海軍記念日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の海軍記念日式典(1944年)
頭上にはためく旗は朝日新聞の社旗
「輝く海軍記念日」1942年のポスター

海軍記念日(かいぐんきねんび)は、世界各国で独自に祝われる海軍のための記念日である。

陸軍記念日と対になっていることもある。

日本[編集]

日本では、第二次世界大戦以前に5月27日を海軍記念日としていた。1905年5月27日に行われた日本海海戦を記念して制定された。1945年を最後に、日本の太平洋戦争敗戦により廃止された。

日露戦争は、アジアの小国日本が白色人種の欧州の大国ロシアに初めて勝利を収めた。その中でも、遠路ヨーロッパ・バルト海から回航された強力なバルチック艦隊(ロシア名:第2・第3太平洋艦隊)を迎え撃ち これを撃滅した日本海海戦(ロシア名:ツシマ海戦)は、陸上での奉天会戦の勝利(陸軍記念日)と並んで日本国民が記念すべき日とされ、海軍記念日として祝われた。

現在の海上自衛隊も、この日の前後に基地祭などの祝祭イベントを設けている。主なものに、例年金刀比羅宮で行われる掃海殉職者慰霊祭がある。

アメリカ合衆国[編集]

アメリカ合衆国では、海軍に理解のある大統領であったセオドア・ルーズベルトの誕生日を記念して、1922年10月27日に制定された。1949年国防総省の指示により、合衆国海軍は海軍記念日を取りやめ、5月の第3土曜日の軍隊記念日(Armed Forces Day)を祝うようになった。民間団体などは、その後も引き続き海軍記念日の祝賀行事を行っている。

インド[編集]

インドでは12月4日1971年第三次印パ戦争において、カラチ港爆撃に成功したことにちなむ。

オーストラリア[編集]

王立オーストラリア海軍では、3月中に行われる。

チリ[編集]

チリでは、Día de las Glorias Navalesとして、5月21日に祝われる。太平洋戦争におけるイキケの海戦での勝利を記念して制定された。

ロシア[編集]

ロシアでは7月の最終日曜日に祝われる。

関連項目[編集]