変イ長調

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
変イ長調
変イ長調
各言語での名称
英語 A flat major
独語 As-Dur
仏語 La bémol majeur
伊語 La bemolle maggiore
中国語 降A大調
音階
A flat major scale.png
Points whole tone.png全音を、Points semitone.png半音を示す。
関係調
同主調 (Im) 変イ短調
平行調 (VIm) ヘ短調
属調 (V) 変ホ長調
属調平行調 (IIIm) ハ短調
下属調 (IV) 変ニ長調
下属調平行調 (IIm) 変ロ短調
前後の調と異名同音調
異名同音調 なし
半音下の調 ト長調
半音上の調 イ長調
テンプレートを表示

変イ長調(へんイちょうちょう)は、西洋音楽における調のひとつで、変イ (A) 音を主音とする長調である。調号はフラット4箇所 (B, E, A, D) である。

音階と和音[編集]

変イ長調の音階構成音
上行→下行 1 2 3 4 5 6 7 8 7 6 5 4 3 2 1
自然長音階 A B C D E F G A G F E D C B A
和声的長音階 A B C D E F G A G F E D C B A
旋律的長音階 A B C D E F G A G F E D C B A

赤マスは一般に臨時記号により表される。

変イ長調の和音構成音
コードネーム A Bm Cm D E Fm Gm-5 AM7 Bm7 Cm7 DM7 E7 Fm7 Gm7-5 E9
第9音 F
第7音 G A B C D E F D
第5音 E F G A B C D E F G A B C D B
第3音 C D E F G A B C D E F G A B G
根音 A B C D E F G A B C D E F G E
和音記号 I II III IV V VI VII I7 II7 III7 IV7 V7 VI7 VII7 V9

和音は自然長音階で考えたもの。
VIIの和音 (Gm-5) はV7 (E7) の、VII7の和音 (Gm7-5) はV9 (E9) の根音を省略した形とみなされることがある。
その他のコードネームも実際の楽譜では異名同音的に変えられることがある。

特徴[編集]

ヴァイオリンでは音階に開放弦が一つしか含まれないため主要三和音副三和音ともに倍音の響きに乏しく管弦楽や弦楽を伴う室内楽には適さないとされた。音楽理論家のシューバルト(18世紀活躍)は「墓の調性であり、死、墓、朽ち果てること、審判、永遠がその範疇にある」と述べている。

ピアノでは黒鍵を多く利用し演奏しやすいところから、ショパンが愛用した。

変イ長調の曲の例[編集]

クラシック音楽[編集]

ポピュラー音楽[編集]

関連項目[編集]