戦艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカ海軍の戦艦アイオワ
1958年に現役を退いた本艦であったが、レーガン大統領の掲げる「力による平和」戦略の一環として生まれた600隻艦隊構想のもと、同型艦とともにミサイル艦として近代化改装を受け、1984年に現役復帰を果たした(2006年除籍)。

戦艦(せんかん、battleship)は軍艦の艦種の一つ。大砲を主要兵器とする軍艦のうち、最大のものを指す。軍艦の中で最も強大な艦砲射撃の火力と、敵艦からの艦砲射撃や雷撃に耐えうる堅牢な防御力を兼ね備えている。第二次世界大戦頃までは、政府の政略や戦略をも左右する兵器として海軍兵力の主力とされ、「主力艦」とも呼ばれた。

第二次世界大戦前に軍縮条約の兼ね合いで建造が行なわれるようになった航空母艦が第二次世界大戦において実戦でその戦力の高さを示すと、戦艦は海軍兵力の主力としての地位を、機動性と汎用性に加えてコストパフォーマンスの面でも勝る「航空母艦と搭載される艦載機の組み合わせ」に譲るようになる。第二次世界大戦後は大規模な海戦自体が発生しなくなったことや、長距離射程の火器の主流が艦砲からミサイルにかわったこと、レーダーGPSの発達と(戦艦と比較して)建造費や運用コストが安く活用範囲も広いミサイル巡洋艦ミサイル駆逐艦で艦隊を形成することが主流となり、「戦艦」と呼ばれる艦種の運用機会や存在意義自体が失われたことから各国の戦艦は徐々に除籍されていき、2013年現在では戦艦と呼ばれる艦種を運用する国はない。

概要[編集]

史上最大の戦艦大和宿毛湾沖標柱間で公試中、1941年(昭和16年)10月30日撮影。

軍艦の艦種としての戦艦は、その強大な艦砲による火力と堅牢な防御力により、敵艦船の撃滅を主任務とした。多数の大口径砲を搭載し、自己の主砲弾と同等の砲弾が命中しても耐える甲鈑を装備した。そのため、船型は大型になり、第二次世界大戦までは、一部の大型航空母艦を除けば最大の軍艦だった。その巨体のため、速力は同時期の巡洋艦駆逐艦よりも劣った。また、戦艦は海軍の主力とされながらも、高価な事とその存在の重要性から、安易に戦闘に投入するのを避けられる場合もあった。

戦艦は、第二次世界大戦まで海軍の主力とされ、「主力艦」と呼ばれていた。戦艦は、その建造及び維持に膨大な費用がかかるため、大規模な保有は当時の列強国に限られた。戦艦が出現した19世紀後半から20世紀半ばにかけては、戦艦の保有隻数などが国力のシンボルとされ、政治・外交の局面でも重視された。

しかし、第二次世界大戦中に海軍兵力の主力が航空機と航空母艦となったため、戦艦は戦術的価値を大きく減じた。戦後においては、新兵器であるミサイルが艦砲に変わる存在となると更にその価値を減じることとなった。東西冷戦期には大規模な艦隊同士の海戦などもなく、過去の存在となった戦艦は、各国とも順次退役除籍され、現在この艦種を保有する軍隊は存在しないが、アメリカにおいては現代でも多数の戦艦が記念艦として大切に維持保管されている。

なお、日本語においては「戦艦」を「戦闘艦一般」と同義(巡洋艦・駆逐艦・潜水艦・空母・砲艦など戦闘用の艦船は全て戦艦)と捉える用法も存在し、国語辞典に記載され、NHKなどの放送用語として使われている。代表的な国語辞典である広辞苑第5版では、「戦艦」の定義は

「(1)戦争に用いる船。軍艦。戦闘艦。(2)軍艦の一。最も卓越した攻撃力と防御力とを有する大型艦で、第二次大戦までは水上兵力の中心。」

という記述になっている。 しかし、軍事を前提にした場合の「戦艦」は、この二番目に記載されている定義で用いられるのが一般的であり、一番目にある用法は種々の誤解を招く可能性があることから、特別に意図した理由がない限り意識的に避けられる。ただし、実際には単なる誤解や知識不足により安易に前述の一番目の用法で用いられているケースも多少散見される[1][2]

歴史[編集]

概説[編集]

戦艦が登場する以前、海戦において主力艦としての地位を占めたのは、17世紀に出現した戦列艦ship of the line)である。戦列艦は文字通り単縦陣の戦列を形成する艦のことで、一般的には50門(18世紀半ばからは60門)以上の大砲を搭載していた。当時の海戦では砲撃によって沈没に至ることは少なく、砲撃や切り込み隊で航行・戦闘能力を奪った後に捕獲するのが一般的だった。1805年のトラファルガー海戦で、イギリス地中海艦隊司令長官ネルソン提督の旗艦となったヴィクトリー(Victory)は、戦列艦の代表的なものである。

戦艦の始祖とされる世界初の装甲艦グロワール

19世紀になって、大砲の威力が向上してくると、大型艦の舷側に多数の大砲を並べる形式は、防御の面で重大な欠点になってしまった。特に1853年から始まったクリミア戦争において、3層甲板に多数の砲を並べた木造戦列艦が炸裂弾に対して脆弱であることが明らかになった。そこで戦列艦より小型で、乾舷の低いフリゲートに装甲防御を施し、装甲艦甲鉄艦)が誕生する。艦材質の変化(木→鉄→鋼)、大砲の大型化、帆走から汽走への変遷、装甲の強化などの発展を経て、装甲艦は次第に大型化し、やがて戦艦となる。なお、一方で小型の艦として発展していったのが巡洋艦である。最初の戦艦は、1859年に進水したフランスの装甲艦「グロワール」(Gloire)である。この艦は、木造船体に厚さ10cmの甲鈑を装着し、舷側に16cm砲30門を装備した機帆兼用艦である。イギリスはこれに対抗して、1860年に「ウォーリア」(Warrior)を進水した。この艦は初めて船体を鉄製とした装甲艦で、後に戦艦、巡洋戦艦、大型装甲巡洋艦などへ発展する。

前弩級戦艦の基準となったマジェスティック

1880年頃、元込め式で砲身にライフルを切った後装施条砲が開発され、砲撃威力と命中精度が著しく向上する。1892年に竣工したイギリスの「ロイヤル・サブリン」(Royal Sovereign)型は、34.3cm後装施条砲4門を露砲塔に装備し、厚さ45.7cm甲鈑を舷側に装着している。この艦は均整の取れた攻防力と優れた航洋力を備えており、近代戦艦のはじめとする。これをさらに改良強化し、1895年に竣工したイギリスの「マジェスティック」(Majestic)型で、戦艦の基本形態が定まった。この型は、前後部に30.5cm連装砲塔を1基ずつ備え、以後、弩級戦艦の出現まで、これが戦艦の標準的主兵装とされる。

装甲艦「東」

日本では、明治初年の海軍創設時から日清戦争あたりまで、フランス製装甲艦「」を「甲鉄」と呼称していたことから、装甲艦を砲塔甲鉄艦と呼んでいた。1894年、富士型戦艦2隻(1897年竣工の富士、八島)をイギリスに発注するに当たり、排水量1万トン以上の艦を「一等戦艦」、1万トン以下の艦を「二等戦艦」と正式に定めた。日露戦争終戦後まもなく、等級を廃して「戦艦」という艦種が定められた。日露戦争で活躍した戦艦「富士」(1897年竣工、イギリス製、12,533t、30.5cm砲4門)は、ロイヤル・サブリン級戦艦を原型としている。また、日本海海戦時の連合艦隊旗艦「三笠」(1902年竣工、イギリス製、15,140t、30.5cm砲4門)は、これをさらに改良強化したものである。

これ以後、戦艦の「定義」を

  1. 建造時に開発・製造可能な最大の大砲(主砲)を搭載している
  2. 自艦に搭載した主砲弾の被弾に耐えられる装甲を有している

と考える海軍国が多くなり、"暗黙の定義"となった。しかし後に政治的事情や金銭的・環境的事情からこれに当てはまらない艦も出てきた。

日露戦争は鋼鉄艦同士による初めての本格的な戦闘が行われた戦争であり、列強はその戦訓を取り入れて、主砲の攻撃力向上を中心とする戦艦の改良を図った。最も早く反応した英国は、従来艦の倍以上の主砲を片舷に指向できる戦艦ドレッドノート(Dreadnaught)を特急工事で建造し日本海海戦の翌年に竣工させた。この戦艦は従来の同規模の戦艦と比べて、高速航行可能で2倍以上の火力を備えるため海戦において有利となり、一夜にしてそれまでの世界の戦艦は旧式化した。 そのため、これ以前の戦艦(計画・建造中、竣工・就役直後の戦艦を含む)を前弩級艦、同程度の性能を有する戦艦を弩級艦として区別する。

