調律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

調律(ちょうりつ)とは、楽器が発する音のピッチを演奏の目的に適うように調整すること。

概要[編集]

複数の楽器間のピッチを一致させることも、ひとつの楽器の複数の発音部分を調和させることも調律である。いずれにしても基準となるひとつのピッチを決定するプロセスがはじめに必要であり、クラリネットのように発音部分がひとつしかない楽器では、このプロセス自体が調律である。またピッチとは関係なく、英語の tune up が音程を合わせるという意味と調整するという意味があることから、楽器を正常に使用できる状態、ないしは使いやすい状態に調整することを指してチューニングということもある。このような目的で楽器をリペアに出すことを「調整に出す」とも言う。

調律には大きく分けて2つのステップがある。第一は、上述のとおり、演奏に先立って楽器のピッチを合わせる過程である。第二は、演奏中に自分以外の奏者や歌手が出す音程と自分の楽器が出す音程を合わせる過程である。一般的に調律とは第1のステップを指すことが多い。

「ひとつの楽器の複数の発音部分を調和させること」を音律調整(後述)という。また、特に弦楽器における調律を調弦と呼ぶことがある。

演奏に先立ち楽器が調律されているのに、なぜ演奏中に絶えず調律するのかというと、次のような理由がある。

  1. 管楽器は、原理的に平均律を出すことが不可能であるため。第二に、和音を純正律で響かせるため。第三に、演奏中に合奏体全体の音程が上ずってきたり下がってきたりすることがしばしば起こるので、それに対応させるため。ただし、ピアノやシロフォンなどのように、一度調律されると演奏中に音程を変えられない楽器には、この過程は存在しない。この理由では、平均律で演奏することは音楽的に必ずしも適切とは限らないが、ユニゾンでメロディを演奏するときには平均律かそれに近い音律で演奏するのがふさわしいことがある。特に管楽器は、その種類によってピッチが高くなりがちな音や低くなりがちな音がある。たとえば、ある楽器ではロの音が低くなりがちであるというように。このように、異なったピッチの特性をもつ管楽器同士がひとつのメロディを演奏する場合、そのままでは他の楽器と微妙にピッチがずれてしまう。優秀な奏者は自分の楽器のピッチのくせを知っていて、他の楽器と音程がぴたりと合うように、演奏中に絶えず調律を行うものである。
  2. 和音を濁りなく演奏するためには、平均律とは違った音程の取り方をする必要がある。たとえばドミソの和音では、ドに対してミをやや低く、ソをわずかに高く演奏する必要がある。管楽器や弦楽器では、演奏中にピッチを変えることができるので(楽器や音によりその程度に制約があるが)、可能な限り純正に響くように演奏中に音程を調整する。
  3. 長時間演奏しているうちに、たとえば弦楽器ではだんだんと音が低くなっていき、管楽器ではだんだんと高くなっていく傾向がある。これは、弦がゆるんできたり、管が温まってきたりするためである。これにより、合奏体全体の音程が上ずったり下がったりする。全部の楽器がまったく同じように音程が変わっていけばあまり問題はないのであるが、たとえば同じ管楽器でもオーボエよりトランペットの方が音程の上ずりが大きい。まして弦楽器と管楽器とが合奏する場合は音程のずれ方が反対であるため、絶えず相手の音を聴いて、ずれた音程にならないように演奏中に絶えず調律する必要がある。

たとえば、クラリネットで A の指使いをしたとき、物理的に共鳴する周波数が 440Hz であれば、これが A の指使いにおけるピッチである。奏者が正しく演奏したときには 440Hz の音が響く。しかし、唄口をくわえる強さを加減したり、息の強さを変えたりすることで、管の共振周波数よりも高いまたは低い周波数で発音できる。このようにして変えられた周波数で演奏されたとき、その高さの音をイントネーションという。 ピアノやシロフォンなどにはピッチはあるが、イントネーションはない。

調律と音律調整[編集]

