カウンターカルチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カウンターカルチャーとは、既存の・主流の・体制的な文化に対抗する文化(対抗文化)という意味である。

1960年代後半~70年代前半にかけてよく使われた。狭義にはヒッピー文化や、1969年のウッドストックに代表されるような当時のロック音楽を差すものである。海外のカウンターカルチャーの代表的なロック・ミュージシャンとしては、ジョン・レノンニール・ヤングボブ・ディラングレイトフル・デッドジェファーソン・エアプレインなどが挙げられる。日本国内のカウンターカルチャーを象徴する人物としては、若松孝二大島渚寺山修司松田英子らがいた。

関連項目[編集]


参考文献[編集]