チェット・ベイカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Chet Baker
Chet675.jpg
基本情報
出生名 チェスニー・ヘンリー・ベイカー・ジュニア
出生 1929年12月23日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オクラホマ州イェール
死没 1988年5月13日(満58歳没)
ジャンル ウエストコースト・ジャズ
職業 トランペッターヴォーカリスト
担当楽器 トランペットヴォーカル
レーベル パシフィック・ジャズ・レコード
共同作業者 ジェリー・マリガン

{{{Influences}}}

アムステルダムにあるチェット・ベイカーのモニュメント

チェット・ベイカーChet Baker、本名Chesney Henry Baker Jr.1929年12月23日 - 1988年5月13日)は、ジャズミュージシャンウエストコースト・ジャズの代表的トランペット奏者であり、ヴォーカリストでもある。

来歴・人物[編集]

オクラホマ州イェール生まれ。エル・カミノ・カレッジ音楽専攻。トランペットの実力はチャーリー・パーカーにも認められ、1952年から1953年にかけて彼のバンドでも活躍した。その時の演奏は「The Bird You Never Heard (Stash)」で聴くことが出来る。またその中性的なヴォーカルも人気があり、1954年にレコーディングされた『Chet Baker Sings』の「My Funny Valentine」はチェットの代表曲の1つであり、同楽曲の代表的カヴァーの1つでもある。このチェットの歌い方にジョアン・ジルベルトがインスパイアされ、ボサノヴァ誕生の一因となったと言われている。

1950年代半ばにおいては時代の寵児とも目され、マイルス・デイヴィスをも凌ぐ人気を誇っていたが[1]、1950年代後半から1960年代にかけてヘロインに耽溺し、ドラッグ絡みのトラブルを頻繁に起こす。米国や公演先のイタリアなど複数の国で逮捕され、短期間であるが服役もしている。1970年にはドラッグが原因の喧嘩で前歯を折られ、演奏活動の休業を余儀なくされた。この間には生活保護を受け、ガソリンスタンドで働いていたという。 1973年にはディジー・ガレスピーの尽力により復活を果たし、1975年頃より活動拠点を主にヨーロッパに移した。

1986年3月に初来日、翌1987年にも再来日した。また、1987年から1988年にかけて、ファッション・フォトグラファーのブルース・ウェーバーがチェットの自伝的ドキュメント映画「Let's Get Lost」を撮影していた。

1988年5月13日、チェットはオランダアムステルダムのホテルの窓から転落して死亡した。転落の原因は定かではない。

ドキュメンタリー映画「Let's Get Lost」は彼の死後まもなく封切られ、アカデミー賞ドキュメンタリー部門にノミネートされた。

ディスコグラフィー(代表的リーダー作)[編集]

  • Witch Doctor
  • Chet Baker & Strings
  • Chet Baker Sings
  • Chet Baker Plays and Sings
  • Chet Baker & Crew
  • Embraceable You
  • Chet Baker Sings It Could Happen to You
  • Chet Baker in New York
  • Chet - The Lyrical Trumpet of Chet Baker
  • She Was Too Good to Me(邦題:枯葉)
  • Broken Wing
  • Diane
  • Cool Cat
  • Chet Baker Sings and Plays from the Film "Let's Get Lost"
  • Memories / Chet Baker in Tokyo
  • The Last Great Concert

ディスコグラフィー(代表的参加アルバム)[編集]

  • Inglewood Jam-Bird & Chet Live
  • Concierto(邦題:アランフェス協奏曲) (ジム・ホール)

脚注[編集]

  1. ^ マイルス・デイヴィスは、チェット・ベイカーが白人だというだけで大衆的人気を獲得している状況を快く思っていなかったが、ベイカーの演奏や人間性そのものはマイルスも高く評価しており、仲も良かったという。

参考文献[編集]

  • 『JAZZトランペット』 ジャズ批評編集部編、松坂〈ジャズ批評ブックス〉、2001年、30-31頁。ISBN 491555709X