ポール・デスモンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポール・デスモンド
}
基本情報
出生名 Paul Emil Breitenfeld
出生 1924年11月25日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州サンフランシスコ
死没 1977年5月30日(満52歳没)
ジャンル ジャズクール・ジャズウエストコースト・ジャズメインストリーム・ジャズ
職業 サックス奏者、作曲家
担当楽器 アルト・サックスクラリネット
レーベル RCAビクター
A&Mレコード
CTIレコード
共同作業者 デイヴ・ブルーベック
ジェリー・マリガン
ジム・ホール
チェット・ベイカー

ポール・デスモンド(Paul Desmond、1924年11月25日 - 1977年5月30日)は、アメリカ合衆国ジャズサックス奏者、作曲家ウエストコースト・ジャズを代表するミュージシャンの一人で、デイヴ・ブルーベック・カルテット在籍時に作曲した「テイク・ファイヴ」等で知られる。

来歴[編集]

サンフランシスコ出身。12歳でクラリネットを始め、後にサックスに転向。1946年、ジャズ・ピアニストデイヴ・ブルーベックのバンドでデビュー。1956年にはジョー・モレロ(ドラム)が、1958年にはジーン・ライト(ベース)がデイヴのバンドに加入。1967年に至るまで、この4人で多くのアルバムを発表するが、特に『Time Out』(1959年)は、ポールが作曲した5拍子の楽曲「テイク・ファイヴ」が評判となった。更に1964年には、日本公演の印象を元に、日本の地誌や文化をテーマにしたアルバム『Jazz Impressions of Japan』を発表。

デイヴとの活動以外では、ジェリー・マリガンと度々共演し、また、1950年代中期からは、バンド・リーダーとしての活動も多くなる。1963年から1965年にかけて、RCAビクターと契約していた頃は、コニー・ケイモダン・ジャズ・カルテット)やジム・ホール等がポールのサイドマンを務めた。1963年に作曲・録音した楽曲「テイク・テン」は、「テイク・ファイヴ」の続編として作られたもの。

デイヴ・ブルーベック・カルテット脱退後、A&Mレコード内のサブ・レーベルCTIに移籍。全曲サイモン&ガーファンクルのカヴァーから成る『Bridge Over Troubled Water』(1969年)等の意欲作を発表。その後、A&Mのプロデューサークリード・テイラーCTIレコードを独立させると、ポールも同社の専属となる。アルバム『Skylark』(1974年)は、「愛のロマンス」(映画『禁じられた遊び』テーマ曲)のジャズ・ヴァージョンを収録。また、チェット・ベイカーの復帰作『She Was Too Good To Me』(1975年)やジム・ホールのヒット作『Concierto』(1975年)に、サイドマンとして参加。

1977年5月30日、肺癌で他界。

評価[編集]

1950年代のジャズ・サックスでは、チャーリー・パーカーの影響力が強かったが、ポールはレスター・ヤング直系の繊細なスタイルを持ち味とし、異彩を放った[1]。1950年代末期から1960年代前半にかけて、アメリカのジャズ専門誌『ダウン・ビート』の読者人気投票で、アルト・サックス部門の首位をしばしば獲得(1960年と1961年はキャノンボール・アダレイが首位だったが、1962年から数年間、ポールが再び首位に返り咲いた)[2]

注釈[編集]

  1. ^ Allmusic参照
  2. ^ 『テイク・テン』国内盤CDライナーノーツ(岡崎正通、1994年)参照

外部リンク[編集]