またこれと同時に英国では、戦艦並みの火力と、巡洋艦並みの速度をあわせもつ艦として、巡洋戦艦が登場する。イギリスの巡洋戦艦は装甲防御が犠牲になっており、前述の「自艦に搭載した主砲弾の被弾に耐えられる装甲を有している」という戦艦の条件を満たしていない。一方ドイツの巡洋戦艦は、英国ほどには装甲防御を犠牲にはせず、代わりに巨砲への更新を積極的にしなかった。この結果、第一次大戦のユトランド沖海戦において、巡洋戦艦の高速に置き去りにされた前弩級・弩級戦艦は戦闘に参加出来ず、事実上巡洋戦艦同士の撃ち合いとなった。結果は装甲防御を犠牲にした英国巡洋戦艦は大打撃を受ける結果となった。

「戦艦は速度が不足し、巡洋戦艦は防御力が不足している」というのがユトランド沖海戦の結果であり戦訓だった。以降建造された戦艦は高速化と航続性能が向上され、巡洋戦艦の防御力は当初より大幅に向上し、やがて両者の区別がつかないまでに発展していく。そのような戦艦の防御力と巡洋戦艦以上の速度を兼ね備えた艦を、「高速戦艦」と呼ぶ。だが、加熱する建艦競争は前弩級戦艦、弩級戦艦、巡洋戦艦、高速戦艦という軍艦の発達について来られる国は少なくなっていった。第一次世界大戦より後に新造戦艦を就役させる事ができたのは、アメリカ、日本、英国、フランス、ドイツ、イタリアだけだった。

より大型に、より高性能になっていく戦艦は、価格も高騰していき、融通のきかない使い勝手の悪い艦になっていった。機雷、魚雷(を搭載する水雷艇駆逐艦)、そして潜水艦というより安価な兵器が、次第に戦艦の脅威となっていく。そして航空機の登場が、戦艦にとどめを刺す事になる。第一次世界大戦は航空機が軍事に導入された初めての戦争でもあり、以後の海軍は航空兵力に護衛された艦隊ないし航空兵力による単独攻撃という新しい局面に対応することになる。第二次世界大戦においては、水上艦は航空戦力に対して単独では対抗できないことが明らかになる。航空戦力の優位性を世界に初めて知らしめたのはイギリスによるイタリア・タラント空襲と日本による真珠湾攻撃である。これらは停泊中の艦船に対する攻撃であるが、日本がマレー沖海戦において戦闘航行中の戦艦(イギリス海軍のプリンス・オブ・ウェールズと僚艦レパルス)を航空戦力のみで撃沈して航空機の優位を決定的にした。その後の海戦における戦艦の行動は、自国の航空部隊の掩護下(アメリカ海軍)または航空機の活躍出来ない夜間(レイテ沖海戦の西村艦隊)などに限定されるようになり、戦艦は消えていく事になる。アメリカ海軍のみは、上陸支援目的で長く戦艦を使い続けたものの、もはや戦艦を新造する事は無くなった。

初期の戦艦(1892年-1904年)[編集]

初期の戦艦は、排水量1万-1万5千t、24-34cm(30.5cm=12inが最も多かった)の主砲4門を搭載し14-19ノットの速度だった。この頃、戦艦を建造していたのは、イギリスフランスドイツ帝国アメリカイタリアロシア帝国オーストリア・ハンガリー帝国の7カ国。日本は日露戦争の前にイギリスから6隻の戦艦を購入した。日本以外にも戦艦を他国から購入した国は、隣国間で紛争の多かったトルコギリシア、南米で競争関係にあったアルゼンチンブラジルチリ。海軍復興に邁進(まいしん)するスペイン。ヨーロッパ諸国に対抗する為北洋艦隊等の近代的海軍を創設した中国清朝である。これらの戦艦は砲戦距離数千mでの目視による直接射撃を想定して建造されていた。

最初の戦闘(1904年-1905年)[編集]

世界で最初に戦艦同士の本格的な戦闘が行われたのは、1904年日露戦争だった。日露戦争の初期の黄海海戦には、日本連合艦隊の戦艦4隻+装甲巡洋艦2隻とロシア第一太平洋艦隊(旅順)の6隻の戦艦が対戦し、翌年の日本海海戦では、日本の連合艦隊の戦艦4隻+装甲巡洋艦8隻と、ロシア第2及び第3太平洋艦隊(バルチック艦隊)の戦艦8隻他が対戦した。いずれも日本の連合艦隊の勝利に終わった。黄海海戦では逃走するロシア艦隊と追いかける日本艦隊の間で、距離1万m以上の遠距離砲戦が起こった。

ドレッドノートの出現(1906年)[編集]

戦艦ドレッドノート

日露戦争での黄海海戦と日本海海戦(1905年)の戦訓から、戦艦の主砲による遠距離砲撃力が海戦の雌雄を決する重要な要素とされた。この戦訓により1906年に主砲力を大幅に強化し、かつ「全主砲の砲撃力を平準化する」という画期的な建艦思想に基づいて設計された戦艦「ドレッドノート」(dreadnoughts、18,110t、30.5cm砲10門)」が英国で建造される。ドレッドノートの出現により、それ以前に建造された戦艦だけでなくイギリスを含めた建造中の戦艦までもが一挙に時代遅れとなる事態が発生した。ドレッドノート以前の戦艦は前弩級戦艦(pre-dreadnoughts)と呼ばれる。これ以後各国で建造される戦艦はドレッドノートに準じた「弩級戦艦」(ド級戦艦)となり、列強各国はどんな小さい戦艦でも列強の前弩級戦艦よりも強力な火力を搭載するために前弩級戦艦から弩級戦艦への転換を迫られる事になった。中小国の海軍では列強国と同等の弩級戦艦を保有するのは本来困難だったが、それでも無理をしながらも戦争抑止力として、1-3隻の弩級または超弩級戦艦を購入した国も存在する。

超弩級戦艦へ発展(1912年)大艦巨砲主義へ[編集]

ドレッドノート完成のわずか6年後に、ド級戦艦を大きく上回る攻撃力を有する戦艦がイギリスで誕生した。オライオン級(1912年、22,200t、34.3cm砲10門)である。ド級戦艦より強力な火力を持つ事から「超弩級戦艦」(super dreadnoughts)と呼ばれた。これにアメリカが35.6cm砲戦艦を、フランスが34cm砲戦艦を整備し、イギリスから巡洋戦艦「金剛」を購入した日本も以後は35.6cm砲戦艦「扶桑型」「伊勢型」を整備し始めて超弩級戦艦時代が到来した。また、列強以外ではチリ海軍がアルゼンチン・ブラジルに先駆けて金剛と同じく35.6cm砲を搭載する戦艦「アルミランテ・ラトーレ級」2隻(1915年、28,600トン、35.6cm砲10門)を発注し差をつけた。また、ブラジルやギリシャやトルコも超弩級戦艦の建造を列強に発注するが資金難や大戦の勃発などの事情により建造依頼は取り消された。

こうした流れの中でも主砲の大口径化は進み、オライオン級の3年後には更に大口径の主砲を持つクイーン・エリザベス級(1915年、29,150t : 38.1cm砲8門)がイギリスで完成。これ以降もより大きな艦体に、より大きな主砲を積む戦艦を建造する傾向が第一次大戦後にも続いた。これを「大艦巨砲主義」と呼び、日本の大和型戦艦(基準排水量:64,000t、46cm砲9門)がその頂点に達した。また英独日では、弩級戦艦や超弩級戦艦と同等の攻撃力を持つが軽防御高速力の巡洋戦艦も建造された。

第一次世界大戦(1914-1918年)[編集]

第一次世界大戦では、当時世界第一位の戦艦・巡洋戦艦保有国家である英国と、第2位のドイツが敵対した。大戦前からこの二国は激しい建艦競争を行っていた。だが戦艦・巡洋艦戦力では劣るドイツは艦隊の保全を図ったため、大規模な海戦の機会はなかなか訪れなかった。ドイツのUボートによる通商破壊戦や、欧州から離れた戦線においてフォークランド沖海戦などの主力同士とは言いがたい戦力での海戦が起きたのみであった。

1916年ユトランド沖海戦は、第一次世界大戦で最大、かつ唯一の本格的な主力艦同士の戦いであったものの、高速な巡洋戦艦同士の遊撃戦となり、主力の戦艦部隊が本格的に交戦する事なく終わった。英国艦隊は数的には優勢だったが、戦闘では英国巡洋戦艦の防御力の弱さが露呈し、インビンシブル(1908年竣工、17,373t、30.5cm砲8門)、インディファティガブル(1911年竣工、18,500t、30.5cm砲8門)、クイーンメアリー(1913年竣工、26,770t、34.3cm砲8門)の3隻がドイツの砲火を浴びて爆沈した。ドイツ側は巡洋戦艦リュッツオー(1916年竣工、26,318t、30.5cm砲8門)が多数の被弾による浸水で放棄された。英国巡洋戦艦が大損害を被ったのは、主砲射程距離を延伸させるため英、独艦とも艦砲の仰角を大きくとれるようにしたので、遠距離から飛来する砲弾は落角が垂直に近くなり、当時の戦艦や巡洋戦艦では薄弱だった水平面の装甲を貫通されたためである。この戦訓はのちの戦艦設計に大きな影響を与えた。

