モーグ・シンセサイザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モーグ・シンセサイザー英語: Moog Synthesizer)は、アメリカの電子工学博士であるロバート・モーグが開発したアナログシンセサイザー及びその製品群である[1]。「ムーグ」という表記がされることがあるが後述のとおりこれは誤りである。

2007年のモーグ製品
Wall of MOOG.jpg
Bob Moog3.jpg
モーグ・シンセサイザー [2] 1970年代初期のモーグ製品

概要[編集]

モーグ・シンセサイザーは、電気的振動を発生、変調、制御する統合的電圧制御モジュール群と、各種コントローラーで構成される 電子楽器(シンセサイザー)の一つである [1]1964年、ニューヨークで開催されたAES (Audio Engineering Society Inc.) のコンベンションで初めて公に披露された。

代表機種[編集]

モーグ・モジュラー55

モジュラー・システム[編集]

モジュラー・システム(Modular System)は単独仕様の機種ではなく、発音、増幅、変調、制御等、シンセサイズ機能ごとにデザインされた複数のモジュールを、C型(コンソール)キャビネットまたはP型(ポータブル)ケースに必要に応じて組み込むことが可能なカスタム製品として商品化されたパッチ式のシンセサイザーである。

Synthesizer 1C [2]

最初期のモジュラー・システムは、モーグが1963年11月にロチェスターで開かれたNew York State School Music Associationの会合でハーブ・ドイチ (Herb Deutsch)と知己を得て1964年7月~9月に行った共同開発作業により製作された「The First Moog Synthesizer」である。本機は1982年にミシガン州のヘンリーフォード博物館に寄贈され現在も展示されている。1964年のAESのコンベンションで、Alwin Nikolais, Lejaren Hiller, エリック・シディ (Eric Siday)の3人がモーグにシンセサイザーを発注し、最初期の顧客となったが、そのうちCMなど商業音楽を手がける作曲家であったシディは、複数のモジュールを組み合わせてそれらを鍵盤で演奏可能な一台の楽器として構築するモジュラー・システムの基本セット構成をモーグと共に練り上げた。1968年のモーグ社カタログには、キャビネットの形状と数によって名称が異なるセット製品=Synthesizer Model 10, Synthesizer 1C/1P, Synthesizer 2C/2P, Synthesizer 3C/3Pなどが登場し、その後、Moog Synthesizer 12, 15, 25, 35, 55などが加わった。

キース・エマーソンと
モーグ・モジュラー

ウェンディ・カルロスは、タッチ・センシティブ・キーボード、ポルタメント・コントロール、フィックスド・フィルター・バンクなど、現在では一般的となった重要機能の追加及びカスタム・モジュール開発において、モーグと協力した。モーグは常に多くのミュージシャンの意見を聞き、その意見を反映して数多くのカスタム・モジュールとコントローラーを製品化した。ガーション・キングスレイにより提案された、ライブ時などでの音色切り替えをスイッチのワンプッシュで可能とするファクトリー・プログラマブルな「プリセット・モジュール」を加えたモジュラー・システムは、1969年にニューヨーク近代美術館でのコンサート「Jazz in the Garden」のため3台製作されたが、その内の1台を翌70年にキース・エマーソンがイギリスのディーラーを通じて購入する。この音色プリセットが可能なモジュラー・システムを皮切りに、その後エマーソンはキャビネットとモジュールを鋭意追加し、彼自身の「モンスター・モジュラー・システム」を構築した。

標準的なシステムの価格は当時6,000ドル(1ドル=360円で216万円)程度であった。

ミニモーグ[編集]

ミニモーグ

ミニモーグ (Minimoog) は1970年に開発され、翌年から量産商品として楽器店に流通した鍵盤一体型のポータブルなパフォーマンス・シンセサイザーである。 エマーソン、リック・ウェイクマンヤン・ハマーなど、世界中のミュージシャンに愛用されている。モジュラー・システムが各モジュールをパッチ・ケーブルで接続することで自由度の高い音色合成を行うのに対し、ミニモーグは限定的仕様設定に従った複数のハードウエア回路基板が既に内部構成されており、スラント可変型コントロール・パネル上に機能毎のポイントが明快にレイアウトされたスイッチとノブを調整制御することで音色を構築する。音色合成の自由度はモジュラー・システムよりも制約されるが、外部拡張性を考慮した入出力端子も装備されている。操作の容易さと機能的な明快さに加えて、鍵盤(44鍵・低音発音優先)、ピッチ・ベンダー、モジュレーション・ホイールといったパフォーマンス・コントローラーが標準搭載されワンパッケージにまとめられており演奏時に音色や機能をコントロールしやすく、キーボード・プレイヤーの音楽的な表現手法の拡大にも大きく貢献した。

同時発音数=1のモノフォニック・シンセサイザーであるため単体での和音演奏は難しいが、3つのVCOの音程をずらすなどのアプローチで多くのプレイヤーがポリフォニックへの憧憬を表現した。ベース・サウンドは唯一無比の存在感で、VCFに採用されたNPN-トランジスター・アレイ CA3046 で構成された「モーグ・4ポール・ラダーフィルター」が作り出す特徴的なサウンド・キャラクターによって、現在も音楽界における重要な現行楽器としての地位を不動のものとしている。ハードウェア及びソフトウェアを含めて、現在までに商品化されたシンセサイザーの規範であり、その太く深みのあるサウンドは現在も新旧ミュージシャンに支持され続けている。

製品化されたモデルはD型で、プロトタイプに A [3], B [4], C [5], D [6]型が存在する。オシレーターボードが異なる初期型のサウンドを好むユーザーも多いが、電源等の改良がなされた後期型の安定性を重要視するユーザーも多い。ライブ演奏時のトラブルの多くは鍵盤及び基板やトリマーなどの接点不良、電源回路電圧不良、それらによる調整不良などに起因したため、多くのキーボード・テックが現場での対処法を開拓してきた。生前のモーグ自身も、機会あるごとに直接ユーザーに助言を提供していた。

Studio ElectronicsによりラックマウントされたMIDIMOOG、MIDIMINIが存在する。MIDIとオシレーター・シンクとLFOが追加され、オリジナル・ミニモーグの音色をさらに幅広いものにしている。ベンダーとモジュレーションホイールの効き方がMIDIコントロールのためオリジナル・ミニモーグと異なる。

