機動揚陸プラットフォーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
機動揚陸プラットフォーム
Computer-generated picture of Mobile Landing Platform.jpg
艦級概観
艦種  ?
艦名 海兵隊の基地所在地および海兵隊元士官
建造期間 2011年 -
就役期間 2015年(予定) -
前級
次級 最新
性能諸元
排水量 満載:34,500 t[1]
全長 233 m (765 ft)[2]
全幅 50 m (164 ft)[2]
吃水 8.8 m (29 ft)[2]
機関
最大速力 20 ノット[1]
航続距離 9,000海里[1]
乗員
士官:?名
曹士:?名
艦載艇 LCACエアクッション揚陸艇 3隻

機動揚陸プラットフォーム: Mobile Landing Platform、MLP)はアメリカ海軍が開発中の艦船。就航後には海上輸送司令部所属の補助艦艇としてUSNSの接頭辞を付され海上事前集積船隊に配属される。MLPは強襲揚陸任務の海上基地として利用される。

2010年にジェネラル・ダイナミクスとその子会社であるナショナル・スチール・シップビルディング社(NASSCO)が契約を獲得し2011年7月にネームシップのモントフォード・ポイントの建造が開始された。2015年の就航が予定されている。アメリカ海軍は3艦の取得を計画している。

概念と設計[編集]

アメリカ軍が基地から離れた地点に大規模な強襲揚陸作戦を行う際に、ウェルドックLCACを備える従来の強襲揚陸艦では艦の数と規模が限られ小規模な作戦しか行えない。大規模な揚陸作戦は港湾を利用する必要があるが、多くの場合は外国の領土であり政治的な問題が避けられない。そこで海上に兵站基地を設けるシー・ベイシング: seabasing)の概念が提唱されるようになった。海兵隊の装備を積み即応体制にあるRO-RO船タイプの海上事前集積船隊輸送艦からLCACやヘリコプターなどへ兵員や装備を移動させることができれば従来の問題を解決できる。このために導入されるのがMLPである。兵士や装備は喫水の深い大型輸送艦から、「海上の桟橋」として機能するMLPを介して直接揚陸作戦を行うLCACやヘリコプターに乗り換え任務に向かうことになる[1][3]

ジェネラル・ダイナミクスによる初期デザインでは、6隻のLCACを備え2隻のLCACを同時に運用(ドック入り、荷下ろし、積み込み、発進)できるものだった[4]。輸送艦からMLPへの移動には折畳式ランプを持つカーゴテック(Cargotec)社のテスト・アーティクル・ビークル・トランスファー・システム(: Test Article Vehicle Transfer System)が予定されていた[4]。この設計案のMLPは旅団規模の兵力を収容でき、速力は20ノット (37 km/h; 23 mph)で最大航行距離は9,000海里 (17,000 km; 10,000 mi)、1隻あたりの建造費は15億ドルと見積もられていた[4]

将来の予算削減が不可避となったため2009年に計画は縮小された。ジェネラル・ダイナミクスは子会社のナショナル・スチール・シップビルディング社(NASSCO)が建造しているアラスカ級石油タンカーを元にした設計を提案した[4]FOFO船: float-on/float-off ship)であるためLCACの発着艦のために甲板高さを調節できる。広く低い中央甲板に車両待機エリアとサイドポート・ランプ、防舷材、LCACレーンを備える。コスト削減のために輸送艦との車両移動についてはテスト・アーティクル・ビークル・トランスファー・システムの採用は中止されサイドポート・ランプに変更し、ヘリコプター運用能力も削除、さらに装備するLCACも3隻に削減された[5][1]。載貨重量トン数は60,000メトリックトン以上になる[2]。1隻あたりの建造費は5億ドルとなる。

概念実証試験[編集]

サンディエゴ沖で試験を行うUSNSワトキンズとMVマイティ・サーヴァント1

2005年にアメリカ海軍はMLPの概念実証試験の実行を認可した。重量物運搬船マイティ・サーヴァント1をMLPに、RO-RO船のワトソン級車両貨物輸送艦USNSワトキンズを海上事前集積船隊向けに計画中の新型艦に見立てて実験はおこなわれた。ワシントン州ピュージェット湾で予備的な試験がおこなわれた後二隻はサンディエゴ沖に移動し、荷がワトキンスからマイティ・サーヴァント1、さらにLCACへ移された。マイティ・サーヴァント1の喫水はLCACが海面上に発進出来るよう調整された[6]