戦争末期にはドイツは起死回生を図り全艦隊で出撃しようとしたが、勝ち目の無い戦いに出る事を厭う水兵たちがこれを拒否した。結局、1度きりしか生じなかった主力艦どうしの艦隊決戦は、大戦に何ら影響を与えるものではなかったのである。だが各国は戦艦や巡洋戦艦の設計の問題という観点でしか戦訓を見ようとせず、艦隊決戦が戦局に影響を与えなかった事実は顧みられる事が無かった。

建艦競争と軍縮条約[編集]

装甲艦ドイッチュラント
新戦艦ダンケルク

第一次世界大戦の終了直後には、ユトランド沖海戦の戦訓を取り入れた主力艦の熾烈な建造競争が、残された大海軍国である米・英・日で始まった。日本においても戦艦による艦隊決戦構想により41センチ砲搭載の戦艦8隻、巡洋戦艦8隻からなる「八八艦隊」の建造が計画されたが、1922年ワシントン海軍軍縮条約が締結され、新規建造が制限されると、列強各国の建艦競争は一応の終息を迎えた。これを海軍休日(Naval Holiday)と呼ぶ。

ワシントン海軍軍縮条約においては建造中の未完成戦艦の廃艦が求められたが、ここに日本と諸外国との間で陸奥を完成艦として保有を認めるか未完成艦として廃艦するかの駆け引きも起こった。

同条約においては航空母艦の所有排水量にも各国ごとの枠が設けられたが、当時航空母艦はまだ生まれたばかりの艦種であり各国ともその枠に大きな余裕があったため、廃艦とした未完成の戦艦や巡洋戦艦を航空母艦に改装して完成させる例が見られ、その結果としてレキシントン級航空母艦赤城加賀ベアルンといったそれまでになかった大型の航空母艦が生まれた。しかし当時はまだ航空母艦艦載機の攻撃力・航続距離など性能全体が低く、実戦で戦果を示す機会もなかったため航空母艦は補助的な艦として見られており、海軍の主力は引き続き戦艦であるとみなされていた。

1934年に同条約が破棄されるまでの間、各国は既存艦の近代化改装などで現有艦の質的向上に力を注いだが、欧州では敗戦後、造船能力を取り戻しつつあるドイツ1933年ポケット戦艦ドイッチュラント級を建艦したことと、ロンドン軍縮条約に参加しなかったことで1933年から新戦艦建造の権利をフランスイタリアが得たことで、ドイツ・フランス・イタリア三国で建艦競争が勃発した。

フランスが「ダンケルク級」を造れば、イタリアは「コンテ・ディ・カブール級」と「カイオ・デュイリオ級」の近代化改装と「ヴィットリオ・ヴェネト級」の建艦に着手し、ドイツも「シャルンホルスト級」と「ビスマルク級」を造った。その後、ドイツ・イタリアの15インチ砲戦艦に対抗するためにフランスはダンケルク級の二番艦「ストラスブール」の重装甲化と正38cm砲戦艦「リシュリュー級」の建艦に踏み切った。ロンドン軍縮条約によって1937年まで新戦艦建造ができなかった英国は、欧州の中型戦艦対策に唯一速力で対抗可能な既存の巡洋戦艦「フッド」と「レナウン級」2隻の小改装により当座をしのいだ。

軍縮条約破棄後の建造[編集]

ワシントン条約の破棄後は、再び列強による戦艦建造が始まり、アメリカ合衆国ノースカロライナ級サウスダコタ級アイオワ級、イギリスのキングジョージV世級、日本の大和型などの巨艦が建造された。又、再軍備宣言をしたドイツも前述の通りにダンケルク級への対抗としてビスマルク級を建造した。この時期に建造された戦艦は軒並み27ノット以上と速力も速く、のちに航空母艦を中心とした艦隊を編成する場合にも運用が可能だった。

第二次世界大戦[編集]

軍縮条約によって保有数を制限された各国にとって、第二次世界大戦前の時点において戦艦は艦隊の華であるのみならず、国力そのものであり、その主力艦としての希少価値は史上例を見ないものであったが、いざ戦争が始まると、戦場の主役は既に航空機に移っていることが明らかとなった。

  1. 大西洋方面では、枢軸国軍とイギリス海軍の戦力差が大きく、戦艦ビスマルクの沈没やヴェーザー演習作戦において大型艦艇の損害を出したドイツ海軍に対し、ヒトラーがその後の活動を制限したために大きな海戦が行われなかった。
  2. 地中海でタラント港に停泊していたイタリア海軍の戦艦にイギリス海軍の空母艦載機が大損害を与えた(タラント空襲)。
  3. 1941年太平洋戦争劈頭の真珠湾攻撃において日本海軍の空母艦載機が真珠湾に停泊中のアメリカ太平洋艦隊の戦艦の大半を撃沈した。
  4. マレー沖海戦において、作戦行動中のイギリス最新鋭戦艦プリンス・オブ・ウェールズを日本海軍の基地航空隊が撃沈した。

以上のことから艦隊における主力は航空機とそれを運用する航空母艦となり、戦艦の役割は制空権を確保した状態での陸上目標砲撃や空母機動部隊の防空支援といった副次的任務に移っていった。これは戦艦の主砲は大口径砲にもかかわらず機動力に優れていること、敵の攻撃目標として目立つ巨大な艦体と攻撃に耐えしのぐだけの防御力を持ち合わせていること、対空砲火の威力を増したVT信管の発明などの理由がある。実例としては以下のようなものがある。

  1. 開戦当初、日本の機動部隊の護衛部隊の主力は高速の金剛型戦艦であった。その後、大戦後半からアメリカ機動部隊の防空用にアイオワ級戦艦を初めとする新型戦艦が投入され、防空任務に絶大な威力を発揮した。
  2. マリアナ沖海戦において日本側は前衛部隊に4隻の戦艦を配置し、これによって敵攻撃隊の攻撃を吸収し、正規空母を含む本隊への被害を減じようと企図した。
  3. 真珠湾攻撃後の帰途に行われた、アメリカ軍ウェーク島基地に対する日本軍の艦砲射撃
  4. ガタルカナル戦における、戦艦金剛、榛名による飛行場への夜間砲撃
  5. 欧州戦線でのノルマンディー上陸作戦時や、太平洋戦線での硫黄島、沖縄攻略時などに実施された連合軍の艦砲射撃
  6. 大戦末期に釜石市や浜松市等に行われた、連合軍の夜間艦砲射撃

太平洋では戦場の主役が空母機動部隊となった一方で、欧州では戦力の不均衡や燃料の枯渇により戦艦が活用された作戦は少ない。ただし、ドイツ戦艦ティルピッツがノルウェーに在泊し、敵水上艦艇と一度も砲火を交えることなく連合軍の援ソ船団に圧力をかけ続けた例など、戦艦が抑止力としてある程度機能した。

第二次世界大戦後から現在[編集]

UGM-109 トマホークミサイルを発射する戦艦ウィスコンシン(1991年、湾岸戦争時)。戦艦最後の戦場となったこの戦いで、アイオワ級は艦砲射撃とトマホークミサイルによる対地攻撃や、RQ-2 パイオニア無人偵察機による着弾観測等を実行した。

イギリスは1946年ヴァンガードを、フランスは1950年ジャン・バールを完成させ(既に戦前から起工されている)、戦後も国の威信と象徴を示すものであり続けた。しかし実用艦としては既に時代遅れになっており、就役期間の大半を予備艦として使われ、退役した。

前記を例外として、第二次世界大戦以降はそもそも大規模な海戦それ自体が行われなくなった事もあり、戦艦の建造は行われなくなった。戦後、ソビエト連邦の台頭により冷戦が始まった頃には、ミサイルの実用化がなされ、主砲による艦隊戦は有効性を失ってしまった。旧ソ連はミサイルを主武装とする艦を大量に建造して、空母を主力とするアメリカに対抗し、ミサイル巡洋戦艦といえるキーロフ級ミサイル巡洋艦(実際、ジェーン海軍年鑑には巡洋戦艦として掲載)を就役させるに至るが、巨砲を主武装とする戦艦とは性格が異なる艦である。

また、チリブラジルアルゼンチンの3国は自国の戦艦を退役させた後、代艦としてブルックリン級軽巡洋艦を購入している。国の威信と象徴を表す艦としても戦艦は不経済と考えられ、巡洋艦でも十分であると考えられたのである。

