シャンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シャンソン (chanson) は、フランス語歌曲である。

概要[編集]

本来、シャンソン (chanson) は、フランス語の意味である。したがって、少なくとも現代のフランス語圏においては、シャンソンは歌全般を意味し、特定ジャンルの楽曲を指すものではない。他言語圏ではフランス語で歌われる曲という意味で使われることが多く、この場合も何らかの音楽的特徴を持つものではなく、中世の「武勲詩」や「きらきら星」、「ラ・マルセイエーズ」なども広義のシャンソンである。そのため、歌謡曲としてシャンソンは「モダンシャンソン」、「パリジャン・シャンソン」などと呼ばれるほかシャンソン・ド・ボア(動きのないシャンソン)、シャンソン・ド・シャルム(魅惑的なシャンソン)、シャソン・ド・レアリスト(リアリスティックなシャンソン)、シャソン・ド・サンチマンタル(センチメンタルなシャンソン)、シャソン・ド・ファンタジスト(動きのあるシャンソン)といった風に、「シャンソン」という語に何らかの形容詞を付け分類する。なおイタリア音楽のカンツォーネ (Canzone) とは元々の語源は同じである。

ちなみに中世からルネサンスにかけてのヨーロッパでは、「シャンソン」と呼ばれる歌曲が数多く作られたが、これとても単にフランス語で歌われるポリフォニーの(初期にはモノフォニーのものもあった)世俗的声楽曲を総称する名称にすぎず、特定の形式、様式をさすものではない。

日本においては、1960年代までに流行したフランスの歌謡曲全般をシャンソンと呼ぶ場合が多く、これらを日本語訳でカバーしたものもシャンソンに分類される。アメリカン・ポップスロックの影響を受けたミッシェル・ポルナレフなどはシャンソンより新しいイメージのフレンチ・ポップスとして紹介されることが多かった。フランス語で歌われていても、例えばヒップホップなどのアメリカン・スタイルも通常シャンソンとは見なされない。

また、「ラストダンスは私に」のように、元々英語詞だったものが、フランス語の訳詞で大ヒットしたためシャンソンに分類されるようになった曲もある。

近年、日本の楽曲にフランス語詞がつけられSACEM(日本のJASRACに相当する音楽著作権管理団体)に登録されて、シャンソンとなるケースも出て来ている。菅原洋一(日本語詞)、グラシェラ・スサーナ(スペイン語詞)等が歌った「ラスト・リサイタル」が「ARIGATO SAYONARA」となった例と、日本人が作曲したものに、フランスで詞がつけられ、逆輸入の形で外国曲として日本語訳詞がつけられた「モネの庭」の例が代表的である。特に後者は、モネ財団が“モネの絵”の公式イメージソングとして選定し、仏日英3ヶ国語で歌われている。

一方「群衆」のように、アルゼンチンの楽曲にフランス語詞がついてヒットしたものが、日本ではペルーの曲と紹介されたり、「百万本のバラ」や「アドロ」をフランスのシャンソンとして誤った記載がなされることも少なくない。

かつては、レコード会社のレーベルの関係で、フランスのビッグ・アーティストでも、日本に紹介されないケースが多かった。

現在は、状況が好転し、新しいフランスの楽曲や、新人歌手が次々と紹介されるようになっている。日仏シャンソン協会日本支局が<シャンソン・ルネッサンス>と名付けられたこの新しいシャンソン紹介・普及活動を推進している。

シャンソンの生演奏を楽しめるカフェシャンソニエと呼ぶ。シャンソニエではカンツォーネや、平岡精二らが作曲した和製シャンソンと呼ばれる歌謡曲も演奏されることがある。

代表的なシャンソン[編集]