調律(tuning)と音律調整(tempering)とは同義ではない。音律調整は常に調律を含むが、調律が常に音律調整を含んでいるとは限らない。[1]ここでは、厳密な意味での調律と音律調整との区別を説明する。

  1. 調律とは、次の独立した 2 つの条件を満たす作業を言う[2]
    1. ある楽器に備えられた機械装置を操作してそれを演奏可能な状態に整えること。
    2. 純正な音程に楽器を合わせることによって、それを演奏可能なものにする。
  2. 音律調整とは、純正ではない音程間隔に楽器を合わせ、それを演奏可能な状態に整えること[3]。何らかの補正や調整を施した音律を作ること。ピュタゴラス音律および純正律は補正されていないので音律調整されているとは言えない。[4]

例)

  • ヴァイオリン
ヴァイオリンという楽器は調律可能な楽器であり、調律という言葉のみが唯一の正しい言葉である。なぜなら、ヴァイオリンの調律装置は、隣り合った弦の音程間隔を純正にするために操作されるからである。この操作では、調律の定義が両方とも満たされている。[5]
  • ギター
ギターにおいては、調律とは糸巻きを回す操作にしか適応されない。なぜなら、ギターの正しい調弦法において、隣り合った弦の音程間隔は純正ではなく、あらかじめ決定された別種の音程関係に適合されるからである。そしてそれらの音程関係は音律調整されているのである。[6]

調整する音程関係が純正である時のみ調律という言葉を用い、そうでない時には音律調整という言葉を用いれば、実情を明瞭かつ正確に記述できるだろう。この例では、ヴァイオリンは調律され、ギターは音律調整されると言わねばならなくなる。しかし、このように変わることはまずあり得ないだろう。調律と音律調整の区別を付けることは理論的には可能だろうが、このような用語の使い分けは事態をより混乱させるので、従来通り無差別に調律という言葉を用い、楽器によっては音律調整も必要なのだと理解しておく方が安全だろう。[7]

音律調整を施すべき楽器[編集]

調律のみが施される楽器[編集]

演奏者が自分で 1 つ 1 つの音を作る楽器(演奏中にある音を高め、または低めに自由に取ることができる楽器)は調律さえすればよい楽器である[8]

調律に加え音律調整が必要な楽器[編集]

演奏者があらかじめ定められた音から選択を行うことしかできない楽器は、音律調整が必要な楽器である[9]

楽器の種類と調律および音律調整の関係[編集]

音高に完全な変化を付けることができる楽器[編集]

ヴァイオリン、コントラバス、トロンボーン等である。これらの楽器は、開放弦やスライドの可動範囲による制約を除けば、どんなに繊細な音程・音高であろうとも、自由に取ることができる。オクターブを 12 の半音に分割する方式に従うこともできるが、その支配を受けることはない。この種類に属する楽器はすべて、事前の調律のみが必要である。他の楽器と調子の合った合奏をするのに音律調整が必要であれば、演奏中に演奏者がそれを行うことができる。[10]

音高が固定しているが変更可能な楽器[編集]

ギター、木管楽器、バルブ式金管楽器等である。構造上、オクターブを 12 の半音に分ける音階の制約を受けているが、奏者の演奏法により、演奏中にある程度のピッチの変化を得ることができる。これらの楽器は、事前に調律(調弦、抜差管の調整)を施すのみならず、音律調整が必要な楽器に属する。調律は通例、奏者自身が行う。調律の際に、音程間隔を音律調整できる限度はフレットや音孔、主管抜差管やバルブ抜差管による制約を受ける。他の楽器と調子の合った合奏をするにはやはり演奏中の音律調整が必要となるが、これを行うには、ギター等のフレットがある楽器では抑え方、管楽器では替え指の使用、アンブッシュアや音孔の抑え方、または息の強さ等を加減する。[11]

音高が固定している楽器[編集]

