嬰ホ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
嬰ホ
NotesESharp.png
各言語での名称
英語 E-sharp
独語 Eis
仏語 Mi dièse
伊語 Mi diesis
異名同音
重変ト
音階上の位置
嬰ニ短調 第2音・上主音(シ)
嬰ハ長調 第3音・上中音(ミ)
嬰イ短調 第5音・属音(ミ)
嬰ト短調 旋律的短音階上行形の第6音
嬰ヘ長調 自然長音階・和声的長音階・旋律的長音階上行形の第7音・導音(シ)
嬰ヘ短調 和声的短音階・旋律的短音階上行形の第7音・導音
テンプレートを表示

嬰ホ(えいホ)は西洋音楽の音名のひとつ。の楽譜上の位置を変えずに半音上げた音であり、楽譜ではホにを付けて表す。

各オクターブの嬰ホ[編集]

オクターブ表記 周波数 MIDI
Note No.
譜例 備考
国際式 独式 日本式
E0 Eis2 下二点嬰ほ 21.82676446Hz 17
E1 Eis1 下一点嬰ほ 43.65352893Hz 29 *
E2 Eis 嬰ほ 87.30705786Hz 41 *
E3 eis 嬰ホ 174.61411572Hz 53 *
E4 eis1 一点嬰ホ 349.22823143Hz 65 *
E5 eis2 二点嬰ホ 698.45646287Hz 77 *
E6 eis3 三点嬰ホ 1396.91292573Hz 89 *
E7 eis4 四点嬰ホ 2793.82585146Hz 101
E8 eis5 五点嬰ホ 5587.65170293Hz 113
  • 一部の楽器製造会社では、国際式より1小さい数字が使われている。
  • 周波数は、A()=440Hz、十二平均律としたときの概算である。