ミニモーグ・ボイジャー

2002年に製品化されたミニモーグ・ボイジャーは、モーグが最後に開発したシンセサイザーである。現行機種である本機は、オリジナル・ミニモーグのレプリカではなく、そのため機能もサウンドも独自のものとなっているが設定によってはオリジナル・ミニモーグと比較して遜色のない音が出せる。トランジスターアレイには CA3086 が採用されている。

ミニモーグをエミュレートしたソフトウェア・シンセサイザーが数種存在するが、商標権以外でモーグおよびモーグ社が開発に関与した製品はない。

コンステレーション[編集]

「コンステレーション」(Constellation,「星座」の意)とは、1973年頃 Tom Rhea が企画したモーグ社のシンセサイザー・アンサンブルシステムで、予告広告によれば下記構成が1974年早期にリリースされる予定だった [7]。プロトタイプ機は エマーソン・レイク・アンド・パーマーに提供され、『恐怖の頭脳改革』のレコーディングとツアーで使用されたが、システム全体の商品化は頓挫した。

アポロ (Apollo, 琴を持つギリシャ神話の神アポロンの意) 
ポリフォニックシンセサイザー [8] (→ 1975年 ポリモーグ・シンセサイザー)
ライラ (Lyra, こと座の意) 
タッチセンシティブ付きソロシンセサイザー [2]
タウラス (Taurus, おうし座の意) 
ベースペダル・シンセサイザー (→ 1975年 タウラス)

ポリモーグ[編集]

ポリモーグ

ポリモーグ (Polymoog) は、シンセ音色をフルポリフォニックで鍵盤演奏可能な初のモーグ・シンセサイザー。Dave Luceによって開発されたもので、ロバート・モーグは開発には関わっていない。発音機構は1937年ハモンド・ノヴァコードで最初に製品化され[1]、分周オルガンやストリングス・キーボードで広く普及したトップ・オクターブ・シンセシス(top octave synthesis=TOS)で、ローパス/ハイパス・フィルター、レゾネータによるプリセット音色、LFOとS&Hのモジュレーション機能、3バンド・グラフィックEQ、ベロシティ・センシティヴ=71鍵キーボード、フットコントローラーのPolypedal等が主な特徴。正式な発表は1975年だが、1973年にはエマーソンやパトリック・モラーツなどが試作品を使用していた。発売後はクラフトワークゲイリー・ニューマン、日本ではイエロー・マジック・オーケストラも使用していた。ポリモーグ・シンセサイザー (Polymoog synthesizer=model 203A) と廉価版でプリセットのみのポリモーグ・キーボード (Polymoog keyboard=model 280A・1978年) の2機種が存在する。

タウラス・ペダル・シンセサイザー[編集]

タウラス I

タウラス・ペダル・シンセサイザー (Taurus Pedal Synthesizer) は「コンステレーション・プロジェクト」から独立して1976年に商品化されたシンセサイザーである。後述のタウラス・ツーと区別するためしばしばタウラス・ワン (Taurus I) と呼ばれる。C-Cの13足鍵盤、プリセット音色=3 (Tuba/Bass/Taurus)、ユーザープログラマブル音色=1、オシレーターレンジ=5オクターブ、2オシレーター、4ポール・ローパスフィルターによるVCF, A/S/Dタイプのラウドネス・コントロール付きVCA, 2フット・スライダー、ポルタメントなどにより制御可能なモノフォニック仕様。設計者はポリモーグ同様Dave Luceである。

このベースペダル・シンセサイザーのサウンドはボブ・モーグがデザインした楽器の持つ低音とはニュアンスの異なる独特の太さを持ち、その重厚なベース持続音をベースペダルポイントドローンとして演奏に使用するスタイルでピンク・フロイドイエスジェネシスマリリオンU.K.以降のジョン・ウェットンラッシュU2モトリー・クルーレッド・ツェッペリンポリス時代のスティングアンディ・サマーズ、ラウドネスの山下昌良、レインボー時代のリッチー・ブラックモア(1977年にはキーボーディストのデヴィッド・ストーンも)、イングヴェイ・マルムスティーンなど新旧のプログレッシブ・ロック・バンドを始め多くのアーティストに愛用された。キーボーディストよりもむしろギタリストやベーシストによる使用が顕著である。タウラス・ワン独特の重低音の要因としては、変調入力を持たずモーグには珍しいV/Hz方式の安定度が高いVCOと、VCF/VCAのローエンド・ブースト特性、2オシレーターのデチューン時にフェイズ・キャンセレーションが生じにくい発振器の混合回路構成等が挙げられている。しかしベークライト製の足鍵盤部や外装部品の物理的な欠損が生じやすく美品での残存は少ない。

1981年に発表されたタウラス・ツー (Taurus II) は、18鍵の足鍵盤にストレート・スタンドを立ててローグの音源部を乗せたモデルだが、タウラス・ワンとは全く出音が異なる別種の楽器である。

ボイジャーを製品化した後、タウラス・ワンのユーザとしても知られるある著名なミュージシャンが、モーグに電話をかけてボイジャーを購入した感想を述べた。彼は開口一番「また、だめな楽器を世に送り出したな。ボイジャーもミニモーグと同じでタウラス・ワンと同じ音が出なかったよ」と言って笑った。モーグは笑って答えた。「全て楽器にはそれぞれの音があり、異なった楽器である以上、同じ音が出ることの方がおかしい。それに、それを誰よりも一番分かっているのは君のはずだ。なにしろ、君は今も何十本ものベースをステージに並べて曲ごとに忙しく交換しているんだから」。

2009年、モーグ・ミュージック社はタウラス・ペダル・シンセサイザーの再製品化をアナウンスした。

メモリーモーグ[編集]

メモリーモーグ (Memorymoog) は作成した音色を100種類記憶=メモリーできる6音ポリフォニックシンセサイザー。フィルター回路以外はダグ・カーティス (Douglas R. Curtis,2007年1月没)のCurtis Electromusic社製CEM chips =CEM3340(VCO) CEM3360(VCA) CEM3310(EG)を使用し、Z80によるキーアサイン方式(CPUアサイン方式)で発音制御をする。発表は1982年だが、1984年にMIDIに対応したメモリーモーグプラス (Memorymoog Plus) が発売された。ミニモーグを6台内蔵したかのような構成で、トータル18オシレーターを使用可能。モノフォニックモードでそれらを一斉に鳴らすこともできる。ロバート・モーグは携わっておらず、Rich Walborn(Prodigy等の開発者)とRay Casterが開発を担当した。

