ジョヴァンニ・ソッリマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョヴァンニ・ソッリマ
Giovanni Sollima
基本情報
出生 1962年
イタリアの旗 イタリア、パレルモ
出身地 イタリアの旗 イタリア
職業 作曲家、チェリスト

ジョヴァンニ・ソッリマジョヴァンニ・ソルリーマGiovanni Sollima, 1962年 シチリア州パレルモ - )は、イタリア作曲家チェリスト

経歴[編集]

音楽家一家に生まれたソッリマは、パレルモ音楽院で、Giovanni Perrieraからチェロを、父エリオドロ・ソッリマから作曲を学んだ。優秀な成績で卒業後、シュトゥットガルト音楽大学とモーツァルテウム音楽大学で、チェロをアントニオ・ヤニグロに、作曲をミルコ・ケレメンについて学んだ。

ソッリマの音楽はミニマル・ミュージックの影響を強く受け、作品はモーダルなメロディと反復的な構造を特徴とすることが多い。アメリカ合衆国のミニマル作曲家よりも多様かつ取捨選択的なアプローチが特徴であるため、アメリカ合衆国の批評家Kyle Gann(en:Kyle Gann)はソッリマをポストミニマリズム(en:Postminimalism)の作曲家と見なしている。 またこれに加え、クラシック、ロック、ジャズ、ポップス、中東~地中海~アフリカに及ぶ民族音楽など、様々な音楽の素材を自在に取り入れ融合させた独特な作風で知られている。

アメリカ合衆国の詩人音楽家パティ・スミスと録音でコンサートでコラボレーションしたこともある。 またピーター・グリーナウェイの監督した映画『レンブラントの夜警』にはソッリマの作曲した『チェロよ歌え!』、『Spasimo』が随所に使用されている。

ソッリマの音源はこれまでイタリアのアゴラ・レーベルや、イギリスのポイント・ミュージック・レーベル(en:Point Music)からリリースされている。2005年には、世界初録音2曲を含む『The Magic of Wood - From Lutherie to Music with 15 instruments by Roberto Regazzi』がイタリアのダイナミック・レーベルから発表された[1]

ソッリマの作品はCasa Musicale Sonzogno(ミラノ)から出版されている。

作品一覧[編集]

管弦楽曲[編集]

  • 合奏協奏曲 (Concerto grosso, 1976年)
  • String concerto No. 1 (1978年)
  • String concerto No. 1 (1979年)
  • Raccapriccio (1979年)
  • Le Paradis Submerge (1981年)
  • 2つの夜想曲 (Two Nocturnes, 1984年)
  • Musivum (1987年)
  • Le notti bianche (1988年)
  • The Columbus Egg (1990年)
  • In Si - ジャズバンド版 (1991年)
  • チェロ協奏曲 (Cello Concerto, 1992年)
  • John Africa (1992年)
  • Agnus Dei (1993年)
  • チェロよ歌え! - 2つのチェロと弦楽のためのバラード (Violoncelles, vibrez! - Ballata per 2 Violoncelli e Archi, 1993年)
  • Sinfonia in luoghi aperti (Open Air Symphony) (1994年)
  • MW (1994年)
  • Angeli (Angels) (1994年)
  • Adagio (1995年)
  • Cartolina (Postcard) (1995年)
  • Aria in rosso (Aria in red) (1996年)
  • Lam e Dan (1998年)
  • All the W (1998年)
  • Guitar chemistry (1999年)
  • Intersong I - 15人の演奏者のための小管弦楽版 (1999年)
  • Alleluja (1999年)
  • Casanova (2000年)
  • Canti rocciosi, with texts by Dino Buzzati, Dante Alighieri, Ernest Hemingway and 'street rhymes' in Sicilian, Italian and Ladin (2001年)
  • Contrafactus (2001年)
  • Tempeste e ritratti (Storms and portraits) (2001年)
  • Theory of the earth - 三味線と弦楽オーケストラのための (2005年)

室内楽曲[編集]