鍵盤楽器、木琴、鉄琴等である。これらの楽器では、それぞれの音の正確な音程・音高は主に調律師や製造者によりあらかじめ定められている。演奏者はそれらの音の中から選択するだけで、音程・音高を変える力はない。標準的な楽器は、1 オクターブあたり 12 の鍵盤を持っている。鍵盤だけ見れば、嬰ハ = 変ニ、嬰ニ = 変ホ、……、と等しく見えるが、事実上これらの音は等しくない。したがってこの種の楽器に音律調整が必要なことは明白である。調律法(= 音律の選択)によっては、嬰ハの方が変ニより低い場合もあれば、逆の場合もある。平均律では完全に等しい。いずれにしろどれかの音律に合わせる(音律調整する)ことが必要である。[12]前述の通り、音律調整は常に調律を含んでいる。

各種の楽器の調律[編集]

管楽器の調律[編集]

木管楽器[編集]

  • 演奏に先立った調律:歌口(口を付けるところ、マウスピース)に近い部分のジョイント部分で、管の抜き差しを行う。それ以外にもジョイント部分がある楽器では、適宜そのジョイント部分でも管の抜き差しを行う。
  • 演奏中の調律:アンブシュア(歌口をくわえる圧力など)や、息の勢い、替え指で行う。リコーダーのような楽器では、替え指を使ったり、息の強さを変えたり、シェーディングといって音穴(トーン・ホール)を中途半端に塞いだり、スライド・フィンガリングといって音穴から指をずらして隙間を空けたりしてピッチをコントロールする。フルートピッコロでは楽器に対して息を吹き込む角度の変化でピッチが大きく変化する。

金管楽器[編集]

  • 演奏に先立った調律:管の途中のU字型のスライド式の二重抜き差し管(チューニング管、チューニングスライド、などと称する)の抜いた長さを調整して行う。U字型ではなく直管部分にチューニングスライドがある楽器もある。
  • 演奏中の調律:息のスピード、アンブシュア(唇の力の入れ具合)や、替え指で行う。トランペットのようにバルブのスライドの長さを指で変えられる楽器ではそれも使う。トロンボーンではスライドポジションの修正でも行う。フレンチホルンではベルに差し込んだ右手の調整でも行う。

ヴァイオリン属の楽器やギターの調弦[編集]

演奏に先立った調律 - オーソドックスな方法
糸巻きを回すことによって弦の張力を変化させ、開放弦の音高を変える。普通、最初にイ音で基準音を出し、ヴァイオリンヴィオラチェロではイ音の高さの弦をそれに合わせる。次に、5度調弦(隣接する弦同士の音程完全5度である)であるので、隣接する弦を同時に弾き、高い弦の第2倍音と低い弦の第3倍音のうなりを用いて順次隣接する弦を調弦する。ただし、チェロではそれらの倍音をハーモニクス(フラジオレット)を使って出し、同音同士で調弦することも行われる。コントラバスでは多くの場合、最初に第2弦の第3倍音を基準音のイ音と合わせる。順次隣接する弦を調弦するが、4度調弦であるので、高い弦の第3倍音のフラジオレットと低い弦の第4倍音のフラジオレットを出して調弦する。
ギター・リュート属は他の弦楽器と違い、4度調弦、途中に長3度が含まれる。ハーモニクスを用いるのが好まれるが、フレットは平均律を用いており、5フレット、7フレットのハーモニクスで調弦すると、高音弦になるにつれ、徐々に低く狂ってしまい、低音と合わなくなる(7Fハーモニクス---各弦の純正完全5度---は7F実音よりわずかに高い)。調子笛(ピッチパイプ)と呼ばれる、各弦の音高を出す笛を用いることも特に初心者の間では行われる。
演奏に先立った調律 - 電子チューナを使った調弦
今日では、ギターなどのポピュラー系の楽器の調弦はチューナと呼ばれる電子機器を使うのが一般的である。エレクトリックギターの場合は直接ギターの出力を、アコースティック楽器の場合は内蔵マイクロホンや洗濯バサミ状のピックアップで拾った音を電子的に処理し、一番近い音名とそこからのずれをアナログメーターを模した液晶の表示器セント単位で表示したり、「フラット気味」「丁度よい」「シャープ気味」などのLEDで表示する。電子チューナは、楽器の初心者にとって最初の難関である調弦のハードルを著しく下げるだけでなく、練習時や調弦の音を出しにくい、あるいは聞きにくいライブ会場での迅速かつ正確な調弦に大いに役立つ。ギターに限らず、琴や三味線など伝統的な楽器にも使われ、初心者用の「入門セット」に含まれていることが多い。
演奏中の調律
弦を押さえる指の位置をわずかにずらして行うが、開放弦の音は演奏中に調律しようがない。ギターのようにフレットがある楽器でも、優れた奏者は演奏中に音程を微妙に変化させて調律することができる。

