グライフ (仮装巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

グライフ (SMS Greif) は第一次世界大戦時のドイツの仮装巡洋艦

艦歴[編集]

左が「グライフ」。右のは「アルカンタラ(HMS Alcantara)」

1914年7月29日進水。1916年初めに徴用され、仮装巡洋艦に改装された。

1916年2月25日、グライフはハンブルクへ向けてキールを離れた。グライフの出港はイギリス側に察知され、2月29日にイギリス仮装巡洋艦アルカンタラ (Alcantara) とアンデス (Andes) に捕捉された。はじめはノルウェー船の振りをしていたグライフだが、9時40分に砲撃を開始、アルカンタラとの砲戦となった。さらにアンデスもグライフに対して砲撃を行った。戦闘中グライフは魚雷も発射し、1本目は命中したものと思われる。イギリス仮装巡洋艦2隻からの砲撃を受けたグライフの砲撃は10時18分に停止。一方、アルカンタラも11時2分に沈没した。11時15分ごろにイギリスC級軽巡洋艦コーマス(en:HMS Comus (1914))とM級駆逐艦Munsterが現場に到着。コムスが、乗員の退艦後も浮いていたグライフの始末に向かいグライフは13時1分に沈んだ。グライフ乗員は、120人がアンデスとMunsterにより救助された。

要目[編集]

  • トン数:4962トン
  • 全長:131.7m
  • 水線長:127.4メートル
  • 全幅:16.5メートル
  • 速力:13ノット
  • 主兵装:15cm砲4、魚雷発射管2

参考文献[編集]

  • John Walter, The Kaiser's Pirates: German Surface Raiders in World War One, Arms and Armour Press, 1994, ISBN 1-85409-136-0

関連リンク[編集]