邦題 原題 作詞 作曲 おもな歌唱者 備考
愛の喜び Plaisir d'amour ジャン=ピエール・フロリアン ジャン・ポール・マルティーニ 18世紀の古典的なシャンソン。
枯葉 Les Feuilles mortes ジャック・プレヴェール ジョゼフ・コズマ イヴ・モンタン 1945年発表。最も著名な曲の1つ。椎名林檎も、アルバム「唄ひ手冥利」でとりあげている。
バラ色の人生 La Vie en rose エディット・ピアフ ルイギ エディット・ピアフ イヴ・モンタンとの愛を歌った曲。
さくらんぼの実る頃 Le temps des cerises ジャン=バティスト・クレマン アントワーヌ・ルナール イヴ・モンタン 1866年に作られる。日本では、加藤登紀子が取り上げる。
パリの空の下 Sous le ciel de Paris ジャン・ドレジャック ユベール・ジロー エディット・ピアフ スタンダードナンバー。
愛の讃歌 Hymne à l'amour エディット・ピアフ マルグリット・モノ エディット・ピアフ マルセル・セルダンへの愛を歌った曲。日本でも越路吹雪をはじめとして数多くの歌手が歌唱している。
群衆 La foule ミシェル・リヴィゴーシュ アンヘル・カブラル エディット・ピアフ 1936年にアルゼンチンでリリースした元はスペイン語の歌のカバー。
ラ・メール(海) La mer シャルル・トレネ シャルル・トレネ シャルル・トレネ
雪が降る Tombe la neige サルヴァトール・アダモ サルヴァトール・アダモ サルヴァトール・アダモ
サン・トワ・マミー Sans Toi M'amie サルヴァトール・アダモ サルヴァトール・アダモ サルヴァトール・アダモ 日本では越路吹雪が歌唱したものがヒットしたことで知られている。
黒い鷲 L'Aigle noir バルバラ バルバラ バルバラ
暗い日曜日 Sombre Dimanche ヤーヴォル・ラースロー シェレッシュ・レジェー ダミア 元はハンガリーの歌で、この歌のいきさつを取り上げた「暗い日曜日」という映画がある。
愛の物語 Une belle histoire ピエール・ドラノエ ミシェル・フュガン ミシェル・フュガン 日本ではサーカスが「Mr.サマータイム」というタイトルでカヴァー。また映画「下妻物語」で使われた。
パリのお嬢さん Mademoiselle de Paris アンリ・コンテ ポール・デュラン ジャクリーヌ・フランソワ他
マイ・ウェイ Comme d'habitude クロード・フランソワ ジャック・ルヴォー クロード・フランソワ ポール・アンカが英語の歌詞をつけたマイ・ウェイが世界的に知られる。
聞かせてよ愛の言葉を Parlez-moi d'amour ジャン・ルノワール (Jean Lenoir) ジャン・ルノワール (Jean Lenoir) リュシエンヌ・ボワイエ (Lucienne Boyer) 1930年、ディスク大賞獲得で有名になる(Du Temps des cerises aux Feuilles mortes参照)。1933年、日本初のシャンソン・リサイタル「パリ流行歌の夕べ」で佐藤美子が初披露(「銀巴里」前史参照)。映画音楽として『モダーンズ』『ヘンリー&ジューン』『ギター弾きの恋』など多数使用。
邦題 原題 作詞 作曲 歌唱者 備考

代表的なシャンソン・ルネッサンス曲[編集]