モーグ・シンセサイザー・リスト[編集]

  • モジュラー・システム Modular Systems (1964年 - 1980年)
  • ミニモーグ Minimoog (1970年 - 1982年)
  • サテライト Moog Satellite (1974年 - 1979年) プリセット型
  • ソニック・シックス Moog Sonic 6 (1974年 - 1979年) smaller[9]
    • muSonics Sonic V(年1971 - 1972年) Moog Sonic 6の原型 [10]
      muSonicsはR.A.Moog,Inc.と合併し、1971年に moog muSonics、1972年に moog Music となった。
Micromoog.jpg
マイクロモーグ
Moog Multimoog.jpg
マルチモーグ
Moog Prodigy.jpg
プロディジー
Moog Liberation Brochure.jpg
リバレーション
  • マイクロモーグ Micromoog (1975年 - 1979年) t
    ミニモーグの廉価版にあたる1VCOシンセ
  • ポリモーグ Polymoog (1975年 - 1980年)
  • ミニットモーグ Minitmoog (1975年 - 1976年) プリセット型
  • タウラス Moog Taurus (pedal synthesizer) (1976年 - 1981年) ペダル・シンセサイザー、e
  • マルチモーグ Multimoog (1978年 - 1981年) t
    マイクロモーグ上位版の2VCOシンセ [2]、アフタータッチ採用
  • プロディジー Moog Prodigy (1979年 - 1984年) n
    ロバート・モーグ退社後に設計された2VCOシンセ (Sync付き)
  • リバレーション Moog Liberation (1980年) ショルダー型
    • コンサートメイト MG-1 Moog Concertmate MG-1 (1983年) タンディ・ラジオシャック向け製品
      音源部はリバレーションと共通、Prodigy相等 + ポリフォニック音源他
  • オーパス3 Moog Opus-3 (1980年) ストリングス/ブラス/オルガン
  • タウラス II Moog Taurus II (1981年 - 1983年) ペダル・シンセサイザー
  • ソース Moog Source (1981年) モノフォニック/マイクロプロセッサーを初使用
  • メモリーモーグ Memorymoog (1982年 - 1985年) r

注:年次表記については開発年と製造年が混在している。[要出典]

Realistic Concertmate MG-1.jpg Moog Opus 3.jpg
リアリスティック
コンサートメイト MG-1
オーパス3

現行機種[編集]

リトル・ファッティ
  • モーガーフォーガー Moogerfooger (1998年 - )
  • ミニモーグ・ヴォイジャー Minimoog Voyager (2002年 - )
    • ミニモーグ・ヴォイジャー Electric Blue / Rack Mount Edition
    • ミニモーグ・ヴォイジャー Old School
  • リトル・ファッティ Little Phatty (2006年 - )
    • リトル・ファッティ Stage II

リスト補足[編集]

RAMCOからR.A.Moog Co.時代 (1953年 - )
テルミン
  • Theremin Model 201, Model 305, Model 351 (1954年) 真空管製テルミン (完成品/キット) [11]
  • Vanguard, Professional, Melodia, Troubador (1960年) トランジスタ製テルミン (完成品/キット(Melodia)) [12]
応用楽器
R.A.MoogからMoog Music時代 (- 1983年)
カスタムメイド (おそらく世界で2番目以降の音楽用ヴォコーダ)
  • Vocoder by R.A.Moog, Inc.(1970年頃) 巨大なモジュラー式ヴォコーダ (2台製造) [14]
  • Spectrum encoder for vocoder (1977年) 10バンド・ヴォコーダ、ウェンディ・カルロスと共同開発 [15]
Bode Sound社からのOEM製品
  • Bode Frequency Shifter
  • Bode 7702 Vocoder = Moog 16 channel Vocoder [16]
プロトタイプ
  • Moog Constellation (1974年) [7] = Appllo + Lyra + Taurus [2]
  • DSC Sequencer (1982年) Moog Source用シーケンサ/プロトタイプ [17]
他ブランドとのコラボレーション
  • Thomas Monticello 371 & 372, Celebrity 871 (1973年、Thomas Organ)
  • Cordovox CDX (1974年、Chicago Musical Instrument Co.)
    Cordovox CDX
  • Sanctuary (1982年)[18] = 教会向けMemorymoog )
  • Lab Series SynAmp (1975年) シンセ用パワードミキサー[19]
  • Gibson RD Guitar (1977年 - 1982年) ロバート・モーグによるアクティブ回路を内蔵
  • Gibson/Maestro/SG/Lab series [要出典]
Moog Electronics時代 (1983年 - 1987年, 委託製造業)
  • Song Producer: ) [20]
  • Telesys 3 / The Operator : [21]
プロトタイプ
  • SL-8 = SPLIT + LAYER 8 voice (1983年) Sync系ハイブリッド音源/プロトタイプ [22]
ロバート・モーグ個人の活動 (1977年末Norlin社Moog Music部門退社後)
[23][24]
  • Crumar Spirit (1983年, Crumar) a
  • Kurzweil K250 (1982年 - 1984年開発, Kurzweil Music Systems)
smaller}
1984~1989年、Kurtzweil社の新製品研究担当副社長時代 [25] に職務上関与したと言われている [要出典]
Big Briar series 91.jpg Etherwave Theremin Kit.jpg
n
Epro theremin.jpg
Big Briar series 91
o
Big Briar ) Moog Music (2002 - ) [26]
テルミン (* 印 は生産完了)
  • Theremin Controller * (1982年 - 不明)
  • Big Briar series 91 * (1991年 - 1996年)
  • Etherwave Theremin (1995年 - )
    • Etherwave Plus
  • Ethervox MIDI Theremins * (1998年 - 不明)
  • Etherwave Pro * (2004年)
その他
  • Moog guitar (2008年 - ) [24]
  • Moogerfooger Bundle (プラグイン版moogerfooger) Bomb Factoryと共同開発


梯子型4次ローパスフィルタの特許と特徴[編集]

