ト長調

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ト長調
ト長調
各言語での名称
英語 G major
独語 G-Dur
仏語 Sol majeur
伊語 Sol maggiore
中国語 G大調
音階
G major scale.png
Points whole tone.png全音を、Points semitone.png半音を示す。
関係調
同主調 (Im) ト短調
平行調 (VIm) ホ短調
属調 (V) ニ長調
属調平行調 (IIIm) ロ短調
下属調 (IV) ハ長調
下属調平行調 (IIm) イ短調
前後の調と異名同音調
異名同音調 なし
半音下の調 嬰ヘ長調/変ト長調
半音上の調 変イ長調
テンプレートを表示

ト長調(トちょうちょう)は、西洋音楽における調のひとつで、 (G) 音を主音とする長調である。調号はシャープ1箇所 (F) である。

音階と和音[編集]

ト長調の音階構成音
上行→下行 1 2 3 4 5 6 7 8 7 6 5 4 3 2 1
自然長音階 G A B C D E F G F E D C B A G
和声的長音階 G A B C D E F G F E D C B A G
旋律的長音階 G A B C D E F G F E D C B A G

赤マスは一般に臨時記号により表される。

ト長調の和音構成音
コードネーム G Am Bm C D Em Fm-5 GM7 Am7 Bm7 CM7 D7 Em7 Fm7-5 D9
第9音 E
第7音 F G A B C D E C
第5音 D E F G A B C D E F G A B C A
第3音 B C D E F G A B C D E F G A F
根音 G A B C D E F G A B C D E F D
和音記号 I II III IV V VI VII I7 II7 III7 IV7 V7 VI7 VII7 V9

和音は自然長音階で考えたもの。
VIIの和音 (Fm-5) はV7 (D7) の、VII7の和音 (Fm7-5) はV9 (D9) の根音を省略した形とみなされることがある。
その他のコードネームも実際の楽譜では異名同音的に変えられることがある。

特徴[編集]

シャルパンティエはこの調について「甘い喜ばしさを表す」と述べている。マッテゾンは「人を引きつける雄弁な性格を強く持ち、輝かしさも少なからずあり、真面目な表現にも、活気のある表現にもよく適している」と述べている。軽く、流れるような響きを持つとされ、そのことから小編成で室内楽的な曲が多く、大規模な作品はあまり書かれていない。

古典派時代管弦楽においてオーボエは3点嬰ハと3点の響きが悪かったため、楽曲の第二主題にニ長調をもつこの調でのオーボエの書法は第1ヴァイオリンとユニゾンか二人一組で和音を奏する使い方が基本であった。

第3弦にG線をはるチェロヴィオラの響きが明るく力強い長調である。

ト音記号の場合であるが、譜面を上下逆にしても主和音は同一に記載される。こうした絵画図表的な特徴を捉えて、モーツァルトがヴァイオリン二重奏曲を残している。二人の奏者が一つの譜面を向かい合って読みながら演奏すると優雅な二重奏が奏でられる。

ト長調の曲の例[編集]

クラシック音楽[編集]

ポピュラー音楽[編集]

関連項目[編集]