楽曲分析

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

楽曲分析(がっきょくぶんせき)とは、その音楽がどう組み立てられているか調べる事である。アナリーゼもしくはアナリシス(それぞれドイツ語のAnalyse(分析)、英語のanalysisからきている)ともいう。

  • 一般的に楽曲がどう作られているか知る学問である。作曲家には他の作品の構造を調べ、前例のあり方を自作に生かすまたは否定する以上欠かせない。演奏家においても曲の精神を理解するにとどまらず、複雑な作品を暗譜する上で深くかかわっている。
  • 分析の方法論には多種多様があるが、本来欧米では音が最終的に一つ一つの原子になるまで完全にばらしてから、すべてに説明がつくように徹底し、再構築しながらすべての組み合わせを論じるので、現代音楽の場合は一曲の為にゆうに半年かけることもまれではない。

古典的な分析[編集]

  • 古典的な分析では、メロディー動機の状態の説明から始め、次第にその発展や経過を言葉で説明し、必要があれば音譜を表に書いたり、グラフにしたりしてわかりやすく示す。
  • 次にそれに付く伴奏系の和音構成和音連結機能非和声音などを解説する。
  • ポリフォニーがある場合はそのフガートカノンなどの配置・変形の説明をし、最後には全体的な構成にまで展開する。できるならば図形化して説明する方が理解されやすい。

現代音楽の分析[編集]

現代音楽の分析では、まず音の高さの要素が問われる。近年の作曲家の主な使用語法を挙げる。

特にセリエル系の12音列は色を使って表にするのが最も望ましい。

音の長さ・強さ・音色なども一定の特徴がある。

  • 旋律の方向はセリエル音楽の場合、組織化されているので、最初の音高同様に表にしそのパラメーターどうしの係わり合いを示す。
  • 和音構成によるものはその音の組み合わせの由来を完全に明確にする。
  • また様々なリズムや強弱・音色などの組み合わせによるキャラクタ―などもここでは明らかにしなければいけない。
  • 微小な特徴の分析に振り回されないで、小さな単位構成を理解した後は、全体的な形式に言及する。
  • またノイズによる場合は、なぜ雑音を使うのかを明らかにしてから始め、変奏変容があるならばどの部分がどのように変化されたか、付け足されたか、省略されたかを明白にする。

作曲の背景[編集]

ケージテニー・フェルドマンパーチアイヴズカウエルヤングミニマル・グループシュトックハウゼンの一部・シュネーベル・シュルホッフなどの新奇さを競う「アイディア系音楽」は、音の構成よりも寧ろその考えに至った経過を理解するのが先決である。

東洋思想に「かぶれた」作家も多く、これらの音楽は楽譜による直接の分析力以上に宗教的な哲学的思考が求められる。