ゲッツ/ジルベルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲッツ/ジルベルト
スタン・ゲッツ&ジョアン・ジルベルトスタジオ・アルバム
リリース 1964年
録音 1963年3月18日 - 3月19日A&R Recording Studios,ニューヨーク[1]
ジャンル ジャズボサノヴァ
時間 33分56秒
レーベル ヴァーヴ・レコード
プロデュース クリード・テイラー
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 2位(アメリカ[2]
テンプレートを表示

ゲッツ/ジルベルト(Getz/Gilberto)は、アメリカジャズサックス奏者スタン・ゲッツと、ブラジルボサノヴァ歌手ジョアン・ジルベルトが連名で1963年に録音し、1964年に発表したアルバム。ボサノヴァ・ピアニストアントニオ・カルロス・ジョビンも、フィーチャリング・アーティストとして参加。

解説[編集]

スタン・ゲッツは、チャーリー・バードとの連名で発表したアルバム『ジャズ・サンバ』(1962年)でボサノヴァを取り入れ、大ヒットとなる。1963年には、ボサノヴァ界の大物であるジョアン・ジルベルト(当時アメリカ在住だった)とアントニオ・カルロス・ジョビンを招き、本作を制作。クリード・テイラーがプロデュースを担当し、レコーディング・エンジニアは、後に音楽プロデューサーとして有名になるフィル・ラモーン。異なるジャンルの音楽家による共同作業のため、レコーディング中には緊張感があったと伝えられ、スタンがボサノヴァを正しく理解していないことに対してジョアンが怒り、ポルトガル語英語の両方を話せるアントニオに、スタンに対して「バカ」と言うように頼んだが、アントニオはスタンに、わざと違う意味で伝えたというエピソードもある[3]

当時ジョアンの妻だったアストラッド・ジルベルトが、「イパネマの娘」「コルコヴァード」の2曲でボーカルを担当。これが、アストラッドの歌手デビューであった。ジョアンは全編ポルトガル語で歌ったが、アストラッドのパートは英訳詞で歌われている。なお、「イパネマの娘」のシングル・ヴァージョンは、クリード・テイラーの判断により、ジョアンのボーカル・パートがカットされ、アストラッドが単独で歌った形に編集された[3]

スタンとジョアンは、1964年10月9日にカーネギー・ホール公演を行い、その模様は後にライヴ・アルバム『Getz/Gilberto #2』として発表されるが、これは厳密には、両者がそれぞれ別のバンドを従えての演奏で、2人が実際に共演した場面は少ない。スタンが1975年に録音したアルバム『The Best of Two Worlds』(邦題:ゲッツ・ジルベルト・アゲイン)は、本作と同様、ジョアンが全面参加したコラボレーション・アルバムとなった。

評価[編集]

本作は、ビルボード誌のアルバム・チャートで2位に達する大ヒット作となり、「イパネマの娘」もシングルとして全米5位に達した[2]。そして、グラミー賞ではアルバムが2部門(最優秀アルバム賞、最優秀エンジニア賞)を受賞、「デサフィナード」が最優秀インストゥルメンタル・ジャズ・パフォーマンス賞を受賞、「イパネマの娘」が最優秀レコード賞を受賞した[2]。本作の音楽は本来のボサノヴァとは別物であると主張する声も多かったが、結果的にはアメリカにおけるボサノヴァ・ブームを決定づけた作品となった[3]

ローリング・ストーン』誌が2003年に選出したオールタイム・グレイテスト・アルバム500では454位にランク・インし、後の改定では447位[4]となった。

収録曲[編集]

  1. イパネマの娘 - "The Girl from Ipanema" (Antonio Carlos Jobim, Vinicius de Moraes, Norman Gimbel) - 5:13
  2. ドラリセ - "Doralice" (Dorival Caymmi, Antonio Almeida) - 2:43
  3. プラ・マシュカー・メウ・コラソン - "Para Machucar Meu Coração" (Ary Barroso) - 5:03
  4. デサフィナード - "Desafinado" (Jobim, Newton Mendonça) - 4:00
  5. コルコヴァード - "Corcovado" (Jobim, Gene Lees) - 4:13
  6. ソ・ダンソ・サンバ - "Só Danço Samba" (Jobim, de Moraes) - 3:31
  7. オ・グランジ・アモール - "O Grande Amor" (Jobim, de Moraes) - 5:24
  8. ヴィヴォ・ソニャンド - "Vivo Sonhando" (Jobim) - 2:52

パーソネル[編集]

ミュージシャン[編集]

プロダクション[編集]

脚注[編集]