イーディ・ゴーメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イーディ・ゴーメ
ゴーメと夫スティーブ・ローレンス
ゴーメと夫スティーブ・ローレンス
基本情報
出生 1928年8月16日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ニューヨーク
死没 2013年8月10日(満84歳没)
ジャンル ジャズラテン音楽ポップス
職業 歌手
活動期間 1950年 - 2013年
レーベル MGM, Coral, Columbia
MCA Victor
公式サイト http://www.steveandeydie.com/

イーディ・ゴーメEydie Gormé1928年8月16日 - 2013年8月10日)は、アメリカ合衆国のポップス・シンガー。

生涯[編集]

ニューヨークブロンクス区で生まれる。父親はユダヤ系イタリア人で、母親はユダヤ系トルコ人である。生まれた時の名前は、イーディス・ゴーメザーノ(Edith Gormezano)である。高校卒業後に、国際連合の機関で通訳の仕事に従事する。

1950年に、トミー・タッカー楽団で、デビューを果たす。そこそこ、ヒットを飛ばす。1951年に、テックス・ベネケ楽団に所属する。1957年に、歌手のスティーブ・ローレンス(Steve Lawrence)と結婚する。後に、夫のローレンスとのデュエット(Steve and Eydie)の録音やステージも、注目を集めている。1963年に、邦題『恋はボサノバ』(Blame It on the Bossa Nova)で大ヒットとなる。この曲のレコードが、全米レコード協会よりゴールドディスクと認定される。ブラジルのポップスであるボサノヴァの曲 "Recado" に英語の歌をつけた『ザ・ギフト』(The Gift) も、1963年発表のゴーメの歌のレコード録音より好評を得ていて、ジャズのスタンダードナンバーとして定着している。1980年まで、新作シングルを発表していた。YouTube で、よく登場している。1964年より、トリオ・ロス・パンチョスとの共演などで、『ある恋の物語』や『キエン・セラ』などのスペイン語の歌のパフォーマンスおよびレコード録音も、積極的に展開する。ゴーメは、スペイン語が流暢であった。

1995年、ソングライターズ・ホール・オブ・フェイム(Songwriters Hall of Fame) に、夫のスティーブ・ローレンスと共に、殿堂入りを果たす。

2013年8月10日、病気のためラスベガスの病院で死去[1]。84歳没。

受賞[編集]

作品[編集]

英語版参照のこと

脚注[編集]

  1. ^ 米歌手イーディー・ゴーメさん死去 「恋はボサノヴァ」などヒット CNN 2013年8月12日
  2. ^ 第2回日本ゴールドディスク大賞・受賞作品/アーティスト

外部リンク[編集]