ギターにおけるイントネーション[編集]

ギター、特にエレクトリックギターでイントネーションと言う場合は、フレットの誤差を補正することを言う。ギターはフレットが固定されているので、一度調弦をすると各フレットポジションのピッチは固定される。しかし、ネックの収縮や弦の伸び、温度などのさまざまな要因により、各フレットポジションでのピッチが必ずしも設計どおり(ほとんどの場合は平均律)になるとは限らず、開放弦で厳密に調弦しても例えば1オクターブ上の12番フレットの音がオクターブから微妙に上下にずれてしまうことがある。多くのエレクトリックギターは、ブリッジ部分にねじで弦の支点を弦長方向に微調整する機構を持ち、これをイントネーションと呼ぶ。

打楽器の調律[編集]

太鼓の調律[編集]

音程を持たない太鼓の調律[編集]
  • 演奏に先立った調律:大太鼓、小太鼓などの太鼓には、リムに複数の調律ねじが付いていて、これを回すと皮にかかる張力が大きくなったり小さくなったりする。太鼓は明確な音程を持つ楽器ではないが、よく響く音程というのは存在する。皮にかかる張力が弱すぎるとたるんだ音になり、強すぎると皮を傷める。皮の中心を挟んで 180 度離れた調律ねじを対として扱い、360 度どの角度からも均一な張力がかかるようにし、皮にかかる張力が強すぎず、よく響く音程に調節する。
ティンパニの調律[編集]

ティンパニは明確な音程を持つ太鼓である。

  • 演奏に先立った調律:リムに複数の調律ねじが付いていて、これを回すと皮にかかる張力が大きくなったり小さくなったりする。このことによって音程が変化する。皮の中心を挟んで 180 度離れた調律ねじを対として扱い、360 度どの角度からも均一な張力がかかるように調律する。
  • 演奏中の調律:ペダル・ティンパニであれば、演奏中にペダルを上下させることで音程を変えることができる。また、ペダルはグリッサンド奏法に使用することもできる。ハンドル・ティンパニでは、同様の作業をハンドルを回すことで行う。

木琴、鉄琴の調律[編集]

シロフォンマリンバなどの木琴、ビブラフォングロッケンシュピールなどの鉄琴は、楽器の製造過程ですでに調律されている。通常、奏者や調律師によって、演奏に先立って調律されることはない。ただし、楽器を破損したり、出荷時の調律が狂っていたりする場合は、リペアに出すことで再調律することができる。

鍵盤楽器の調律[編集]

ピアノ[編集]

ピアノでは、低音域を除き、各音に3弦ずつ使われている。調律の前に、フェルトで、3本のうちの2本の弦を押さえて響かないようにする。 最初に中央ハの上のイ音を音叉など基準音を用いて合わせる。以後、中央のオクターブについて、色々な2音程間のうなりを用いて音を合わせる。

オルガン[編集]

邦楽の楽器の調律[編集]

雅楽[編集]

音取り[編集]

雅楽では、演奏会などで曲に先立ち音取り(ねとり)と呼び、短い楽曲のような形式で行う。その調の雰囲気をあらかじめかもし出すためでもある。つまり調律自体が演目に含まれている。

