イパネマの娘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イパネマの娘
アストラッド・ジルベルト楽曲
収録アルバム ゲッツ/ジルベルト
リリース 1964年
規格 レコード
録音 1963年3月18日 - 3月19日
ジャンル ボサノヴァ
レーベル ヴァーヴ・レコード
作詞者 原詞:ヴィニシウス・ヂ・モライス
英詞:ノーマン・ギンベル英語版
作曲者 アントニオ・カルロス・ジョビン
プロデュース クリード・テイラー
カバー

フランク・シナトラ

ゲッツ/ジルベルト 収録順
イパネマの娘
(1)
ドラリセ
(2)

イパネマの娘(イパネマのむすめ、ポルトガル語題 "Garota de Ipanema"、英語題 "The Girl from Ipanema")は、ブラジルアントニオ・カルロス・ジョビン(トム・ジョビン)が1962年に作曲したボサノヴァの歌曲である。

概要[編集]

ポルトガル語の原詞はヴィニシウス・ヂ・モライスが、英語詞はノーマン・ギンベル英語版がそれぞれ作詞した。

ビートルズの『イエスタデイ』等に次いで、世界中で多くカヴァーされたポピュラー・ソングの一つといわれ、ボサノヴァのナンバーとしてはもっとも著名な曲となっている[1]

なお、「イパネマ」とはブラジルのリオデジャネイロ市内に位置するイパネマ海岸のことである。

作曲・発表[編集]

ミュージシャンで作曲家であるジョビンと、ブラジル政府の外交官でジャーナリストでもある詩人のモライスは、1957年以来コンビを組んで作詞・作曲を行い、ボサノヴァのムーブメントを牽引してきた。

ただ、ジョビンの才能を惜しんでその存在を独占したがったモライスと、活動の幅を広げたがったジョビンとの思惑は徐々にすれ違うようになり、この「イパネマの娘」を最後にコンビは解消されている。もっとも2人の友情自体はモライスが死去するまで続いた。

エロイーザ[編集]

『イパネマの娘』ことエロイーザ・ピニェイロ(2006年

この曲が作られる過程で伝説的に語られている、以下のエピソードがある。

当時、ジョビン、モライスなどのボサノヴァ・アーティストたちは、リオデジャネイロのイパネマ海岸近くにあったバー「ヴェローゾ」にたむろして酒を飲むことが多かった。

このバーに、近所に住む少女エロイーザ(本名:エロイーザ・エネイダ・メネーゼス・パエズ・ピント、Heloísa Eneida Menezes Paes Pinto 1945年 - 。のち結婚でPinheiroと改姓したため、エロイーザ・ピニェイロの名でも知られる)が、母親のタバコを買いにしばしば訪れていた。彼女は当時10代後半、170cmの長身でスタイルが良く、近所でも有名な美少女であった。

ジョビンもモライスも揃って非常なプレイボーイであり、事にモライスはその生涯に9度結婚したほどの好色家であった。女好きの彼らはエロイーザの歩く姿に目を付け、そこからインスピレーションを得て、「イパネマの娘」を作ることになった[2]

この際、ジョビンとモライスが、ヴェローゾの店内で即席に曲を作ったという説が広く流布しているが、実際の作詞・作曲自体はそれぞれの自宅である程度の期間をかけて行われたもので、伝説とはやや異なる。

作曲のきっかけの場となったバー「ヴェローゾ」は、のちにこの曲にちなみ「ガロータ・ヂ・イパネマ」と改称され、2007年現在でも営業が続いている。

また、エロイーザ自身も2001年に「ガロータ・ヂ・イパネマ」という名のブティックを開き、この曲の楽譜と歌詞を印刷したTシャツを販売した。これに対してジョビンとモライスの著作権継承者たちが訴訟を起こしたが、裁判所はエロイーザに有利な判決を下し、エロイーザはサンパウロリオデジャネイロにこのブティックの支店を展開した。

歌詞[編集]

モライスによるオリジナルのポルトガル語歌詞は、海岸を歩き去る少女への届かぬ想いを物悲しく訴える歌詞である。モライスの叙情性がよく表れた歌詞で、彼の代表作の一つである。

ノーマン・ギンベルの英語詞も、モライスの原詞を意味の上では追っているものの、格調はやや劣るきらいがある。

発表[編集]

