マルコス・ヴァーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Marcos Valle, 2012

マルコス・コステンバーダ・ヴァーリ(Marcos Kostenbader Valle、1943年9月14日 - )は、ブラジルシンガーソングライターギタリストキーボーディスト

経歴[編集]

ヴァーリは弁護士の息子として生まれた。ジョアン・ジルベルトのレコードによってボサノヴァ・ブームが始まり、当時少年であったマルコスも大いに影響を受け、ギターを弾いては音楽家になることを夢見ていた。

1964年、アルバム「サンバ・ヂマイス(Samba demais)」でEMIブラジルからデビューし、その後1966年、マルコスが作曲し、兄のパウロ・セルジオ・ヴァーリが作詞した「サマー・サンバ (Samba do Verão、英語題:So nice)」を、オルガン奏者のワルター・ワンダレイ(Walter Wanderley、ヴァルテル・ヴァンデルレイ)が収録しヒットする。

1968年には、大半の曲を英語詩で歌い、妻のアナマリアも加わったアルバム「サンバ '68」をリリースし、アメリカでヒットする。このアルバムをはじめ、この時期の多くのアルバムのアレンジを勤めたのは、デオダートであった。デオダートとの共作も多い。

作風[編集]

ボサノヴァ、サンバMPBなど、ジャンルの枠にとらわれず活動した。また、ジャズロックソウルファンクAORなど、欧米のポピュラー音楽と、サンバを始めとするブラジル音楽とのクロスオーバーを実現した、ボサノヴァの時代から今に至るまで、ブラジルのポピュラー音楽にとって重要な人物と言われている。

ディスコグラフィ[編集]

外部リンク[編集]