しかし陸軍及び海兵隊が行う、水際上陸作戦支援には戦艦の砲撃力は依然有効であり、また、第二次世界大戦後に著しく発達したミサイルは、徹甲弾に対する防御を前提とした重装甲を持つ戦艦に対しては決定的なダメージを与えられないとされ、戦艦が再評価される場面もあった。アメリカは第二次大戦以降、朝鮮戦争ではアイオワ級の4隻すべてを、ベトナム戦争ではニュージャージーを現役復帰させ上陸作戦の支援に使用した。その後アイオワ級は予備役として保管(モスボール)されていた。1980年代レーガン政権下で、「強いアメリカ」の象徴として三度、4隻とも現役に一時的に復役し、ミズーリウィスコンシン湾岸戦争で出動した。これらは最後の現役戦艦であり、巡航ミサイルトマホークを搭載するなど近代化改装が施されていた。しかしあくまで大戦期の旧式艦の再利用である事が、戦艦の価値・使用法が限定的な事を示している。1990年代初頭には全ての戦艦が退役し、2006年までに全ての艦が除籍された。最後の戦艦であったアイオワも現在はロサンゼルスの港にて記念艦として、余生を送っている

純粋な戦艦とは異なるが、1990年代後半にアメリカ海軍でアーセナル・シップと呼ばれる艦の開発計画があった。アーセナル・シップは大量のミサイルを搭載し対地攻撃に活躍する艦となる予定だったため、アメリカ海軍はこれを『21世紀の戦艦』と銘打っていた。しかし、予算・世界事情の変化などで計画はほぼ立ち消え状態となっている。

戦艦の消滅[編集]

戦艦は第二次世界大戦まで、最強の海戦兵器であった。もっとも第一次世界大戦後、魚雷・機雷・大型徹甲爆弾という艦砲以外の撃沈手段は登場していたが、戦艦の圧倒的な戦闘力は適切な護衛兵力さえ伴っていれば水雷戦隊や潜水艦などは対抗できないとされ「戦艦に対抗するには同等の戦艦しかない」と水上戦闘での主力と考えられていた(ロンドン軍縮条約により、各国の潜水艦戦力がごく少数に制限されたことも影響した)。そして単なる海軍力にとどまらず、国力と威信を表す戦略兵器とも言え、他国からの攻撃を避ける戦争抑止力としても機能した。

しかしながら、第二次世界大戦を境として、戦艦は消滅へと向かう事になる。その理由は複数あるが、以下のものが挙げられる。

1. 汎用性が乏しい

戦艦は敵主力艦を相手に艦砲による戦闘にほぼ特化したものであり、その艦砲の圧倒的破壊力を活かした用途(艦隊決戦と支援砲撃)以外に使うには困難であるばかりでなく、作戦行動を行うには索敵や補給、対潜水艦戦闘用や対空防御用の付随艦艇を必要とするため、さらに自由度が制限される。

2. 高価値兵器として用兵に制約がある

1隻あたりの建造費と運用費が高額となる為、戦闘でそれが失われた場合の国家的・軍事的損失と、運用にも多数の搭乗員を必要とする為に人的損失が極めて大きく、決戦局面以外には投入出来ない事で遊兵となった。ワシントン海軍軍縮条約に伴う旧式戦艦の大量処分によって、隻数の減少した戦艦は1隻当たりの戦略価値が高まった。

3. 艦隊決戦の限界

主力艦隊の艦隊決戦が戦局を決定したのは、近代以降では日露戦争ただ1度きりであった。水上での砲撃戦を正面から行なえば圧倒的不利と判っている側は、戦艦等が撃ち合う艦隊決戦を可能な限り避ける。

4. 戦艦を含む水上艦は航空機などによる攻撃に対して脆弱であった。

真珠湾攻撃マレー沖海戦などの実際の戦果が、戦艦に対する航空機の優位が確立した

なお、上記のうちの4.については、実戦での戦果が確認されている事から、もっとも大きな理由であると一般に認識されている。しかしながらこれには異論がある。航空機の発達に対抗して水上艦の側でも対策を進め、対空火力を大幅に増強しており、かつ戦艦は水上艦の中でもっとも航空機の攻撃に対して強靭であるため、撃沈するのは極めて困難であるというのである(後のレイテ沖海戦が、その例として挙げられる事がある)。しかしながら、航空母艦と航空機には戦艦より多様な運用が可能で、航空機の損耗は漸進的であるため損失への恐れが軽減される。こういった航空機戦力の利点は上記1.と2.の戦艦戦力の問題点の裏返しであり、戦艦が航空機の攻撃に対して強靭であるという利点を上回るものである。そういった総合的な観点から、戦艦の価値は失われる事となった。あるいは仮に4.の認識が間違いであったとしても、一般にその認識が広まった事が、戦艦の消滅の理由のひとつとなった(そのような認識が広まっただけでも、上記の戦艦の“戦争抑止力”としての存在意義が失われた)。

また、第二次世界大戦後に実用化されたミサイルも、戦艦の消滅の理由の1つと考えられる。

5. ミサイルの優位性

ロングレンジの火器として、射程距離と命中率の両面で艦砲を上回るミサイルが実用化された事により、水上艦の主力搭載兵器の座を艦砲から奪う事となった。砲撃の反動、斉射時の衝撃と爆風に耐えうる艦体規模・構造が不可欠となる大口径の艦砲と異なり、ミサイルは数百トン前後の小型艦からでも運用可能な兵器であるため、戦艦の価値を低下させた(ミサイル戦艦という艦種が構想され、戦艦の復活を目論む動きもあったが、小型艦にも搭載できる兵器を、あえて大型艦に搭載する意義が見いだせなかった)。

これらを理由に戦艦という戦力は機動力を持った浮き砲台としての価値しか無くなり、実質的に消滅した。

上陸支援目的ではまだ価値があったが、戦艦を新造するまでの価値はなく、またミサイルや航空機の発達によりその目的での戦艦の価値も低下していった。

装備・船体[編集]

主砲と砲弾[編集]

艤装中の大和
右より46センチ砲弾(九一式徹甲弾)、46センチ三式弾、46センチ砲弾(九一式徹甲弾)本体(被帽なし)、40センチ砲弾(九一式徹甲弾)、36センチ砲弾(九一式徹甲弾)

主砲は戦艦の最重要装備。敵を圧倒するために大きな砲弾を遠くへ正確に発射する必要がある。砲の大きさは、メートル法で設計製作された大和型戦艦であれば「45口径46cm砲」、ヤード・ポンド法で設計製作されたアイオワ級戦艦であれば「50口径16インチ砲」と表現するのが正確である。「○口径」が砲身の長さを、「○cm」または「○インチ」が「砲身内径≒砲弾直径」である。

メートル法で設計製作された砲であっても、砲身内径を、インチで表現して切りの良い数字に近づけるのが通例。例えば、メートル法の提唱国であるフランスの戦艦主砲は当然にメートル法で設計・製造されているが、ダンケルク級戦艦は33cm(約13インチ)、リシュリュー級戦艦は38cm(約15インチ)である。

砲身の長さの表示については、「○口径」(○は砲身長を砲弾の直径で割った数字)と表し、これを口径と呼ぶ。

1900年頃に各国海軍が有していた前弩級戦艦は、35口径12インチ(砲身長は420インチ=約11m)程度の主砲を連装砲塔に収め、艦の前後に1基ずつ(計4門)装備していた。その後、戦艦主砲は逐次巨大化し、日本の大和型戦艦の45口径46cm(46cm=18.1インチ)砲(砲身長 20.7m)、アメリカのアイオワ級戦艦の50口径16インチ(16インチ=40.64cm)砲(砲身長800インチ=約20.3m)に達した。

発射する砲弾は、敵艦の装甲を貫通させるための徹甲弾と呼ばれる砲弾で、弾体の大半が硬い特殊鋼でできており、内部の炸薬の量は少ない。徹甲弾の信管は命中と同時に爆発する触発式ではなく、命中後、砲弾が艦体の奥へ飛び込んでから爆発する遅発信管を装備する。砲弾重量は12インチ砲で400kg程度、16インチ砲で1t前後、大和型の46cm砲で1.5t程度ある。この砲弾を1門辺り毎分2発、砲口速度800m/秒程度で2万〜4万m先の敵艦を攻撃した。