1962年8月2日から45日間にわたり、リオデジャネイロ・コパカバーナナイトクラブ「オ・ボン・グルメ」において連続ステージショー「エンコントロ」が開催された。ジョビン、ジョアン・ジルベルト、そして(歌の素人である)モライスという「ボサノヴァの創始者」3人が共演するという夢の顔合わせである。「エンコントロ」(出会い)というタイトルもこれにちなむものであった。彼ら3人が共演したのはこのショーの時だけである。

『イパネマの娘』が発表されたのはこのショーでのことで、男性コーラスグループのオス・カリオカスのサポートのもと3人が歌った新曲は大評判となった。気をよくしたモライスは、以来本格的に歌手稼業へ進出した[3]

この際、モライスらしいとぼけたエピソードがある。外務省から「外交官のクラブ出演はけしからん」ととがめられたモライスは「自分は報酬は貰わない」として出演し、代わりに客として訪れる友人たちの飲食代をただにするようクラブの支配人に要請した。ところが毎晩のショーを見に来る友人たちはみな大酒飲みの大食家で、モライス自身も酒を勧められては始終酔い続けていたため、あまりにも飲み代がかさんで足を出し、ショー終了後に出演者のモライスが金を払う羽目になった。

最初のコマーシャルなレコーディングは 1962年のペリー・リベイロ Pery Ribeiroによるオデオン盤であった。ジョビン、モライスとも、その後多くのライブやアルバムにおいて、「イパネマの娘」を再演している。

英語版『イパネマの娘』[編集]

英語詞の事情[編集]

外国語曲を積極的に聴く態度を欠くアメリカの大衆リスナーへ外国曲を売り込む場合、英語詞は不可欠であった。これらは多くの場合、2線級のアメリカ人作詞家が手がけることが多かったが、原曲の詞とは全く異なった内容で書かれた安易な「やっつけ仕事」も少なくなく、原作者たちの不満の元になった。

またアメリカやフランスにおける著作権の仲介者たちは、中間マージンを多量に得ようと、外国人たちの無力な立場に乗じ、原作者不利な契約を結ばせた。ボサノヴァでもそれは例外でなく、もっともひどい例ではジョビンとモライスの作った曲が、彼らと無関係に勝手に「フランス人の作曲したもの」として著作権登録されてしまったケースすらあった。

『イパネマの娘』においても作詞者と著作権仲介者を兼ねたノーマン・ギンベルが、アメリカでの著作権料のうち相当部分を得ることになった。

ジョビンはこれに懲りて、その後は自曲の英語詞についても極力自力で書こうとするようになったという。

「ゲッツ/ジルベルト」[編集]

世界的にもっとも有名な『イパネマの娘』は、1963年アストラッド・ジルベルトが英語詞で歌ったバージョンである。これは元々アメリカのヴァーヴ・レーベルで録音されたアルバム「ゲッツ/ジルベルト」に収録されたもので、アメリカの有名な白人ジャズ・サックス奏者スタン・ゲッツと、ジョアン、アストラッドのジルベルト夫妻、そしてトム・ジョビンが共演した著名なアルバムである。

「ゲッツ/ジルベルト」は、ボサノヴァのポピュラーなアルバムとして広く流布する一方で、ボサノヴァ愛好者からはしばしば冷淡な扱いを受けることもある。

通説ではアストラッドは当初歌う予定はなく、夫・ジョアンにつきあってスタジオに来て、たまたま歌ってみたところ、あまりにできが良かったのでそのままレコーディングされたとの伝説がある。

実際にはアストラッドはブラジルで若干の歌手活動の経験もあり、全くの素人ではなかった。アストラッド自身による売り込みがあり、コマーシャリズム面からの手腕に長けたプロデューサーのクリード・テイラーが、英語を話せ、かつ歌えるアストラッドの商業的価値を計算し、宣伝効果を狙って「飛び入り参加のハプニングであった」とする筋書きを描いたと言われている(ジョアン・ジルベルトは英語を話せなかった)。

「ゲッツ/ジルベルト」の録音のうち、ジョアンのポルトガル語歌唱部分を(シングル版に収まらないという理由で)切り捨てて、残りを切り継ぐ形でシングル・カットされた英語版「イパネマの娘」は爆発的ヒットとなり、グラミー賞最優秀レコード賞を受賞。