MOOGの音色を特徴付ける最も重要な要素として、梯子型4次ローパスフィルタ(LPF)が挙げられる。MOOGで使用している梯子型4次ローパスフィルタはMOOG博士の特許(米国特許3,475,623※)である。本特許は比較的簡単な回路構成でありながら、広いカットオフ周波数範囲(数Hz~数10kHz以上)を制御可能なVCFを実現することが出来、アナログ回路でVCFを実現していた当時としては唯一無二の回路方式であった。そのため、後発メーカは本方式もしくはこれから派生した回路方式を採用していた。有名なエピソードとして、ARP2600の初期バージョンはMOOGと同一の回路方式を使用していたが本特許に抵触しており、MOOG社から訴えられ、LPFの回路構成を変更している。ARPより更に後発であるRoland等においては、設計当初から特許を回避する方式をとったが、基本形は変わっていない。

MOOG博士の特許は、CR(コンデンサ+抵抗)を用いたLPF,HPFを構成する際、トランジスタ(ベース-エミッタ間ダイオード)を抵抗素子(R)として使うことに特徴がある。これにより、僅かなベース電流値によって広範囲な抵抗値が設定出来る、すなわち、カットオフ周波数を広いレンジで可変出来る。更に、トランジスタをバッファとしても機能させており、LPF各段(CR)の分離が可能となる。各段のCRが干渉しないためカットオフ周波数近辺のキレが良い。これに対して、TB-303等ではトランジスタ(またはダイオード)を抵抗として使う点はMOOGと同様であるが、CR各段間にバッファ機能を入れない、すなわちCR各段を直結することで特許を回避した。結果としてカットオフ特性が鈍る(傾きが緩い)特性とならざるを得なかった。この傾きの緩さから、4次フィルタであるにも関わらず、3次と間違われることがある。文献によっては「TB-303は3次LPFであるから独特な音となる」等といった誤った記述が見られるため、注意を要する。

梯子型4次LPFのもう一つの大きな特徴は、トランジスタの非線形性による歪の発生にある。例えば、電圧上昇率一定の鋸波を入力した場合、指数関数曲線状に増加する出力となる。この結果、歪が生じ、倍音が付加された音が生み出される。この点、トランジスタ等の非線形素子を用いた梯子型4次LPFは音源の一部を担っているという見方も出来る。この特徴は、特許を回避した派生版のLPFについても同様である。

※特許名称:バイポーラトランジスタのベース-エミッタダイオード抵抗を使用したハイパス及びローパスフィルタ。特許日:1969年10月28日。著名なMOOG奏者ガーション・キングスレイの誕生日と同じ。

モーグ・シンセサイザーの音楽界での使用例[編集]

モーグ・シンセサイザーは、まずラジオやテレビなどのジングル・メーカーに使用されたことで音楽業界内での知名度を高めた。電子音楽に関係する研究機関、学校、放送局といった施設費予算による購入層以外で、一般には高価であったこの楽器を個人や小規模な音楽プロダクションで購入可能だった顧客層は、コンスタントな音楽制作により一定収益を確保可能な商業音楽分野の音楽家に当初は限られていた。ジャン=ジャック・ペリーとのコンビネーション・ワークで「ペリー&キングスレイ」(ペリキン)として知られるガーション・キングスレイもそうしたミュージシャンの一人であった。エリック・シディの紹介で1967年にモーグから直接モジュラー・システムを購入したキングスレイは、後にディズニーが本人に無断で「エレクトリカルパレード」に使用した「バロック・ホウダウン」を含むヴァンガード・レーベルでの諸作と、世界的なヒット曲となった「ポップコーン」及び「ファースト・モーグ・カルテット」でのライブ活動でモーグ・シンセサイザーの存在をアピールした。

しかしモーグ・シンセサイザーを最も世に知らしめたのは、1968年にウェンディ・カルロスが発表した『スイッチト・オン・バッハ』(『Switched On Bach』)である。この作品はシンセサイザーによるアルバムで初のミリオンセラーヒットを記録し、ジャンルの枠を超えて以後大小レコード会社各社から『スイッチト・オン…』系統の作品乱立をも生んだ。

1967年9月にはミッキー・ドレンツが購入してザ・モンキーズのアルバム『スター・コレクター』(原題『Pisces Aquarius Capricorn & Jones Ltd』)で使用。1968年9月にローリング・ストーンズが購入したモジュラー・システムは1968年のイギリス映画『パフォーマンス』にその姿を見ることができる。ザ・バーズサイモン・アンド・ガーファンクルジミ・ヘンドリックスなどの初期の購入者の中でも1969年1月に購入したビートルズは、アルバム『アビイ・ロード』のレコーディングに使用してモーグ・シンセサイザーの知名度を高めた。

『スイッチト・オン・バッハ』を聞きモーグ・シンセサイザーに興味を持ったキース・エマーソンは、マイク・ヴィッカースのサポートによりナイスロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団が共演したフェスティバル・ホールのステージでモジュラー・システムを初めて使用した。その後、エマーソン自身も音色のプリセット機能を備えたモジュラー・システムを購入し、新たに結成されたエマーソン・レイク・アンド・パーマー (EL&P) のステージに導入することで、モジュラー・システムの視覚的な知名度をも高めた。レコーディングでは1970年のEL&Pのデビューアルバムに収録された「ラッキー・マン」にその代表的なポルタメント・サウンドを聞くことができる。エマーソンは、本来ライブ演奏向けではなかったシンセサイザーというスタジオ機器をステージに導入することで、演奏者と機械の格闘という視覚的要素をロックにおけるステージ・エンターテインメントに初めて取り入れた。ケーブルが複雑に入り組んだパネルのつまみを激しく動かして演奏し、時にリボン・コントローラーを携えて客席に飛び込み、リボン・コントローラーに仕込んだ火薬をステージから打ち上げる様子は、当時オーディエンスはもちろん開発者のモーグ自身にも大きな衝撃を与えた。

