関係調

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

関係調(かんけいちょう、: related key)とは、音楽理論用語のひとつで、 ある調から「特に近い」と感じられる調性感をもつ、幾つかの調のこと[1]近親調とも呼ばれる[1][注 1]

概説[編集]

関係調(近親調)とは、ある調を基準にした時に、その調から「特に近い」と感じられる調性感をもつ、幾つかの調のことである。

主調と関係調との間には何らかの共通性がみられるので、転調等もスムーズに行われる[1]。(転調をしても、聞き手の感覚としても比較的違和感が少ない、ということ)

(同主音を除けば)関係調同士の相互関係は、5度圏上、主調を中心とした扇形の関係図にまとめることができる[1]。(この記事の末尾に「調の五度圏」という図で掲載)

分類

関係調(近親調)という概念を理解し分類する上で、まず把握しておかなければならない用語がある。 ある楽曲の基となる主要な調を「主調(しゅちょう)」(または「基調(きちょう)」)と呼ぶ、ということである。おおむね、楽曲の開始の部分の調のことである。いわゆる「もとの調」を「主調」というのである[1]

関係調(近親調)は次のように分類されている[1]

  • 同主調(「同主音」「同名調」とも。parallel key パラレル・キー):同じトニック主音)を持つ調。(ある長調(メジャー)に対して同名の短調(マイナー)、また反対にある短調に対して同名の長調)[1]
  • 平行調(relative key レラティブ・キー):同じ調号によって示される調。ある長調(メジャー)に対して同じ調号の短調(マイナー)、またある短調に対して同じ調号の長調。[1]
  • 属調(dominant key ドミナント・キー):主調のドミナント(第五音)をトニック主音)とする同種の調(長調に対する長調、短調に対する短調)、および その平行調[1]
  • 下属調(subdominant key サブドミナント・キー):主調のサブドミナント(第四音)をトニック(主調)とする同種の調、およびその平行調。[1]


(※)英語圏では、同主調を「parallel key(平行調)」とよび、平行調を「relative key(関係調)」と言い、ある意味 非常に紛らわしいので注意。

(※)平行調、同主調などの名称は、日、英、独、仏 各国語がまちまちであり、混乱しやすい[2]

関係調ではない調とは[編集]

なお、関係調以外の調を、関係調ではない調を「遠隔調」という[1]

古典派の後では、遠隔調への転調も頻繁に行われるようになった。

脚注[編集]

  1. ^ 「関係調」という用語は、「関係のある調」「関係の近い調」という意味の用語。「調・関係」「調と調の関係」(relation between two keys)とは概念が異なっている。なお、関係調以外の調を「遠隔調」という。
出典
  1. ^ a b c d e f g h i j k yamaha music medica corporation 編纂『音楽用語辞典』[1]
  2. ^ 小山大宣『JAZZ THEORY WORKSHOP 初級編』武蔵野音楽学院出版部、1980年、88頁、ISBN なし