パリ症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランス共和国首都―パリはしばしば『花の都』と銘打たれたうえで日本に紹介される

パリ症候群(パリしょうこうぐん、: syndrome de Paris, : Paris syndrome)とは、異文化における適応障害の一種であり、カルチャーショックの一種。「流行の発信地」などといったイメージに憧れてパリで暮らし始めた外国人が、現地の習慣や文化などにうまく適応できずに精神的なバランスを崩し、鬱病に近い症状を訴える状態を指す精神医学用語である[1]

1991年に精神科医太田博昭は同名の著書を出版し[2]、それ以降この症状が認知され始めた。その後2004年にフランスの精神医学誌『Nervure』にフランス精神科医らと太田の共著により論文が掲載され[1]、のちに『リベラシオン』などのフランスの新聞やBBCなどの各国のメディアでも紹介された[3][4]

現代では「パリにやってきてほどなくののちに生気を失った顔で帰国する日本人女性」はパリにおける一種の名物ともなっており、日本や日本人とは全く関係のない題材のエッセイに唐突に登場するといったこともしばしばである[5]

発症しやすい人物像[編集]

発症者の多くは、裕福な家庭に育った20 - 30代の日本人女性である[6][7]。この中の多くの者は、小説映画などによってつくられたイメージに影響を受け、パリでファッション旅行メディアなどの仕事に就くことを希望したり「留学」のため渡仏した場合が多い[8]。日仏医学協会会長のマリオ・ルヌーによれば、そのイメージとは具体的には「街中をモデルのような人たちが歩いていて、みんなヴィトンを身に着けていて……」― というようなものが好例で、現実のパリとは程遠いこうした虚飾を煽り立てているのが雑誌などのマスメディアであるという[3]

原因と症状[編集]

内的な要因としては、前出の様に胸に描いてきた理想のパリと現実のそれとのあまりの落差(好例は「絵画のような美しい街並」とのイメージに対する現実の薄汚れた街並など[9])に対する当惑や、求める職が見つからない、語学(フランス語)も上達しない[10]、などが重なることである。外的な要因としては、「場の空気」と表現されるような、感情を敏感に察してくれる日本でのコミュニケーションと異なる、自分の主張を明確に伝えることが要求されるフランス文化に適応できなくなっていることがある。

典型的な症状としては「フランス人が自分たちを差別している」などの妄想や幻覚を抱く、パリに受け入れられない自分を責める、などである[3]

脚註[編集]

  1. ^ a b Viala, A.; Ota, H.; Vacheron, M.N.; Martin, P.; Caroli, F. (2004-06), “Les Japonais en voyage pathologique à Paris : un modèle original de prise en charge transculturelle”, Nervure : Journal de Psychiatrie XVII (5): 31–34 
  2. ^ 太田 博昭『パリ症候群』トラベルジャーナル、1991年。ISBN 978-4895592338
  3. ^ a b c Audrey, Levy (2004-12-13), “Des Japonais entre mal du pays et mal de Paris”, Le Liberation, http://www.liberation.fr/vous/0101511998-des-japonais-entre-mal-du-pays-et-mal-de-paris 
  4. ^ Wyatt, Caroline (2006-12-20), “'Paris Syndrome' strikes Japanese”, BBC News, http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/europe/6197921.stm 
  5. ^ Stanger, Ted (2004), Sacrés Français ! : un Américain nous regarde, Gallimard, ISBN 978-2070313723 
  6. ^ 「在留日本人のパリ症候群」朝日新聞、2005年2月2日
  7. ^ Tamami, Katada (1998). “Reflexions on a case of Paris syndrome”. Journal of the Nissei Hospital 26 (2): 127–132. ISSN 0301-2581. http://sciencelinks.jp/j-east/article/199914/000019991499A0260258.php 2009年11月5日閲覧。. 
  8. ^ パリ症候群[リンク切れ]- Yahoo!辞書
  9. ^ パク・ミンソン 「日本人観光客を襲う「パリ症候群」とは」、『朝鮮日報日本語版』、2006年10月25日オリジナル2008年10月19日時点によるアーカイブhttp://web.archive.org/web/20081019030829/http://www.chosunonline.com/article/20061025000043 
  10. ^ 特にフランス人自国文化を高慢とも言えるほどに誇っており、事実上の国際共通語となっている英語をも忌避する傾向が強い。具体的には数の数え方に十進法ではなく二十進法を用いる、英語の普通名詞をわざわざフランス語に直して表現する、など

参考文献[編集]

  • 太田 博昭『パリ症候群』トラベルジャーナル、1991年。ISBN 978-4895592338

関連項目[編集]