ニューエイジ・ミュージック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニューエイジ・ミュージック (New Age music) とは、聴く人をリラックスさせ、前向きな感情を与える、心地よく美しいメロディが特徴の音楽のこと。

歴史[編集]

1960年代後半から、ヨーロッパおよびアメリカで、ヒッピー・ムーブメントの影響を受け自然回帰願望を持った人々を対象として、実験的な癒しの音楽として始まった。

1970年代から、ブライアン・イーノらの環境音楽(アンビエント・ミュージック)に刺激を受け、より多くの楽曲が活発に作られるようになっていく。

日本では、喜多郎などが先駆けとして活動するようになる。

1981年に、マウンテンビュータワー・レコードが初めて「ニューエイジ」を音楽市場のジャンルに加えた。

1985年から、本格的にジャンルとしてニューエイジが広まった。

1986年度からグラミー賞にニューエイジ部門が設けられた。

記念すべき最初の受賞者となったのは、スイス出身のアンドレアス・フォーレンヴァイダーである。

その他にも、エンヤジョージ・ウィンストンクラナドウィリアム・アッカーマンなど、有名なアーティストが受賞している。

日本人の受賞者には喜多郎がいる。

定義[編集]

クラシックポップスジャズなど多様な要素をミックスしたような特徴を持ち、環境音楽エレクトロニカミニマル・ミュージックワールドミュージックイージー・リスニングなどの音楽と多くの共通点を持つ。

これらの音楽とはジャンルの分類が非常にシビアであるため、混同されることも多い。

実際にCDショップやレコード業者の都合でニューエイジのジャンルでに並べられていることもある。

リラクゼーションや、瞑想を助けたり、音楽療法などの代替医療ヨガチャクラなどに使用するための意図がこめられている場合もある。

主にピアノシンセサイザーなどのインストゥルメンタルで演奏される。楽曲によっては人声を使用するものもある。

癒し系音楽ジャンルの1つとして認知されている。また、ヒーリング・ミュージックと呼ばれることもある。

特徴[編集]

ポップスと比較すると、自然風景環境宇宙生命などをテーマにしたものが多い。

メロディは幾度も繰り返される様式が多く、それにより催眠感が形成されるとする楽曲もある。

ハーモニーには教会旋法協和音ドローンバスが用いられる楽曲もある。

いくつかの曲は自然の収録音が用いられることがある。

一部のニューエイジ・ミュージックはニューエイジ・ムーブメントと関連付けられるが、すべてのニューエイジ・ミュージックにニューエイジ・ムーブメントとの関連があるわけではない。

代表的な作曲家(50音順)[編集]

関連項目[編集]