ニュージーランド海軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニュージーランド海軍(ニュージーランドかいぐん、Royal New Zealand NavyRNZN)はニュージーランドが保有する海軍ニュージーランド軍を構成している。

ニュージーランド海軍の軍艦旗

概要[編集]

正式には王立ニュージーランド海軍という。これはニュージーランドが英連邦王国としてニュージーランド国王イギリス国王)を国家元首としていることによるものである。

1913年に設立されたが、兵力は少なく、1941年までは事実上イギリス海軍の傘下にあった。

ニュージーランドの独立以来イギリス海軍(王立海軍)と密接な結びつきがあり、イギリス海軍の旧式艦を受領して運用した例も多い。また、オーストラリアに多くを依存している。

運用している艦の名前にはHMNZS (Her (His) Majesty's New Zealand Ship) をつけて呼称する。大規模な海軍力を有するわけではないが、第二次世界大戦においてはイギリス海軍アメリカ海軍と共に日本と戦ったほか、朝鮮戦争にも参加した。

近年ではプロテクター計画に基づいて艦船を配備している。

装備[編集]

艦艇[編集]

2011年6月現在。『Jane's Fighting Ships 2011-2012』より。

過去に就役した艦艇については「ニュージーランド海軍艦艇一覧」を参照。

フリゲート
(F77 Te Kaha) - 1997年
(F111 Te Mana) - 1999年
哨戒艦
(P148 Otago) - 2010年
(P55 Wellington) - 2010年
哨戒艇
(P3568 Pukaki) - 2009年
(P3569 Rotoiti) - 2009年
(P3570 Taupo) - 2009年
(P3571 Hawea) - 2009年
測量艇
給油艦
水中作業母船
多目的艦

航空機[編集]

2011年6月現在。『Jane's Fighting Ships 2011-2012』より。

回転翼機

参考文献[編集]

  • 世界の艦船(海人社)各号
  • Jane's Fighting Ships 2011-2012