アラブ級駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アラブ級駆逐艦
ALGERIEN.jpg
改装前のアルジェリアン
艦級概観
艦種 駆逐艦
艦名 種族名
前級 アンセーニュ・ルー級
次級 ブーラスク級
性能諸元
排水量 常備:685トン
満載:750トン
全長 82.9m
全幅 7.32m
吃水 2.36m
機関 ロ号艦本式水管缶4基
+レシプロ機関3基3軸推進
最大出力 9,500shp
速力 29.0ノット
航続距離 12ノット/2,000海里
燃料 石炭:102トン
重油:118トン
乗員 86名
兵装 12cm(40口径)単装速射砲1基
8cm(40口径)単装速射砲3基
8cm(40口径)単装高角砲1基
45cm連装魚雷発射管2基

アラブ級駆逐艦(あらふきゆうくちくかん)はフランス海軍第一次世界大戦中に就役させた駆逐艦の艦級。日本製の艦であり、大日本帝国海軍樺型駆逐艦の同型艦を購入した物である。

概要[編集]

本級は第一次世界大戦への参戦で外洋で作戦活動が行える駆逐艦が足らなくなったフランス海軍が、直接的に本土が戦場になっておらず、建造能力に余裕のある日本に駆逐艦を12隻発注したのが本級である。

本級の設計・建造は全て日本側に一任されており、一度日本海軍の艦として建造された後、日本側要員によってポートサイドまで回航された上でフランス海軍に引き渡された。基本的な設計は樺型と同様だが、武装などが異なる他、樺型が計画重量を超過した事を受けて、カタログスペック上の排水量が増加している(実際には同一)。

同型艦[編集]

  • アラブ(Arabe)
1917年、呉海軍造船所で起工、同年5月進水、8月竣工。1936年に除籍後解体処分。日本海軍での艦名は「第1番駆逐艦」。
  • アルジェリアン(Algérien)
1917年、横須賀海軍工廠で起工、同年5月進水、8月竣工。1936年に除籍後解体処分。日本海軍での艦名は「第2番駆逐艦」。
  • アンナン(Annamite)
1917年、横須賀海軍工廠で起工、同年6月進水、9月竣工。1933年に除籍後解体処分。日本海軍での艦名は「第3番駆逐艦」。
  • バンバラ(Bambara)
1917年、呉海軍造船所で起工、同年7月進水、9月竣工。1933年に除籍後解体処分。日本海軍での艦名は「第4番駆逐艦」。
  • ホヴァ(Hova)
1917年、佐世保海軍造船所で起工、同年5月進水、8月竣工。1936年に除籍後解体処分。日本海軍での艦名は「第5番駆逐艦」。
  • カビーリ(Kabyle)
1917年、佐世保海軍造船所で起工、同年5月進水、10月竣工。1936年に除籍後解体処分。日本海軍での艦名は「第6番駆逐艦」。
  • マロケイン(Marocain)
1917年、舞鶴海軍造船所で起工、同年5月進水、9月竣工。1935年に除籍後解体処分。日本海軍での艦名は「第7番駆逐艦」。
  • サカラバ(Sakalave)
1917年3月、舞鶴海軍造船所で起工、同年7月進水、10月竣工。1936年に除籍後解体処分。日本海軍での艦名は「第8番駆逐艦」。
  • セネガル(Sénégalais)
1917年3月、神戸、川崎造船所で起工、同年5月進水、9月竣工。1936年に除籍後解体処分。日本海軍での艦名は「第9番駆逐艦」。
  • ソマリ(Somali)
1917年3月、神戸、川崎造船所で起工、同年7月進水、10月竣工。1935年に除籍後解体処分。日本海軍での艦名は「第10番駆逐艦」。
  • トンキノワ(Tonkinois)
1917年2月、長崎、三菱造船所で起工、同年6月進水、7月竣工。1935年に除籍後解体処分。日本海軍での艦名は「第11番駆逐艦」。
  • トアレグ(Touareg)
1917年2月、長崎、三菱造船所で起工、同年5月進水、9月竣工。1935年に除籍後解体処分。日本海軍での艦名は「第12番駆逐艦」。


関連項目[編集]

参考書籍[編集]