原題 作詞者 オリジナル歌唱者
邦題 作曲者 日本語詞歌唱者
JE VOYAGE C.AZNAVOUR シャルル・アズナヴールカティア・アズナヴール
ジュ ヴォヤージュ(旅立ち) J.P.BOURTAYRE 加藤修滋岡山加代子
DANS LES BRAS D’UNAUTRE M.JOURDAN マリー・ラザロ
忘れ得ぬ面影 C.AZNAVOUR 浜﨑久美子&マリー・ラザロ、森岡怜子真路まなみ宮入公子清水美帆
ÇA RIME AVEC AMOUR M.JOURDAN マリー・ラザロ
愛の響き〜人生はアズナヴールの歌と共に〜 M.JOURDAN 浜﨑久美子、黒川泰子青山桂子
JE CHANTE M.JOURDAN マリー・ラザロ
ジュ シャントゥ M.JOURDAN 青山桂子、浜﨑久美子、佐藤美奈子岩城康子、清水美帆
CAMARADE J.PLANTE シャルル・アズナヴール
美しき絆 C.AZNAVOUR 堀内環石原歩
SA JEUNESSE C.AZNAVOUR シャルル・アズナヴール
青春という宝 C.AZNAVOUR 加藤修滋
L'AMOUR C'EST COMME UN JOUR Y.STEPHANE シャルル・アズナヴール
恋は一日のように C.AZNAVOUR 林夏子中村愛紀華愛ミノリ小塚猛仁
DE LA TENDRESSE C.LEMESLE アリス・ドナジャクリーヌ・ダノ
やさしさ A.DONA 松本幸枝橋本奈央子、青山桂子、黒川泰子、森岡怜子、清水美帆、佐藤美奈子
DÉCALÉ P.BRUEL パトリック・ブリュエル
デカーレ P.BRUEL 岡山加代子、宮入公子、華愛ミノリ
ELLE VOULAIT TOUT P.BRUEL

M.F.GROS

パトリック・ブリュエル
幻の恋 P.BRUEL 浜﨑久美子、黒川泰子
POUR LA VIE G.PRESGURVIC パトリック・ブリュエル
人生、我が友 G.PRESGURVIC 橋本奈央子
AU CAFÉ DES DELICES F.GRAY パトリック・ブリュエル
悦楽のカフェにて P.BRUEL

F.GRAY

青山桂子、真路まなみ、宮入公子、山口紀子白羽幸代
J’TE MENTIRAIS P.BRUEL パトリック・ブリュエル
偽り、そして告白 P.BRUEL 橋本奈央子
LOUISE F.TOMAS ジュラール・ベルリネール
ルイーズ G.BERLINER 青山桂子
HOTEL NORMANDY D.BARBELIVIEN パトリシア・カース
ホテル・ノルマンディ F.BERNHEIM 松本幸枝、森岡怜子、五十嵐悠紀、中村愛紀、黒木美亜
JOJO D.BARBELIVIEN パトリシア・カース
愛しのJOJO F.BERNHEIM 松本幸枝、華愛ミノリ
LE NOSTALGIQUE VERMEULEN ヴェルムーラン
ノスタルジック VERMEULEN 浜﨑久美子、黒川泰子
J'TAIME L.FABIAN ララ・ファビアン
ジュテーム R.ALLISON 青山桂子、真路まなみ、菅原佐知、白羽幸代、清水美帆、宮入公子、波多野まき、佐藤美奈子
CONTREFAÇON M.FARMER ミレーヌ・ファルメール
告白 L.BOUTONNAT アンフィニ
HIER ENCORE C.AZNAVOUR リーヌ・ルノー
5月22日のシャルルの為に C.AZNAVOUR 青山桂子
ENCORE C.LEMESLE ミッシェル・フューガン
アンコール M.FUGAIN 浜﨑久美子、立原有香里、森岡怜子、佐藤美奈子、清水美帆
L'EAU QU 'ON BOIT B.HOMS ミッシェル・フューガン
愛〜かけがえのない道〜 M.FUGAIN 浜﨑久美子、黒川泰子、森岡怜子、華愛ミノリ
VA VERS LE SOLEIL C.LEMESLE ミッシェル・フューガン
太陽の誘惑 M.FUGAIN 浜﨑久美子、Nami 、中村愛紀、華愛ミノリ
BRAVO MONSIEUR LE MONDE P.DELANOË ミッシェル・フューガン、ジャクリーヌ・ダノ
ブラボー!ムッシュ・ルモンド

