が衝突事故を起こす危険があり、実現するために、猛訓練を行った。その結果、戦艦「クニャージ・スヴォーロフ」、「シソイ・ヴェリーキー」、「ナヴァリン」、装甲巡洋艦「アドミラル・ナヒーモフ」、「ウラジミール・モノマフ」を一夜で撃沈するなど大戦果を挙げ、バルチック艦隊にとどめの大打撃を与えた。遠距離からの魚雷攻撃が当たり前だった当時の魚雷戦術に衝撃をもたらした新戦法。旅順港閉塞作戦魚雷を発射する距離が遠すぎて戦果を挙げられなかった教訓をもとにしている。

発射速度[編集]

連合艦隊は大口径砲の門数で劣っていたため射撃精度とともに速射も重視していた。

連合艦隊は発砲しても煙が少なく視界が遮られないので速射に有利なコルダイト硝酸エステル無煙火薬)を英国より輸入し、また訓練の成果により発射速度においてバルチック艦隊を上回った。一方、バルチック艦隊の戦艦の主砲は新型砲塔を搭載していた戦艦「クニャージ・スヴォーロフ」の物を除いて砲塔の構造上の問題などから発射速度が遅く、遠距離砲戦で命中弾を期待するのは非常に難しかった。また旧式艦の一部は褐色火薬を発射薬に使用していたために黒煙によって視界が遮られ、さらに発射速度が遅くなった。

斉射戦術[編集]

日露戦争以前の砲戦では各砲が勝手に発砲していた。この方法は砲が小さく射程が短い時代は有効であったが、砲が大型化し射程が伸びるにつれて、着弾が判りにくいこと、(すなわち上がっている複数の水飛沫のうちどれが自砲から発した砲弾によるものか判別できなくなる)発射の衝撃で船体が揺れ照準が狂うこと、弾着までの目標の移動による射撃諸元の算出困難などの問題が生じていた。

日露戦争で日露両海軍は、艦橋から射撃諸元(目標方位苗頭仰角)と発砲命令を射撃通信用の電気式通信装置および時計の文字盤を真似た指示盤、およびラッパ、伝声管で伝えて砲撃を行った。しかし訓練不足の上に指揮を執るべき砲術士官が次々に戦死、負傷した[34]ため従来どおりの砲戦指揮(独立撃ち方)を用いざるを得ない事態となったバルチック艦隊に比して、連合艦隊は事前の訓練の成果もあって高い命中率を記録した。

なお、全砲統制下による斉射戦術が行われたとよく述べられるが当時の射撃指揮装置では前後の主砲塔の砲撃のタイミングを合わせることは不可能である。もちろん砲塔毎に砲撃のタイミングを合わせる斉射は行われたが、砲塔の技術上の問題により斉射を行うと著しく発射速度が落ちる(命令の伝達に時間を要し、目標は秒単位で位置を変えるため、着弾時には目標位置から既に移動してしまう)こととなるので近接していて命中が確実な場合以外は絶対に行ってはならないとなっていた[35]。また上記のようにジャイロコンパスが発明されていない以前では目標までのの距離情報以外は有効に活用することはできなかった。

一方バルチック艦隊では、前述の通り従来どおりの砲戦指揮(独立撃ち方)を用いざるを得ず、さらに旧式戦艦などは黒色火薬による黒煙によって視界が遮られ砲側観測が満足に行なえなかった。このため正確さを欠いたままの連続射撃しか行なえず低い命中率に止まった。なお、日露戦争後にイギリスで斉射戦術に特化した新型戦艦ドレッドノートが開発される[5]

艦隊編成[編集]

連合艦隊は常に速力・火力が同じ2隻が1組となって敵と対峙し、2対1の優位な状態で戦えるようにしていた。連合艦隊は同種の艦をグループにまとめるように留意しており、第1艦隊は砲戦力、第2艦隊は機動力、第3艦隊は旧式艦としてはっきり運用の仕方を分けていた。このため、艦隊運動による効率的な攻撃、追撃、退避が可能になり、バルチック艦隊を逃さない徹底的な追撃戦を行えた。バルチック艦隊は速力の速い艦と遅い艦が混在した艦隊編成をとっていた[5]