なお日本海軍は戦艦の主砲を対空戦闘にも使う想定をしており、零式通常弾三式通常弾といった対空用の榴弾も開発して搭載しており、実戦でも使用した。

大砲の威力は、砲弾の材質・構造・炸薬量が同等であれば、撃ち出す砲弾の重量と速度により決まる。砲弾の重量を決定するのは(砲弾の材質以外では)、砲弾の形状が相似であれば口径によって決まる。砲弾の形状がより長ければ、同一口径でも重量が増える。砲弾の速度を決定するのは、装薬の量と口径長である。口径長が大きければ、より長時間砲弾に運動エネルギーを与えるので、装薬の量が同じでも砲弾速度はより速くなる。ただし技術的限界を超えて装薬量を増やすと、砲身のブレによる命中率低下を招く。一般には口径が戦艦の主砲の威力をはかる基準値とされ、口径長は45口径前後で装薬量にも大差なく各国とも横並びであった。しかし例外もあり、第一次世界大戦までのドイツ戦艦は、装薬量を増やして砲弾速度を上げたため、口径ではひとまわり大きな英国戦艦の主砲と同等と言われていた。一方の英国戦艦は口径長の増大により対抗した事もあるが、結果として英国製50口径12インチ主砲は砲身のブレが大きく欠陥品とされる。第一次世界大戦後では、主砲の射程距離の延伸により、砲弾速度は重要な要素ではなくなった。長時間空中を進む砲弾の速度は空気抵抗により減少し、いくら高速で撃ち出しても最終的な砲弾速度には変わりが無くなったからである。むしろ山なりの砲弾が落下に転じた際の速度は砲弾重量によって決まるため、ほぼ砲弾重量のみが主砲の威力を決定する事になった。第二次世界大戦時の米国戦艦の16インチ砲の砲弾は、長い形状によって重量を増しており、45口径砲は他国よりも砲弾速度は低速、50口径砲は他国の45口径と速度は同等であった。

副砲と高角砲[編集]

戦艦の誕生以来、その主砲には各時代で最大の強力な攻撃力を持つ砲が搭載されてきた。前弩級戦艦の時代は、射撃管制が未発達の時代には遠距離砲戦ではなかなか砲弾が命中せず、近距離砲戦に移行する事が定石となった。その際には主砲よりも小型の砲であっても十分に役に立つため、各国は主砲よりもひとまわり以上小型の副砲を搭載して補助装備とした。水雷艇が登場すると、これに対処するために副砲よりもさらに小型で、取り回しのよい砲を搭載した。また主砲は4門搭載する時代がしばらく続いたため、各国は戦艦の砲力拡大の際には、副砲を大型化、あるいは副砲より大型で主砲より小型の中間砲を装備する例がみられた(準弩級戦艦)。

その後、弩級戦艦の始祖たるドレッドノートにおいて、主砲の門数を10門に増加させた。そして多数の主砲を艦橋からの一元的な射撃管制により、遠距離砲戦での命中率を高め、搭載砲を主砲と対水雷艇用の7.6cm(3インチ)速射砲とし、それ以外の砲を廃止した。しかしながら続いて弩級戦艦を建造した他国海軍は、副砲を残した。弩級戦艦以降の副砲は、戦艦同士の近距離砲戦を目的としたものではなく、水雷艇、それより発達した駆逐艦などの、小型艦艇への対処を目的としたものとなった。主砲は旋回速度、単位時間あたりの射撃速度が低く、小型高速の艦への対処が困難だったためである。英国海軍も駆逐艦への対処のため、対水雷艇用であった速射砲を大型化し、事実上の副砲の復活となった。

前弩級戦艦時代から超弩級戦艦の時代にかけて、戦艦の副砲は、舷側にケースメイト配置され側方を指向する設計が多かった。日本では長門型までがこの形態である。一方で準弩級戦艦においては、中間砲は砲塔形式とし、舷側に配置するのが通例であった。1920年ごろより、副砲についても中間砲と同様に、連装または3連装の砲塔形式とし、2基を高い位置の船体中心線上に、残りを低い甲板上の側面に配置することで前方・後方・側方いずれに向けても一定数の砲門数を指向できる設計となった。ノースカロライナ級・大和型などがこの形態である。他に舷側に砲塔形式で前後方から2段の背負式配置とすることでやはり前方・後方・側方いずれに向けても砲門数を指向できる設計がキング・ジョージ5世級などに採用された。

アメリカが1934年に制式化した38口径5インチ砲(12.7cm砲)(en:5"/38 caliber gun)は、対艦射撃にも対空射撃にも使える両用砲だった。以後のアメリカの戦艦は副砲と高角砲をこの5インチ両用砲に一本化し、連装砲塔に納めて搭載した。イギリスも1940年に50口径5.25インチ両用砲(13.3cm砲)(en:QF 5.25 inch gun)を制式化し、アメリカと同じく副砲と高角砲を統合して、キング・ジョージ5世級に連装砲塔で搭載したが、副砲としての性能には問題がなかったものの高角砲としては速射性に欠けるなど欠点の多い砲だった。日本は両用砲の開発に遅れを取り事実上開発に成功しなかったので[要出典] 副砲と高角砲の両方を装備し続けたが、大和型の15.5cm三連装副砲に零式通常弾・三式弾を組み合わせての対空射撃は効果的で速射性も良かったと用兵側には好評であった(しかし艦隊全体での絶対的な高角砲の門数が不足しており、また近接信管が開発されず旧来の時限信管しか使用しなかったことも日本海軍艦隊の防空能力の不足につながった)。

一方高角砲については、1920年ごろまでは航空機が未発達で戦艦の脅威になるとは全く考えられていなかったため、高角砲の搭載はされなかった。1920年ごろより高角砲の搭載が始まったが、この頃は7.6cm単装高角砲を4門と少威力・短射程の高角砲を少数積むのみであった。1930年ごろより次第に航空機の脅威が考慮し始められ、長門型では改装時に12.7センチ連装高角砲4基8門を搭載した。ヴィットリオ・ヴェネト級は新造時より9cm単装高角砲12門を搭載、ビスマルク級では10.5cm高角砲連装8基16門と3.7cm高角砲連装8基16門を搭載した。アメリカが高角砲に替わり5インチ両用砲を装備したのは前述のとおりだが、その門数としては1941年就役のノースカロライナ級で連装10基20門であった。

第二次世界大戦が始めるとすぐにタラント空襲・真珠湾攻撃・マレー沖海戦と航空攻撃によって戦艦が撃沈される事態がたてつづけに起こったため防空能力の強化が考えられ、旧型の戦艦では副砲を降ろして高角砲を追加する改装が行われた。しかし改装を行なっても金剛型で12.7cm砲12門に留まるなど、新造の時点で対空装備が重視されていたノースカロライナ級・サウスダコタ級・アイオワ級の5インチ両用砲20門には劣った。

甲鉄板(装甲)[編集]

飛来する敵弾をはね返す目的で装備される鉄板。自艦の搭載する主砲弾の攻撃に耐えられるだけの装甲を施すことが求められていた。艦の水線部近辺に垂直(後に傾斜して装備する装甲も生まれた)に装備する水線甲鉄と水平な甲板に装備する甲板甲鉄があり、どちらも特殊鋼でできている。甲鉄に求められる重要な性能は主に次の2点である。

  1. 敵弾の侵入を阻止する硬さ
  2. 衝撃を受けても割れにくいこと

これらは鉄鋼にとって相反する性能であり、従来技術では1種類の材質では達成が困難であった。そこで1890年代までは日本の初代戦艦「富士」などが、硬いがもろい鉄板を外側に、粘り強いが柔らかい鉄板を内側に張り合わせた「複合甲鉄」を用いていた。1890年代にアメリカ人のハーヴェイがニッケル鋼の表面に浸炭処理を施し、表面のみ硬化させて耐弾力を飛躍的に強化した「ハーヴェイ鋼」(ハーヴェイ・ニッケル鋼)を発明した。富士級の水線甲鉄は「複合甲鉄」で457mmあったが、敷島級は「ハーヴェイ鋼」、三笠は、クルップ鋼を使い 229mm に半減でき、耐弾力は富士を上回った。その後、甲鉄は順次改良が施されたが基本的には表面浸炭処理技術を用い続けている。

水線甲鉄の厚さは主砲の強化に従って増加し第一次世界大戦直前で255-305mm、第一次世界大戦期で305-330mm、「大和」では 遂に410mm に達した。一方、甲板甲鉄は第一次世界大戦まであまり問題にされず50-100mmだった。その後、日露戦争〜ユトランド海戦の損害や戦後の実艦を用いたテストで、遠距離砲戦時の艦水平部への着弾が大きな損害につながることが判明し、第二次大戦前に建造された艦は甲板部の甲鉄を強化している。独が120mm、米英で150mm前後、仏伊で200mm未満、大和では200mm強の厚さがあり、砲弾だけでなく航空機による急降下爆撃にも十分な防御力を持っていた。しかし、甲板防御は水線防御に比べて広範囲を覆う必要性があり、装甲を水平に貼ることによる重量増加が懸念された。そのため、水線部の装甲を内側に傾斜させて装甲を貼る傾斜装甲方式が開発され、列強の多くはこぞって新戦艦に採用して重量の軽減化に努めたが、イギリスとドイツは独自の理論に基づき、イギリスは「ネルソン」以降から再び垂直装甲に立ち帰り、一方ドイツは垂直装甲に固執した。

