カルロス・リラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Carlos Lyra

カルロス・リラ (Carlos Lyra1939年 5月11日 - )は、ブラジル音楽家作曲家ボサノヴァの曲を数多く作曲した。ホベルト・メネスカル(Roberto Menescal)と共に、ジョアン・ジルベルトアントニオ・カルロス・ジョビンがつくりあげた様式に厳密に追随した若手ボサノヴァ・アーティストとしてよく知られている。その後、ナラ・レオン(Nara Leão)らと共に活動的ボサノヴァ・アーティストとして活動し、サンバのルーツへの回帰を追求した。

ヴィニシウス・ジ・モラエスと共にクアルテート・エン・シーの名付け親でもある。

彼は現在でも、作曲、楽曲制作、演奏活動をつづけている。

作曲家としての代表作[編集]

  • もっとも美しいもの (Coisa Mais Linda / The Most Beautiful Thing)
  • あなたと私 (Você e Eu / You and I)
  • マリア・モイタ (Maria Moita)
  • 私の恋人 (Minha Namorada)
以上はヴィニシウス・ヂ・モライスとの共作。
  • マリア・ニンゲン (Maria Ninguém)
  • ジャズの影響 (Influência do Jazz)

外部リンク[編集]