新技術[編集]

伊集院信管[編集]

当時の艦砲は徹甲弾であっても威力が小さく敵艦の装甲を貫通できないことが多かった。榴弾信管に問題があり、敵艦に命中しても爆発しない不発弾が多かった。連合艦隊は徹甲弾による装甲の貫通よりも榴弾による上部構造の破壊を狙い、信管に伊集院五郎少将の開発した伊集院信管を採用した。この信管は鋭敏で、ロシア艦の装甲面で破裂した砲弾は下瀬火薬の特性によって火災を発生させ、上部構造を殲滅し無力化させた。

ロシアの砲弾は徹甲弾なので、煙突などに当たると穴をあけてそのまま突き抜け反対側の海中に落下する。しかし日本の砲弾は瞬発式で、ロープに当たってもその場で破裂したと言われるほど鋭敏に起爆し、下瀬火薬の猛烈な爆速で、何もかも粉々になぎ倒したうえ、その高温で火の海にしたのである[5]。バルチック艦隊に下瀬火薬の豪雨を一方的に浴びせたことが、ワンサイドゲームの一因とされる。またロシアの砲弾は高初速軽量弾であったため遠距離の砲戦となると威力が著しく減衰した。

ただ、伊集院信管はあまりに鋭敏なため、膅発事故の原因と疑われることもあった。「膅発」とは、連続射撃を経た砲身が赤熱することによって、発射時に砲弾が砲身内で爆発する事故で、第一次世界大戦直前に防止装置が発明されるまでは発生確率は高かった[5]。日本海海戦では「三笠」、「日進」、「オリョール」で膅発が発生した。後の連合艦隊司令長官山本五十六(当時は高野姓)は少尉候補生として「日進」に乗り組んで海戦に参加したが、この膅発に巻き込まれ、左手の指2本と右足の肉塊6(≒181.818mm)を削ぎ取られる重傷を負った。

現在ではこの膅発は伊集院信管が原因ではなく、砲弾炸薬の問題であるとする説が一般的である。当時の技術では大きな砲弾に炸薬を溶填した場合に気泡を取り除く技術が不完全だったため内部にホットスポットが出来やすく、そのために砲弾を発射した衝撃で低速爆轟が生起したために自爆したと考えられている。

下瀬火薬[編集]

連合艦隊は砲弾の炸薬に下瀬火薬を導入した。これは当時炸薬の主流であった黒色火薬より爆速がすさまじく速く、命中時の破壊規模は当時の火薬常識を大きく超え、ロシア艦の構造物は粉々に破壊された。下瀬火薬の爆速は、現在のTNT火薬の爆速 6,900m/秒を上回る7,350m/秒であり、この爆速で破壊尽くされたロシア艦の凄まじい姿から、戦後、日本に謎の下瀬火薬ありと諸外国から恐れられた。さらに、下瀬火薬はその高熱によってペンキなどの可燃部全てを燃やし、粉々に破壊した甲板を火の海にした[5]。生き残ったロシア水兵は「今でも信じられない、鉄の大砲が炎を上げて燃えていた」[36]と下瀬火薬の恐怖を述懐している。想像を絶する砲弾の衝撃波の威力に、バルチック艦隊の司令塔内にいた者は一人のこらず震えあがり、みんな恐怖におそわれて、垂直の装甲壁のかげに匿れる者や司令塔内から逃げる者もいたと伝えられている。