ドイツではモジュラー・システムの1モジュールである960・シーケンシャル・コントローラを発音変調制御に使用した反復フレーズを基本とする音楽がタンジェリン・ドリームの成功などで人気を獲得し、さらにクラフトワークなどのヒットによってテクノ・ポップという新しいジャンルへと利用法を拡大した。ステップシーケンサーによる人工的で制約的なフレーズリズムの反復機能は、本来はゆらぎを持つ人間の生態リズムが、一定の基準によるゆらぎの少ない繰り返しのリズムに対して引き込み効果を持つという特徴に即したテクノディスコ・ミュージックのスタイルとなり、ジョルジオ・モロダーは彼のミュンヘン・サウンドを構築して数多くのヒットを生んだ。とはいえ、タイムコード・リンクとプログラム可能なドラム・マシンの登場以前は、まずモジュラー・システムのステップシーケンサーでガイド用クリック・トラックをマルチ・テープに録音し、その音に合わせて実際のドラマーがアコースティック・ドラムスを叩く「人力作業」で多くの録音制作が成されていた。その後1970年代末には各種のディジタル・シーケンサが普及しはじめ )、音楽制作にステップ・シーケンサを駆使する必然性は低下した。

モーグ・シンセサイザーの衰退と復活[編集]

1960年代に登場したトランジスタ式のシンセサイザーは、1970年代初頭ヴァン・クーベリングによるミニモーグの販売営業活動を通じ、初めて流通業者や市場の認知を受けて楽器店に並ぶようになった。しかしモーグと同時代に発展したブックラアープEMSの他、後発のヤマハオーバーハイムシーケンシャル・サーキット等も登場し高機能な製品を発売するようになり、市場におけるモーグ・シンセサイザーの優位性は揺らいでいった。そして1980年代半ば低価格なディジタル製品が登場すると、モーグをはじめ多くのシンセサイザー・メーカが市場の表舞台から姿を消した。(なお旧Moog Music社は1986年キーボード製品の製造を終了したが、旧製品のメンテナンス・サービスは1993年の会社閉鎖前後まで継続された。その後、2002年にロバート・モーグが商標を取り戻し、Big Briar社を社名変更して現在のMoog Music社となった[26])

その間、各種媒体への広告展開拡大に従ってミュージシャンとシンセサイザー・メーカー間にはマネージメントが介入し、エンドースメント、ツアーなどでの機材サポート、広告契約による収入がシンセサイザーを演奏するミュージシャンにとって大きな関心事となった。ミュージシャンのシンセサイザー・ディベロッパーへの要求が、演奏性や音楽性のみならず、ビジネス的な利益に偏ったことを憂いた晩年のモーグは、ノースカロライナ州アシュビルに居を構え小規模工房でのシンセサイザー開発に戻った。[要出典]

モーグ・シンセサイザーが登場した時点では、シンセサイザーを構成する回路部品は全てアナログデバイスであった。しかし、現在では回路が複雑でコストがかかるアナログ・シンセサイザーは製品の主流ではなく、サンプリング波形などによる発音部にデジタルフィルターとDSPによる音色合成部などがCPUで制御されるデジタルシンセサイザーがほとんどである。また、単体ハードウェアとしての製品のみならず、シンセサイザーはソフトウェア・パッケージとしても商品化され、一部にはPDSとして流通するものもある。一方で、現行機種では得ることが困難な質感を求めて、製造を終えた旧式のシンセサイザーを重用するミュージシャンも多い。いわゆる「ビンテージ・シンセ」と呼称されるそれらのシンセサイザー市場において、モーグ・シンセサイザーは今も高い人気を有している。

日本におけるモーグ・シンセサイザー[編集]

1970年大阪万博で未来の音楽として電子音楽が紹介されるなど、電気的に生成された音=電子音の存在が一般にも知られ始めた頃、日本でもモーグ・シンセサイザーを使用した最初のヒットレコード、ウェンディ・カルロスの『スイッチト・オン・バッハ』(1968年、日本発売は翌1969年)がオーディオマニアや音楽ファンに大きな反響を呼び、モーグはシンセサイザーの代名詞として認知度を高めつつあった。

NHK大河ドラマやアニメーション番組などの音楽を作曲していた冨田勲は、大阪万博の東芝IHI館の音楽を担当した当時、3か月ほど大阪に滞在した。その時訪れた輸入レコード店で『スイッチト・オン・バッハ』と出会い、このモーグ・シンセサイザーのみで演奏されたアルバムを知ったが「せっかくモーグ・シンセサイザーを使っていながら音色の趣向を凝らしていない」と懐疑的な感想を持った。そして、自分ならば、モーグ・シンセサイザーによって「オーケストラに感じていた限界を打ち破り、実現でき得なかった夢を叶える」ことができると考え、またこれは「将来極めて重要なものになる」との予感からモーグ・シンセサイザーの購入を決意した[28]

モーグ・モジュラー・システムの日本最初の購入顧客はヤマハ(日本楽器)で、冨田以前にも数人のミニモーグ・ユーザーが日本には存在した。モーグ社の記録によると、1971年10月頃、モーグIII-P(ポータブル・ケース型)が飛鳥貿易を経由して日本に出荷され、それが冨田勲に渡ったとされている。[29] [30]

そのモーグ・シンセサイザーについてきた取扱説明書はわかりにくく、コードをつないでも不快な音しか出ず「これはなんとかしないと、1,000万円も出して、アメリカから鉄くずを買ってしまったことになる」と、当初は焦ったと冨田は述懐している[28]が、操作に習熟すると音作りに没頭する。やがて、CBSソニーから『スイッチト・オン・ヒット&ロック』(1972年)を発表。本作は、生のリズムセクションにシンセサイザーの上モノをダビングした、俗にいう「モーグ・レコード」のスタイルだったが、その後ドビュッシーのピアノ曲をモチーフにしたアルバム『月の光』(1974年)で独自の色彩的表現を開花させた。

『月の光』の完成時、日本のレコード会社からのネガティブな反応に辟易した冨田は、米国RCAレコードへの直接売り込みを敢行する。RCAとのコネクションがなかった冨田は、慶應義塾大学時代の友人関係のつてでRCAアジア太平洋地区代表だった山本徳源を紹介された。山本は、米国RCAのプロデューサー、ジョン・ファイファー (John Pfeiffer) にテレックスを打つなど米国本社との仲介に尽力した。ファイファーは、クラシックレコード界のインプレッサリオにとどまらず、自らも電子音楽作品『Electronomusic - 9 Images』(RCA Victrola, 1968年)を制作し、RCAのクアドラフォニック (Quadraphonic) システムや後のデジタル録音開発にも参与するなどテクノロジーに対する理解も深いプロデューサーであった。当初RCAで冨田を担当したとされるピーター・マンヴェス[28]と『スイッチト・オン・バッハ』の関連は不明だが、マンヴェスのRCA退社を受けて担当ディレクターを務めたとされるトーマス・シェパード (Thomas Shepard) は、1960年代コロムビア・レコードに在籍した後、1974年にRCAへ移籍、その後RCAレッドシール部門の副社長になった人物でコロムビア時代に『スイッチト・オン』タイプの作品『Everything You Ever Wanted To Hear On The Moog』も手がけている。

