哨戒艦艇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

哨戒艦艇(しょうかいかんてい)は、領海や沿岸、内海内水港湾等での防衛・警備・救難活動を目的とした軍艦。また、本項目では英語Patrol boatに準拠し、同様の任務に当たる政府用船舶(公船・官船)についても扱う。ただし、より戦闘的な性格の強い魚雷艇ミサイル艇に関しては高速戦闘艇(FAC)において扱う。

概要[編集]

哨戒艦艇は、大きなものではヘリコプター搭載が可能なアメリカ沿岸警備隊カッターや小さなものでは民用のプレジャーボートを小改造したものまであって種類は様様である。なお大型のものはOPV(Offshore Patrol Vessels)と呼ばれることもある。船形の大小を問わず、基本的に武装は機関銃や小口径の艦砲程度にまで限られ、警察任務や救難任務等に力を入れている事が多い。このため武装よりもむしろ高速性や長い航続距離など、機動力を要求される事がほとんどである。また、大型のものでは取調室や留置施設といった警察任務の遂行に必要な設備が整えられている事もある。日本ではこれらの設備を備えた巡視船海上保安庁が保有している。

歴史的に哨戒任務に当てられていた、海軍に所属し砲を主武装とする哨戒艦艇(砲艦など)は、20世紀後半からミサイル艇に取って代わられつつあった。しかし、麻薬密輸阻止や漁業取締りなど、平時を重視した哨戒艦艇こそが適した任務も多くあるほか、200浬に拡大した排他的経済水域での警備活動も重要度を増したため、各国海軍や沿岸警備隊は、艦艇の充実につとめつつある。

アメリカ海軍は、哨戒任務はもっぱらアメリカ沿岸警備隊の任務であるとして整備に消極的で、サイクロン級沿岸哨戒艇や何種類かの高速哨戒艇は特殊部隊活動用に整備されており、他国の同種艦艇と一線を画している。また、ベトナム戦争中には、PBRなどと呼ばれる多数の河川哨戒艇が在籍していたが、これは主にメコン川流域における哨戒活動や対ゲリラ戦に投入されていた。しかし、近年は艦艇や基地へのテロ攻撃に対する備えからシー・アーク・ドーントレス哨戒艇など武装小艇の強化に努めている。これらは主に海外での運用を前提にしており、輸送機揚陸艦などで容易に運搬できるのが特徴である。

歴史[編集]

日本における哨戒艦艇[編集]

太平洋戦争期の日本海軍哨戒艇という艦種を整備していたが、主に旧式化した駆逐艦を改装したもので、領域警備よりも船団護衛艦や高速揚陸艦としての性格が強かった。樅型駆逐艦を改装した第三一号型哨戒艇などがあった。

海外における哨戒艦艇[編集]

 カナダ海軍

 アメリカ海軍

 アメリカ沿岸警備隊カッター

 イギリス海軍

 イタリア海軍

 デンマーク海軍

 ノルウェー沿岸警備隊

 オランダ海軍

 オーストラリア海軍

 ニュージーランド海軍

 マレーシア海軍


関連項目[編集]