嬰ヘ長調

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
嬰ヘ長調
嬰ヘ長調
各言語での名称
英語 F sharp major
独語 Fis-Dur
仏語 Fa dièse majeur
伊語 Fa diesis maggiore
中国語 升F大調
音階
自然長音階
Points whole tone.png全音を、Points semitone.png半音を示す。
近親調
平行調 (VI) 嬰ニ短調
属調 (V) 嬰ハ長調
属調平行調 (III) 嬰イ短調
下属調 (IV) ロ長調
下属調平行調 (II) 嬰ト短調
同主調 嬰ヘ短調
異名同音調
変ト長調
テンプレートを表示

嬰ヘ長調(えいへちょうちょう)は、西洋音楽における調のひとつで、嬰ヘ (F) 音を主音とする長調である。調号はシャープ6箇所(F, C, G, D, A, E)である。

音階と和音[編集]

音階構成音
上行→下行 1 2 3 4 5 6 7 8 7 6 5 4 3 2 1
自然長音階 F♯ G♯ A♯ B C♯ D♯ E♯ F♯ E♯ D♯ C♯ B A♯ G♯ F♯
和声的長音階 F♯ G♯ A♯ B C♯ D E♯ F♯ E♯ D C♯ B A♯ G♯ F♯
旋律的長音階 F♯ G♯ A♯ B C♯ D♯ E♯ F♯ E D C♯ B A♯ G♯ F♯

赤マスは一般に臨時記号により表される

和音構成音
コードネーム F Gm Am B C Dm Edim FM7 Gm7 Am7 BM7 C7 Dm7 Em7-5 C7(9)
第9音 D
第7音 E F G A B C D B
第5音 C D E F G A B C D E F G A B G
第3音 A B C D E F G A B C D E F G E
根音 F G A B C D E F G A B C D E C
和音記号 I II III IV V VI VII I7 II7 III7 IV7 V7 VI7 VII7 V9

コードネームは実際の楽譜では異名同音的に変えられることがある。

特徴[編集]

嬰ヘ長調と変ト長調は異名同音であり、かつ調号の使用も6箇所であり、五度圏ではハ長調の対蹠に位置する。しかし、調号を書く際に嬰記号をヘから書く点や、同主調である嬰ヘ短調がシャープ3箇所で済む点から、嬰ヘを主音とする音調は嬰ヘでまとめる(嬰ヘ長調、嬰ヘ短調)ことも多い。一方、変記号はロから書き、トは5番目となるが、こちらも変ロでまとめる(変ロ長調はフラット2箇所、変ロ短調はフラット5箇所)ことも多い。ハ長調と最も離れているため、ある意味最も複雑で混沌とした印象を受ける。

ヴァイオリンでは音階中に開放弦が1個も含まれないため、大変弾きづらい調である。

ドビュッシーローマ賞を獲りメディチ荘に滞在中仕上げた交響組曲『春』に対し、サン=サーンスは嬰ヘ長調であることを理由に「管弦楽に適さない」として酷評した。ドビュッシーがメディチ荘滞在を最低期間の2年で切り上げたのはこの不評も一因だったとされる。

一方ピアノの場合、嬰ヘ長調は黒鍵の位置関係から手にはまるため弾きやすい。ショパンは未完の教則本の中で、ピアノの練習は嬰ヘ長調、変イ長調ロ長調から始めたほうがよいと指摘しており、事実ショパンにはこれらの調性による作品も多い。とは言えども、調子記号の使用箇所が6箇所と多いので読譜は極めて困難な調の1つでもある。

嬰ヘ長調の曲の例[編集]

変ト長調の曲の例も参照のこと。

クラシック音楽[編集]

ポピュラー[編集]

関連項目[編集]