こうして『月の光』はまず米国でリリースされ、米ビルボードのクラシカル・チャート1位、ポップ・チャート最高位67位を記録、1975年グラミー賞4部門にノミネートされるなど日本人制作作品としては破格の成功を米国でおさめた。その後同作は『月の光』として日本でもリリースされ、「メイド・イン・ジャパン」「逆輸入品」という好イメージも加わり、国内でも広く一般にモーグ・シンセサイザーとその第一人者として冨田を知らしめる礎となった。以後、コンスタントにシンセサイザー作品をリリースした「世界のトミタ」の成功は、日本でのモーグ・シンセサイザーの知名度を飛躍的に高めた。

1971年頃、冨田のアシスタント業務を受け持つ「インターパック」に所属していた松武秀樹は、その後自らモジュラー・システムを購入。1974年に独立後、数々のスタジオ・レコーディング作品にモジュラー・システムをレンタルし、そのマニピュレーターとしてモーグ・シンセサイザーのサウンドを日本のポピュラー音楽に提供した。

最初期の日本人音楽家では、佐藤允彦1971年からミニモーグを使用して作品をリリースしている。加藤和彦は1971年10月5日にミニモーグを使用したアルバム『スーパー・ガス』をリリース。渡辺宙明は1972年頃にミニモーグを購入しアニメや特撮作品での楽曲に重用、エフェクティブなモーグサウンドをテレビの帯番組を通じて毎週提供し少年達の心を躍らせた。渡辺は、現在もオリジナルのミニモーグを愛用している。

2012年9月8日放映の「タモリ倶楽部」(テレビ朝日系)では、「初期型モーグシンセ(箪笥)で音を作ろう」と題し、冨田勲と松武秀樹がMOOG III-Cを用いて実際に雑談混じりに音作りを行った。

羽田税関事件[編集]

モーグ社側は、輸出時のインボイス表記を主に「シンセサイザー」としていた。それに「楽器」または「電子機器」という注釈を付けていたのかは定かではないが、日本での通関手続き時に関税率を第16部・機械及び電気機器=84類の電子機器とするか、85類の録音機器にするか、第18部・92類の楽器及び付属品とするかで、当時税関と輸入者との合意が得られなかったことが「事件」とされている(当時の関税率比較の実数は不明)。輸入業者の飛鳥貿易は1971年6月にモーグ・ミューソニック社とミニモーグの輸入取引実績を持ち、既に日米間でのモーグ・シンセサイザーの通関実績を残している。鍵盤を備えた外見的な特徴から、ミニモーグの場合は関税率を「楽器」として分類することは難しくなかったと考えられる。しかし、キーボード部分と分離したモジュラー型の場合、税関側が関税率をそれぞれに分離して指示した可能性もあるが実際は不明である。現在はどちらの分類でも消費税を徴収されるのみで関税は無税であり、日米間でシンセサイザーを輸入する際にそれが「楽器」か「電子機器」かが問題になることはない。

モーグ社側が提示する最初期の日本への出荷記録は以下の通りである。

  • 1970年11月10日:ヤマハ (Nippon Gakki Co. Ltd.) モジュラー×3システム
  • 1971年2月5日:ヤマハ (Nippon Gakki Co. Ltd.) モジュラー×1システム
  • 1971年8月26日:飛鳥貿易 (ASKA Trading Co. Ltd.) モジュラー×1システム
  • 1971年9月24日:飛鳥貿易 (ASKA Trading Co. Ltd.) モジュラー×1システム

モーグ社側には、当初日本でどの機種が誰に渡ったかという明確なエンドユーザー記録がなかった。[29][30]

ミニモーグの日本への最初期の出荷記録は以下の通りである。

  • 1971年6月30日:飛鳥貿易 (ASKA Trading Co. Ltd.) シリアル番号=1149, 1150, 1152, 1154

モーグとムーグ[編集]

開発者であるモーグ Dr. Robert Arthur Moog (Bob Moog) はオランダ系アメリカ人で、氏名発音は「モーグ」が正しい。当初は直接販売がほとんどであったため、本国でもユーザーや代理店が発音や表記を誤る例は少なかった。しかしMoogを「モーグ」(より正確にはモウグ)と発音することは、Googleを「ゴーグル」(ゴウグル)と発音するのと同じで、アメリカではこのような発音はなされない。そのため市場が拡大するにつれ「ムーグ」と誤って呼ぶ人が増えることになった。アメリカでは牛の鳴き声の擬音は「ムー」であり、モーグの妻で小学校の教師をしていたシャーリーが、生徒に「ムーグ」と呼ばれることに閉口したというエピソードや、2人が結婚するにあたって、妻が「その前に、モーグなのかムーグなのか教えて」と言ったというエピソードもある。

ジェリーフィッシュロジャー・マニングとオーディティー・ファウンデーションのブライアン・キーヒューは、シャーリーの著書である料理本『Moog's Musical Eatery』[31]にインスパイアされ、アナログ・シンセを網羅した彼らのプロジェクトをMoog Cookbookと命名した。ロジャーは、キーボード誌のインタビューで「モーグなんて発音するのはシンセオタクだけで、多くの人間がムーグと呼ぶ。いちいち修正することには疲れたのでムーグ・クックブックと発音することにした」と答えているが、Moog Cookbook結成以前にロジャーとブライアンはモーグと直接の面識がなかった。1998年1月29日から2月1日にL.A.のコンベンション・センターで開催されたWinter NAMMに関連したアフター・アワーズ・コンサートがハリウッド「アスレチック・クラブ」で開かれた際、Moog Cookbookとして出演したロジャーとブライアンはキーボード誌編集者の仲介で初めてモーグ本人と面会した。「その時は怒られるかと思った」(ブライアン)と恐縮する2人に、モーグは笑いながら正しい発音を伝えた。非礼を詫びたブライアンは、以後モーグの信奉者となり晩年の開発を含む多くの活動もサポートした。ブライアンはザ・フーのツアーメンバーとして活動する傍ら、多くのトレード・ショーでモーグ社のデモンストレーターをボランティアで務めている。知己を得て以降、ブライアンは二度と誤った発音でモーグの名を呼ぶことはなかった。

