シェール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シェール(シェア/シェーア)
Cher
Cher
2010年
本名 Cherilyn Sarkasian (出生時)
生年月日 1946年5月20日(68歳)
出生地 カリフォルニア州エルセントロ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
血液型 O型
職業 歌手俳優
ジャンル ポップディスコダンスフォーク
活動期間 1963年 -
配偶者 ソニー・ボノ
(1964–75年)
グレッグ・オールマン
(1976–79年)
家族 チャズ・ボノ(長女→長男)
公式サイト www.cher.com

シェール(Cher, 1946年5月20日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州エルセントロ出身の歌手女優。「シェール」は日本における慣用転写で、原語の英語の発音はシェアないしシェーアに近い[1]。出生時の名はシェリリン・サーカシアン (Cherilyn Sarkasian)。両親の離婚後母親が再婚した際にはシェリリン・ラピエー (Cherilyn LaPier) と、またソニー・ボノと結婚していた頃はシェーア・ボノ (Cher Bono) と名乗っていたこともある。

アカデミー賞とグラミー賞という映画界と音楽界の頂点の賞を手中に収めた。父親はアルメニア系、母親はチェロキー・インディアン

来歴[編集]

歌手のソニー・ボノに見出され18歳で彼と結婚。"ソニー&シェール"の名で活動を始め、「アイ・ガット・ユー・ベイブ」などがヒットしたが、1975年に離婚。

デュオと並行して、1966年頃よりソロとしても活躍し始める。チェロキーの血筋を全面に押し出したイメージ戦略で「悲しきジプシー」「ハーフ・ブリード」「ダーク・レディ」(邦題は「悲しき恋占い」)などが全米No.1に輝き、日本でも頻繁にラジオで流された。

1976年にはグレッグ・オールマンと結婚したが、1979年に離婚。

その後はディスコサウンドも取り入れた「テイク・ミー・ホーム」が1979年に大ヒット。1987年にはゲフィン・レーベルに移籍し、マイケル・ボルトンデスモンド・チャイルドらがソングライティングに加わったロック色の濃いアルバム「Cher」をリリース。ファーストシングルの「I Found Someone」が10位、セカンドシングルの「We All Sleep Alone」が14位とシングルヒットを飛ばした。アルバムもプラチナディスクを獲得している。

その後、ピーター・セテラとのデュエット「After All (Love Theme From Chances Are)」が6位とヒットを放っている中で、アルバム「Heart Of Stone」リリース。レコーディングには、当時彼女と付き合っていたボン・ジョヴィリッチー・サンボラも加わっている。このアルバムからのファーストシングル「If I Could Turn Back The Time」が3位とヒットを放つと、続く「Just Like Jesse James」が8位、サードシングルの「Heart Of Stone」も8位とヒットシングルを連発した。特に「If I Could Turn Back The Time」のプロモーションビデオはアメリカ海軍の軍艦上でロケが行なわれ、多数の水兵のエキストラを前にしてのT-バックスーツでの出で立ちが耳目を惹いた。

その後、1991年に「Love Hurts」。ワーナーへの移籍を経て、1995年に「It's A Man's World」をリリースするものの、ビッグヒットには到らなかった。

しかし、1998年にヨーロッパで先行してリリースしたシングル「Believe」が大ヒット。その後、各国で1位を記録した。このヒットを受け"Believe"は米国でも1位を獲得し、世界を席捲した。

この曲により、彼女はグラミー賞も受賞している。しかも、この「Believe」は世界中のヒット曲をランキングしたワールドチャートにて現在歴代1位という輝かしい大記録を保持している。

1980年代に入ってからは女優としても活動を始め、1984年の『マスク』でカンヌ国際映画祭 女優賞を、1987年の『月の輝く夜に』でアカデミー主演女優賞を受賞した。また、この時のシースルーのドレスは今でも語り継がれている程人々にインパクトを与えた。これまでもそのエロチックな姿態や衣装で何かと注目を集めたシェールだが、プライベートな嗜好でも常に話題性に富み、臀部にはバタフライの刺青を入れるなど全身にあらゆるタトゥーを入れていた事は有名であった。

1960年代からの長い芸歴ではあるがあくまでも音楽活動がメインであり、映画ファンにも知られるようになったのは女優活動も活発に行うようになった1980年代後半からである。

1999年には、ニューヨークビーコン・シアターで行われたディーヴァズ・ライヴに、ティナ・ターナーエルトン・ジョンホイットニー・ヒューストンらと共に出演、「If I Could Turn Back Time」「Believe」の2曲と、ティナ・ターナーエルトン・ジョンと共に「Proud Mary」の合わせて3曲を披露した。同様に2002年にラスベガスMGMグランドで行われた「ディーヴァズ・ライヴ エルヴィス・プレスリー・トリビュート」にもセリーヌ・ディオンメアリー・J. ブライジディクシー・チックスらと共に出演し、「Believe」「Song For The Lonely」「Heartbreak Hotel」(「ハートブレイク・ホテル」、エルヴィス・プレスリーのヒット曲)の3曲と、シンディ・ローパーとのデュエットで「If I Could Turn Back Time」の合わせて4曲を披露した。2000年以降は、北米、ヨーロッパを中心に大規模なワールド・ツアーを開催した。「フェアウェル・ツアー」と題された最後のワールド・ツアーも数年に渡り行われ大成功を収めた。

2013年9月20日(日本では9月25日)にソロアルバムとしては2001年の"Living Proof"以来12年ぶりとなるスタジオアルバム"Closer To The Truth"をリリース、Billboard200において初登場3位を記録、自身の初登場記録("Believe"と"Very Best of Cher"が初登場4位を記録)を塗り替えた(Sonny & Cher時代に"Look At Us"が初登場2位を記録したことはある)。さらに、その"Look At Us"が発表された1965年から2013年の"Closer To The Truth"まで48年以上の歳月にわたってビルボード上でtop5に入るアルバムをリリースした人物としての記録も塗り替えた(その前は48年弱のバーブラ・ストライサンド)。[2]

アルバム[編集]

  • 3614 Jackson Highway (1969)
  • Gypsies, Tramps & Thieves (1971)
  • Foxy Lady (1972)
  • Bittersweet White Light (1973)
  • Half Breed (1973)
  • Dark Lady (1974)
  • Stars (1975)
  • I'd Rather Believe In You (1976)
  • Cherished (1977)
  • Take Me Home (1979)
  • Prisoner (1979)
  • I Paralyze (1982)
  • Cher (1987)
  • Heart Of Stone (1989)
  • Love Hurts (1991)
  • It's A Man's World (1995)
  • Beleive (1998)
  • Living Proof (2001)
  • Live - The Farewell Tour (2003)
  • The Long And Winding Road (2006)
  • The Best of Cher: The Imperial Recordings 1965-1968 (2007)
  • Closer to the Truth (2013)

主な出演作品[編集]

補注・出典[編集]

  1. ^ [1] [2]、2011年8月19日閲覧。
  2. ^ [3] [4]、2013年10月3日閲覧。

外部リンク[編集]