ルイ=エミール・ベルタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランス学士院の正装を着用したルイ=エミール・ベルタン、1903年以降の撮影。

ルイ=エミール・ベルタン(Louis-Émile Bertin、1840年3月23日 - 1924年10月22日)はフランスの海軍技術者。当時最も有名な人物の一人で、“Jeune École思想”(ジューヌ・エコール。新生学派もしくは青年学派。建造費用のかかる大型重武装の艦隊装甲艦(戦艦)を整備するよりも、機動防備艇(水雷艇)や、通商破壊巡洋艦(防護巡洋艦)や、装甲海防艦など、小型で安価な軍艦を整備することにより、装甲艦(戦艦)を多数擁するイギリス海軍に対抗しようとした、1880年代にフランス海軍で流行した思想)の支持者だった。

青年期[編集]

ベルタンはフランスナンシー1840年に生まれた。1858年パリエコール・ポリテクニークに入学し、海軍技術者(ジェニエ・マリタイム、Génie maritime「海の天才」の意味)の道を選んだ。ベルタンの手本はアンリ・デュピュイ・ド・ローム(Henri Dupuy de Lôme、 フランスで最初の鉄皮の軍艦を設計した人物)であった。ベルタンは従来の常識からしばしば逸脱したその革新的な設計で知られるようになり、艦艇設計技師の第一人者として国際的に認識されるようになった。また1871年には法律の博士号を取り、彼の多才な才能を示した。

日本での生活[編集]

ベルタンが設計しフランスで建造された日本海軍防護巡洋艦松島」。日清戦争での日本海軍旗艦

1885年日本政府はフランスの海軍技術者を説得し、1886年から1890年の4年間、日本海軍お雇い外国人としてベルタンが来日した。ベルタンは日本人技術者と船舶設計技師を育て上げ、近代的な軍艦を設計・建造し、海軍の施設を建造した。45歳となっていたベルタンにとって、海軍の全てを設計し、Jeune École思想を試す、並外れた機会となった。それはフランス政府にとっては日本の新たな工業化に影響力を持つイギリスドイツに対する重要な一撃となった。

日本に在住している時に、ベルタンは7隻の主力艦と22隻の水雷艇を設計、建造し、それらは日本海軍創生期の核となる軍艦となった。これらの軍艦には松島型防護巡洋艦3隻が含まれている。この3隻は主砲が1門のみであるが非常に強力な32cmカネー砲を搭載した。そして1894年から翌年の日清戦争における日本艦隊の主力となった。また、佐世保工廠佐世保造船廠の建設を指揮した。

しかしながら、ベルタンの日本時代は政治的陰謀によって苦しめられた時期でもある。日本政府内にはフランスよりイギリスかドイツを好む派閥があり、また徳川幕府を強く支持したフランスに対する不信感が未だにあった。ベルタンの地位が脅かされる危険が一度ならず訪れた。またベルタンが支持するJeune École思想はまだ実証されておらず、日本海軍がギャンブルをしていたということもあった。

日本海軍を確立する彼の努力は1894年9月17日の黄海海戦での勝利への決定的な貢献となった。旗艦松島」に乗艦していた日本軍提督伊東祐亨はベルタンに以下の文面を送った。

「艦は私たちの望みの全てを満たした。それらは我々艦隊の恐るべき1隻だった。それらの強力な兵装と知的な設計によって、我々は中国の装甲艦に対して鮮やかな勝利を収めることができた。」[1]

エミール・ベルタンは1890年の終わりに明治天皇から旭日章を授与された。式典の間に海軍大臣西郷従道(1843-1902)は以下の宣言をした。

「ベルタンは海防艦と一等巡洋艦建造のための設計を確立しただけではなく、いろいろな提案を行った。艦隊組織、沿岸防御、大口径砲の製造、鉄鋼や石炭などの材料の使用法などである。彼は4年間日本に滞在し、彼は海軍の技術革新のために決して仕事を止めなかった。そして彼の努力の結果は顕著である。」(東京、1890年1月23日[2]

日本滞在中に設計、建造された軍艦[編集]