日本では1960年代後半から1970年代初期の日本盤レコードのタイトルや解説、帯などにはモーグという表記も多く見られたが、ヤマハが輸入代理業務を始めた1970年代初期は、ビル・ウェイトナによるR.A.MOOG社の買収、さらにその後ノーリンに転売されるなどの状況下で、モーグ本人が商標権のコントロールを行えない立場に置かれていたなどの事情も重なり、発音表記について日本側からモーグ本人に確認する機会を持つことなく業務が開始されていた。そのためヤマハ以後日本国内での広告、雑誌、店頭表記は誤った発音であるムーグとされ、それが流布し、その誤った表記と発音が一般化する結果をまねいた。

2002年、長期の法廷闘争を経て、モーグがChief Technical Kahunaを務めた新生Moog Music社(米国ノースカロライナ州アッシュビル)が商標権を正式に取り戻した時点で、公式な表記及び発音を正しく「モーグ」とするよう要請した経緯から、日本でも「モーグ・シンセサイザー」と呼ぶことを正式とし、特許庁で商標権登録及び表記呼称修正済みとなっている。

2002年以降、日本語での表記及び発音は「モーグ」を正しいとするモーグ本人の要請に従い、日本のオフィシャル・サプライヤーであったモリダイラ楽器がそれを遵守した。

2013年4月1日以降、KID(KORG Import Division)が、Moog Music社製品の日本国内代理店業務を開始し、日本語表記も引き続き遵守する。

参考文献[編集]

  • R.A.MOOG社・MOOG MUSIC社公式ドキュメント及びロバート・モーグ所蔵資料
  • 「ビンテージ・シンセサイザー」マーク・ヴェイル 他 リットーミュージック 1994年
  • 「ANALOG DAYS THE INVENTION AND IMPACT OF THE MOOG SYNTHESIZER」TREVOR PINCH & FRANK TROCCO 著 HARVARD PRESS 2002年
  • About Bob Moog, Moog Music
  • Chronology 1953-1993, Moog Archives

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c
    モーグ以前のシンセサイザー
    1960年代のモジュラー・シンセ登場前から、シンセサイザーと同様な電子楽器(およびソフトウェア楽器)はいくつも歴史に登場している。もし1960年代のシンセサイザーをそれ以前と峻別すべき理由があるとしたら、それは「シンセサイザー」(Synthesizer)という名称の採用と、トランジスターによるコンパクトな実装、の二点に過ぎないかもしれない。
    RCAマークII(1957年)
    • シンセサイザーの名称は、1957年RCAマークIIサウンド・シンセサイザー (RCA Mark II Sound Synthesizer)がその起源とされている。RCAマークIIは真空管を使った巨大なコンピュータ専用音源で、その信号処理フローは後のモーグ・シンセサイザーの標準的構成 (VCO-VCF-VCA, ENV) とほぼ一致している(構成図参照)。
    Buchla 100 (1963年)
    • トランジスターを使ったシンセサイザーは、1961年ハラルト・ボーデが論文で提案し (H. Bode, "European electronic Music Instrument Design" , journal of the audio engineering society, ix (1961年), 267)、1960年代前半に ブックラ (Buchla)、モーグ (R.A.Moog,Inc.)、アープ (ARP) をはじめ各社が相次いで製品化した。1963年の ブックラ100シリーズ (Buchla 100 series Modular Electronic Music System) は、モーグ・モジュラーより約2年先行している。ハラルト・ボーデは1930年代より電子楽器開発を開始し、1940 - 50年代には有名なボン大学の電子音楽スタジオに電子楽器を納入した他、他メーカー (WurlitzerEstey Organ、Apparatewerk Bayern Germany) の製品開発を行った。1960年代は航空産業の研究所に居たためシンセサイザー開発競争には直接参加していないが、1963年にはBode Sound Co.を設立してR.A.Moog Co.にいくつかの製品ライセンスを提供(フリーケンシー・シフターとリング・モジュレータ)、リタイア後の1970年代にはBode Vocoderを開発しMoog MusicにOEM供給、そして1977年末モーグ博士退社後のMoog Musicではチーフエンジニアとして活躍した。(出典: 120 Years of Electronic Music)
    Mixtur Trautonium (1952年)
    この他、現在ではアナログ・シンセサイザーの特徴と見なされている機能の多くは、実はモーグ・シンセサイザー登場以前の1930年代 - 1950年代に登場している。
    • フィルタエンベロープ制御を採用した分周式ポリフォニックシンセ (Polymoog系):1937年に登場したハモンドによるハモンド・ノヴァコード (Hammond Novachord)は量産型シンセおよびポリフォニック・シンセの草分けで、当時の価値で家一軒分に相当する高価な製品だった。しかし、1939年 - 1942年の3年間で1069台が販売され、1960年代まで数多くの映画/ラジオ/テレビドラマの劇伴に使用された。この他、1930年 - 1950年代のTrautonium改良版 (Concert Trautonium (1936年, Friedrich Trautwein)、Mixtur Trautonium(1952年, Oscar Sala))も フォルマント・フィルタ や エンベロープ制御を採用している (なお音響合成方式はsubharmonic synthesisとされている)。
    Electronic Sackbut(1940年代)
    • 電圧制御方式と 3次元リアルタイム・コントローラ (ホイールやジョイスティックの元祖): 1940年代ヒュッヒ・レ・カイネ (Hugh Le Caine) による エレクトロニック・サックバット (Electronic Sackbut)。
      • リボンコントローラ: 1929年フリードリッヒ・トラウトヴァイン (Friedrich Trautwein) による トラウトニウム (Trautonium) は、鍵盤の代わりにニクロム線を指で押さえて、音程を連続的に変更できるリボンコントローラ・タイプの電子楽器である。
      • 非接触リアルタイム・コントローラ (テルミン/AirFX/D-Beam系): 1953年 - 1958年にアメリカの作曲家レイモンド・スコット (Raymond Scott) によるシーケンサ付き電子楽器クラヴィヴォックス (Clavivox)は、そのコントローラ部にR.A.Moog Co.のテルミンを流用した。後にモーグ博士は、先行したクラヴィボックスの回路や音が、1960年代モーグ製品と類似していた事を率直に語っている。(出典: Bob Moog, Memories of Raymond Scott, Official Raymond Scott site)
    • ポータブル・シンセサイザー: 1940年にハモンドによる ハモンド・ソロボックス (Hammond Solovox) をはじめ、電子オルガンやピアノと併用するタイプの小型電子鍵盤楽器がいくつも製品化された。 トランジスタ・シンセサイザーとしては、1969年の EMS VCS3 が、ミニモーグより1,2年先行した。
    • ディジタルシンセサイザーソフトウェア音源: 1957年ベル研究所のマックス・マシューズ (Max Mathews)が開発した音響処理プログラム MUSICが元祖とされる。後継プログラムは世界中に広がり、1967年のFMアルゴリズム発見など多くの成果につながった。現在ではオープンソース化されて CsoundCMixCMusic として広く一般に入手可能である。
  2. ^ a b c d e
    n
    モーグ・シンセサイザーの初期カスタムメイド品やプロトタイプがいくつか、カナダのCantos Music Foundation に収蔵・展示されている。
    • 1CA Chris Swanson Modular System (1965年, 写真:左端)
    • Lyra (1973年, プロトタイプ, 写真:2列目中段)
    • Apollo (home unit) (1974年, プロトタイプ)
    • Patrick Moraz Double Minimoog (1973年, 写真:3列目下段)
    • Micromoog II, Micromoog XL (1977年, 写真:4列目中段)

