ボサノヴァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボサノヴァブラジルポルトガル語Bossa Nova[† 1]: bossa nova[† 2][† 3])は、ブラジル音楽の様式(ジャンル)のひとつである。ボサノバと表記されることも多い。

概要[編集]

Bossa Novaの"Nova"とはポルトガル語で「新しい」、"Bossa"とは「隆起、こぶ」を意味する。したがって"Bossa Nova"とは「新しい傾向」「新しい感覚」などというような意味になる。なお"Bossa"という語は、すでに1930〜1940年代に黒人サンビスタなどがサンバ音楽に関する俗語として、他とは違った独特な質感をもつ作品を作る人に対して「あいつのサンバにゃボサがある」などと使い、それらの楽曲を"Samba de Bossa"などと呼んでいた。

1950年代後半、リオデジャネイロコパカバーナイパネマIpanema)といった海岸地区に住む中産階級の学生やミュージシャンたちによって生み出された。ブラジルでのヒットのきっかけは1958年アントニオ・カルロス・ジョビン作曲、ヴィニシウス・ジ・モラエス作詞、ジョアン・ジルベルト歌・ギターによる“Chega de Saudade”(シェーガ・ジ・サウダージ、邦題:想いあふれて)のシングルレコードによってである。ただしこの時点ではボッサ・ノヴァという呼び名はまだ生まれていなかった。

サンバショーロをはじめとするブラジルの伝統的な大衆音楽、特にサンバ・カンサゥン(Samba Canção)を基に、中産階級の若者たちの求めていた心地よく洗練されたサウンド、「新しい感覚」のサンバとして成立した。ボサ・ノヴァをジャズの一種と見るなどさまざまな見方もあるが、少なくとも本来のボサ・ノヴァはサンバの一種であると定義される。その出現はブラジルのポピュラー音楽に大革命を起こし、その後世界中の音楽シーンに大きな影響をあたえた。

なお一口にボサ・ノヴァといってもミュージシャンによってその作風は多様で、例えば公的には上記1958年の"Chega de Saudade"がボサ・ノヴァ第1号といわれるが、それより以前の1953年、ジョビン&ヴィニシウス作品でジョニー・アルフが歌った“Rapaz de Bem”(邦題:心優しい青年)を真のボサ・ノヴァ第1号とする説もある。アルフの場合はジャズに影響された作風を持っているのが特徴で、ジョアン・ジルベルトなどとは明らかにスタイルが異なっていることが理解できる。

1964年にブラジルにおいてカステロ・ブランコ大統領による軍事政権が誕生すると、カエターノ・ヴェローゾジルベルト・ジルなどのトロピカリア・ムーブメントなどにより、愛や自然を歌うものから体制を批判するものに変化していった。

歴史[編集]

誕生[編集]

1950年代中期、リオデジャネイロに在住していた若手ミュージシャンたちによって創始された。

ボサノヴァ誕生の中心となった人物として、作編曲家のアントニオ・カルロス・ジョビン(トム・ジョビン)、歌手でギタリストでもあったジョアン・ジルベルト、ブラジル政府の外交官にしてジャーナリストも兼ねた異色の詩人ヴィニシウス・ヂ・モライスらが挙げられる。

ボサノヴァの誕生には、ジョアンが幾日もバスルームに閉じこもってギターを鳴らす試行錯誤の末、それまでにないスタイルのギター奏法を編み出すことに成功したという逸話が残っているが、その際、変奏的なジャズや抑制された曲調のサンバであるサンバ・カンサゥン(1950年前後に発展した)、バイーア州周辺で発展したバチーダというギター奏法の影響は無視できない。彼を中心とするミュージシャンらの間で、1952年から1957年頃、ボサ・ノヴァの原型が形作られ、発展したものと見られている。

1958年、ジョビン作曲、モライス作詞の「Chega de Saudade(想いあふれて)」が、当時すでに人気歌手であったエリゼッチ・カルドーゾによってレコーディングされる。その際ジョアン・ジルベルトがバックのギターを演奏するが、エリゼッチの歌い方はジョビンやジルベルトが目指す音楽とはかけ離れたものであった。そこで同年ジョビンがレコード会社を説得してジョアン・ジルベルトが歌う同曲が録音、発売されボサ・ノヴァ・ブームの幕開けとなる。

