ミニマル・ミュージック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミニマル・ミュージック (Minimal Music) は、音の動きを最小限に抑え、パターン化された音型を反復させる音楽現代音楽の1ジャンル[1]1960年代から盛んになった。単にミニマルと呼ばれることもある。

概要[編集]

ミニマル・ミュージックは、1960年代のアメリカで生まれた。この時期、テリー・ライリーIn C(1964年)やスティーヴ・ライヒの「イッツ・ゴンナ・レイン」(1965年)「カム・アウト」(1966年)などの作品が作られている。ラ・モンテ・ヤングの弦楽三重奏(1958年)をミニマル・ミュージックの始まりとする説もある[2]

同時期にヨーロッパではルチアーノ・ベリオジェルジ・リゲティヘンリク・グレツキらも単純反復による音楽語法を試みており、これらの作風はアメリカのミニマル・ミュージックと類似している。また、1968年には当時音楽評論家として活躍していたマイケル・ナイマンコーネリアス・カーデューの作品“The Great Digest”を評す際、当時は抽象絵画などを表現する時に用いていた単語「ミニマリズム」を文中で用い、音楽評論で初めて「ミニマル」の概念を持ち込んだ[要出典]

エリック・サティの後期作品は執拗な反復によって曲が成り立っており、ジョン・ケージの初期作品に影響を与えているという点で、ケージの後に続いたミニマル・ミュージックへと続く音楽史の脈絡に深く影響している。

なお、マイケル・ナイマンは1974年の著述“Experimental Music: Cage and Beyond”(日本語訳「実験音楽 ― ケージとその後」)でのラ・モンテ・ヤングに言及した節において、ヤングのヴェーベルン聴取を取り上げ、「ミニマルなプロセスの音楽」の起源をセリエリズムとしている。ヤングは、セリーが形を変えて提示されても同一音高が同一オクターブで演奏される傾向を「静的」と解釈可能である、と見たのである。

日本におけるミニマル・ミュージックとしては、藤枝守らがミニマル・ミュージックに類似する反復語法を自身の語法に取り入れている。作曲家の久石譲は、自らのコンサートの一部において、実験的作品としてミニマル・ミュージックの語法で書かれた作品を上演している。また反復を基本とするオスティナート語法での作曲を長年続けていた伊福部昭のもとへテリー・ライリーが表敬訪問した[要出典]

代表的な作曲家[編集]

下記4名は特に代表的な作曲家とされる

その他の作曲家

脚注[編集]

  1. ^ ウィム・メルテン『アメリカンミニマルミュージック』冬樹社、1985年、p165。
  2. ^ 小沼純一『ミニマル・ミュージック その展開と思考』青土社、2008年、p21。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]