また、第一次世界大戦以降では、重量問題から艦全体に十分な装甲防御を施すのは困難であり中庸で不十分な装甲厚では無駄が多いとして、主要部分のみ十分な装甲厚を配分する「集中防御方式」が戦艦の防御の標準となった。ただしドイツ海軍の戦艦は独自の理論により、全体防御を採用し続けていた。

自艦の主砲弾に耐えられる装甲は戦艦の設計条件とされ、この定義を満たさず防御力を妥協して速力を高めた艦は巡洋戦艦と呼ばれる。ただしこれは結果論による定義であり、元来の巡洋戦艦は巡洋艦から発達したものである。逆に若干であるが防御力を妥協して速力を高めた戦艦も存在し、現実には「自艦の主砲弾に耐えられる装甲」という定義は絶対的なものではない。

水中防御[編集]

機雷や魚雷等による艦の喫水線以下に対する攻撃からの防御を「水中防御」と呼び、水面下の船体側壁を破られることで艦内に大量の水が浸水し、浮力や重量バランスを失い沈没や転覆したり、船体の傾斜により給弾できず継戦不能になるような事態を防ぐ事である。このため、フランスの造船士官ルイ=エミール・ベルタンは舷側水面下部分に「細分化された水雷防御区画を設け水密構造」にし、更に「囲堰と呼ばれる水線下防御隔壁装甲を設ける事により浸水をその区画だけに極限する方法」を1880年代に発表し、以降の各国戦艦に取り入れられ用いられている。後にこの水密区画の一部にあらかじめ液体を満たして衝撃を和らげながら浸水による重量不均衡を避ける方法も考え出された。

防御方式には列強各国で特色があり、アメリカ合衆国はテネシー級以後、米国戦艦に採用された「多層水雷防御方式」は防御区画を何層にも設け、液体を満たした方式である。フランスはダントン級6番艦「ヴォルテール」以後から水密区画に半固形物を充填して被雷時の衝撃と水圧から隔壁を守る理想的な方式等が開発されて実戦で有効性が証明されていた。他の国でも独自の理論により開発を行っていたが、工作技術の未熟さや理論倒れのために効果的な防御力が得られなかった。

「ドレッドノート」の登場前や第一次大戦時代の戦艦は、機雷への触雷や魚雷攻撃であっけなく沈没した艦が多いが、設計・造艦当時は元々機雷や魚雷の知見が少なく、これらの新兵器の急速な性能向上がこれらの戦艦の設計時の想定を超えていたといえる。その例として、日露戦争の初期に日本の「八島」と「初瀬」、ロシアの「ペトロパブロフスク」が機雷に触れて沈没している。魚雷などの爆発力は艦の外板から内部の防御装甲板までの距離の3乗に比例して弱くなるため、艦幅の大きい方が水中防御を施す上で有利となる。アメリカのサウスダコタ級が前級のノースカロライナ級より艦幅を大きくした理由はこの点にもあるとされている。

また砲弾に対する防御とは異なり、1920年代なかばまでの建艦常識では水中防御では分厚い鉄板は必ずしも必要では無く、30-50mm程度の装甲でよいとされていたが、日本海軍はワシントン海軍軍縮条約により廃艦となったが進水は済ませるほどに建造が進んでいた戦艦「土佐」を実艦標的とした砲撃実験によって、艦の手前で着水した砲弾が水中を直進して艦体に命中し大きな被害を与える水中弾効果を確かめ、これに対する防御として水線下にも装甲を延長している。なお、この水中弾効果は英米仏でもほぼ同時期に認識されており、それ以降に建造された戦艦は水線下防御の観点から舷側装甲の一部を水線下から艦底部まで伸ばして水中弾に対応している。

機関[編集]

ドレッドノート以前の戦艦(前弩級戦艦)は、蒸気機関車と同じ構造の蒸気レシプロ方式であったが、ドレッドノート以後は一部の例外を除き蒸気タービン式を採用した。ドイツのポケット戦艦はディーゼル機関だった。第二次世界大戦前に日独で戦艦へのディーゼル機関採用の検討があったが信頼性や開発能力の関係で実現しなかった。

アメリカ合衆国は弩級戦艦以後にも一部の艦にレシプロを採用していたが、この当時のタービン機関は燃費がレシプロに及ばなかったためである。その後の1920年代には蒸気タービンで発電機を回し、電気モーターでスクリューを回すターボ・エレクトリック方式によって、巡航時の蒸気タービンの燃費の悪さを改善しようとした試みがあった。この後、アメリカとフランスは、高温高圧の蒸気を生み出す高圧ボイラと高速回転するタービン軸を歯車でスクリュー・プロペラに適した回転数まで減速するギヤード・タービンの組み合わせで、ディーゼル機関に迫る高燃費のタービン機関の開発に成功した。イギリスとイタリアもギヤード・タービンは実用化していたが、燃費が悪いために航続距離が制限され、米仏に遅れをとった。

日本はイギリスで建造された金剛型巡洋戦艦がイギリス製のギヤード・タービンを採用し、扶桑型と伊勢型でもイギリス製をライセンス生産したギヤード・タービンとしたが、取り扱いに難があったため国内で改良を重ね、長門型以降は国産ギヤード・タービンを搭載、金剛型以降も改装時に換装している。

戦艦(および戦艦と名のつく艦)の種類[編集]