下瀬火薬は海軍技師の下瀬雅允がフランスのピクリン酸を主成分とする「メリニット」火薬を分析・コピーしたものであるとされている。しかし、当時の火薬技術は国家機密でその詳細を日本が入手することは困難であり、下瀬自身も独自開発を主張している。ヨーロッパではメリニットの高感度性と毒性を嫌って使用されなかったが、日本海軍では爆発事故の可能性には目をつむって砲弾の威力を優先した[5]。下瀬は爆発事故で重傷を負いながらも猛研究を行い、弾体の内部にを塗ると鉄とピクリン酸の反応を防げることを発見、これを実用化して砲弾を完成させた。しかし日本海軍には砲弾を長期間保管したときの安全性を検証する余裕がなかったため、日露戦争後に戦艦「三笠」の爆発沈没事故[37]をはじめ何度も爆発事故を起こし、多数の死傷者を出したといわれている。

三六式無線電信機[編集]

秋山真之参謀は、無電に理解の無いトップに三回も上申を繰り返し、木村駿吉博士の寝食を忘れるほどの猛研究によって完成した三六式無線電信機1903年(明治36年)に制式採用させた。しかも、島津源蔵が日本初の鉛蓄電池の開発に成功したため、三六式無線電信機は日本海海戦で十二分に活躍可能となった。当時、無線電信技術はグリエルモ・マルコーニ1894年頃に発明したばかりだったが、日本海軍は、いちはやく世界トップレベルの通信力を整備したのである。バルチック艦隊の司令部はなぜか無線妨害を行わなかった。三六式無線電信機は、信濃丸によるバルチック艦隊発見の報告や、戦闘中の各艦の情報交換に活用され、戦況を有利に導いた。この三六式無線電信機は安中電機製作所(現アンリツ)の製品であり、蓄電池島津製作所の製品、受信機の継電器はイギリス製であった。

海底ケーブル[編集]

日本の対外電信事業は外国企業に独占され、機密保持上の問題があった。そこで児玉源太郎は、日本独自の海底ケーブル敷設のため、イギリスから電信用ケーブルを輸入するとともに、日本最初の海底ケーブル敷設船沖縄丸」をイギリスへ発注した。児玉の調達した機材で「九州 - 台湾」間が海底ケーブルで繋がれ、さらにイギリスのインド・アフリカ回線に接続された。バルチック艦隊が喜望峰インド洋を周回している情報は、イギリスのインド・アフリカ回線を通じてロシアに秘密で、次々に日本に送られた。さらに、この児玉ケーブルといわれる海底ケーブルは朝鮮半島と日本間など、日本周辺に張り巡らされ、朝鮮半島に停泊していた連合艦隊旗艦:戦艦三笠と東京の大本営とで電信による通信が可能であった。1分間で20数文字と限られた情報量であったが、最前線と大本営の間で、情報や命令のやりとりを短時間で行うことが可能であった。このため、大本営はいつでも、連合艦隊に移動命令を出せるようになったため、持てる戦闘力の全てを日本海海戦だけに集合させることが出来た。

宮原式汽罐[編集]

宮原二郎が開発した当時世界に衝撃を与えた画期的な新型汽罐。価格が当時の世界標準価格の半値で、給水、掃除が容易で、蛮用に耐えられ、燃費がよく、強力な馬力で、しかも小型とまさに画期的な発明で、日本海軍の高速化をもたらした。このため、バルチック艦隊を思う存分追撃できた。

驚異的な識字率[編集]

当時の日本国民の識字率は75%前後と欧米諸国より遥かに高かった。識字率の高さは、「自己ノ氏名ヲ書シ得ザル者」は兵役に就くことを不可能とすることができ、複雑な兵器の取り扱い方法が紙の説明書による伝達で可能であったため、訓練の効率化をもたらした。

一方のロシア側は、日露戦争で捕虜となったロシア人の中で自分の名前すらも書くことのできない者が過半数はいる状況であった。これは、貴族への教育制度しかない当時の欧米の識字率の低さ(20%前後)がもたらした当然の結果であった。このため、日本各地のロシア人捕虜収容所では、あまりに気の毒な惨状から、ロシア語の読み書き教育が行われた。

また、捕虜となった日本兵の書いた論文が欧米の新聞に紹介されると、一兵卒すら論文が書ける日本の実力に、欧米の識者は驚愕し、貴族中心の教育制度から、庶民を含めた教育制度への社会改革をもたらした。

