航空母艦一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

航空母艦一覧には、2013年までに建造された、各国の航空母艦をリストする。一部、建造中のものも含まれている。

ちなみに現在の日本のように航空母艦を保有していない国や一度も航空母艦を保有していない国もある。水上機母艦など、航空機を運用した艦船ではあるが航空母艦ではない艦種についてはここに記載していない。

アメリカ[編集]

第二次世界大戦前まで
第二次世界大戦中に建造
第二次世界大戦後に建造

アルゼンチン[編集]

第二次世界大戦後に建造

イギリス[編集]

第二次世界大戦前まで
第二次世界大戦中に建造
第二次世界大戦後に建造

イタリア[編集]

第二次世界大戦中・未完成
第二次世界大戦後に建造

インド[編集]

第二次世界大戦中に建造
第二次世界大戦後に建造

ウクライナ[編集]

第二次世界大戦後に建造、未完成

オーストラリア[編集]

第二次世界大戦中に建造

オランダ[編集]

第二次世界大戦中に建造

カナダ[編集]

第二次世界大戦中に建造

スペイン[編集]

第二次世界大戦中に建造
第二次世界大戦後に建造

ソ連/ロシア[編集]

第二次世界大戦後に建造

タイ[編集]

第二次世界大戦後に建造

中国[編集]

第二次世界大戦後に建造

ドイツ[編集]

第二次世界大戦中・未完成

日本[編集]

大日本帝国海軍[編集]

第二次世界大戦前まで
第二次世界大戦中に建造
  • 飛鷹型2隻(1隻は戦没、1隻は退役)
  • 海鷹(退役)
  • 神鷹(ドイツ客船シャルンホルストを改装)(戦没)
  • 雲龍型6隻(2隻が戦没、1隻は退役、3隻は建造中止)
  • 大鳳(戦没)
  • 信濃(戦没)
  • 龍鳳(退役)
  • 千歳型2隻(2隻共に戦没)
  • 大鷹型3隻(すべて戦没)
  • 伊吹(未完成)

海上自衛隊[編集]

「他国への航空兵力の展開が可能になる空母を保有することは、日本国憲法専守防衛と戦力の不保持の原則に背く」という政府の憲法解釈により、海上自衛隊は固定翼機を運用する正規空母を保有していない。防衛省は実質的なヘリ空母である以下の艦を公式にヘリコプター搭載護衛艦(DDH)と呼称している。

第二次世界大戦後に建造

ブラジル[編集]

第二次世界大戦前まで
第二次世界大戦後に建造

フランス[編集]

第二次世界大戦前まで
第二次世界大戦後に建造

関連項目[編集]