デサフィナード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デサフィナード(Desafinado)は、1959年に発表されたボサノヴァの曲。

概要[編集]

ニュウトン・メンドンサが作詞し、アントニオ・カルロス・ジョビンが作曲した。本来「Desafinado」 はポルトガル語で「ヂサフィナードゥ」に近い発音であり、「音痴」または「音はずれ」という意味である。初めて歌詞中に「ボサノヴァ」の単語が取り入れられた曲である。

アメリカでは、ジョン・ヘンドリックス(Jon Hendricks)とジェシー・キャバノー(Jessie Cavanaugh)が、「Slightly Out of Tune」という英題と英語詞をつける。スタン・ゲッツギタリストのチャーリー・バード(Charlie Byrd)共演の録音が1962年にヒットする。その後も1964年のアルバム『ゲッツ/ジルベルト』にも取り上げられるなど、ジャズスタンダードナンバーとしても定着した。

YouTubeにも、アントニオ・カルロス・ジョビンの録音[1]ガル・コスタ歌唱の動画[2]小泉ニロの動画[3]、いろいろアップロードされている。

カヴァーした主なミュージシャン[編集]

ブラジル

アメリカ・ヨーロッパ

日本

脚注[編集]

外部リンク[編集]

JazzStandars.Com

歌詞掲載サイト