日英同盟[編集]

日英同盟の恩恵として、ロシアの同盟国フランスは事あるごとに英国の干渉を受けたため、局外中立を堅持せざるを得なくなり、バルチック艦隊はフランス植民地の港湾での本格的支援を受けることができなかった。一方日本はイギリスからバルチック艦隊の行動に関する情報を随時入手することができた。さらに、イギリス製の新型射撃盤、最新型の三六式無線電信機など、当時最新の軍事技術を利用することができた[5]

参加兵力[編集]

十六条旭日旗の旗 Naval Ensign of Russia.svg旗艦(ただし実際に旗艦に掲げられる指揮官旗のデザインを表してはいない)

大日本帝国海軍[編集]

三笠 (1905)
敷島 (1905)
富士 (1905)

ロシア帝国海軍[編集]

クニャージ・スヴォーロフ (1904)
ボロジノ (1904)

艦艇の区分は日本側によるものとする。海戦に参加しなかった艦艇は含まない。

記念碑[編集]

対馬オベリスク

福岡県福津市日本海海戦紀念碑がある。

また、毎年5月27日には横須賀の海上自衛隊で「日本海海戦記念式典」が催されている。

1908年サンクトペテルブルクに、「インペラートル・アレクサンドル3世」乗組員の慰霊碑「対馬オベリスク」(Цусимский обелиск) が建てられた。

日本海海戦を題材とした作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

小説[編集]

軍歌[編集]

