中央同盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中央同盟国及びその植民地(オレンジ) 連合国及びその植民地(緑) 中立国(灰色)

中央同盟国(ちゅうおうどうめいこく、ドイツ語: Mittelmächteトルコ語: İttifak DevletleriまたはBağlaşma Devletleriハンガリー語: Központi hatalmakブルガリア語: Централни сили)は、第一次世界大戦時に連合国(協商国)と戦った諸国を指す名称。日本では同盟国とだけ呼ばれることが多い。三国同盟を結んでいたドイツ帝国オーストリア=ハンガリー帝国(もう1カ国のイタリア王国は連合国に転じる)及びオスマン帝国ブルガリア王国を指す。

中央同盟国という名称は、対立する連合国のロシア帝国及びイギリスフランスによって、それらの同盟諸国が東西から挟まれていることに由来する。すなわち、当初から地政学的不利を内包した同盟であった。

1917年十月革命ののち、崩壊したロシア共和国から次々と独立を宣言した各国が、中央同盟国と同盟を結んでボリシェヴィキとの戦闘を展開した。ボリシェヴィキは中央同盟国の軍事力によって圧倒され、中央同盟国はブレスト=リトフスク条約によって赤軍ならびに艦隊の撤退とそれら諸国の独立を承認させた。1918年11月に中央同盟国は連合国に降伏し、それら新しい同盟諸国の多くは連合国によって一時的な占領を受けた。中央同盟国を構成した国のうち、ブルガリア王国以外は敗戦後数年のうちに国家が崩壊した(ドイツ革命オーストリア革命トルコ革命)。

関連項目[編集]

Central-Europe-map.png この「中央同盟国」は、中央ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 中央ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ
Eastern-Europe-map2.png この「中央同盟国」は、東ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 東ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ
アゼルバイジャン アルバニア アルメニア ウクライナ キプロス ギリシャ グルジア クロアチア セルビア トルコ ブルガリア ベラルーシ ボスニア・ヘルツェゴビナ マケドニア モルドバ モンテネグロ ルーマニア ロシア