音楽のジャンルとしての「ボサ・ノヴァ」という言葉が生まれたのは、ジョアン・ジルベルトやナラ・レオンのアパートに集まる他のアマチュア・ミュージシャンが参加した、大学でのコンサートである。誰が書いたかは不明だがそのコンサートの告知として掲示板に書かれた言葉が若者達の間で広まったとされる。

ポピュラー化とアメリカでのブーム[編集]

1959年には、1957年にジョビンとモライスが古代ギリシャオルペウスの神話を題材にして企画した劇を元にしたブラジル・フランス合作映画「黒いオルフェ」(マルセル・カミュ監督)の劇中曲として多くのボサノヴァが使われ、世界にその存在を知らしめた。また1962年11月21日には、カーネギー・ホールでボサノヴァのコンサートが行われ、ジョアン・ジルベルト、カルロス・リラセルジオ・メンデス等が出演。

1963年には、ジョアン・ジルベルトがアメリカのジャズ・サックス奏者スタン・ゲッツと共演したボサノヴァ・アルバム『ゲッツ/ジルベルト』が制作され、アメリカで大ヒット、特にこの中でジョアンの当時の妻アストラッド・ジルベルトが英語詞で歌った「イパネマの娘」は爆発的な売り上げを記録し、アメリカの大衆に「ボサノヴァ」を浸透させた(しかしこのアルバムのためにアメリカの大衆は「ボサノヴァはゲッツの創始になるもの」「ボサノヴァを代表する歌手はアストラッド」という極端な誤解をしてしまったともいう)。この時期には、キャノンボール・アダレイポール・ウィンター等のジャズ・ミュージシャンも、ボサノヴァに特化したアルバムを発表している。

以後の一時期、アメリカではボサノヴァ・ナンバーに英語詞を付けたものが、ポピュラー歌手によって盛んに歌われた。だが、その実状は多分にエキゾチシズムを帯びた一過的なものとして消費された感が強く、歌唱や演奏の在り方も、本来のボサノヴァからはかけ離れたものであった。その傾向は日本においても共通するようである。この「本来のボサノヴァ」と「ボサノヴァ風の亜流音楽」の並立は、現代のリスナーの相互間に、奇妙な階級対立を招く原因となっている。

戦後における都市文化の爛熟期にあったブラジルには、若く才能あるアーティストたちが輩出し、ボサノヴァは1960年代初頭に隆盛を迎えた。

国際化と衰退[編集]

ブラジルで1964年に起こったクーデターによる軍事政権樹立と、それに伴う強圧的な体制は、「リオの有閑階級のサロン音楽」的な傾向のあったボサ・ノヴァを退潮させる主因となったともされる。セルジオ・メンデスなど決して少なくないボサ・ノヴァたちが、ブラジル国外へ半亡命的な形で去り、アメリカやフランス等世界のミュージックシーンに足跡を残した。

抽象的・享楽的な傾向のあったボサ・ノヴァの歌詞も、体制批判など政治的な内容を含んだものが現れた(例:ナラ・レオンのアルバム「O Canto livre de Nara(ナラが自由を歌う)」や、マルコス・ヴァーリのアルバム「ヴィオラ・エンルアラーダ」など)。これらはボサ・ノヴァのカテゴリーから外してとらえる批評家も多い。

1960年代中期以降、ブラジルの大衆音楽のムーブメントからは外れていったものの、1970年代から現代にまで連なるMPB(Musica Popular Brasileira、ブラジルの大衆音楽の意)と呼ばれる、よりエスニックな新ジャンル創成の母胎となり、その影響は今なお続いている。そして、世界各国のポピュラー音楽に多大な示唆を与えてもいる。特にフランスやベルギーなどのヨーロッパ各地では、イザベル・アンテナクレール・シュヴァリエなど数多くのミュージシャンによりオマージュされた作品が発表されている。

1950年代~60年代に作られた多くのボサ・ノヴァ・ナンバーは、爽快さ、親しみやすさから、今なおスタンダードとして世界各国で聴かれ、歌唱・演奏の題材として頻繁に取り上げられている。有名な曲は、モライスの詞とジョビンの曲になる「Garota de Ipanema(イパネマの娘)」が挙げられる。

ザ・ビートルズがボサ・ノヴァを殺した」という言葉があるようにボサ・ノヴァのアメリカ上陸が1962年、ザ・ビートルズが1964年である。これはもしザ・ビートルズが出てこなかったらボサ・ノヴァがアメリカ及び世界中のポピュラー音楽の中心になっていたのではという推測である。

