ウィリアム・アッカーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・アッカーマン
基本情報
出生 1949年11月16日(65歳)
ドイツの旗 ドイツ
ジャンル インストゥルメンタル
ニュー・エイジ
職業 ミュージシャン
作曲家
担当楽器 ギター
活動期間 1976年 -
レーベル ウィンダム・ヒル・レコード
キャニオンレコード
公式サイト Official Site

ウィリアム・アッカーマン(William Ackerman、1949年11月16日 - )は音楽プロデューサー作曲家ギタリストウィンダム・ヒル・レコードの創始者である。日本でも1980年代当時キャニオンレコードから同レーベルのCDが発売され、ジョージ・ウィンストンマイケル・ヘッジスなどのニューエイジ系アコースティック音楽を世に広めた。

特に、その叙情的で透明感のある、しっとりとした旋律が、このレーベルの特徴で、アメリカの雪深い地方で制作されたが、日本人の感性にマッチし、にも染み渡るようで、国内でも圧倒的な支持層が存在し、癒し系ニューエイジ音楽の最高峰として君臨したのが、ウィンダム・ヒル・レーベルであった。

概要[編集]

生まれは西ドイツであるが、両親はカリフォルニア州パロアルト出身である。スタンフォード大学中退。

ウィンダム・ヒル・レコードの創始者であるアッカーマンは、このレーベルのアルバムの多くをプロデュースする傍ら、自身のアルバム「月に向かって(Conferring With The Moon)」や「パスト・ライト(Past Light)」「イマジナリー・ロード(Imaginary Roads)」などもリリースしている。

関連用語[編集]