仮装巡洋艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

仮装巡洋艦(かそうじゅんようかん)とは、第一に、第一次世界大戦時、また第二次世界大戦において中立国の商船に偽装して無警戒の敵国の商船を襲撃したドイツ軍艦を指す。ドイツ語Hilfskreuzer の訳語で、より直訳的には補助巡洋艦となる。 第二次世界大戦ではその目的から通商破壊巡洋艦 (HSK : Handelstörkreuzer) とも名付けた。イギリス海軍はこの種のドイツ艦船を襲撃艦 (Merchant raider) と呼び、海上兵力の多くを投入して追跡した。例えば、仮装巡洋艦アトランティスを Raider-C 、トールを Raider-E とすべてのドイツ仮装巡洋艦をマークした。

仮装巡洋艦の用例の第二は、日露戦争から第一次世界大戦の時期、日本における特設艦船の下位分類としての呼称である。当時、外国海軍の同等の艦種も「仮装巡洋艦」と呼んだ。日清戦争では、この名称は未だ用いられていない。特設巡洋艦は昭和に入ってからの呼称である。

武装した商船一般については武装商船日本海軍の商船改装軍艦の詳細については特設艦船を参照。

概要[編集]

仮装巡洋艦は旅客船、油槽船、貨物船など既存の商船を改造したため、装甲等の防御力は申し訳程度しかなく、爆撃や砲撃で簡単に沈められた。正規の巡洋艦を建造するよりも、時間と費用を節約することが目的であった。しかし商船を流用しているとはいえ海軍籍であるため、乗員は全て海軍籍の将兵があてられた。

通商破壊を任務とする場合、軍艦然とした船舶が商船に近づけば、警戒されて逃げられるおそれがある。そこで、武装の多くは船端に隠れるように設置され、さらにカバーをかけるなど隠蔽していた。また甲板員は軍服ではなく民間船員服を着用し、中立国の国旗を靡かせて中立国の商船に偽装することも多かった。日本海軍の愛国丸報国丸に至っては、甲板員が女装した場合すらあった(ただし訓練時であり、実戦で行われたどうかは不明)。追跡のために一般の商船より優速ではあったが、さらに確実に標的を捕捉するために、民間船を装ったまま十分に接近してから、はじめて国際法上要求される自国の海軍旗を掲げて攻撃を開始する戦法がとられていた。攻撃は、弾薬節約のために威嚇射撃のみに留め、離脱や通報の危険があった場合のみ砲撃するという手順が通常である。

標的船舶の停船に成功した場合は、ボートを使って拿捕部隊(de)が乗り移った。拿捕した船舶は、積み荷や船自体の価値・船の速力などによって、海没処分するか、有効活用するために味方の港湾に回航するかを決めた。場合によっては、補給船および捕虜収容船として使用するために、拿捕した船舶をそのまま同伴することもあった。拿捕した船舶を沈没させる場合には、弾薬の節約のために爆薬を仕掛けて自沈させる方法がよくとられた。拿捕部隊は、処分が自沈と利用のいずれになっても良いように、天測用具など航海に必要な器具・材料を爆薬とともに拿捕する船に持ち込んだ。

第一次世界大戦[編集]

蒸気機関が主力である当時の艦船は石炭を補給することなしには長期間航海することはできなかった。世界中に根拠地を持つイギリス帝国を敵とするドイツには石炭を供給する国は多くなかった。このため、しばしば拿捕した船の石炭(と食糧)を利用して航海を続けた。

石炭の補給なしに長期間に渉り通商破壊戦を継続できる帆船を利用したフェリクス・フォン・ルックナー指揮のゼーアドラーの活躍は有名である。

第二次世界大戦[編集]

第二次世界大戦でもドイツ海軍は仮装巡洋艦を多数準備した。開戦後間もない1940年3月から、大西洋インド洋太平洋に順次、出撃している。アトランティスの活躍が有名である。

1942年11月に横浜港に寄港したトールもその一隻である。同艦は同盟国からの訪問として歓迎されたが、たまたま隣接して停泊していたドイツの油槽船ウッカーマルクの爆発事故に巻き込まれて沈没した(横浜港ドイツ軍艦爆発事件)。

イギリス海軍補助巡洋艦 (Auxiliary cruiser) と呼び、日本海軍が特設巡洋艦と呼んだ商船改造艦は友軍の航空優勢の下で活動し、燃料補給にもそれほどの問題がなかったので、10,000トン前後かそれ以上の客船を使い、偽装は全く行わないか、またはごく簡単に行う場合が多かった。

一方ドイツ海軍のようにほぼ敵の制海権制空権下に、通商破壊艦として活動する場合には、入念な偽装が施され、目立たない数千トンの高速貨物船を利用した。第二次世界大戦初期は活発に行われた水上艦による通商破壊戦であったが、1943年頃から連合軍の哨戒網の強化に伴い、多くが撃沈され、活動は終焉した。生き残りの仮装巡洋艦の一部は改装されて、防空戦闘機部隊の指揮艦に転用されている。

文献[編集]

  • Heinz Schäffer (著)、横川文雄(訳)、『U-ボート977』<駐日ドイツ大使館海軍武官室に勤務していた訳者体験記:南海のドイツ海軍>、朝日ソノラマ、1984年、ISBN 4-257-17038-7
  • Wolfgang Frank / Bernhard Rogge (著)、杉野茂(訳)、『海の狩人・アトランティス』、朝日ソノラマ、1988年、ISBN 4-257-17099-9
  • 石川美邦著、『横浜ドイツ軍艦燃ゆ』、(1942年11月30日、横浜港で起きたドイツの封鎖突破船と仮装巡洋艦トールの爆発事件の全貌。102人死亡)、木馬書館、1995年

関連項目[編集]