前弩級戦艦(pre-dreadnoughts)
戦艦という艦種の始祖とも言えるのが前弩級戦艦である。ドレッドノートが登場する以前の戦艦という事で、前弩級と呼ばれる。主砲を4門以下、10-15.2cmの副砲を多数搭載する。また水雷艇が登場すると、これを撃退するために7.6cm砲を多数追加した艦も存在する。例外的にドレッドノート以前にも4門を超える主砲を搭載する艦もあるが、後述する理由でこれらは前弩級戦艦に含める。
最初は主砲による遠距離砲戦から始まるが、この段階で主砲弾が命中する事はほとんどなく、やがて接近して副砲を含めての撃ち合い、さらには衝角による体当たり攻撃で決着をつけるというのが、基本的な前弩級戦艦同士の戦いであった。しかし衝角は戦艦の時代において実戦で役立った例が無く、むしろ衝突事故の際に被害を拡大する結果となり、後述の弩級戦艦の時代には消滅した。
日本海海戦で主砲による長距離砲戦の有効性が示されたため、後述する弩級戦艦へと発展していく。
準弩級戦艦(semi-dreadnoughts)
前弩級戦艦が大型化・発展していく過程で、主砲と副砲以外に、17-25.4cmの中間砲(装甲巡洋艦の主砲クラス)を搭載するか、副砲自体が発展したものを指す。弩級に準じる砲力を備えるという事で準弩級と呼ばれるが、主砲、中間砲、副砲、対水雷艇用の小型砲と4種類もの砲を制御するのは極めて困難だった。特に弩級戦艦との遠距離砲戦では主砲射程の違いから太刀打ちできないとされた。近距離砲戦では中間砲の速射性からくる豊富な弾量が相応の威力を発揮できたが、そもそも弩級艦の多くは準弩級戦艦より高速であり、自由に戦闘距離を選ぶことができるため圧倒的不利は変わらないとされた。そのため特に分類せずに前弩級戦艦に含める場合も多い。
弩級戦艦の時代になってから、主砲用と別に中間砲・副砲用の射撃管制装置を追加したものがあり、この改良を加えた艦は本当に弩級に準じる砲力を備えていたとも評された。
弩級戦艦(dreadnoughts)
28.3-30.5cm位の主砲を同じ口径(この場合は砲身長を指す)で8-14門装備する戦艦。前弩級戦艦では遠距離砲撃での主砲弾の命中はほとんど期待できなかったが、主砲の数を増やす事により命中率を増した。また、ただ単に主砲を多数搭載するというだけでなく、艦橋から一元的に各砲台に方位・距離を指示する事によって、遠距離砲戦に対応した。これ以前にも少数ながら4門を超える主砲を搭載した戦艦は存在するが、射撃指揮は各砲台でめいめいに行う撃ち放し式であり、遠距離砲戦で命中が期待できない事に変わりは無かった。
弩級の名称は、その始祖である英国戦艦ドレッドノートに由来する。ドレッドノートの場合は主砲を10門搭載すると同時に、軽量化のために中間砲・副砲を一切廃止し、対水雷艇用の小型砲だけを残すという徹底振りである。しかし、他国海軍の弩級戦艦の中には副砲を残したものが多数あり、ドレッドノートのその選択は誤りだったと言われる。その後英国戦艦も対水雷艇用の小型砲をより大型化し、事実上副砲が復活した。弩級戦艦に搭載する副砲は、近距離砲戦用というよりも、むしろ水雷艇に変わって脅威となった駆逐艦に対抗するために高威力よりも速射性能を重視したものとなった。
なお、大日本帝国海軍の河内型は、通常は弩級戦艦に分類されるが、実際には30.5cm(50口径)砲と30.5cm(45口径)砲を混載しているため全砲門に対する一元的な射撃指揮ができないことから、実質は準弩級戦艦であると注釈される場合が多い(海人社世界の艦船シリーズなど)。ただし50口径砲の初速を抑える事で、弩級戦艦的な運用が可能ではあった。
超弩級戦艦(super dreadnoughts)
30.5cmを超える34.3cmの主砲を搭載する戦艦(オライオン級戦艦)が登場すると、マスコミは弩級を超えるという意味で、超弩級戦艦と報道した。ただしこれらは単に主砲の口径の違いによるものであり、弩級戦艦と基本的な構成においては差異がある訳ではない。重要なのは主砲口径と艦体サイズへの枷が取り払われたことで、超弩級戦艦の出現により大艦巨砲時代は本格的に開幕した。
主砲口径でオライオン級戦艦と同等以上の艦を超弩級と定義するのが一般的だが、前弩級戦艦の時代にも34.3cm、あるいはもっと大口径の主砲を持つ戦艦が存在した。また、32cm砲搭載のイタリア戦艦は弩級か超弩級か、あるいは28.3cmのドイツ戦艦の主砲は30.5cmの英国戦艦に威力で匹敵すると言われていた事もあり、「なら30.5cm主砲のドイツ戦艦は超弩級ではないか」といった、種々の異論が存在する。
巡洋戦艦(battlecruiser)
巡洋戦艦とは、その発祥において装甲巡洋艦の主砲を戦艦並みに強化した、戦艦よりも高速の艦である。一方で防禦力を犠牲とし装甲巡洋艦と同程度に抑えているが、強化している艦もある。こういった艦を、この艦種名で建造したのは、英国および日本のみである。
ドイツは英国巡洋戦艦に対抗して、同時期のドイツ戦艦よりもひとクラス小型の主砲と、若干劣る程度(ただし英国戦艦とは同等)の装甲を持っている艦を建造している。これらの艦はドイツ海軍では「大巡洋艦」に分類されており(大巡洋艦は、他国海軍でいう所の装甲巡洋艦重巡洋艦を含む艦種)、英国巡洋戦艦とは性格が異なるものの、英国巡洋戦艦に対抗する艦種という事で巡洋戦艦に分類されている。
ユトランド沖海戦で防禦力を妥協した英国巡洋戦艦の問題点が露呈したため、一部の艦は防禦力強化の改修がなされた。金剛型は巡洋戦艦として建造されたが、第一次改装において装甲を増した際に速力が26ノットまで低下したため戦艦に類別変更され、第二次改装で機関を強化したことで再び30ノットの速力を得た際に(対外的には戦艦のままであったが)海軍内部の取り扱いが高速戦艦に再度変更された。
またドイツ海軍が戦艦として建造したシャルンホルスト級と、アメリカ海軍が大型巡洋艦として建造したアラスカ級も、巡洋戦艦に分類される事が多い。
特異な例として、旧ソ連海軍のキーロフ級ミサイル巡洋艦は、排水量ではドレッドノートを上回る大艦であり、ジェーン海軍年鑑において巡洋戦艦に分類されている。しかし現代的なミサイル艦が大型化したものであって、いわゆる第二次世界大戦までの巡洋戦艦とは全く性格が異なる艦である。
ポスト・ジュットランド艦(post jutland)
ユトランド沖海戦(英語読みではジュットランド沖海戦)以降に、この教訓を取り入れて新造・ないし改装された戦艦・巡洋戦艦の事。具体的には戦艦は速度の向上、巡洋戦艦は防御力の向上、そして戦艦・巡洋戦艦を問わず、それまで顧みられる事の無かった水平防御の向上がなされた。弩級・超弩級戦艦の砲戦距離の増大に伴い、放物線を描いて飛来する砲弾は、舷側ではなく甲板に命中する事が多くなった。主な艦では大日本帝国海軍の長門型が相当する。
なおユトランド沖海戦以前に建造された戦艦・巡洋戦艦でも、第二次世界大戦前までにこの海戦の戦訓に基づいた大改装を行い、速度あるいは防禦力を強化した艦は多数存在し、日本では金剛型以降のすべてが改装を受けている。
条約型戦艦(treaty battleship)
ワシントン海軍軍縮条約第二次ロンドン海軍軍縮条約の規定に基づいて建造された戦艦。条約によって戦艦の進歩に枷がはめられる事になったため、見るべき技術的特徴はない。日本においては前者は戦艦の新造の禁止という形になり、後者については批准していない。よって日本ではこのカテゴリに属する戦艦の建造はなされていないため、この言葉はあまり用いられない。
新戦艦(new battleship)
海軍休日時代が明けた1937年以降(ロンドン条約に参加しなかったフランス・イタリアにおいてはさらに数年前)に起工された戦艦。対空火力の大幅な強化と速力の増大(最低でも27ノット)が特徴で、主砲や砲弾、照準機器の性能向上により最大3万メートル前後の戦闘距離を確保している。
それまでの条約型戦艦とは次元違いの戦闘力を有するが、それは海軍休日時代の技術進歩を計画時から取り入れることができたからで、海軍休日という世代間断絶あってこそのレベル差でしかない。従って特に明確なコンセプトを持って生まれた新艦種ではなく、「新」戦艦と呼ばれるのも10-15年に及ぶ建造休止期間が明け「新たに」建造された戦艦という意味である。
一方で大和型戦艦を例外として、第2次ロンドン条約の影響もあり、主砲の大口径化には歯止めがかかり、従来戦艦並み、あるいはやや口径を抑えたものも存在する(主砲口径を増大させた艦の建造は構想のみで終わっている)。速力の増大という観点では後述の高速戦艦の分類と重なるものであり、それに含める事も多い。
高速戦艦(fast battleship)
超弩級戦艦の登場以降において、戦艦の火力・防御力と巡洋戦艦の速力を融合させた「走・攻・防」3拍子揃った戦艦。英国戦艦クイーン・エリザベス級(24ノット)を始祖とする。コストや建造施設の制約からなかなか普及しなかったが、ユトランド沖海戦の結果、高速戦艦が戦艦の理想形であると再確認された。つまり前述のポスト・ジュットランド艦ともほぼ重なる。例えば巡洋戦艦フッドは防禦力を戦艦並みに強化しており、事実上は高速戦艦と称すべきではないかという意見もある。日本の長門型(26ノット)も「ポスト・ジュットランド型戦艦」であると同時に「高速戦艦」でもあると言えるが、対外的には23ノットと発表され、またその後の改装で速度が低下したため、高速戦艦としての知名度は低い。
「新戦艦」は、「走・攻・防」3拍子揃った戦艦という意味において、全てが高速戦艦に該当すると言ってもよい。
しかしながら、高速戦艦という用語は軍によって公式に定められた艦種でなく、何をもって高速戦艦であるかという明確な定義が存在せず曖昧である。例えば、新戦艦の中においては比較的速度が低い(27ノット程度)イギリス海軍のキングジョージV世級や大日本帝国海軍の大和型は、高速戦艦には含まない事が多い。一方でアメリカ海軍のノースカロライナ級サウスダコタ級も同程度の速度だが、これらの艦については高速戦艦扱いする文献が少なくない。そもそも高速戦艦の始祖たるクイーン・エリザベス級からして、防御面で妥協している「巡洋戦艦的」な艦である。
逆に、単に高速の戦艦という意味では、クイーン・エリザベス級戦艦以前の戦艦も高速戦艦扱いする場合があり、例えばイタリア戦艦ダンテ・アリギエリ(24ノット)はこの時代の戦艦としては卓越した速度性能を持つため、高速戦艦に含まれる場合がある。
ただし例外もあり、フランス海軍のダンケルク級は、フランス海軍の公式呼称においてcuirassé rapideと分類されており、従来の戦艦のcuirassé d'escadreと区別されていて、公式艦種として高速戦艦であるといえる。また艦種名ではなく作戦用語という事になるが、太平洋戦争中に大日本帝国海軍の内部において作戦立案等に用いられた公式用語では、30ノットを出せる金剛型4隻のみが「高速戦艦」として別扱いをされ、30ノット未満しか出せない他の「戦艦」と区別されていた。
航空戦艦(aircraft carrier battleship / battlecarrier)
戦艦としての大口径砲を装備し、かつ航空母艦又は水上機母艦に準ずる航空機運用能力を持っている軍艦の事。航空母艦の黎明期においては、まだ航空母艦それ自体のコンセプトが固まっていなかった事と、当時はまだ航空機の航続力が小さく航空母艦も砲戦の機会があると考えられたため、一定の水上戦闘能力が必要と考えられ考案された艦である。
最初の航空戦艦と呼べる艦はフューリアスであり、建造途中よりの設計変更で艦前部に飛行甲板、後部に主砲という姿で完成した。本艦は空母の基本構成を模索する過程で生まれた徒花と呼べる存在で、空母という艦種の基本構成を固める上で重要な役割を果たした艦である。その後ワシントン海軍軍縮条約によって空母の備砲の制限(空母の名目で戦艦に匹敵する砲力の艦を建造するのを防ぐため)がなされたため、この種の艦は建造されなかった。
条約明けの海軍休日時代以降様々な航空戦艦が提案されたが実現例はなく、伊勢型の2隻のみが既存艦よりの改修という形で、航空機24機を搭載する航空戦艦となった。しかし搭載すべき航空機が無かったがために、航空戦艦としての実際の運用はなされないままで終わった。
ポケット戦艦(pocket battleship)
ヴェルサイユ条約の制限下においてドイツが建造したドイッチュラント級装甲艦は、正確には戦艦とは言えないが、マスコミはこぞって「ポケット戦艦」としてもてはやした。日本では豆戦艦とも言われた。主砲は28.3cmを6門搭載し弩級戦艦に匹敵する火力を持つが、装甲防御は巡洋艦レベルでしかなかった。しかし「速さで戦艦に、攻防力で巡洋艦に優る」というドイツの宣伝上手にフランスの世論は危機感を抱き、結果として新造艦の予算がつかなかったフランス海軍にダンケルク級戦艦の建造を承認させ、これに始まる独仏伊の建艦競争の引き金となり、欧州の新戦艦建造に大きな影響をもたらした艦である。
海防戦艦(Coast defense battleship / Coast Battleship)
主に中小国海軍において沿岸防衛に用いられる、低速で(戦艦に比べれば)小型の艦。艦体に比して大型の主砲を搭載する。前弩級戦艦並みの砲力を持つものは立派な小型戦艦と言えるかもしれないが、巡洋艦程度の砲力しか持たない艦も海防戦艦と呼ばれており、これらまで含めて戦艦と呼ぶ事には異論もある。なお、これらの艦は防御力において重巡洋艦から前弩級戦艦くらいの装甲を持つ。
ミサイル戦艦(guided missile battleship)・ミサイル巡洋戦艦(guided missile battlecruiser)
いわゆるミサイル巡洋艦ミサイル駆逐艦という艦種が存在するように、戦艦においてもミサイル戦艦という艦種が構想された事がある。1950年代においてアイオワ級戦艦をミサイル艦化しようという構想があったが、結局実現しないままに終わった。
ニューメキシコ級戦艦の「ミシシッピ」は1950年代の改装でテリア対空ミサイルシステムを搭載したが、これは練習兼砲撃実験艦という位置づけによってであり、実戦用の艦としてのミサイル戦艦ではない。1980年代において、アイオワ級戦艦の現役復帰に伴いミサイル装備が行われたが、追加装備的なものであり、本格的ミサイル戦艦とは言い難い。
1990年代後半のアメリカ海軍においては、『21世紀の戦艦』と銘打ったアーセナル・シップと呼ばれるミサイル艦の開発計画があったが、結局実現はされなかった。上述の通り、ミサイルは小型艦にも搭載できる兵器であり、あえて戦艦クラスの大型艦に搭載する必要性が小さい事が、最大の問題点である。
その点で例外と言えるのが、旧ソ連海軍のキーロフ級ミサイル巡洋艦である。名前こそ巡洋艦であるが、初期の戦艦を排水量で上回る大型艦であり、ジェーン海軍年鑑はこれを巡洋戦艦に分類している。搭載するP-700グラニードは、長射程の大型ミサイルであり、戦艦クラスの大型艦にしか搭載できない兵器である。ただしこのような高コストのミサイルの必要性そのものに疑問が投げかけられ、ロシア海軍ではより小型で射程距離を妥協したP-800をP-700の後継とした。キーロフ級の搭載ミサイルも、順次置き換えられているが、あえてこのクラスの大型艦を建造する必要性は失われている。