ゲッツのボサノヴァに対する理解は十分なものではなく、また彼生来の傲慢な性格からジョアンやアストラッドに対しても冷淡な態度を取った(録音後、ゲッツがテイラーに「アストラッドにはギャラを出すな」と命令したエピソードが知られている)。ジョアンもゲッツの横柄な態度やボサノヴァへの無理解、テイラーのビジネス優先な扱いに、いたく心証を害した。スタジオで両者の間に挟まれてしまったトム・ジョビンが苦労した[4]というエピソードが残っている。

アストラッドは『イパネマの娘』のヒットによってアメリカで人気歌手となったが、ジョアンとアストラッドは程なく離婚している。アストラッドはクリード・テイラーの後押しによって多くのボサノヴァ曲を英語で歌唱し、「ボサノヴァの女王」とまで呼ばれて世界的にボサノヴァ歌手として有名になったが、実はボサノヴァ発祥の地であるブラジル本国ではこのヒット後もほとんど知名度のない存在であった。

この史実は、ボサノヴァがアメリカ的コマーシャリズムに蹂躙された代表例として批判され、コアなボサノヴァ愛好者たちからアルバム「ゲッツ/ジルベルト」およびアストラッド・ジルベルトが複雑な扱いを受ける一因にもなっている。

カヴァー[編集]

作曲以来40年以上も広く歌い継がれ、「ボサノヴァ」の枠に留まらない世界的なスタンダードとなっている。男女やグループを問わず、ブラジル本国でのポルトガル語版、アメリカその他での英語版双方に膨大な種類のバージョンが存在しており、これにインストゥルメンタルバージョンを加えるともはや把握不能である。従ってカヴァーアーティストを安易に列記できるような曲ではない。

唯一特記に値する例としては、フランク・シナトラ1967年録音があげられるだろう。作曲者ジョビンとの共演アルバムで、クラウス・オガーマンのストリングス伴奏を得て英語詞を歌っている。シナトラの1940年代から1950年代にかけての歌唱はボサノヴァの創成にも大きな影響を与えたと言われており、その意味では非常に意義深いバージョンであると言える。

女性シンガーが歌った場合、題名を"The Boy from Ipanema"(邦題:イパネマの少年)と変える場合がある。

日本語版歌詞も存在しており、アストラッド・ジルベルトが片言で歌っているが、英語版以上に安易な歌詞であり、今日では完全に忘れ去られている。

注釈[編集]

  1. ^ ジョビンは生前、『イエスタデイ』に次ぐヒット記録を『イパネマの娘』が達成した、と聞かされると、「ビートルズは4人だが、僕は一人なんだよ」と笑って答えていたという。もっとも、『イパネマの娘』がジョビンとモライスの共作なのに対し、『イエスタデイ』は現実にはポール・マッカートニー単独による作詞・作曲で、オリジナルの録音もマッカートニーのソロ歌唱にスタジオミュージシャンのバッキングを合わせた、ビートルズ作品とは名ばかりのマッカートニー一人の作品だった。
  2. ^ ジョビンとエロイーザはのちに「ご対面」を果たした。美貌に成長したエロイーザ本人は、曲のヒット当初、自分がモデルであることを知らずに聴いていたという。
  3. ^ 1963年にエレンコ・レーベルからリーダーアルバム(女優オデッチ・ララとの共演。サポートはバーデン・パウエル)を出している。このアルバムはボサノヴァの名門レーベル「エレンコ」の創業第1枚目のアルバムであった。
  4. ^ ジョビンは二カ国語が話せるばかりに、気難しく奇行の多いジョアンと、傍若無人なゲッツとの間の調整を強いられた。ジョアンがスタジオでのゲッツの演奏と態度に腹を立て、ポルトガル語で「あの白人の馬鹿をどうにかしろ」と悪態をつくと、ポルトガル語がわからないゲッツは「どうも悪口を言われているようだ」と気付き、英語のわかるジョビンに「あいつは何を言ったんだ?」と尋ねた。青ざめたジョビンはとっさに「あなたと演奏できて光栄である、とのことです」と偽って英語通訳したが、ゲッツはなおも疑っていたという。