ジャン・ミッシェル・ジャール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン・ミッシェル・ジャール
ジャン・ミッシェル・ジャール(2005年)}
ジャン・ミッシェル・ジャール(2005年)
基本情報
出生名 ジャン・ミッシェル・ジャール
出生 1948年8月24日(65歳)
出身地 フランスの旗
学歴 パリ国立音楽学校卒業
ジャンル ニューエイジ
電子音楽
シンセサイザー音楽
職業 作曲家
キーボーディスト
音楽プロデューサー
担当楽器 キーボードシンセサイザー
活動期間 1971年
レーベル EMI

ピエール・シェフェール

ジャン・ミッシェル・ジャールJean Michel Jarre, 1948年8月24日 - )は、フランス音楽家シンセサイザー奏者キーボーディスト

概要[編集]

レーザーを使った演奏手法

サンプラーや電子音などによる効果音を多用した独特の作風を持つ、フランスを代表するシンセサイザー奏者。幼少の頃より対位法ハーモニーフーガといった音楽理論を学ぶ。父親は『アラビアのロレンス』などの映画音楽で知られる作曲家モーリス・ジャール組曲形式で一枚のアルバムをなす作品が多い。

経歴[編集]

1948年フランスリヨンで生まれる。パリ国立音楽学校を卒業後、既成の音楽の概念を越えて、日常生活に存在するあらゆる音を含み込んで行こうという実験グループ「グループ・ドゥ・ルシェルシュ・ミュジカール(Groupe de Recherches Musicales)」に参加。同時に電子音楽への興味を持つ。更に自分の目指す音楽とインド、アフリカのピグミー、南米のアマゾン民族音楽との間に共通性を発見、現代音楽の殆んどが抽象的なものばかりで、そこには真の芸術品が持つべき感情、繊細さが欠如していると感じ始め、その実験グループの音楽にも失望し去る事になり、自分のスタジオを作る。

1976年フランス・ディスク・モータースよりシンセサイザー音楽としての第1作「幻想惑星」を発表、翌1977年ポリドール・インターナショナルが版権を獲得して全世界に発表、その後総売上1000万枚、12枚のプラチナ・ディスクを獲得した。

1979年7月14日パリ祭の日)、コンコルド広場において100万人[1]を動員した野外コンサートを開催。

1981年10月、北京上海で、欧米のミュージシャン初[2]中国コンサートを開催。ライブ録音されて翌1982年に2枚組アルバム「コンサート・イン・チャイナ」という題名でリリースされた。

1986年4月5日、アメリカ合衆国のヒューストン市に於いてヒューストン市政150周年[2]及びNASAジョンソン宇宙センター開設25周年[2]を祝う「ヒューストンフェスティバル」が開催され、そのイベントのひとつである野外コンサート「ランデヴー・イン・ヒューストン」でライブ演奏を開催。

1998年には小室哲哉とともにサッカーワールドカップ・フランス大会のテーマソング「TOGETHER NOW」を発表。パリ祭では100万人の観衆の前で小室と共に「RENDEZ-VOUS '98 ELECTRONIC NIGHT」を開催した。

2000年の大晦日から2001年元旦にかけては沖縄で開かれた「Rendez-vous in Space 2001」に小室とのユニット「VIZITORS」として出演、小室が会長を務めた香港のエンタテインメント会社・Rojam Entertainment(現在は吉本興業傘下)でアドバイザーも務めた。

現在、ユネスコ親善大使に就任している。

配偶者[編集]

二度の離婚歴があり、二度目の妻は女優シャーロット・ランプリング。彼女と離婚後、イザベル・アジャーニと交際したが、2005年にフランスの女優アンヌ・パリローと結婚した。


ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

音楽業界の行き過ぎた商業主義化に反発する為に、たった1枚だけ製作されオークションにかけられたアルバム。
CD + DVD(5.1chサウンド)
「Oxygene」の新規録音作品。

ベスト・アルバム[編集]

1983年のThe Essential Jean Michel Jarreと同じ。
1997年にCities In Concert Houston-Lyonと改題。
Cities In Concert Houston-Lyonを含む9枚組CDボックス。
10枚組CDボックス。
OxygeneとOxygene 7-13、及びボーナストラックを含む2枚組CD。

リミックスアルバム[編集]

ライヴ・アルバム[編集]

1997年にDestination Docklandsと改題。

サウンドトラック[編集]

ラスト・ランデヴー(ロンの詩)[編集]

アルバム「スペース・ランデヴー」に収録されている曲。ラスト・ランデヴーの副題である「Ron's Piece/ロンの詩」のロンとは、1986年1月28日に起こった「チャレンジャー号爆発事故」に遭遇した宇宙飛行士の一人であるロナルド・マクネイア(Ronald McNair)の事。

1985年夏に「ランデヴー・イン・ヒューストン」への参加と本作の制作を依頼されたジャン・ミッシェル・ジャールがNASAに見学に赴いた時にロンと知り合い、ロンがソプラノサックスを演奏する事を知って同イベントでの共演を打診した。ロンは快諾したが、同イベントが開催される前に事故が発生した為、共演は実現しなかった。

音響・映像機器[編集]

ジャン・ミッシェル・ジャールがデザインした家庭用音響・映像機器。

カナ表記[編集]

当該人物のカナ表記は記述者或いは記述時期によって異なっている。

ジャン・ミシェル・ジャール
  • ポリドールによる国内盤CDのうち、最初の4枚=「幻想惑星(P33P50022)」/「軌跡(P33P50023)」/「磁界(P33P50024)」/「ズールック(P33P50006)」に記載された呼称。
ジャン・ミッシェル・ジャール

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、アルバム「磁界」の日本国内盤ライナーノーツの解説によれば、テレックスに記述されたミリオンとは「数え切れない人数がエトワールからチュイルリー公園まで埋め尽くした」という意味であり、正確にカウントされた訳ではない。
  2. ^ a b c アルバム「スペース・ランデヴー」のライナーノーツより。