近世邦楽[編集]

邦楽、特に近世邦楽、殊に地歌では、転調に対応するために曲中で調弦を変えることが行なわれる。三味線では開放弦に音階上の主要音を割り当てるため、いくつかの調弦法があり、属調や下属調への転調のために、曲の途中でその演奏に適する調弦法へ変換するよう作曲されている。曲によっては二回以上調弦を変える曲も少なくない。でも同様である。ただし両者とも、ごく一時的な転調にはポジションを変えたりすることで対応する。また、とくに三味線の場合、転調とはまた別に、調弦法によって響きが違い、それが特有の雰囲気をかもし出すことも重要である。

箏の音取り[編集]

については、現在は調律笛で基本となる音(主に一絃)を調律し、その音を基準に調律(平調子であれば一絃に五・十絃を合わせる)する。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Meffen, John 『調律法入門 ピアノから金管楽器まで』 奥田恵二訳、音楽之友社、東京都新宿区、1985年5月1日(原著1982年)、初版(日本語)。ISBN 4-276-12420-4

出典[編集]

  1. ^ Meffen, John 『調律法入門 ピアノから金管楽器まで』 奥田恵二訳、音楽之友社、東京都新宿区、1985年5月1日(原著1982年)、初版、8頁(日本語)。ISBN 4-276-12420-4
  2. ^ Meffen, John 『調律法入門 ピアノから金管楽器まで』 奥田恵二訳、音楽之友社、東京都新宿区、1985年5月1日(原著1982年)、初版、8頁(日本語)。ISBN 4-276-12420-4
  3. ^ Meffen, John 『調律法入門 ピアノから金管楽器まで』 奥田恵二訳、音楽之友社、東京都新宿区、1985年5月1日(原著1982年)、初版、8頁(日本語)。ISBN 4-276-12420-4
  4. ^ Sakazaki, Osamu (2012年7月7日). “音律入門”. 2013年1月5日閲覧。
  5. ^ Meffen, John 『調律法入門 ピアノから金管楽器まで』 奥田恵二訳、音楽之友社、東京都新宿区、1985年5月1日(原著1982年)、初版、8頁(日本語)。ISBN 4-276-12420-4
  6. ^ Meffen, John 『調律法入門 ピアノから金管楽器まで』 奥田恵二訳、音楽之友社、東京都新宿区、1985年5月1日(原著1982年)、初版、9頁(日本語)。ISBN 4-276-12420-4
  7. ^ Meffen, John 『調律法入門 ピアノから金管楽器まで』 奥田恵二訳、音楽之友社、東京都新宿区、1985年5月1日(原著1982年)、初版、9頁(日本語)。ISBN 4-276-12420-4
  8. ^ Meffen, John 『調律法入門 ピアノから金管楽器まで』 奥田恵二訳、音楽之友社、東京都新宿区、1985年5月1日(原著1982年)、初版、10頁(日本語)。ISBN 4-276-12420-4
  9. ^ Meffen, John 『調律法入門 ピアノから金管楽器まで』 奥田恵二訳、音楽之友社、東京都新宿区、1985年5月1日(原著1982年)、初版、10頁(日本語)。ISBN 4-276-12420-4
  10. ^ Meffen, John 『調律法入門 ピアノから金管楽器まで』 奥田恵二訳、音楽之友社、東京都新宿区、1985年5月1日(原著1982年)、初版、10-13頁(日本語)。ISBN 4-276-12420-4
  11. ^ Meffen, John 『調律法入門 ピアノから金管楽器まで』 奥田恵二訳、音楽之友社、東京都新宿区、1985年5月1日(原著1982年)、初版、10-13頁(日本語)。ISBN 4-276-12420-4
  12. ^ Meffen, John 『調律法入門 ピアノから金管楽器まで』 奥田恵二訳、音楽之友社、東京都新宿区、1985年5月1日(原著1982年)、初版、10-13頁(日本語)。ISBN 4-276-12420-4

外部リンク[編集]