日本海海戦を題材とした同名軍歌は4つ作られた。日本海海戦 (軍歌)を参照。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 特務艦隊を除く
  2. ^ 特務艦を含む
  3. ^ 自沈を含む
  4. ^ a b 戦時国際法により交戦国の軍艦は中立国の港・泊地・領水への停泊が24時間までに限定される。退去しない場合は戦争の継続中、中立国に抑留される。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 西村誠著 『日本海海戦』 双葉社 2004年4月30日発行 ISBN 4575476390
  6. ^ 「対馬海峡か北海道かで東郷の決心はゆらいだ」とする見解は多い(野村実『日本海海戦の真実』など)。一方で「東郷の決心がゆらいだという証拠は無い」(別宮暖朗『「坂の上の雲」では分からない日本海海戦』など)とする見解もある
  7. ^ 長田順行『暗号』(1971年)pp. 146-147
  8. ^ 『極秘電報に見る戦争と平和』p. 86
  9. ^ 『軍事史学』Vol. 17, No. 1, (1981). pp. 55-
  10. ^ a b c d e f g h 加藤卓雄著 『バルチック艦隊東航の果てに』 歴研 2004年12月8日発行 ISBN 4-947769-40-8 123頁
  11. ^ 『ツシマ』原書房1984年版 p. 277-278, 281
  12. ^ 「哩」は邦訳ママ。概数値なのでどのマイルでもたいした相違はあるまい。
  13. ^ 『極秘電報に見る戦争と平和』p. 85 によれば、鎮海湾防備隊発として(信濃丸ではない)このようなまとまった内容の通信文の記録がある
  14. ^ 実際は暗号。また、無線ではなく手交と有線と推測される。本電を含め、日本海海戦の暗号については、宮内寒彌『新高山登レ一二〇八』(1975年)の第三章にあるが、同書は暗号学的な考察については長田順行の『暗号』を引いている。
  15. ^ 日本国内から外洋の状況を受ける体制が組まれていた(→岡田武松)。
  16. ^ 日本海海戦第1合戦分図(アジア歴史資料センター)
  17. ^ 戦闘中、東郷はZ旗を掲げたが、この後、日本海軍が重要な海戦においてZ旗を掲げるという先例となった。「皇国ノ興廃コノ一戦ニアリ、各員一層奮励努力セヨ」の言葉は戦いの直前に東郷が考案発表したものではない。各艦に配布されていた信号簿ではZ旗に対応する文言として以前から記載されていた。考案者は艦隊参謀をはじめ諸説あるが、東郷でないことは確実である。
  18. ^ a b 連合艦隊は同航戦により敵艦隊を撃滅する方針で戦闘に臨んでいた。ゲームジャーナル編集部、「日本海海戦」、『坂の上の雲5つの疑問』、並木書房、2011年。
  19. ^ 後年の誘導ミサイルの登場で戦闘時の艦の向きに対する制約は少なくなっているが、完全に無視できるようになったのは、近年のVLS(垂直発射方式)ミサイルの発達以降である。
  20. ^ 日本海軍でも山屋他人が「円戦術」と命名しており、丁字や(挟撃時は)乙字戦法として定められていた。
  21. ^ 黄海海戦では、その行動が遅れて、長時間の追撃を強いられた
  22. ^ PHP文庫「日本海海戦かく勝てり」p129~131
  23. ^ 半藤一利著「日露戦争史」3など
  24. ^ 連合艦隊第1戦隊の殿艦かつ戦隊旗艦だった「日進」もバルチック艦隊に狙われ多くの命中弾を受けた。
  25. ^ ゲームジャーナル編集部、「日本海海戦」、『坂の上の雲5つの疑問』、並木書房、2011年。
  26. ^ 「極秘 明治37、8年海戦史 第2部 戦紀 巻2備考文書第2、第73号、 漣艦長海軍少佐相羽恒三の提出せる軍艦漣の日本海海戦戦闘報告、国立公文書館
  27. ^ 明治初期から中期の日本は文明国として欧米列強に比肩するため国際法にきわめて忠実であった
  28. ^ 戦艦オリョールに乗っていた造船技師ウラジーミル・コスチェンコによる。
  29. ^ 木村勲著 『日本海海戦とメディア』 講談社 2006年5月10日第1刷発行 ISBN 4-06-258362-3
  30. ^ ただし凪の状態では海面が砲弾の速力を減じるので、上部構造物の防弾壁を効果的に配置でき、復元力を高めることが出来るので、この構造は必ずしも欠陥とは言えない。だが冬季の日本近海の荒天を前提とした航行を想定した日本艦船との戦闘では不利に働いたといえる。
  31. ^ PHP文庫「日本海海戦かく勝てり」129p
  32. ^ PHP文庫「日本海海戦かく勝てり」130p
  33. ^ 半藤一利著「日露戦争史」第3巻279Pによると、日本海海戦で丁字戦法の事がおおやけに出る初見は海戦終結2日後の5月30日の東京朝日新聞『連合艦隊参謀談・日本海海戦談』であるが、談話を述べたとされる連合艦隊参謀は、この時点では全員前線の鎮海湾にいて本土に戻っておらず、取材を受けれる状況ではなかった。また海戦2日後で、未だ戦時中であるにも関わらず、大勝した海戦の勝因を簡単に公表しているという不自然さもあり戸高一成は著書「日本海海戦かく勝てり」で実施する予定でしなかった連携水雷作戦を隠すために、黄海海戦で諦めた丁字戦法をいわば「囮」として公表したではないか、と述べている
  34. ^ 戦艦オリョールに乗っていた造船技師ウラジーミル・コスチェンコによると司令塔のスリットの上部に取り付けられた防弾庇が甲板で炸裂した砲弾の破片を反射して司令塔内に誘引した。
  35. ^ 明治三十六年版の『海軍艦砲操式』、明治三十五年版の『砲術教科書』などによる。
  36. ^ 実際には砲自体が燃える(燃焼=急速酸化)したわけではない。
  37. ^ 「三笠」爆発沈没事故の原因は不明であり、下瀬火薬原因説の他にも水兵の飲酒説など諸説がある。
  38. ^ 公刊戦史の他、一般書のほとんどでも駆逐艦とされている。
  39. ^ 西村誠著 『日本海海戦』 双葉社 2004年4月30日発行 ISBN 4575476390。ただし艦名・人名の片仮名およびロシア文字表記は同書に拠っていない。

参考文献[編集]


関連項目[編集]