現在ブラジル本国では、ボサ・ノヴァは主に白人の中流層以上で教養の高い人々を中心に好まれる音楽で、あまり大衆的な音楽ではない。また日本の演歌のように年齢層が高い人が聴く昔の音楽というイメージもある。若い世代は欧米のロックやポップスを好むため、あまりボサ・ノヴァは聴かれていない。

しかし日本では現在でもボサ・ノヴァのファンが特に多いと言われる。カルロス・リラはその理由を「ボサノヴァが中流(中産)階級で生れたもので、日本人の多くが中流(意識が高い)であることが関係している」などとコメントしている[要出典]。また、これとは別に、2000年頃からのカフェブームに関し、カフェ店内で流す音楽として、ジャズ等とともにボサ・ノヴァが多く取り上げられたということもあり、比較的身近なジャンルの音楽と見做されている傾向にあるとも捉えられる。このため日本国内でボサ・ノヴァの古い音源がCDでリイシュー(再発売)されることが多く、ブラジルでも日本や欧州のマーケットを意識してCDをリリースして輸出することもあり、ブラジル国内よりも日本の方が音源を入手しやすいという状況にある。2003年にはジョアン・ジルベルトが70歳代で初の来日公演を行い、話題となった。

楽器[編集]

ボサノヴァで必ずといっていいほど用いられるのが、ナイロン弦のクラシック・ギター(ブラジルではヴィオラゥン(Violão)と呼ぶ)である。ピックを使わず、指で奏でる。そのもっとも純粋なフォームは、ジョアン・ジルベルトが示したような、ギターとボーカルだけの演奏においてよく見ることができる。もっと大きな、グループ演奏でのジャズ・ライクなアレンジメントにおいても、ほぼ必ずギターが使われ、ギターが潜在的にビートを鳴らすのが特徴的である。ジョアンに代表されるように、ボサノヴァにおけるヴィオラゥンの基本的なリズムは、親指がサンバの基本的な楽器であるスルドのテンポを一定に刻み、他の指はタンボリンのテレコ・テコというシンコペーションのリズムを刻む。このボサノヴァ独特のギター奏法は、叩き合わせる、またミックスするという意味を持つ「バチーダ」と呼ばれる。

ギターほどではないが、ピアノももう一つのボサノヴァにとっての重要な楽器である。ジョビンはピアノのための曲をよく書き、彼のレコードにおいて彼自身がピアノを弾いてレコーディングした。このピアノはまた、ジャズとボサノヴァをつなぐ架け橋としても用いられ、ピアノのおかげで、この2つのジャンルが相互に影響を及ぼす結果となったと言える。

ドラムパーカッションは、ボサノヴァにおいて本質的な要素の楽器ではない(そして事実として、制作者たちはなるべくパーカッションをそぎ落とそうと考えていた)が、ボサノヴァには独特のドラム・パターンおよびスタイルが確立した。これは8分音符のハイハットの連打と、リム・ショットによって特徴づけられている。これはサンバのタンボリンのリズムであり、リムはテレコ・テコを代用した音である。

・ボサノヴァのドラム・パターン例
Bossa Nova example 01.jpg

「ボサノヴァには美しいオーケストラの伴奏が用いられる」というのが、"エレベータ・ミュージック"や"ラウンジ・ミュージック"などといった、北アメリカ的なボサノヴァのイメージである。しかし、ジョビン自身のレコードでそういったサウンドを耳にすることはあっても、それ以外の多くのボサノヴァ・レコードではあまり聴かれない(ジョビンのレコード作品の多くはボサノヴァの範疇(はんちゅう)を超える作品であったため、このような誤解が生まれたと考えられる)。

著名な曲[編集]

ボサノヴァの曲の中でスタンダードとなっている曲を以下に列挙する。

アーティスト[編集]

主なボサノヴァ演奏者を以下に列挙する。

ブラジル[編集]

ブラジル以外[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ポルトガル語発音: [ˈbɔsɐ ˈnɔvɐ] ボッサ・ノーヴァ
  2. ^ イギリス英語発音:[ˌbɒsə ˈnəʊvə] ボッサ・ウヴァ
  3. ^ アメリカ英語発音:[ˌbɑːsə ˈnoʊvə] バーサ・ウヴァ、[ˌbɔːsə ˈnoʊvə] ボーサ・ウヴァ

関連項目[編集]