フランス学士院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランス学士院

フランス学士院(-がくしいん Institut de France)は、フランスの国立学術団体

17世紀絶対王政のもと、アカデミー・フランセーズなどの団体(王立アカデミー)が設立されたが、フランス革命後の1793年、いったん廃止された。

1795年10月25日にフランス学士院として創設され、現在はアカデミー・フランセーズ及び4つのアカデミーで構成される。
またベリー公のいとも豪華なる時祷書の所蔵者としても知られる

1805年、パレ・マザラン地区に移設。翌年1806年からフランス学士院と改称。 1810年時点では、数学・物理、仏語・仏文学、古代史・古代文字、美術の4部門があった。

17世紀に設立された3つのアカデミー(絵画・彫刻アカデミー、音楽アカデミー、建築アカデミー)が起源である。1816年に三者を統合する形で設立された。

関連項目[編集]

座標: 北緯48度51分26秒 東経2度20分13秒 / 北緯48.857242度 東経2.336903度 / 48.857242; 2.336903