    Collection Checklist”. Cantos Music Foundation. 2009年9月18日閲覧。

  3. ^ Moog Minimoog A Prototype, Audities Foundation
  4. ^ Moog Minimoog B Prototype, Audities Foundation
  5. ^ Moog Minimoog C Prototype, Audities Foundation
  6. ^ Moog Minimoog D Prototype, Audities Foundation
  7. ^ a b the Constellation, MoogArchives.com; The Moog Constellation, MATRIXSYNTH
  8. ^ Personal Instrument Collection, MoogArchives.com - 左下にApolloプロトタイプ (1999年にAudities Foundationへ寄贈); カナダのCantos Music Foundationにも展示がある。
  9. ^ Moog Sonic Six, MoogArchives.com
  10. ^ muSonics Sonic V, MoogArchives.com
  11. ^ Robert Moog (January 1954). “The Theremin”. Radio & Television News. ;
    The Early Theremins (1954-), MoogArchives.com
  12. ^ Robert A. Moog (January ljournal=Electronics World 1961). A Transistorized Theremin. ;
    The Early Theremins (1960-), MoogArchives.com
  13. ^ Bob Moog. “Memories of Raymond Scott”. Official Raymond Scott site. 2009年9月15日閲覧。
  14. ^ Category:Vocoder”. sequencer.de. 2009年9月21日閲覧。
  15. ^ Wendy's Moog Synthesizer in 1979”. 2009年9月21日閲覧。
    Synthesizer 55型モジュラーシンセの4段目となる10バンド・ヴォコーダ。出力部を改造した907 fixed filter bank, 914 fixed filter bank, 10バンド分の912 envelope follower, 902 VCA 等で構成されていた。
  16. ^ Moog Vocoder”. Vintage Synth Explorer. 2009年9月19日閲覧。
  17. ^ Personal Instrument Collection, MoogArchives.com - 右下にDSC Sequencer (1999年にAudities Foundationへ寄贈); Moog DSC Sequencer, Audities Foundation
  18. ^ Moog Sanctuary, Synthmuseum.com; Moog Sanctuary, MATRIXSYNTH
  19. ^ Lab Series SynAmp, MoogArchives.com; Moog SynAmp, 2dehands.de
  20. ^ Moog Song Producer, C64Music!; Moog Song Producer, MATRIXSYNTH
  21. ^ the operator by moog”. moogarchives.com. 2009年9月15日閲覧。
  22. ^ Moog SL-8, MoogArchives.com; SL-8 development and demise, MoogArchives.com; Moog Prototype SL-8, MATRIXSYNTH
  23. ^ Gizmotron: The Stomping Ground Musitronics, Mu-Tron, and the Gizmotron”. Beigel Technology Corporation. 2009年9月15日閲覧。
  24. ^ a b 2008年新生Moog Musicは、Gizmoと同様に弦の振動制御で演奏表現を広げたギター製品 Moog Guitar を発売した。なお振動制御方式にはGizmoと同様な機械的摩擦でなく、E-Bowと同様な電磁気学的効果を採用している。
    「無限のサステイン」も可能、Moogの新開発ギター:動画”. WIRED.jp (2008年6月12日). 2009年9月15日閲覧。
  25. ^ Ray Kurzweil (2005年). “Robert Moog (1934-2005) tribute”. WIRED.jp 13.11: Posts. WIRED.jp. 2009年9月15日閲覧。
  26. ^ a b Big Briar to Moog Music”. Moog Music. 2009年9月21日閲覧。
  27. ^ Introducing the Moog PianoBar”. Moog Music. 2009年9月21日閲覧。
  28. ^ a b c 『TOMITA SOUND CLOUD 音の雲』NHK出版 2003年
  29. ^ a b 日本国内におけるモーグ・モジュラーの初期購入顧客としては、前述のヤマハ(当時:日本楽器)や冨田勲の他に、東京芸術大学愛知芸術大学の名が挙がっている。
    シンセサイザの歴史とテルミン - ThereminとDr. Robert A. Moog -”. Page of the Theremin. 2009年8月27日閲覧。
  30. ^ a b 冨田勲の購入時期については1971年9月頃とする説もあるが、いずれにせよモーグ社から飛鳥貿易への出荷記録とほぼ合致する。
    トミタ詳細年表/TOMITA Detailed Chronology”. Nasu Fantasia. 2009年8月27日閲覧。
  31. ^ Shirleigh Moog (1978). Moog's Musical Eatery: A Cookbook for Carefree Entertaining. The Crossing Press. ISBN 0895940019.