さくらんぼの実る頃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

さくらんぼの実る頃」(さくらんぼのみのるころ、: Le Temps des cerises)はフランスシャンソンを代表する歌曲

発表(本国フランスで)[編集]

銅工職人でパリ・コミューンの一員であったジャン=バティスト・クレマンJean-Baptiste Clément)が作詞し、それにテノール歌手のアントワーヌ・ルナールAntoine Renard)が曲を付け、1866年に発表された。

歌詞はタイトルの通りサクランボの実る頃の儚い恋と失恋の悲しみを歌った曲であるが、パリ・コミューンの崩壊後の1875年前後からコミューンへの弾圧、特に参加者が多数虐殺された「血の一週間」を悼む思いを込めて、第三共和政に批判的なパリ市民がしきりに歌ったことから有名になった。

イヴ・モンタンコラ・ヴォケールジュリエット・グレコなどシャンソンの代表的な名歌手が持歌にしてきた。

日本で[編集]

日本語題は「桜んぼの実る頃[1]」または「さくらんぼの季節(こちらのほうが原題の直訳に近い。ともに用字は各種ある)」「桜の花咲くとき[1]」などで、日本でも古くから親しまれている。

1992年にはスタジオジブリのアニメ映画『紅の豚』の挿入歌として用いられた。加藤登紀子演じるマダム・ジーナがこの曲をフランス語で歌う場面が登場する。同年に発売された加藤のシングル「さくらんぼの実る頃」にはフランス語版と日本語版が収録されていた[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「作品データベース検索サービス」 日本音楽著作権協会2009年11月21日閲覧。
  2. ^ 「Discography」 TOKIKO WORLD (加藤登紀子オフィシャルサイト)、2009年11月21日閲覧。

外部リンク[編集]