「戦艦」以外の巨砲搭載艦船[編集]

本来の「戦艦」には分類されないが戦艦と同等の巨砲を搭載した艦船の例をここにあげる。

  • モニター艦 低乾舷の船体に砲塔式の主砲を搭載した軍艦。戦艦の主砲塔を流用したものがある。
  • ロシア 円形砲艦ノブゴロド(1874年、2,491t、28cm砲2門)
    • 大砲を撃つことだけを考えて建造された円形平底の艦。「セヴァストポリ要塞周辺にて運用する、移動可能な水上砲台」とのコンセプトの基建造されたが、たらいのような艦形の為、川の流れの中ではクルクル廻って真っ直ぐ進まなかった。
  • 日本 防護巡洋艦松島型3隻 通称三景艦(1891年仏国製、4,278t、32cm砲1門)
    • 日清戦争前に清国の戦艦定遠級2隻(1879年独製、7,220t、30.5cm砲4門)に対抗する為急遽建造された。艦の大きさに比べて主砲が過大であり、旋回させると艦が傾き、発砲すると衝撃で進路まで変わってしまうほどだった。日清戦争では主力艦として活躍し、黄海海戦では多数装備された副砲の12cm速射砲が活躍したが、主砲は3隻で12発を撃っただけで戦果は無かった(一説によると1発命中したという)。なお、建造に当たっては当初、イギリスに依頼をしていたが、当時としては非常識な注文だったため断られた。その後、イギリスへの対抗意識があったフランスが注文を受けてようやく建造されることとなった。
  • イギリス カレイジャス級2隻(1917年、18,600t、38.1cm砲4門)フューリアス(1917年、19,100t、45.7cm砲2門)
    • 第一次大戦でイギリスが対独上陸戦用に建造した大型軽巡洋艦。フューリアスは上記内容で設計されたが、完成時には前甲板の砲を撤去し飛行甲板を設け、後部に45.7cm砲1門を備えていた。対独上陸作戦は行なわれなかったため活躍の場は無く、戦後は3隻とも航空母艦に改装され、空母として第二次世界大戦に参加した。
  • イギリス M級潜水艦3隻(1917年?、1,650t、30.5cm砲1門)
    • 第一次大戦中に陸上砲撃用として建造された潜水艦。本来隠密行動すべき潜水艦に大きな音・光・煙を発する巨砲を搭載するのは矛盾であり、ほとんど活躍しなかった。
  • ドイツ ポケット戦艦ドイッチュラント級3隻(1933年、11,700t、28.3cm砲6門)

アメリカ海軍公式略号[編集]

アメリカ海軍公式の戦艦を表す略号は、Bettleshipの頭文字Bを2文字重ねたBBである。 イギリス海軍も略号として同じくBBを用いた。

イギリス海軍公式略号の巡洋戦艦を表す略号はBattlecruiserからBCである。アメリカ海軍は公式に巡洋戦艦に分類する艦を建造しなかったのでBCは使用したことがない[3]

アメリカのアラスカ級は、非公式な用法で巡洋戦艦扱いされる場合もあるが(前述)、アメリカ海軍公式には大型巡洋艦(Large Cruiser)であるので、略号はCBになる。CLは軽巡洋艦のLightに取られてしまっているので、CruiserのCにBigのBである[要出典]

日本あるいは米英以外の国においても、海軍関係の文脈において略号を用いるときはBB・BC・CBで通用する。

脚注[編集]

  1. ^ 戦記映画などの字幕翻訳でも一般的な広義解釈での定義(広辞苑第5版での(1)の記述)で言い回しが誤用されている事例もある。戦記映画の「MIDWAY」が収録され市販されたDVDでは、劇中で登場人物が言った艦種が不明であるというニュアンスでの「米国艦船群」(参考:劇中の台詞は「American ships」)を「米国戦艦」と表示している(軍事前提の記述や会話で「米国戦艦」と表現すると、一般的には「艦種が戦艦であるところのアメリカ軍の艦船」という意味であり、本来劇中で表現している艦種が不明である「米国艦船」とは全く異なった意味になってしまう。)など、翻訳スタッフ側の浅学(軍事知識に乏しいなど)や校正不足などによる誤訳が見られる。なおこの作品DVDの日本語字幕では軍事用語的な観点からみた場合は明らかな誤訳や誤字が多数見られる。
  2. ^ 映画『戦艦バウンティ号の叛乱』『戦艦バウンティ』において登場するバウンティ号は、民間貨物船を徴用した輸送艦であり、戦闘用の軍艦ですら無い。両者の原題は『Mutiny on the Bounty』であり、戦艦に相当する単語どころか、戦艦と誤訳されるべき言葉も存在しない。
  3. ^ レキシントン級巡洋戦艦はCCを用いていた

関連項目[編集]

参考図書[編集]

  • 世界戦艦物語(福井静夫著作集第6巻・1993年8月光人社 ISBN 4-7698-0654-X
  • 近代戦艦史(世界の艦船1987年3月増刊号・海人社)
  • 日本戦艦史(世界の艦船1988年3月増刊号・海人社)