  • Musica per sonar a piu stromenti dialogando fra antica et moderna (1979年)
  • Notturno (1980年)
  • Maithuna (1981年)
  • Orgy (1982年)
  • Tantra (1983年)
  • The force that through the green fuse drives the flower by Dylan Thomas (1985年)
  • La luna (1986年)
  • Variazioni su un plastico (1986年)
  • 4 works by Andy Warhol (1987年)
  • 6 caprices (1987年)
  • Flowers (1987年)
  • Primo frammento da "Empedocles" (First fragment of Empedocles) - Michele Perrieraのテキストによる (1989年)
  • Siciliana con variazione (1989年)
  • E gli alberi germinarono, e gli uomini e le donne... (1990年)
  • In Si - ソロ・ピアノのための (1991年)
  • Match Suite (1991年)
  • Segno in memory of the victims of the Capaci massacre (1992年)
  • Africa - 2台のヴァイオリン、ヴィオラ、2台のチェロのための五重奏曲 (1992年)
  • Anno uno in memory of the victims of the via D'Amelio massacre (1993年)
  • チェロよ歌え! - 8台チェロ版 (Violoncelles, vibrez!, 1993年)
  • Heimat-terra (1993年)
  • The Songlines - チェロのための (1993年)
  • Angeli nel vulcano (1994年)
  • A gift (1994年)
  • Spasimo for Solo cello, amplified ensemble (violin, viola, cello, synthesizer, percussion) (1995年)
  • Sento il canto in curva for Amplified ensemble (piccolo, electric guitar, violin, viola, cello, synthesizer, percussion) (1995年)
  • Il Tracciato di Marta for Flute, cello, amplified ensemble (violin, viola, cello, synthesizer, percussion) (1995年)
  • Voyage - クラリネット、ヴァイオリンもしくはヴィオラもしくはチェロ、ピアノのための (1995年)
  • John Africa [vocalise] for Voice, flute (+ piccolo), cello, piano (1996年)
  • Studio per Aquilastro - ハープとピアノのための (1997年)
  • Chi e (1997年)
  • Lam - クラリネット、ヴィオラ、ピアノ4手のための (1997年) (2003年にクラリネット・チェロ・ピアノ用に編曲)
  • Yafù - チェロとピアノのための (1997年)
  • Aquilarco for Cello, amplified ensemble (flute, electric guitar, violin, viola, cello, bass guitar ad libitum, synthesizer, percussion), text by Christopher Knowles (1997-98年)
  • Lamentatio - チェロあるいはヴィオラのための (1998年)
  • Pasolini fragments (1998年)
  • Lamentatio (1998年)
  • Reperto n. 12 from a fragment by Schubert for Violin, cello, piano (1998年)
  • S'ota love dance (1998年)
  • A view from the bottom - ムミア・アブ=ジャマールのテキストによる (1998年)
  • Concerto rotondo for Cello, live electronics ad libitum (1998年)
  • I canti for Solo cello, amplified ensemble (flute, electric guitar, violin, viola, synthesizer [+ sampler], percussion) (1998年)
  • The meetings of the waters (1999年)
  • Millennium Bug - 4人のパーカッション・アンサンブルのための (1999年)
  • Intersong I - フルート、2台ピアノ、4人のパーカッションのための (1999年)
  • Subsongs - ピアノ4手あるいは2台ピアノ、パーカッションのための (ピアノ用作品版)(1999年)
  • L'interpretazione dei sogni (The interpretation of dreams) (1999年)
  • Leonardo's ornithoptherus - 9本のサクソフォーンのための (1999年)
  • Alone - チェロのための (1999年)
  • Hell (2000年)
  • Contrafactus (2000年)
  • Il Tracciato - クラリネット、バスーン、トランペット、トロンボーン、ヴァイオリン、チェロ、ダブル・ベース、パーカションのための (2000年)
  • Viaggio in Italia - ミケランジェロ・ブオナローティジョルダーノ・ブルーノフランチェスコ・ボッロミーニのテキストによる 声、独奏チェロ、弦楽四重奏のための[2] (2000)
  • Intersong II for Soprano ad libitum, flute, violin, cello, piano 4 hands, text from a popular Sicilian rhyme(2001年)
  • J. Beuys Song for Cello, live electronics (concert version of stage work; also concert versions of three sections for 6 celli) (2001年)
  • Vram - アレッサンドロ・バリッコのテキストによる (2002年)
  • Pillole (2002年)
  • Bêri - ソロ・ピアノのための ("Ellis Island"より) (2002年)
  • Terra Aria ("J. Beuys song"より) (2003年)
  • Terra Danza ("J. Beuys song"より) (2003年)
  • Cello Tree ("J. Beuys song"より) (2003年)

オペラ・バレエ音楽[編集]

  • Notti di Grazia (1991年) - Dario Oliveriのリブレットによる全1幕のメロドラマ
  • Mittersill 101 variazioni sul caso Anton Webern (1996年) - ゲーテに基づいたDario Oliveriのテキストによるビデオオペラ
  • Cenerentola Azzurro (1994年) - Dario Oliveriのテキストによる
  • Casanova (2000年) - 振付:Karole Armitage
  • Matteo Ricci ? Li Madou (2001年) - Filippo MigniniのテキストによるMelologue
  • J. Beuys song (2001年) - 振付:Carolyn Carlson
  • Ellis Island (2002年) - Roberto Alajmoのリブレットによる全2幕のオペラ

劇付随音楽[編集]

  • Match (1990年)
  • Cordelia & co. (1991年)
  • 3 pezzi for " Il sogno spezzato di Rita Atria" (1993年)
  • 3 pezzi for "Pippo Fava" (1994年)
  • I Pavoni (1997年)

使用楽器[編集]

フランチェスコ・ルジェッリ」(クレモナ、1679年製)を使用している。楽曲によってはエレクトリックチェロ「Carlo Cantini」(マントヴァ、2002年製)、テノールヴァイオリン「Walter Cangialosi」(マリネーオ-パレルモ、2003年製)も使用している。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.florenusedizioni.com/TheMagicOfWood/index.htm
  2. ^ 全曲(14曲)を演奏する際に必要な編成であり、曲により弦楽四重奏・独奏チェロ・ボーカル&弦楽四重奏など編成が異なる

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

ビデオ[編集]

YouTubeで視聴可能なラッセ・イェルツェン監督作品。