二回目の試験はバージニア州ノーフォーク沖でUSNSレッド・クラウドとマイティ・サーヴァント3を用いて2006年におこなわれた[1]。2010年にはメキシコ湾においてマイティ・サーヴァント3とUSNSソダーマンを用いて試験された。波高が最大シーステート4の環境において、テスト・アーティクル・ビークル・トランスファー・システムと輸送船のランプ両方を用いて人員やハンヴィーM1エイブラムスなどの装備を輸送艦からMLPを経由しLCACに移す作業がおこなわれた[7]

建造[編集]

2010年8月にNASSCOはMLPの設計と初号艦を建造する契約を獲得した[1][8]。艦の建造は2011年7月にサンディエゴのNASSCO工場で開始された[9] 。2015年に就役する予定。

機関システムはフランスのコンバチーム(: Converteam)が受注した[10]

二号艦、三号艦の建造もNASSCOが受注しており発注は2013年および2015年に予定されている。三号艦は2018年に就役する[4]

2011年1月に建造が予定されている3隻の艦名が公表された[5]キャンプ・モントフォード・ポイント英語版ノースカロライナ州の海兵隊基地で1942年から1949年の間に20,000人の黒人兵士を訓練した。ハリー・S・トルーマン 大統領はこれらの黒人兵士を高く評価し、軍隊における人種差別を1948年に公式に撤廃した。最近になってこれらの兵士全体に対して議会名誉黄金勲章が授与された。ジョン・グレンは海兵隊大佐、パイロット、宇宙飛行士上院議員ルイス・B・プラー海兵隊中将で唯一の五度の海軍十字章受賞者。

なおネームシップのモントフォード・ポイントは、2013年に竣工しており、同年5月に軍事海上輸送司令部に配備された。

活動[編集]

モントフォード・ポイントは、2014年6月26日から8月1日にかけて実施されたリムパック2014に、統合高速輸送艦ミリノケット(JHSV-3)沿海域戦闘艦コロナド(LCS-4)といった新造艦2隻とともに参加。リムパック演習の一環ながら、カリフォルニア州沖の演習海域において海兵隊と共に訓練を実施した[11]

同型艦[編集]

艦番号 艦名 発注 起工 進水 就役
モントフォード・ポイント
USNS Montford Point
2011年5月27日 2012年1月19日 2012年11月13日 2013年5月
ジョン・グレン
USNS John Glenn
2013年(予定)     2015年(予定)
ルイス・B・プラー
USNS Lewis B. Puller
2015年(予定)     2018年(予定)

参照[編集]

  1. ^ a b c d e f g The US Navy’s Mobile Landing Platform Ships”. Defense Industry Daily. Watershed Publishing (2012年1月26日). 2012年2月22日閲覧。
  2. ^ a b c d NAVAL FORCES IV/2011
  3. ^ General Dynamics NASSCO lays keel, UPI, Jan. 20, 2012
  4. ^ a b c d e Scott, Richard (30 September 2010). “Floating world: US Navy eyes Mobile Landing Platform as sea base pontoon”. International Defence Review (Jane's Information Group). 
  5. ^ a b Navy Names First Three Mobile Landing Platform ShipsMilitary Sealift Command, 2012年1月5日
  6. ^ Mobile Landing Platform [MLP]”. GlobalSecurity.org. 2011年1月13日閲覧。
  7. ^ Cargotec's innovative 'Test Article Vehicle Transfer System' (TAVTS) can transfer battle tanks between ships at seaMaritime Directory、2010年5月17日
  8. ^ Robbins, Gary (2010年8月14日). “General Dynamics gets $115M for 'pier at sea'”. San Diego Union-Tribune. The San Diego Union-Tribune, LLC. 2011年1月10日閲覧。
  9. ^ Construction Begins on First Mobile Landing Platform”. United States Navy (2011年6月30日). 2011年7月3日閲覧。
  10. ^ CONVERTEAM TO SUPPLY PROPULSION SYSTEMS FOR U.S. NAVY’S MOBILE LANDING PLATFORM PROGRAM
  11. ^ 世界の艦船2014年10月特大号12頁