*2005年日本国際博覧会:グローバル・イメージソングとして世界21ヶ国語で歌われ、28人がCD競作をした

M.FUGAIN 狩人すがはらやすのりシャンソンの妖精NAHKIトリオ・ロス・ペペス堀田利夫Shiba-yohMiss JAYst.Doll with Namiレ・ミューズセルジョ・ムーサアストロリコ&ロベルト・デ・ロサーノ、松本幸枝、青山桂子、岡山加代子、宮入公子、真路まなみ、橋本奈央子、浜﨑久美子、MEGUMI石原歩、山口紀子、黒川泰子、甲斐和代日高摩梨
DERIÉ UNE CHANSON M.SARDOU ミッシェル・フューガン
歌の生まれる時 M.FUGAIN 浜﨑久美子、黒川泰子、佐藤美奈子
CHANTE P.DELANOË ミッシェル・フューガン
シャントゥ M.FUGAIN 岡山加代子、シャンソンの妖精、橋本奈央子、中村愛紀、白羽幸代、清水美帆
CHIQUITA MICHAËLE フレディック・フランソワ
チキータ F.FRANÇOIS 岡山加代子
AU NOM D’UNE FEMME J.D’AIME エレーヌ・セガラ
女の生き方 C.BROS 浜﨑久美子
ELLE TU L’AIMES M.JOURDAN エレーヌ・セガラ
届かぬ想い F.TRINIDADE 浜﨑久美子、黒川泰子、清水美帆
JE VAIS T’AIMER G.THIBAUT ミッシェル・サルドー
ジュ べ テメ J.REVAUX

M.SARDOU

松本幸枝
SI L’ON REVIENT MOINS RICHES M.SARDOU

D.BARELWIEN

ミッシェル・サルドー
自由への旅立ち J.REVAUX

J.P.BOURTAYRE

青山桂子
SOIS FIDELE A TON AMOUR E.MACIAS エリンコ・マシアス
幸せへの言葉〜嫁ぐお前に〜 E.MACIAS 菅原洋一&松本幸枝
LA COURTE ÉCHELLE J.DEMARNY エリンコ・マシアス
君への思いやり E.MACIAS 松本幸枝、橋本奈央子
A CEUX QUI M’ONT BÉNI J.DEMARNY エリンコ・マシアス
愛を歌に託して E.MACIAS 松本幸枝
L’ECHARPE M.FANON モーリス・ファノンピア・コロンボ
スカーフ M.FANON 黒川泰子、加藤修滋、青山桂子
HIROSHIMA M.FANON モーリス・ファノン
ヒロシマ J.P.ROSEAU 瀬間千恵菅原佐知
MON FILS CHANTE M.FANON モーリス・ファノン、ジュエリット・グレコ
若者よ歌え(歌う少年) G.JOUANNEST エルム・シスターズ
MARTINE M.FANON モーリス・ファノン
マルティーヌ M.FANON 加藤修滋
JE SUIS MALADE S.LAMA セルジュ・ラマダリダララ・ファビアン
病の果てに(灰色の途) A.DONA 岡山加代子、森岡怜子
LES BALLONS ROUGES Y.GILBELT セルジュ・ラマ
赤い風船 S.LAMA 青山桂子、岡山加代子
UNE ÎLE Y.GILBELT セルジュ・ラマ
孤独の島 S.LAMA 岡山加代子、松本幸枝
MONSIEUR RENÉ BENABAR ベナバール
定年退職祝賀会 BENABAR 橋本奈央子
BELLE L.PLAMONDON ガルー
美しき人よ R.COCCIANTE 岡山加代子、白羽幸代
LA PERTE V.PESTEL ヴェロニク・ペステル
とまどい V.PESTEL 橋本奈央子、森岡怜子
CHANSON DES SANS VOIX G.LAFFAILLE ヴェロニク・ペステル
声なき歌 G.LAFFAILLE 青山桂子
LE JARDIN DE MONET J.DANNO

G.MOREL

ジャクリーヌ・ダノ
モネの庭

モネ財団公式イメージソング

S.KATO 岡山加代子、J.アン・ピケンズ、橋本奈央子、甲斐和代
FORTERESSE B.HOMS ミッシェル・フューガン
愛の砦 M.FUGAIN 橋本奈央子、甲斐和代

関連項目[編集]

外部リンク[編集]