ワルター・ワンダレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワルター・ワンダレイ
基本情報
出生 1931年5月12日
出身地 ブラジルの旗 ブラジル レシフェ
死没 1986年9月4日(満55歳没)
ジャンル ジャズボサノバ
職業 ミュージシャン
担当楽器 オルガン

ワルター・ワンダレイ(Walter Wanderley、1931年5月12日 - 1986年9月4日)は、ブラジルレシフェ生まれのオルガニスト。名前表記は英語に近い読みで、ワルター・ワンダレーと表記される場合もある。なお、ブラジルポルトガル語に従えば、ヴァルテル・ヴァンデルレイなどと表記される場合もある。

彼の名前は、60年代後半から70年代前半にかけて日本でも紹介され、ジャズ・ファンの中でも知られる。

マルコス・ヴァーリが作曲したサマー・サンバ(原題:Samba de Verão - サンバ・ジ・ヴェラゥン、英題:So nice - ソー・ナイス、原題の直訳は夏のサンバ)を、歌なしのインストゥルメンタルとしてオルガンで演奏したアルバムがヒットした。

透明感のある涼しげなサウンドが特徴。