  • 防護巡洋艦3隻 - 4,278トンの「松島型防護巡洋艦」。「松島」と「厳島」がフランスの地中海鉄工造船所で建造され、「橋立」が横須賀で建造された。
  • 小型巡洋艦2隻 - イギリスのトムソン社グラスゴー造船所で建造された2,439トンの「千代田」と横須賀で建造された1,609トンの「八重山
  • 軽巡洋艦1隻 - フランスのロワール社サン・ナゼール造船所で建造の「千島
  • フリゲート1隻 - 横須賀で建造の1,774トンの「高雄
  • 水雷艇16隻 - 各54トンの「第五号型水雷艇」(14隻の内5隻がフランスのシュナイダー社クルーゾー造船所で建造され日本で組み立てられ、残り9隻は国内建造)と各54トンの「第一五号型水雷艇」(2隻の内1隻がフランスのノルマン社で建造され、残り1隻は国内建造)

その後[編集]

フランスへ帰国し、ベルタンは海軍機関学校 (Ecole du Génie Maritime) の校長に昇進した。1895年に造機大将 (ingénieur général) の地位を手に入れ、海軍艦政本部長 (Directeur des Construction Navales) になった。部長に在任中のフランス海軍はトン数に換算して世界2位の海軍になった。フランスに戻ってヤサント・オーブ提督がJeune École思想支持者と不和であることに皮肉にも気付き、設計者仲間のデザインを一度批判した。彼の批判は後の1915年戦艦ブーヴェ」の壊滅的な沈没で正当化された。1903年に有名なフランス学士院に入会した。

遺産[編集]

軽防御で砲力重視の巡洋艦というベルタンのコンセプトは1904年から1905年日露戦争までに前ド級戦艦に追いつかれ、Jeune Écoleの概念は大いに疑われた。日本では松島型の総合的な性能に満足できなかった。フランスから日本に回航途中の「畝傍」が1886年12月に沈没した後、ベルタンの去った後の設計はフランスよりむしろイギリスの造船所に注文された。

日本でのベルタンの本当の遺産は一連の近代的な造船所、特にと佐世保工廠の建造だった。ちなみに日本で最初の近代工廠である横須賀海軍工廠1865年により早くフランス人の技術者、レオンス・ヴェルニーによって作られた。第一次世界大戦においてフランスの要塞化艦隊のために12隻の駆逐艦が建造されたのがこれら日本の工廠である。

彼の死後に名誉を祝して、フランス海軍軽巡洋艦に彼の名前、「エミール・ベルタン」がつけられた。彼はまた、ローリングピッチングの研究のため、ツイン・オシログラフを発明した。

ベルタンは数冊の著書を残している。

  • "Données Expérimentales sur les vagues et le roulis" (1874)
  • "La Marine à Vapeur de Guerre et de Commerce" (1875)
  • "Les Grandes Guerres Civiles du Japon" (1894)
  • "Chaudières Marines, Cours de Machine à Vapeur" (1896)
  • "État actuel de la marine de guerre"
  • "Évolution de la puissance défensive des navires de guerre" (1906)
  • "La marine moderne" (1910)
  • "La marine moderne. Ancienne histoire et questions neuves" (1920)

脚注[編集]

  1. ^ "La Marine moderne d'Émile Bertin", p167-170
  2. ^ "France-Japon Eco, No97, p82

参考文献[編集]

  • Dedet, Christian. Les fleurs d'acier du Mikado (Paris: Flammarion, 1993) (フランス語)
  • Bernard, Hervé. Historien de marine écrivain. L'ingénieur général du Génie maritime Louis, Emile Bertin (1840-1924) créateur de la marine militaire du Japon à l'ère de Meiji Tenno (英題 quadrichromie 84 pages, autoédition 2007, imprimerie Biarritz) (フランス語)
  • Bernard, Hervé. Historien de marine écrivain. Ambassadeur au Pays du Soleil Levant dans l'ancien Empire du Japon (英題 quadrichromie, 266 pages, autoédition 2007, imprimerie Biarritz)(フランス語)
  • Arthur, Birembaut (1970-80). "Bertin, Louis-Émile". Dictionary of Scientific Biography 2. New York: Charles Scribner's Sons. 84-85. ISBN 0684101149.

関連項目[編集]